2021年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2021.02.12 (Fri)

「ザ・ベストミステリーズ2019」



ザ・ベストミステリーズ2019

日本推理作家協会賞短編部門受賞作澤村伊智「学校は死の匂い」も収録!プロの読み手たちを唸らせた、選ばれし至高の短編9本が集結。初心者も愛好家も必読必携な永久保存版!

【目次】(「BOOK」データベースより)
学校は死の匂い(澤村伊智)/埋め合わせ(芦沢央)/ホームに佇む(有栖川有栖)/イミテーション・ガールズ(逸木裕)/クレイジーキルト(宇佐美まこと)/東京駅発6時00分のぞみ1号博多行き(大倉崇裕)/くぎ(佐藤究)/母の務め(曽根圭介)/緋色の残響(長岡弘樹)


「埋め合わせ」と「ホームに佇む」は読了済み。
「埋め合わせ」に関しては前日読んだ(笑)
こういうこともあるんだなーと。

初めましてに作家さんがいながらも、読みやすかったのは澤村さんとか宇佐美さん。
でも、「くぎ」がインパクトあったなぁ。
逆にすでに「?」と忘れかけているのもあったけれど。

大倉さんのなんだっけ?と、今思ったら、あぁ・・・あのシリーズものだ!
そういえばあのシリーズ2作くらい読んでたんだけどなぁ。

アンソロジーって短編だし、面白いし、ミステリーだから大好物だし。
でも、あまり残らないなぁ(笑)

年中本ばかり読んでて、少し窮屈になってるかな?
脳内が。と、思う時もあります。
もう少し気を抜いて読もうかなぁーと
思いつつも、すでに次の本を読んでいる今日です(^^;)
13:49  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |