igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ミレニアム5 復讐の炎を吐く女」 ダヴィド・ラーゲルクランツ



ミレニアム5 ダヴィド・ラーゲルクランツ

リスベットは人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救った。だが、そのときに取った行動が違法行為にあたるとされ、2カ月の懲役刑を受けた。彼女は最高の警備を誇る女子刑務所に収容されるが、そこではギャングの一員である囚人ベニートが、美貌の女囚ファリアに暴行を加えていた。見過ごすことのできないリスベットは、囚人はおろか看守までも支配するベニートとの対決を決意する。さらに彼女は、元後見人のバルムグレンとの面会で、“レジストリー”なる機関の存在に気づき、自らの子供時代に大きな秘密が潜んでいることを知った。ミカエルはリスベットから突然、レオ・マンヘイメルという人物の調査を依頼される。この男は何者なのか?そして、刑務所の外では、思いもよらぬ痛ましい殺人事件が起きる!今世紀最高のミステリ・シリーズ、最新刊。

どうしても「これじゃないんだよな感」はあるんですが、
それでも、やっぱりリスベットとミカエルに会いたいので
読んじゃいます。

散らばりすぎた上巻と、1つの話にまとめた下巻。

下巻のつくりは丁寧で、まぁ一組の双子に焦点をあててたので
物語の作りは面白かった。
そういえばリスベットも双子なワケで・・・
どうするのかなー。
この先。双子と対決するのかなー。

しかし・・・読んでての違和感。
リスベットのお行儀が良すぎるところか。

例えば、ミカエルがリスベットの住んでるところへ行ったとき、
なんとなーくだけど、ベッドに押し倒して噛みつきそうな
くらいだった私の印象なんだけどなぁー。
下巻のラストがとくに「これじゃない感」が強く、
「こんな常識のある女なんてリスベットじゃないっ!!」
と、思いながら読んでます。

この先受け継いでいくつもりだったらもっと思い切り
やってほしいわー。

なんか、ラーソン(1~3まではラーソン作)のミレニアム
再読したくなった(*'ω'*)

買った本 7月15日

「浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ」 青柳碧人



おお!!

久々に発売されてた。

しかし、あまりにも間隔があきすぎて最近は話の設定がよく分からなくなってます(笑)

それでも楽しみに読みたい。

これ以外に発売されてた本で読みたいの文庫本はなかったなぁー。
単行本は沢山あるんだけど(^^;)

「凍花」 斉木香津



凍花 斉木香津

三姉妹の長女・百合が次女を殺した。才色兼備で仕事も順調だったはずの百合はなぜ凶行に及んだのか?残された三女の柚香はその動機を探るが、やがて姉が自分の知らない別の顔を持っていたことを知る。それは、にわかには信じがたいものだった。-完全黙秘を続ける百合。戸惑う柚香。何かを守ろうとする父親。何かを隠そうとする母親。ある家族をめぐる慟哭のミステリー。

これもまた帯に騙されたパターンだなぁー。

面白かったんだけど、帯がねぇ
「この一冊にあなたもきっと騙される」
なもので、まだ何かあるのかとわくわくしながら読んでたら
終わったw

三姉妹の長女が次女をアイロンで殴り殺したってことなんだけど、
三女からしたら崇拝していた長女だったもので、なんでそうなのかと
調べると、姉の裏の顔みたいなのが見えてくる。

まぁ、多少は「長女あるある」のような気もします。
私も長女なので、多少経験したものもあります。
でも、ここまで屈折はしてないよなぁー。

ストーカーまがいなのはマジで勘弁してほしいと思いましたが、
それもこの人の性格が故なのでしょうねー。

もう少しイヤな感じかさっぱりした感じで終わってくれると
救いもありましたが、どっちでもなく、読み手としては
中途半端なままです。

「上石神井さよならレボリューション」 長沢樹



上石神井さよならレボリューション 長沢樹

成績不振の写真部員・設楽洋輔は、眉目秀麗で天才で変態の岡江和馬の勉強指導と引換えに『フェティシズムの捕獲』を請け負うことに。高校一の美少女で生物部員の愛香の依頼で一緒に野鳥の撮影をしつつチャンスを狙う中、様々な「消失」事件に出会い…。天真瀾漫で運動神経抜群の愛香の突飛な行動、冷静かつ的確な岡江の推理を参考にしながら、設楽は意外な事件の真相に迫る。青春ミステリー!

【目次】(「BOOK」データベースより)
落合川トリジン・フライ/残堀川サマー・イタシブセ/七里ヶ浜ヴァニッシュメント&クライシス/恋ヶ窪スワントーン・ラブ/上石神井さよならレボリューション


帯に『青春本格」とあったのでモロ本格かと思って期待していたのですが
残念ながらそういう感じではなかった。

読書メーターで他の人も書いてたけど、キャラクターは面白いです。
恥じらいのない美少女川野とか面白いです。

私が一番お気に入りだったのは、学生プロレスの実況の人だけどww
こういうのってありそうでおかしい。

ただ、実際の事件はちょっと難しくややこしく、場所がイメージしづらく
これでもう少し事件を丁寧に書いたらもっと面白かったんでは?

なーんて上から目線で言ってみました( ̄ω ̄*)

「衣更月家の一族」 深木章子



衣更月家の一族 深木章子

「すぐ来て下さい!姉が…、私の夫に殺されたんです」凶器の花瓶には通報者の夫の指紋が付着、その夫は逃走中…。これを捕まえれば万事解決、当初は単純な事件と思われたのだが、数日後に男が出頭、そこから思わぬ展開を見せ始める…。

物凄くややこしかった。
最初の3話が中途半端で、「こりゃ絶対ラストで交わるんだろう」と思ってはいたけれど、
交わりすぎて私の頭の中ではこんがらがってしまったままww

なので、最後の「衣更月家の一族」の章で事件は解決するのですが・・・
確かに事件としては解決しているのですが・・・物凄く
混乱したまま終わってしまいました。

なんでこんなにややこしくしてしまったんだ・・・

まぁいいけど。
しかし、面白いのはお金に物凄く執着する人としない人といるんだよなと。

でもなぁー。
どんでん返し仕掛けているつもりなんだろうけれど、
ピンとこなかった。残念。

「0能者ミナト<11>」 葉山透



0能者ミナト 葉山透

殺生石ーそれは凶悪な毒の大気を発し命あるものを死に追いやる、呪わしい巨石。かつて沙耶とユウキを窮地に陥れたそれが、いま新たに発見された。現地に赴いた理彩子を追う沙耶とユウキ、渋々それについて行った湊。そんな三人が捕われたのは、どちらを向いても脱出不能の、まさに無限回廊と化した空間だった。殺生石、そして九尾の狐の気配に満ちた閉鎖空間から脱出する術は?究極の攻撃を放つ九尾の狐を倒す術は、果たして存在するのかー。

マンネリではありますが、好んで読んでます。
どちらかというと、一話目の「嘘」の方が好きです。
なんか、この話はこれ以上に意味がありそうですが
どうなんですかね。

2話目は理彩子がお見合いをするのですが、
それをぶち壊しに行く湊くんでありました。

時空のゆがみみたいなところから登場した指輪の利用の仕方。
もう少し、カッコイイ漫画チックなのを想像してましたが
ちょっと違っていたようです。

で、ラストの孝元さんの勘違いが一番ウケました。
この人はいつもいい働きをしますw

「星の見える家」 新津きよみ



星の見える家 新津きよみ

安曇野で一人暮らしをする佳代子。病気がちの弟のため、家族で引っ越し、ペンションを始めたのだが、体調が回復した弟が東京の高校に進学したことを機に、家族はゆるやかに崩壊していく。一人になった佳代子は、ペンションをやめべーカリーを始めるのだが、そこにはある秘密が……(表題作)。再び生きることを目指す女性の恐怖と感動を描く、オリジナル短編集!

心理サスペンスというだけあって、心理的にぞくっときます。
結構好き。
短編なので印象に残る話と残らない話がありまして。

表題作は最初から最後までイヤーーーーな、陰湿な何かこうくるものがあって、めっちゃ好きでした(笑)
あと、万引きした後に、後輩に誘われドキドキしながら何食わぬ顔をし、でもドキドキして・・・そして・・・っていう話も好きだった。

そうだそうだ。結婚式の引き出物にもらった因縁の伊万里焼のワイングラスをバザーに出したっていうのもいい話だった(笑)
あぁー。この続きが読みたいww

ただ、インパクトの強い話の反面、全く記憶に残ってない話もありましたね。
なんというか、あまりハッピーエンドを求めてないのかもしれない。うん。

「将棋殺人事件」 竹本健治



将棋殺人事件 竹本健治

謎々を拾った者が、次第に心を病み、墓地で死体を掘り返すー六本木界隈で、ある怪談が広まっていた。そんなとき静岡で大地震が発生、土砂崩れの中から二つの屍体が発見される。屍体と怪談との類似点に注目、調査を始めた天才少年棋士・牧場智久が到達する驚愕の真相とは?書下ろし短編「オセロ殺人事件」収録。

正直よくわからなかった。

なんでメインの3人(主に典子)が事件に興味を持って調べるのか。
これが当事者であれば面白く読んでたかもしれないけれど、
都市伝説レベルだった噂を調べ始めて、そして「あなた誰?」的な人も登場して、
何が何やら・・
ついでに、将棋もわからないww

そして主役もはっきりしない。
(私は須堂さんだと思ってますが)

読むたびに消化不良になるシリーズです。

同時収録されている「オセロ殺人事件」は面白く読みました。
こちらは事件が単純なので読みやすいです。
しかし・・・事件のあらましを小学生に軽々しく説明する警察って・・どうよ(笑)
時代なのかもしれませんが。

買った本 7月1日

「落ちた花嫁」 ニナ・サドウスキー



普通に本屋さんへ行って、ふつうにタイトルと裏表紙だけで買いました(*'ω'*)
最近はこういう買い方とか少なくなってきましたわー。

沢山本を読んでいるので、飢えが少なくなってきたかな??
「ほ・・・・本を・・・」という飢えがあると、4~5冊くらいは買いそうですが(笑)

外国モノも好きで読みます。
ただ、外国モノは名前がややこしい(^-^;)

そういえば、ミレニアムの5が出てたんだ。
凄いなぁー。いろいろな意味で。
作家さんが4から変わっているし。
やっぱり、1~3までと4では世界観が多少変わってきた感じもしますが、さて、5巻はどうなることやら(まだ手元になし)

「この世の春」 宮部みゆき



この世の春 宮部みゆき

憑きものが、亡者が、そこかしこで声をあげる。青年は恐怖の果てに、ひとりの少年をつくった…。史上最も不幸で孤独な、ヒーローの誕生。(上巻)
底知れぬ悪意のにじむ甘い囁き。かけがえのない人々の尊厳までも、魔の手は蝕んでゆく。前代未聞の大仕掛け、魂も凍る復讐劇。(下巻)


24人もいないけど、ビリー・ミリガンの話みたいだった。
いわゆる多重人格です。

20年くらい前ですが、ビリー・ミリガンの本を読みましたので多重人格というものに対して、多少の知識はあると思いますが~。この時代の人からすると、死霊が取り憑いたりとかそう思われていても仕方なかったのかも。

下巻で、顔つきの案山子を作っていたんだけど、顔の部分が飛んで行ってしまったという。
「お面」を怖がっていたお館様。
もしかして、このシーンは恐怖のシーンの布石?
と、思ってたら思い切り関係なかった(笑)
関係なかったんだよーーーーーーーーーーー。
期待していたのに。

そして、もう一波乱あるかと思ってましたがやや尻すぼみになった感じもありました。
ここまで仕掛けを大きくするんだったら、もう、思い切りどかーーーん!と。

「ざまをみろ!」

と、雄たけびを上げるくらいの何かがほしかったです。
ただ、宮部さんの時代物は面白いです。

やけどを気にしてあまり人前に出ないはずのお鈴が、妙にモテまくっていたのでびっくりです。
お鈴の周りにいる人はみんないい人です。