2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.09 (Thu)

「私をくいとめて」 綿矢りさ



私をくいとめて 綿矢りさ

黒田みつ子、もうすぐ33歳。一人で生きていくことに、なんの抵抗もない。だって、私の脳内には、完璧な答えを教えてくれる「A」がいるんだから。私やっぱり、あの人のこと好きなのかな。でも、いつもと違う行動をして、何かが決定的に変わってしまうのがこわいんだー。感情が揺れ動かないように、「おひとりさま」を満喫する、みつ子の圧倒的な日常に、共感必至!同世代の気持ちを描き続けてきた、綿矢りさの真骨頂。初の新聞連載。

表紙がわたせせいぞうさんだよー。
なんか20代のころを思い出す(←いつだ)

アラサーおひとりさま。しかも少しこじらせ系ってことで読書メーターを見ると男性の評価はよくない(笑)
なんかわかる。
私は読んでると「あぁーこういう感じわかる」と思うのですが、
多少自意識も高いのもあって「おひとり様〇〇」も妙に肩肘はっている感じがしました。
おひとり様焼肉とか。
スマホの自撮りは恥ずかしいとかね。

私の友人でもおひとりさまがいますが、「この間ラーメン屋で一人で食べた!」と鼻息荒く話してました。
みつ子もまだこの段階なのかも。

で、彼氏ができ意思表示が思ったようにできなくて、それにより相手を傷つけ、自分も傷つき、「あぁなんでこうなるの。面倒。家に帰って寝たい」と思う感じがこれまたわかる。
普段思っている小さいことが書かれてて、「そう思っているのは自分だけじゃないんだ」と思える綿矢作品がものすごく好きなのです。
ただ冒頭にも書きましたが、男性にはウケないと思う(^^;)
08:00  |  綿矢りさ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |