igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「別れの夜には猫がいる」 永嶋恵美



泥棒猫ヒナコの事件簿 別れの夜には猫がいる 永嶋恵美

「あなたの恋人、友だちのカレシ。強奪して差し上げます」。携帯で発見したアヤシイ広告にためらいを覚えつつ、オフィスCATに電話する女性が後を絶たないのは抜き差しならない理由があるから。DV男から逃れるため、恋人の心を傷つけずに別れるため、そしてもう一度「本当の彼」のところに帰るため…。成功率100%の強奪屋こと泥棒猫ヒナコが今日もそっと、あなたの事件を解決します。(BOOKデータベースより)

【目次】
宵闇キャットファイト/孔雀たちの夜宴/夜啼鳥と青い鳥/烏の鳴かぬ夜はあれど/別れの夜には猫がいる


今回も面白かったよ~。
印象的なのは、楓の過去もなんだけど、「烏の鳴かぬ夜はあれど」
いや~ヒナコさん、何でもありだねー。
何でもありで驚きました。
今回特殊メイクもやっちゃいました。
過激です。

しかし、やっぱり女は怖いかもしれない(^^;)
最初の話も看護師の話もやっぱり女。
2番目の話は、・・・女??
ヒナコさんは今日も体を張って頑張ってます。

だた、この本を読んで
「あーーー。良かったねーーー!!!」
と、思う話が少ないのが結構残念かもしれません(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります

関連記事
こんにちは。

私も、この前作読んで「なんでもありだな」と思いました。
今回もやっぱり「なんでもあり」なんですね。
今度読んでみます!
[ 2012/12/27 23:51 ] [ 編集 ]
>マイさん。
ありがとうございます(´∀`)
2作目になり最初の衝撃みたいなのは少なくなりましたが、
それでも面白かったですよ~(^^)
読んでみてください。
[ 2012/12/28 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する