2021年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2021.02.23 (Tue)

「冷静と情熱のあいだ」 江國香織・辻仁成



冷静と情熱のあいだ 江國香織 辻仁成


穏やかな恋人と一緒に暮らす、静かで満ち足りた日々。これが私の本当の姿なのだろうか。誰もが羨む生活の中で、空いてしまった心の穴が埋まらない。10年前のあの雨の日に、失ってしまった何よりも大事な人、順正。熱く激しく思いをぶつけあった私と彼は、誰よりも理解しあえたはずだった。けれど今はこの想いすらも届かないー。永遠に忘れられない恋を女性の視点から綴る、赤の物語。

「10年後のあおいの誕生日、フィレンツェのドゥオモで待ち合わせしよう」

不幸な出来事があって別れてしまったあおいと順正。
でもお互いずっと子の約束を覚えたまま・・・

再読~。
映画にもなりましたね。
なんだろう?私の脳内をエンヤが・・・

それはそうと、これもなんでだろう?常盤貴子が脳内に。
あおいが常盤貴子のイメージなのかなぁ。
勝手な脳内で常盤貴子と筒井道隆になってる(笑)

久々に読みました。
ダンナも読んだんだなぁ~。Bluが悲しいくらい汚れてた。悲しい。
久々に読むと、順正が女々しい。
読んでてイラっと来るくらい女々しい。
正直こういう男性は好きではないのですが・・・
あおいがいいって言うのならいいのか。

あおいはクールビューティっていうか、醒めてるところもあるのか。
一人でお風呂で本を読むのが好きな女性。
アメリカ人の彼、マーヴと仲がいいのかと思っていたけれど、
マーヴの神経質すぎるところが露見してきて、
そして順正の影がちらついてきたら、途端にマーヴの束縛が出てきて
これがあおいには受け入れられず破局。

やっぱりお互いしか求められず、こういう2人だからこその
結末であったり、出来事だったり。
引き合うようにして10年後の約束にだんだんと距離が近づいていく。

面白かったです。
08:09  |  江國香織  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |