igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「トッカン the3rd おばけなんてないさ」 高殿円



トッカン the3rd おばけなんてないさ 高殿円

鏡とぐー子は滞納の謎を追って鏡の地元でもある栃木へ出張する。そこでは…鏡のプライベートも明かされる前代未聞の税務署エンターテインメント第三弾(BOOKデータベースより)

読みながらずっとニヤニヤしていたかもしれない。
今回は私好みだったな~。
いろいろな面で。

栃木に対するハンパない愛情を示す鏡特官(笑)
1作目からは想像もできないくらいだ。

そして1作目から1年が経ち、ぐー子もしっかり仕事ができるようになった。
「鈴宮」と鏡特官から本名で呼ばれたり(最初は呼ばれても気づかないんだけど)。
鏡特官の元妻さんもなかなかドライな性格だし、
栃木の旧友もまた味があってユニーク。
鏡特官が部屋の中でぶっ倒れて、心配して家まで行くぐー子までは
良かったけど、その後部屋に貼ってある鏡特官にとって「神」の
ロードレース選手を「禿げたおじさん」呼ばわり。
むちゃくちゃ面白いです。

そして、空を飛ぶ(?)ぐー子。

仕事もしっかりこなし、この次は国税局行きか?なんて話もチラリ??
しかし、やっぱり鏡特官とのコンビが一番いいですね。
次も出たらとっとと読みます(^^)

タイトルの「おばけなんてないさ」は実は深くて重いのですが、
それは乗り越えて行かなくちゃいけないことなので
是非乗り越えていただきたいと思うのでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する