igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

「22年目の告白」 浜口倫太郎



22年目の告白 浜口倫太郎

帝談社の書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は巧みな文章で綴られ、彼女を魅了した。しかし、そこに書かれていたのは22年前に実際に起こった連続絞殺事件、その犯人による告白だったのだ。はたして、この本は出版されるべきなのか。だがーわたしはもう悪魔の虜になっていた…。

超~面白かった。
確かにこれだったら映像化になるよねー。

でも、これから映画が公開になるので、感想が書きづらい(笑)
映画では未南子とか石黒とか出版社関係の人は登場しないのねー。
曽根崎・・・どうやって出版するんだろう。

殺人犯の手記となると、サカキバラの手記を思い出しますが、
あれとは違うのよ。
どうとは言えないんだけど、違うとだけ言っておきましょう。

ラストにかけての展開も目が離せなく、まぁ多少ご都合主義的な
感じもあるかもしれないけれど、こういう展開の本は大好きです。

「しかし」「まさか」の展開でしたが、最後あの方があの職業に・・・
それも驚きました。
エピローグの本につけたPOP「優しい涙」がどうのこうの
って前にも違う本であったよなー。
よくあるPOPなのか?