igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ヒートアップ」 中山七里



ヒートアップ 中山七里

七尾究一郎は、厚生労働省医薬食品局の麻薬対策課に所属する麻薬取締官。警察とは違いおとり捜査を許された存在で、さらに“特異体質”のおかげもあり検挙率はナンバーワン。都内繁華街で人気の非合法ドラッグ“ヒート”-破壊衝動と攻撃本能を呼び起こし、人間兵器を作り出す悪魔のクスリーの捜査をしている。暴力団組員の山崎からヒートの売人・仙道を確保するため手を組まないかと持ちかけられ、行動を共にして一週間。その仙道が殺される。死体の傍に転がっていた鉄パイプからは、七尾の指紋が検出された…。殺人容疑をかけられた麻取のエース・七尾。誰が、なぜ嵌めたのか!?冤罪は晴らせるか!?-。(BOOKデータベースより)

最初は全く気付かないで読んでいたんだけど、中盤くらいになってから
「あれ?カラスの話(魔女は甦る←その時の記事)に似てない? 中山さんはこういう薬品系が好きなのね~」
なんて思っていたら、なんてことはない、「魔女は甦る」のその後の話でした(笑)

そういえば、タイトルにもしっかり「ヒート」って書いてるし。
気付かなかったよ~。
前回は薬のせいで狂暴なカラスが登場してましたが、
今回は狂暴な野犬が登場してました。
ほんとーーーーに人間こんなんで死にたくないです(TωT)

麻取のエースの七尾を誰がはめたのか。
ラストで「もしかして??」と思った犯人については当たりましたが、
実はその犯人は・・・という箇所では素直に驚き、
「あれ?そういえばそうだ。全く私の思いこみだった」
と思ったことを考えると、ここは素直に

騙された~!!!Σ(゚Д゚;ノ)ノ

というべきか。
完璧なる私の思いこみなので、引っかからない人は引っかからないと思います(^^)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
読みました!
続き物だったのですか?
『魔女は甦る』は読んでなかったので、普通に読めました(^^)

自分も最後はまんまと騙されちゃいました~(゚□゚*)
確かに殺人のところだけ、なんか不自然だなぁとは思いましたが・・・。

最後のシーンは、ちょっと激しすぎる感じがしましたが、
自分は好きな部類で楽しめました(≧∇≦)
古いですが、映画の『ダーティハリー』を思い出しましたね。
[ 2012/12/03 20:56 ] [ 編集 ]
>すすさん。
「魔女は甦る」の場所が埼玉でして、
「ヒート」という今回使われたとんでもない薬がこの時にも登場していたのです。
でも、登場人物は全くかぶらないからこちらの「ヒートアップ」だけ読んでも気にならないはず。
逆に私みたいに「魔女は甦る」を読んじゃうと「魔女みたいだな~」と思っちゃったのですよ~。

でも、ラスト・・・騙されましたね(^^;)
そういえばそうだよなと思うのですが、ラストに至るまで全く気付かず
「あれれ??
と、思ったのでした(^^)
[ 2012/12/03 21:49 ] [ 編集 ]
私はけっこう早い内に「あ、魔女の続きだ」と気がつきましたよ。(笑)
七尾さんをはめた犯人よりも「死んだはずだよおトミさん〜」の方に驚きましたね。
『魔女〜』の時も「本当に死んだの?」とちょっと引っかかってた人なので実は生きてたって言われて妙に納得しました。

やくざのおっちゃんとのコンビもなかなかよかったけどラストはあれでよかったと思います。
それにしても爆撃は派手でしたねぇ〜。(笑)
[ 2012/12/04 12:25 ] [ 編集 ]
>なおさん。
え?まじで??
そっか~。私、埼玉に行くまで気付かなくて(笑)
「あれ?なんか・・・」とようやくそこで気付きました。
思い切り「ヒート」と書かれているのに、そこはスルー(笑)
なんか魔女読み返したくなりましたね。
いつも適当に(?)読んでいる分、ここで悔しいというか・・・
今回古手川さんとか登場してなかったのがまた気付くのが遅くなった
原因ですね。
[ 2012/12/04 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する