igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「残穢」 小野不由美



残穢 小野不由美

畳を擦る音、赤ん坊の泣き声、床下を這い廻る気配……怨みを伴う死は「穢れ」となり、新たな怪異の火種となるのか。著者9年ぶり、書き下ろし長編ホラー。(内容説明)

怖いと評判の本でしたが、私は「物語」として読んだ(読んでしまった?)のでそれほど怖くありませんでした。
ただ、ラストに「これはフィクションです」とか書いてないんだよね~。
それが怖いという人がいらしたようです(読書メーターに書いてた)

いかにも小野不由美さん本人が取材して経験して・・・というスタイル。
「夫が同業者」とか「京都」とかそういうプライベートも書いているのがまたリアリティあるんだろうな。

最初から「物語」として読んでしまった私は「作家本人が登場人物のパターンか」と思いすすめて行きまして、最初のうちは結構ドキドキしながら読んでいったのです。
死の連鎖というか、実はこうつながって・・・というのが面白かったのですが、
だんだんと時代がさかのぼりまして
「いったい何処まで遡るのだろう?(・ω・)」
というような気持ちになりました(^^;)。
私の場合、同時発売の鬼談百景みたいに数ページで1話というスタイルが逆にちょっと怖さが出たな。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

『残穢』私にはとても怖かったです。
この本、フィクションかノンフィクションか書かれてないので内容が本当か作り物かわかりませんが登場人物や『鬼談百景』と連動させていて本当の事っぽく持って行っているので私も本当の事として読みました。(その方が怖いしね)
小野主上の作品でも怖いランクの上を行っていました。
何と言うか怖さもチラリズムっぽいジワジワ来る怖さでした。
[ 2013/01/02 10:16 ] [ 編集 ]
『ジウ』最高でした!
怖そうですね~。
面白そうですね~(`^´)

今日はブックオフが2割引きSALEをやっていたので、4冊(空飛ぶタイヤ・日輪の遺産・etc・・・)買いました。
(明日までやってるから是非どうぞ。たぶん全国だと思う・・・。)
ブックオフさん、助かります!
[ 2013/01/02 20:16 ] [ 編集 ]
>なおさん。
フィクションかノンフィクションかぼかしてましたよね。
いかにも自分自身が取材したような感じがリアリティがあったような気がしますが、私は「物語」として読んじゃった~(TωT)
鬼談から読んで正解だったよなと思います。
最初の方は結構怖かったのですがだんだんと大がかりになってしまい、久保さんじゃないけど私も呆然としてしまった感じです。

今年もよろしくお願いします(^^)ノ
[ 2013/01/03 09:43 ] [ 編集 ]
>すすさん。
日輪の遺産面白いですよ~(^∀^)
私も「蒼穹の昴」読みました。
借りた本ですが(^^;)
ブックオフのセールやってますよね。
買ってないというか、借りた本が大量にあるので今回はスルーしようかなと思ってます。
読みたい本があるのでブックオフ狙いではあるのですが(^^)
そのうち行こうと思います(セール終わってますが ^^;)
[ 2013/01/03 09:45 ] [ 編集 ]
今頃読みました。おっしゃる通りの感想でした。つかみはホント怖いですよね・・。
[ 2013/02/26 10:29 ] [ 編集 ]
>米蔵さん。
読まれました~!?
まぁあんな感じのストーリーでした(^^)
私はあまり怖くはなかったのですが、
フィクションかノンフィクションか・・・と思いますね。
[ 2013/02/26 14:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する