igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「前田利家と妻まつ」 中島道子



前田利家と妻まつ 中島道子

戦国時代の夫婦の物語といえば、豊臣秀吉とねねの話が有名だが、秀吉夫妻と終生の親交を結んだ前田利家と妻まつの歩みも、「ミニ太閤記」とでもいうべき輝かしい出世譚である。若気の至りで主君・織田信長の勘気をこうむり、足軽長屋に暮らしはじめた利家とまつ。まさにゼロからの出発だったが、実直・律儀に忠義を尽くす利家は、やがて帰参を許され、信長の計らいで前田の当主となる。その後、戦場往来の日々に生きる利家を、妻まつはしっかりと支え、二男九女を育て上げていく。信長の横死、秀吉の台頭と天下統一という激変のなか、利家は「加賀百万石」の大名として豊臣政権の屋台骨を支えるようになる。だが秀吉が没し、利家も後を追うように病没すると、加賀前田家の存続をかけたまつの闘いが始まるのだった。

歴史詳しくないのであまり分からない人たちであります(^-^;)
冷静に考えると、新選組しか詳しくないんだよねー。

で、ですね。
読む前のイメージ(例えば、大河ドラマに起用されたイメージ@見てないけど)としてはものすごく仲の良い夫婦という印象でしたが、それはきっと当時としては利家が側室をあまり持たなかったからのようですねー。
正直、私は現代に生きててよかったなと思うばかり。
400年前だよ。400年前。
この時代は子供をあっちにやったり、こっちに囚われたり、養女という名の人質だったり。
あぁーイヤイヤ。

夫はいつも血なまぐさいし。
心が休まるときがありません。

それでもって、良妻だ賢妻だって言われたって・・・
嬉しくもなんともない(T_T)

まぁ・・・400年前に生きていたらそういう事も言わなかっただろうけどね。

「バックストリート」 逢坂剛



バックストリート 逢坂剛

現代調査研究所所長・岡坂神策は、弁護士・桂本忠昭と神田小川町のタブラオ、“サンブラ”に繰り出す。だが、タブラオを出た二人は、見知らぬカップルにつけられる。いったい彼らは、何者なのか。尾行の対象は岡坂か桂本か、それとも二人と意気投合したバイラオーラ、神成真里亜たちなのか。そして、その目的は。やがて、半蔵門署の女性刑事も尾行合戦に加わり、事態はどんどん複雑化してゆく。バックストリート(裏街)を舞台に、チョイ悪の男たちと美しい女たちが繰り広げる、彩り豊かな大人のサスペンス。

正直、やっと読んだって気持ちです。
盛り込みすぎなのかなんなのか。

結果的にはフラメンコはあってもなくてもいいような・・
卵子提供がメインテーマです。

ですが・・
普通はそんなにターゲットを絞って卵子提供とか
できないよねー
そんな・・守秘義務とかなんとかかんとか

えーーー。
50男であろう主人公が変にモテるのも気になる。
てっきりもう少し若いのかと思っていたら違ったww

久々に途中でやめようかと何回も思いましたが
気力で読みました。
こういうのにあまり気力を使いたくないんですけどね。

「盲剣楼奇譚」 島田荘司

盲剣楼奇譚 1

写真がぶれてた(^-^;)

島田荘司さんの「盲剣楼奇譚」が7月25日に最終回を迎えました。

盲剣楼奇譚

この左の人は吉敷さんだってー。
吉敷さんモノ1冊だけ読んだことありますが・・・

基本は時代小説です。

相変わらず島田作品に登場する女性はアホっぽい人が多いなぁーと思って読んでいるんですが、この話もご多聞に漏れずアホばかりでした(涙)
結局、彼の本名はなんだったんだろう。
なんで、鮎之進なのか・・・
なんでだ・・・?

そして・・・なんだこの終わり方!?
この話は壮大なプロローグ!?

次からは窪美澄さんの小説が始まります。
楽しみですが・・・朝向きなのかやや心配です(^^;)

「名探偵誕生」 似鳥鶏



名探偵誕生 似鳥鶏

その瞬間、あなたは心を撃ち抜かれる。王道かつ斬新。直球の青春ミステリー!

【目次】
となり町は別の国/恋するドトール/海王星を割る/愛していると言えるのか/初恋の終わる日


星川瑞人(みーくん)は隣の家の5歳年上の千歳おねーちゃんに恋をしているのです。
小学生から中学生、高校生、大学生・・・
それが1章から4章ね。
何か事件があると頭のよい、千歳おねーちゃんが解決してくれます。

ずっと淡い恋心を抱きながらも、言えないみーくん。
まぁね、学生時代の5歳下ってねぇー。
ないだろう。うん。みーくんには悪いけど。

最後の5章は、みーくんが千歳おねーちゃんのために頑張る話です。

2話目はストーカーってここまでするの?
と、思い切り引く話でしたが・・・
ここまで出来るもんなのかなぁー。
いろいろと不思議でした。

「震える教室」 近藤史恵



震える教室 近藤史恵

歴史ある女子校・凰西学園に入学した真矢は、怖がりの花音と友達になる。ひょんなことから、ふたりは「出る」と噂のピアノ練習室で、虚空から伸びる血まみれの白い手を目撃してしまう。その日を境に、ふたりが手をつなぐと、不思議なものが見えるようになった。保健室のベッドに横たわる首がないびしょ濡れの身体、少女の肩に止まる白いなにか、プールの底に沈むもの…。いったいなぜ、ここに出現するのか?少女たちが学園にまつわる謎と怪異を解き明かす、6篇の青春ミステリ・ホラー。

【目次】
ピアノ室の怪/いざなう手/捨てないで/屋上の天使/隣のベッドで眠るひと/水に集う


怖くはないんだけど、面白かった。
いわゆる「学校の怪談」系です。

主役の2人が基本、のんびりしているのか、あまり緊迫感がないのが救いなのかも。
私が「怖い」「怖い」というホラーは三津田信三さんのホラーなので(^^;)

でも、この中で怖いなぁーと思ったのが「捨てないで」
ぶっちゃけ、ぬいぐるみの怨念です。
私はぬいぐるみはあまり持たないほうだったのでそういう怨念は持たれてないと思いますが・・・こういうのってありそうで怖い(^^;)

最初は友達出来ないんじゃないかと心配しながら読みましたが、
クラスに溶け込んでいるみたいでよかった。

親交のある編集者がホラーの方に異動したっていうのは
近藤さんのリアルな話だったのかな。
近藤さんのこの手のホラーを読んだことがなかったので
ふと思いました。

「紅のアンデッド」 川瀬七緒



紅のアンデッド 川瀬七緒

東京都内の古民家で、おびただしい血痕と3本の左手の小指が見つかった。住人の遠山という高齢夫婦とその客人のものと思われたが、発見から1ヵ月経っても死体は見つかっていない。いっこうに捜査が進展しない中で岩楯警部補は、相棒の鰐川と事件現場を訪れ近所の聞き込みを始める。他方、法医昆虫学者の赤堀は科捜研を再編成した「捜査分析支援センター」に配属されていた。法医昆虫学と心理学分野、技術開発部の三つが統合された新組織だ。所属のせいで事件現場には立ち入れなくなったものの、同僚のプロファイラーと組んで難事件に新たな形で挑戦を!

好きなシリーズです(〃ω〃)

今回も「赤堀せんせ」のはじけっぷりが読めて何よりでございます。

今回は初めてと言ってもいいくらい、赤堀の影の部分が登場します。
父親との関係とか、いろいろあるみたいです。
思わず岩楯刑事に話てしまったが、あとで話してしまったことに後悔し、
「この間の夜のことは忘れてくれ」と言い、思い切り鰐さんに誤解されてましたw

今回はハエ、ウジはあまり登場しませんが、やけど虫なる虫に
顔中、体中傷つけられた赤堀です。
それでも、「わたしを舐めるな」といい放つ姿はカッコいいぞ。

岩楯刑事と今後どのような関係になるのか、想像もつきませんが(笑)、
好きなシリーズなのでどんどん読んでいきたいです。

そして肝心の殺人事件云々も面白かった。
なんか、スッキリした解決方法だった。

「ミレニアム5 復讐の炎を吐く女」 ダヴィド・ラーゲルクランツ



ミレニアム5 ダヴィド・ラーゲルクランツ

リスベットは人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救った。だが、そのときに取った行動が違法行為にあたるとされ、2カ月の懲役刑を受けた。彼女は最高の警備を誇る女子刑務所に収容されるが、そこではギャングの一員である囚人ベニートが、美貌の女囚ファリアに暴行を加えていた。見過ごすことのできないリスベットは、囚人はおろか看守までも支配するベニートとの対決を決意する。さらに彼女は、元後見人のバルムグレンとの面会で、“レジストリー”なる機関の存在に気づき、自らの子供時代に大きな秘密が潜んでいることを知った。ミカエルはリスベットから突然、レオ・マンヘイメルという人物の調査を依頼される。この男は何者なのか?そして、刑務所の外では、思いもよらぬ痛ましい殺人事件が起きる!今世紀最高のミステリ・シリーズ、最新刊。

どうしても「これじゃないんだよな感」はあるんですが、
それでも、やっぱりリスベットとミカエルに会いたいので
読んじゃいます。

散らばりすぎた上巻と、1つの話にまとめた下巻。

下巻のつくりは丁寧で、まぁ一組の双子に焦点をあててたので
物語の作りは面白かった。
そういえばリスベットも双子なワケで・・・
どうするのかなー。
この先。双子と対決するのかなー。

しかし・・・読んでての違和感。
リスベットのお行儀が良すぎるところか。

例えば、ミカエルがリスベットの住んでるところへ行ったとき、
なんとなーくだけど、ベッドに押し倒して噛みつきそうな
くらいだった私の印象なんだけどなぁー。
下巻のラストがとくに「これじゃない感」が強く、
「こんな常識のある女なんてリスベットじゃないっ!!」
と、思いながら読んでます。

この先受け継いでいくつもりだったらもっと思い切り
やってほしいわー。

なんか、ラーソン(1~3まではラーソン作)のミレニアム
再読したくなった(*'ω'*)

買った本 7月15日

「浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ」 青柳碧人



おお!!

久々に発売されてた。

しかし、あまりにも間隔があきすぎて最近は話の設定がよく分からなくなってます(笑)

それでも楽しみに読みたい。

これ以外に発売されてた本で読みたいの文庫本はなかったなぁー。
単行本は沢山あるんだけど(^^;)

「凍花」 斉木香津



凍花 斉木香津

三姉妹の長女・百合が次女を殺した。才色兼備で仕事も順調だったはずの百合はなぜ凶行に及んだのか?残された三女の柚香はその動機を探るが、やがて姉が自分の知らない別の顔を持っていたことを知る。それは、にわかには信じがたいものだった。-完全黙秘を続ける百合。戸惑う柚香。何かを守ろうとする父親。何かを隠そうとする母親。ある家族をめぐる慟哭のミステリー。

これもまた帯に騙されたパターンだなぁー。

面白かったんだけど、帯がねぇ
「この一冊にあなたもきっと騙される」
なもので、まだ何かあるのかとわくわくしながら読んでたら
終わったw

三姉妹の長女が次女をアイロンで殴り殺したってことなんだけど、
三女からしたら崇拝していた長女だったもので、なんでそうなのかと
調べると、姉の裏の顔みたいなのが見えてくる。

まぁ、多少は「長女あるある」のような気もします。
私も長女なので、多少経験したものもあります。
でも、ここまで屈折はしてないよなぁー。

ストーカーまがいなのはマジで勘弁してほしいと思いましたが、
それもこの人の性格が故なのでしょうねー。

もう少しイヤな感じかさっぱりした感じで終わってくれると
救いもありましたが、どっちでもなく、読み手としては
中途半端なままです。

「上石神井さよならレボリューション」 長沢樹



上石神井さよならレボリューション 長沢樹

成績不振の写真部員・設楽洋輔は、眉目秀麗で天才で変態の岡江和馬の勉強指導と引換えに『フェティシズムの捕獲』を請け負うことに。高校一の美少女で生物部員の愛香の依頼で一緒に野鳥の撮影をしつつチャンスを狙う中、様々な「消失」事件に出会い…。天真瀾漫で運動神経抜群の愛香の突飛な行動、冷静かつ的確な岡江の推理を参考にしながら、設楽は意外な事件の真相に迫る。青春ミステリー!

【目次】(「BOOK」データベースより)
落合川トリジン・フライ/残堀川サマー・イタシブセ/七里ヶ浜ヴァニッシュメント&クライシス/恋ヶ窪スワントーン・ラブ/上石神井さよならレボリューション


帯に『青春本格」とあったのでモロ本格かと思って期待していたのですが
残念ながらそういう感じではなかった。

読書メーターで他の人も書いてたけど、キャラクターは面白いです。
恥じらいのない美少女川野とか面白いです。

私が一番お気に入りだったのは、学生プロレスの実況の人だけどww
こういうのってありそうでおかしい。

ただ、実際の事件はちょっと難しくややこしく、場所がイメージしづらく
これでもう少し事件を丁寧に書いたらもっと面白かったんでは?

なーんて上から目線で言ってみました( ̄ω ̄*)