igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「あなたに贈る×(キス)」 近藤史恵



あなたに贈る×(キス) 近藤史恵

感染から数週間で確実に死に至る、その驚異的なウイルスの感染ルートはただひとつ、唇を合わせること。昔は愛情を示すとされたその行為は禁じられ、封印されたはずだった。外界から隔絶され、純潔を尊ぶ全寮制の学園、リセ・アルピュス。一人の女生徒の死をきっかけに、不穏な噂がささやかれはじめる。彼女の死は、あの病によるものらしい、と。学園は静かな衝撃に包まれた。不安と疑いが増殖する中、風変わりな犯人探しが始まった…。(BOOKデータベースより)

若者向けのミステリーYAでも、さすが近藤さん。
容赦ないです(笑)
最後、こうきたかっ。

読書メーターでは「最後、後味が悪い」とありましたが、
私結構好きなんだよね~(^^;)
このアメリカンな感じ。
アメリカのドラマみたいな終わり方。
最後「にやり」と笑ったらパーフェクトです(笑)

キスすると感染。という、なんかなさそうでありそうな感じ。
要するに口から感染しちゃいますからね。
大好きな先輩、織恵がキスしたせいで感染して死んだらしい。
美詩はこの時期特有、かつこの時代特有の潔癖さで、
「あの織恵さんがキスなんて不潔なことするワケがない!」
となり、大好きな織恵さんにキスをした犯人はだれだ!!
と、犯人捜し(?)をするわけです。
思ったより、毒があって面白かったです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する