2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.09 (Fri)

「崩壊」 塩田武士



崩壊 塩田武士

雨の夜、市議会議長が殺害された。波山署の本宮は県警捜査一課の若手・平原優子と組み捜査にあたるが、意外な容疑者が浮かび上がる。その影を追ううち、本宮たちは一人の青年の心の闇に出会うー。八〇年代のバブル経済に呑み込まれた男女と、それを見つめた彼らの子どもたち。ある家族の崩壊と殺人事件を通して、時代を生きる人間を鋭く描き出す、傑作刑事小説。

面白かったんだけど、不満は残るかなー。
てっきり「弟」と再会でもするのかと思っていたら匂わせておいて実際はスルーだったり。
クールビューティかと思っていた優子がなんかマッコリのんでくだけてたりとか。

なんかちぐはぐな感じがしました。

主人公の関西弁もなんか違和感なんだよねー。
登場人物全員が関西弁を話すのであれば別に違和感がないんだけど、
主人公ばかりが話しているような・・・・?

真面目そうな兄だったけど、実はずーーーーっと派手な弟と張り合っていたのだろうか。
汚職に手を染めたのを思うと、「えー真面目そうだったのに」と思ったり。
息子がとった行動もちぐはぐで・・・

読んでてずっと何かがずれているような気がしたんだけど、
ラストが一番ずれている感じがした。
なんでそこで和気あいあいとなっているんだろう??
08:29  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |