2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.01.15 (Tue)

「花のさくら通り」 荻原浩



花のさくら通り 荻原浩

シャッター通りまであと一歩。さびれた商店街の再生プロジェクトを請け負ったのは、和菓子屋の2階に移転してきたばかりの超零細&倒産寸前の広告制作会社だった…。『オロロ畑でつかまえて』『なかよし小鳩組』に続くユニバーサル広告社シリーズ、待望の第3弾。(BOOKデータベースより)

「オロロ」と「小鳩」に続く第三弾ってことですが、
私はこのシリーズ好きだから全部読みましたが、
ふつうはこのタイトルでシリーズものとは思いにくいかも(^^;)

酒の描写があると冷や冷やします(笑)
「大丈夫か?杉山さん??」と焦りますが、
今回は杉山さんは大人になったというか、何というか・・・
成長したね(・ω・)

成長したというなら村崎。
彼の成長に驚きました。
ちゃんと仕事してるし。
しかも、まじめに。
案外彼はさくら通りの水とあっているかもしれない(笑)

ラストの早苗との描写には泣きました。
なんか・・・泣ける(TдT)
いろいろな挫折を繰り返した杉山さんですが、
どこかあきらめたような感じも漂うんだけど、
ラストは良かったな~。

でも、なんとなくこのシリーズラストという感じもして悲しい。
どうするんだろう。
出来ればもっと活躍を見たいんだけど。
変な所で活躍する石井社長とか(笑)
猪熊のあの杉山へのまなざしも気になるところ。
そしてどんどんと成長する早苗も。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:28  |  荻原浩  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは。

初コメント、失礼します。

荻原さんの小説大好きなんですが、「オロロ畑」と「小鳩」はまだ読んでないんです。
デビュー作なので、なんだか今更感があって・・・。(^ ^;)

でも面白そうなシリーズですね。
今度読んでみます。(^-^)
マチルダ |  2013年01月15日(火) 16:14 |  URL |  【コメント編集】

●>マチルダさん。

確かにデビュー作って今更な感じになると読みづらいですよね(笑)
わたしも、東野圭吾さんのデビュー作「放課後」は読んでないのですよ。
それ以降は殆ど読んでいるのに、デビュー作っていまさらだ~と思っちゃいます。
でも、オロロは大丈夫でしたよ~(^^)
相変わらずな荻原さんっぽかったです。
igaiga |  2013年01月16日(水) 08:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1055-d3f66bab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |