2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.25 (Sat)

「喧嘩」 黒川博行



喧嘩 黒川博行

「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きくー。腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。

前作で「破門」された桑原ですが、ヤクザの世界の破門がどういうものかわからず・・・
なので、元の弟子(?)の木下とかセツオが協力しているのを見ると不思議な世界だなーと思います。
そこは上司(親分?)が絶対というわけではないんだねー。

堅気の二宮と自称堅気の桑原は相変わらず面白い2人で
お金の話になると二宮は本領を発揮するというか・・・
せこい(笑)
せこくて笑ってしまいました。
どんな時でも自分を曲げないというか・・・
お金に関しては彼が一番かもしれない(笑)

牧野さんという40代の女性が登場し、二宮とデートしてました。
1話限りの登場人物かと思ってましたらもしかして次作も登場するかなー。
ただの女性には見えんが・・・

さて・・・ラストにいろいろと桑原のいる世界で動きがあったようです。
どうなるかなーん??
05:00  |  黒川博行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.24 (Fri)

「新・日本の七不思議」 鯨統一郎



スリーバレーのバーテンダー松永は、早乙女静香の話についていくため日夜歴史の勉強を続けている。ある日、静香が宮田六郎と連れ立って店に入ってきた。これまで宮田に対してやたら喧嘩腰だった歴史バトルにおいても、何やら風向きが違う。なぜだ?二人の親密な態度は気になるが、現存する世界最古の国ニッポンのことを知らないのも捨て置けない…。

【目次】
原日本人の不思議/邪馬台国の不思議/万葉集の不思議/空海の不思議/本能寺の変の不思議/写楽の不思議/真珠湾攻撃の不思議


物語的には「崇徳院を追いかけて」の後になるのかー。
いきなり、2人がラブラブになってて驚きました(笑)
一体どういうこと?この間まで宮田の説に目くじら立ててたくせにと思ったのですが。

そう思うと、以前の宮田の説に静香が猛烈に絡んでくるというシチュエーションのほうが楽しめたかも。
で、今回はバトルがこの2人ではなく、2人が組んだのでそれ以外の人とになる。
まぁそれでもいいんだけど、物語のクォリティーは下がったかも。

途中で終わった??みたいなものあるし。
写楽の謎は、前に島田荘司さんの本で読んだのが面白かったよなーー。
あのくらい深く掘り下げてくれると説得力もあるが・・・
これは・・・まぁ短編の中の短編だからね(笑)

邪馬台国に関しては自分の説をさらに強固に裏付けた・・・って感じですが、
その時代に「皆〇〇食」があったかどうかって分かるんですかねー。

でもこれで人物構成も納得したからまた崇徳院を追いかけてを読もうっと(〃ω〃)
05:00  |  鯨統一郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

「今日も嫌がらせ弁当」 ttkk



今日も嫌がらせ弁当

いま話題の「仕返し弁当」を高校3年間作り続け、食べ続けたシングルマザーと反抗期女子高生親子の泣き笑いお弁当エッセイ。

【目次】
2012年「嫌がらせ弁当1年目」始まり(気を付けろ赤ずきん!/オヤジの恋 ほか)/2013年「嫌がらせ弁当2年目」反抗真っ只中(これが普通の女子高生/安眠妨害 ほか)/2014年「嫌がらせ弁当3年目」高校生活、残り1年(カワイイけど実は猛獣/5000円札の人 ほか)/2015年「嫌がらせ弁当4年目」そして卒業へ(まだまだ続く/最後の小言 ほか)


珍しくブログ本を読みました。

私も毎日自分と旦那の弁当を作ってるんだけど~
この方すごいよね。
この文字技を結構使う人のようで、
文字は海苔、下にはプロセスチーズを使ってます。

不器用なくせにせっかちの私には到底無理~(;´Д`)
「作り方」
というのを読んだ時点で「朝っぱらからこういう事をする気が知れない」と思いました。
ごめんちゃい。

でも、「嫌がらせ弁当」とのことでしたが、確かに私が旦那に
この手の弁当を作ると完璧な嫌がらせになると思う。
そういう意味では確かに嫌がらせだよなーと思いました(笑)

海苔で「勉強しろ」「早く起きろ」とか書いてるし。
田中邦衛の顔とかマツコ、江頭2:50とか海苔で作ってるのっ!!!
これは・・・食欲が湧かない可能性が・・・(笑)
すごく時間かかるだろうなーと思いましたが、
ウィンナーの顔がかわいかったなー。
これくらいだったらせっかちの私にもできそうだ。
05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.22 (Wed)

「希望荘」 宮部みゆき



希望荘 宮部みゆき

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

【目次】
聖域/希望荘/砂男/二重身(ドッペルゲンガー)


杉村三郎シリーズですが、前作で離婚してそしてようやくこのシリーズが始まるという・・・
それを知ったとき「はい?」と驚いたものですが、でも面白かった。
砂男と二重身が好みかも。

ちょうど時期的に震災が重なっているようで、物語にもそれがちりばめられてました。
震災をテーマに書く作家さんがいましたが、
宮部さんの使いかたはちょっと違った。
なんというか・・・作家さんもいろいろだなと思いました。

それを上手くと言っちゃ語弊があるかもしれませんが、
利用しているなーとは正直思いましたね。
こういう話の持っていきかたがあるのか。

今でも桃子(娘)と毎日スカイプで話をしている・・・
まだ娘とつながってるんだー。
離婚してもそこはつながっている・・・
甘いわね。
05:00  |  宮部みゆき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

「公家武者松平信平14 将軍の首」 佐々木裕一



公家武者松平信平 将軍の首 佐々木裕一

五摂家鷹司家の信平は十五歳で京から江戸に出、三代将軍家光の正室だった姉孝子の口添えで、将軍家の旗本になった。その後、紀州徳川家から松姫を娶り、嫡男福千代も生まれ、二千四百石である。諸大名が登城する朔日の朝、登城してきた信平は、本丸を守る脇門が開けられ、門前には門番たちが倒れているのに出くわした。血刀を下げた若い刺客が…。

【目次】
将軍の首/改易の危機/強敵/いくさ支度


短編かと思ったら長編だったー。
今回は結構な強敵でさすがの信平も大丈夫か?と心配になりました。

敵の集団がものすごく強くてねー。
宗之介なんて沖田総司か?ってくらい強くて「あはははは」って笑ってるし。

毎回思うのは五味さんが案外強い。
なんで強いのか。
一番最初に殺られそうなのに、何気に元気というかしっかりしているというか、運がいいというか(笑)

そんな感じで続くです。
読書メーター見ていると本の内容というより「表紙の絵が怖い」という感想が多い。
それは本の感想ではないのでは・・・?
でも、とにかく言いたいんだろう。気持ちはわかる。確かに怖い(^^;)


05:00  |  佐々木裕一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

「新・世界の七不思議」 鯨統一郎



新・世界の七不思議 鯨統一郎

東洋の寂れたバーの片隅で、過去幾たりもの歴史学者を悩ませてきた謎がいともあっさり解明されてしまうとは。在野の研究家以上には見えない宮田六郎が、本職の静香を向こうに廻して一歩も引かないどころか、相手から得たばかりのデータを基に連夜の歴史バトルで勝利を収めていく。宮田の説に耳を傾けながら、歴史に興味を持ち始めた若い頃のようにワクワクするジョゼフであった。

【目次】
アトランティス大陸の不思議/ストーンヘンジの不思議/ピラミッドの不思議/ノアの方舟の不思議/始皇帝の不思議/ナスカの地上絵の不思議/モアイ像の不思議


前回の日本史とは違って、世界史は全く分かりません(^^;)
ナスカ、モアイ、ピラミッドのように存在しているものはかろうじてわかりますが、
ノアの方舟も少し怪しいし、それ以外はほぼ初耳に近い(^^;)

なので純粋に小説として楽しみました。
こういう説にするのかー。
今は世界は近いっていうイメージがありますが、当時も結構近かったかもしれない。

バーテンダーの松永さんの腕前が上がっております。
前作ではカクテルは5種類しか作れなかったのに、歴史の勉強とともにカクテルの腕前も
あがっているようです。
料理もおいしそうだー。カクテルに合うのかどうかは首かしげますが、
かつ丼とか。ウニとか。
日本酒のほうがいいようなー・・・?
っていうか、飲みに行ってかつ丼はないんじゃないかと(笑)

静香の荒々しい気性が結構好きです。
本人は支離滅裂ながらも、自分で言うように実はお人好しの女性かと。

連続して読んでしまいましたが、この歴史談義&カクテルから逃れそうにありません(笑)
05:00  |  鯨統一郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.18 (Sat)

「バチカン奇蹟調査官 楽園の十字架」 藤木稟



バチカン奇蹟調査官 楽園の十字架 藤木稟

多忙を極める平賀とロベルトは、ハイチでの公務後に1週間の休暇を取るようサウロから厳命される。急な休暇の過ごし方に悩む2人だったが、現地で出会った豪華客船のオーナー・ルッジェリに誘われ、カリブ海クルーズに出ることに。だがその船上で、海が割れて巨大な十字架が出現するのを目撃する。2人は奇跡調査を開始するが、船内ではヴードゥの儀式を模した殺人まで発生し…!?天才神父コンビの事件簿、緊迫の第12弾。

休暇中なんだろうけど、事件は彼らに近づきます。
今回もいろいろとありましたー。

一番ウケたのが平賀とシン博士のやりとりだ。
「シン博士は優しい人です」と言って、殺人事件の遺体写真を送り付ける(←送り付けるとしか言いようがないw)
案の定その後返事がないww

楽しかった・・・(笑)
最後になっていろいろと実は・・・みたいなのがあって、
やっぱりあの人は悪役だったのか。
曲者臭ぷんぷんとしたものねーー。

で、着ぐるみ姿の平賀と踊ったのがあの人とは・・・
油断しているとどんどんと前に登場した人物が出てくるので油断のならないシリーズ。

そろそろ物語の核心に迫ってほしいけどねー。
ジュリアとかローレンとかポツリポツリではなく、どーーーんと出してくれ。
05:00  |  藤木稟  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.17 (Fri)

「去就 隠蔽捜査6」 今野敏



去就 隠蔽捜査6 今野敏

大森署管内で女性の連れ去り事件、さらに殺人が勃発。ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新任の上役と対立する。家庭でも娘にストーカー騒動が発生。予想不能の事態が公私に続発して…不穏な緊張感漂う最新長篇!

もうすっかりマンネリと化しているんだけど最高に面白い。
「竜崎」という人となりが分かって読むので楽しいんだよね。

それでも弓削に対して「腹立つ」とかいう気持ちもあるんだー。
竜崎さん、感情あるんだーとちょっと意外に思ったけど(笑)

美紀(娘)のストーカー騒動は結局終わってみると「なんだそれ?」と思ったけど
それすら上手くまとめることとした竜崎・・・すごすぎる。
それも凄いが、冴子さん(妻)がさらに凄いんだよねー。きっと。
夫婦の連係プラス2人と言ったところか。

「家庭のことは自分はわからないから妻に任せている」という発言にはイラっと来るけど(笑)
でも、仕事に関してはいう事ないよねー。
合理的ということはこんなにも素晴らしいのか。
私も仕事で無駄なことをしたくないよーーー。
協力してくれ→上司たち。

毎回読んでて気持ちがよいのは、そういうことなんだろうね。
まぁ竜崎自身が上の立場であるから通用するとはいえ、
部下を信じ、自分は出しゃばらず、それであっても責任は自分が取るとハッキリ言える。
しかも本音で。
いいよねー。素敵よねー。
毎回読んでてこんなに気持ちの良くなる警察小説があるだろうか。ってくらい好きです。
05:00  |  今野敏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.16 (Thu)

「邪馬台国はどこですか?」 鯨統一郎



邪馬台国はどこですか? 鯨統一郎

カウンター席だけの地下一階の店に客が三人。三谷敦彦教授と助手の早乙女静香、そして在野の研究家らしき宮田六郎。初顔合わせとなったその日、「ブッダは悟りなんか開いてない」という宮田の爆弾発言を契機に歴史談義が始まった…。回を追うごとに話は熱を帯び、バーテンダーの松永も教科書を読んで予備知識を蓄えつつ、彼らの論戦を心待ちにする。ブッダの悟り、邪馬台国の比定地、聖徳太子の正体、光秀謀叛の動機、明治維新の黒幕、イエスの復活ーを俎上に載せ、歴史の常識にコペルニクス的転回を迫る、大胆不敵かつ奇想天外なデビュー作品集。

【目次】
悟りを開いたのはいつですか?/邪馬台国はどこですか?/聖徳太子はだれですか?/謀叛の動機はなんですか?/維新が起きたのはなぜですか?/奇蹟はどのようになされたのですか?


想像以上に面白かった。
裏歴史モノが好きなので、高田崇史さんの本をよく好んで読んでますが、
鯨さんの本も私には合うのかと再認識。

聖徳太子と織田信長については、それこそ高田さんだったりとか他の人の本で書かれていたので、「ここにも同じ説があるっ!」と喜びましたが、邪馬台国はねー。意外だった。

東北説を唱えてます。
もっと具体的にいうなら「岩手県説」
邪馬台国が岩手だよーーー!!!

でも、宮田さんが唱えた説によるとしっくりくる。
最後とどめとも言える一言に「そうかっ!!」とも。
っていうか、なんで気づかなかったんだろう。

今まで邪馬台国に関して興味なかったんだけど(^^;)
これは面白かった。

悟り(ブッダ)とか奇蹟(イエスキリスト)とかはあまり興味ないんだけど(^^;)
あとはーー、維新か。
私も「黒幕」と書いている人が実は何気に実権を握っているのではないかと思ってました。
私がこういう考え方をしているというのは以前何かで読んだのかも。
さすがに催眠術師までは気づかなかったけど。

次も楽しみだーーー。
05:00  |  鯨統一郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.15 (Wed)

「許されようとは思いません」 芦沢央



許されようとは思いません 芦沢央

かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた「私」。祖母は、同居していた曾祖父を惨殺して村から追放されたのだ。彼女は何故、余命わずかだったはずの曾祖父を殺さねばならなかったのか…究極の選択を迫られた女たちの悲劇を、端正な筆致と鮮やかなレトリックで描き出す、ミステリ短篇集の新たなるマスターピース!磨き抜かれたプロットが、日常に潜む狂気をあぶりだす全5篇。

【目次】
許されようとは思いません/目撃者はいなかった/ありがとう、ばあば/姉のように/絵の中の男


最後にどんでん返しが来るという・・・
最近ではそう珍しくもないパターンです。

なので、どんでん返し以外のところでどのくらい面白く読ませるかなのよねー。
読書メーターを読むと表題作→「許されようとは思いません」が評価いいです。
祖母の気持ちを思うとなんというか、切ないところですが。

祖母つながりでばあばと杏ちゃんの話が結構好きでした。
分かりやすいので。
結局は年賀状の写真がデブなのよね。
しかし、写真はできている。母親はデブのころの杏ちゃんでも娘なのでかわいい。
そりゃー母だしねー。
でも、杏ちゃんはもう子役なのです。芸能人なのです。
このデブの年賀状を使われないために・・・そういう考えでの物語なのかと思うと面白かった。

「目撃者はいなかった」はタイミング悪いよね。
自分で始末しようとは思うけれど・・・
結局はそうなってしまう。
なんというか・・・自業自得とはいえ気の毒であります(^^;)
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT