2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.02.16 (Sat)

「永遠虹路」 綾崎隼



永遠虹路 綾崎隼

ねえ、七虹。私は親友だけど、やっぱりあんたが何を考えていたのか最後まで分からなかったよ。悪魔みたいに綺麗で、誰もがうらやむほどの才能に恵まれていて、それなのに、いつだって寂しそうに笑っていたよね。でも、私はそん不器用なあんたが大好きだった。だから、教えて欲しい。あんたはずっと、誰を愛していたのかな?-永遠を願い続けた舞原七虹の人生を辿る、あまりにも儚く、忘れがたいほどに愛しい、「虹」の青春恋愛ミステリー。(BOOKデータベースより)

相変わらず綺麗すぎる物語です。
そして相変わらず登場人物の名前が変。

楡野世露→にれのよろ

・・・・(絶句)

しかも、彼が中心人物だとか。
もう少し普通の名前にしてくれ。

わたしとしては、高校の天文部の彼、保科彩翔(←ほしなあやと !!!)を推していたのですが残念。
彼の落ち着いた雰囲気とか結構好きなんですけどね。
まぁ彼の友人の不知火夕空(←しらぬいゆら)もなかなかユニークだったのですが、
いかんせん、登場人物の名前に腹が立つのです(笑)
でも、不知火くんは綺麗すぎる綾崎さんのキャラクターの中では結構異質かもしれない。

しかし、二話目のバンドの話はあれは他のメンバーが可哀想だよなー。
物語が終盤になるにつれて、七虹(あ、これは「なな」と読みます)がデビュー目前でバンドを辞めた理由も分かるんだけど、しかしちょっと他のメンバーが気の毒だった。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:41  |  綾崎隼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1048-267c6652

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |