igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「天命の扉」 遠藤武文



天命の扉 遠藤武文

長野県議会中、議員が何者かに殺害された。議場は扉が閉まったままで誰も逃げた形跡がない。残された紙片には「善光寺を開帳せよ」という謎のメッセージ。善光寺の本尊は、数百年の間、誰の目にも触れたことがなく、住職でさえも見たことがないという。犯人の目的は一体何なのか。県警捜査一課・城取は、かつて自分が担当した事件の犯人も善光寺を語っていたことを思い出し、その関連性を疑うが…。やがて明らかになる19年前の冤罪疑惑事件とのつながり。哀しみを背負った刑事の執念が、顔の見えない犯人を追い詰めていく。話題作『プリズン・トリック』の乱歩賞作家が贈る、渾身の社会派密室ミステリ。(BOOKデータベースより)

うぅーーーーん(´・ω・`)

って感じか。
とりあえず、BOOKデータベースに惹かれた。
「社会派密室ミステリ」
はぅっ!なんって胸キュンな響きっ!

でも、読んでみたらそうでもなくて残念でした(笑)
まぁぶっちゃけ期待しすぎた感じですかね。
民俗学も入っていてそれもドキドキしながら楽しく読めたんですけどね~。
多分、欲張りすぎだと思う。
冤罪事件に民俗学に銃撃事件に爆破テロ事件にあれやこれや・・・

一体誰!?主役!?

挙句に解決してないこともあったし。
あの人は、結局白なのか黒なのか。
そこが確実にハッキリすると思っていただけに、
ちょっとショックでした(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
きょうもigaigaさんのレビューに笑わせてもらいました。
いつもレビューで笑ってしまうw

私も、この帯見たら買っちゃいそうです。
>冤罪事件に民俗学に銃撃事件に爆破テロ事件にあれやこれや・・・
おお、興味深いんですが・・・。
主役に心惹かれたい私としては、やっぱり手を出さない方がいいかな。
[ 2012/11/24 08:59 ] [ 編集 ]
>limeさん。
本当はね~
「こういう本が読みたかった!!」
とか言いたいな~と思いながら読んだ本だっただけに
「あれれ?」感はとても強かったです(^^;)

主役が本当に誰か謎。
あの刑事さん??
違うか。
そういえば、この方、乱歩賞取ったときも
「主役誰?」とか言われてたような・・・(笑)
[ 2012/11/25 08:34 ] [ 編集 ]
初めてお邪魔しました。
 ほんのブログ有るのは知ってましたが、初めてお邪魔しました。本を全く読まないので、場違いですかね。
[ 2012/11/27 15:44 ] [ 編集 ]
>isamrx72さん。
いえいえ(^^)
遊びに来てくれて本当にうれしいです。
毎日のようにバカみたいに読んでますが、
たまにふら~っと遊びに来てくれると嬉しいです。
[ 2012/11/27 15:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する