2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.31 (Fri)

「告白の余白」 下村敦史



告白の余白 下村敦史

家を出た兄が実家の農地の生前贈与を求めて突然帰ってきた。しかし、「2月末日までに清水京子という女性が来たら土地を譲渡してほしい」という遺書を記し自殺。兄はなぜ死んだのか。そして、女は何者なのか。期限の意味は。死の真相を知るため、弟の英二は一人京都へ向かうがーそこは、虚実入り混じる言葉で築かれた伝統の町。腹黒、嫌味、皮肉に塗れた“告白”が真実を覆い隠す。最後の1頁まで気が抜けない!表裏、黒白、真偽が次々と逆転するノンストップミステリ。

ケンミンショー見て思いついたんじゃないかなー。
都市伝説か!?と言いたくなるような京都のあれこれ。

こんな言われ方をしたら英二じゃなくったって何言いたいのかわかりません。
私はモロそういう人間なので、ハッキリ言ってもらわないと困るんです。
そんな京都言葉。
うぇーーーー。

ってことで、終始言外に含まれる棘とか嫌味を感じながら読みました。
直接言わないのが美徳みたいな感じですが・・・困ります(^^;)

死んだ双子の兄にすり替わって死の真相を探るべく京都に行く弟。
顔は同じでも人格が違うからすぐに気づくと思うんだけど。
でも、そこが京都ってことなのかなー。

最後にはコントか?とすら思いました。
こんなに京都のことを具体的に書く下村さんってもしや・・・と作家の欄を見ましたら、やはりというか当然というか「京都」の人でした。

ただこの話って京都以外の場所だったら通用しない話ではあるかも(笑)
ストレートに聞いてあっという間に終わった可能性が・・・(°_°)
05:00  |  下村敦史  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.30 (Thu)

「愛しのジュエラー」 和田はつ子



愛しのジュエラー 和田はつ子

花岡ジュエリー・スクールの学生喜多川北斗は、宝石業界最大手のオーナーの御曹司。しかも、東大中退という異色の経歴だった。北斗は石留めの達人として、世界技能競技大会で入賞を果たしていたが、学内のデザインコンテストではデザイン画を提出することができず、自己嫌悪に陥っていた。学内の学習の華といえるのが、独創的なデザイン力だったのである。
ある夜、酔っ払った北斗は誰かに助けられ、その家で朝を迎えた。北斗を助けたのが、同じ学校に通う皆見みな美だった。そこで、みな美の手になるという優しい表情をしたスターローズクオーツを見た北斗は、みな美が研磨の卓越した技術を持っていることを知るとともに、彼女に興味を抱く。
折しも、学校が財政的に危機に瀕しており、このままでは借入先の銀行の手に渡ってしまうことが明らかにされた。そのため、資金集めとして学生たちによるオリジナル商品のジュエリーを作って売ることが宣言される。果たして、どんなジュエリーができるのか。
みな美と北斗、日賀翔太と仁科真由那の恋愛感情も入りくんできて……。
宝石の魅力と、宝石をこよなく愛する人たちの思いを伝える、注目の学園小説!


和田さんの得意分野の宝石の話ですが、まぁ共同作業ってことは宝石じゃなくてもいいのかもしれないなーと思いました。
メインの2人がなんだか変で(笑)
北斗はかっこいいし才能もあるんだけど、なんというか・・・変。
キャラ設定が固定されてないのかもしれない。
みなみに関してはさらに変で・・・まぁ頑張っている女の子かもしれませんけれど、
お茶がカビているならとりあえず出すなと言いたいのです。

磨けば磨くほど宝石って光るのかなー。
表紙の次にあった写真がきれいです。
ダイヤやガーネットにも種類があるみたいですし、みなみの過去がわかって気の毒だーと思ったところで続く・・・

・・・らしい。
05:00  |  和田はつ子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.29 (Wed)

「玻璃でもなく瑠璃でもなく」 唯川恵



玻璃でもなく瑠璃でもなく 唯川恵

欲しいものは確かなもの。確かな約束、確かな未来、形の見える幸せ。…美月・26歳。忙しい仕事の逃げ場として結婚に行き着いたのに、今は結婚の逃げ場が仕事になっている。…英利子・34歳。ひとりの男性を挟んで交錯する、ふたりの人生のゆくえ。

不倫略奪の本だったΣ(|||▽||| )

この前まで新聞小説で田部井淳子さんの話を書いていたのでつい流れるように手に取ったら、そういえばこの人の本職はどっちかというとこっち系だったわー。
不倫モノ好きじゃないんだよねー。
まぁ読んだものは仕方ない。

でもって、どこの世の中を探してもこんなにうまくいくわけがない。
読んでるうちに美月に腹がたってきて。
なんなのあんた。って思いながら読んでました。
そんなに幸せでもまだ不服なのか。
それ以上を求めてどうするんだ。

ついでに石川。
結婚した人を軽々しく誘うんじゃない。

朔也。
元をたどればすべてお前が原因じゃ。

英利子
唯一同調した人物。
仕事がうまく行ったからよかったものの、うまく行きすぎて逆に羨ましい。

しかし、こんなに丸く収まるのってまぁ・・・100万組あるうちの1組くらい・・・?
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.28 (Tue)

「ムーンズエンド荘の殺人」 エリック・キース



ムーンズエンド荘の殺人 エリック・キース

探偵学校の卒業生のもとに、校長の別荘での同窓会の案内状が届いた。吊橋でのみ外界とつながる会場にたどり着いた彼らが発見したのは、意外な人物の死体。さらに、吊橋が爆破されて孤立してしまった彼らを、不気味な殺人予告の手紙が待ち受けていた──。密室などの不可能状況で殺されていく卒業生たち、錯綜する過去と現在の事件の秘密。雪の山荘版『そして誰もいなくなった』! 

俗にいう「嵐の孤島」モノ。
この作品ももちろん!! 電話線は切られてるし、つり橋は落ちるし、
ケータイ(←お!)は圏外。
迎えは3日後。
お約束ですっ!!

一人一人と殺されて行く分にはそれこそ「十角館の殺人」みたいで
ハラハラドキドキするんだけど、要所要所に15年前の謎が出てくるわけで。
「あれーー??この本何かの続編??」と思って調べるんだけど、
そういうわけでもなさそうで・・・。
ってことはこの中途半端に登場してくる15年前の出来事とかなんなのーーー!?
出すならしっかりと出してもらわないと同調できないんですけどーーー。

明らかに犯人じゃないっぽいのが2人残ったときにはこの物語はどうなるんだろう?
と心配しましたが、結果として面白く読みました。
でも、何回も書くけど15年前の謎とかこの人たちが現在抱える闇とか
もう少し丁寧に書いてほしかったです。
05:00  |  海外小説  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.27 (Mon)

「0能者ミナト 10」 葉山透



0能者ミナト 葉山透

強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。その少年こそ、母譲りの強大な法力を持つ夏蓮の息子、赤羽ユウキだった。そして時は経ち、ユウキの前に彼の父と目される科学者が現れる。いわく、ある薬で法力を消すことができるという。それはまさに、科学で怪異をねじ伏せるがごとき事態。あろうことかユウキは薬の力で法力を失い、クラスメイトと怪異事件に巻き込まれてしまうのだった。

スピンオフ的な話だったんだけど逆に面白かったという・・・(笑)

私の中で湊君の存在はなんなのか(今回ほとんど活躍せず)
舞台はユウキの学校内なので、さすがの湊も来ないだろう。


怪異とか普通に一般社会に登場すると困るよねーー。
餓鬼の存在に関しては確かに予感するところはあった。
リュックに入れてあるユウキの弁当に対して「弁当の匂いがする」とか。
その時点で鼻おかしいだとと思っていたら、
怪異でしたー。だよね。

二宮くんの存在が気になりました。
最初は架空の人物なのかと思っていたら違うみたいだし。
ってことはどういうこと!?
この先固定メンバーになるのか。

ラストの「吹っ切れそうですYO」には笑った。
会社で読んでなくてよかった(汗)
05:00  |  葉山透  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.25 (Sat)

「喧嘩」 黒川博行



喧嘩 黒川博行

「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きくー。腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。

前作で「破門」された桑原ですが、ヤクザの世界の破門がどういうものかわからず・・・
なので、元の弟子(?)の木下とかセツオが協力しているのを見ると不思議な世界だなーと思います。
そこは上司(親分?)が絶対というわけではないんだねー。

堅気の二宮と自称堅気の桑原は相変わらず面白い2人で
お金の話になると二宮は本領を発揮するというか・・・
せこい(笑)
せこくて笑ってしまいました。
どんな時でも自分を曲げないというか・・・
お金に関しては彼が一番かもしれない(笑)

牧野さんという40代の女性が登場し、二宮とデートしてました。
1話限りの登場人物かと思ってましたらもしかして次作も登場するかなー。
ただの女性には見えんが・・・

さて・・・ラストにいろいろと桑原のいる世界で動きがあったようです。
どうなるかなーん??
05:00  |  黒川博行  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.24 (Fri)

「新・日本の七不思議」 鯨統一郎



スリーバレーのバーテンダー松永は、早乙女静香の話についていくため日夜歴史の勉強を続けている。ある日、静香が宮田六郎と連れ立って店に入ってきた。これまで宮田に対してやたら喧嘩腰だった歴史バトルにおいても、何やら風向きが違う。なぜだ?二人の親密な態度は気になるが、現存する世界最古の国ニッポンのことを知らないのも捨て置けない…。

【目次】
原日本人の不思議/邪馬台国の不思議/万葉集の不思議/空海の不思議/本能寺の変の不思議/写楽の不思議/真珠湾攻撃の不思議


物語的には「崇徳院を追いかけて」の後になるのかー。
いきなり、2人がラブラブになってて驚きました(笑)
一体どういうこと?この間まで宮田の説に目くじら立ててたくせにと思ったのですが。

そう思うと、以前の宮田の説に静香が猛烈に絡んでくるというシチュエーションのほうが楽しめたかも。
で、今回はバトルがこの2人ではなく、2人が組んだのでそれ以外の人とになる。
まぁそれでもいいんだけど、物語のクォリティーは下がったかも。

途中で終わった??みたいなものあるし。
写楽の謎は、前に島田荘司さんの本で読んだのが面白かったよなーー。
あのくらい深く掘り下げてくれると説得力もあるが・・・
これは・・・まぁ短編の中の短編だからね(笑)

邪馬台国に関しては自分の説をさらに強固に裏付けた・・・って感じですが、
その時代に「皆〇〇食」があったかどうかって分かるんですかねー。

でもこれで人物構成も納得したからまた崇徳院を追いかけてを読もうっと(〃ω〃)
05:00  |  鯨統一郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

「今日も嫌がらせ弁当」 ttkk



今日も嫌がらせ弁当

いま話題の「仕返し弁当」を高校3年間作り続け、食べ続けたシングルマザーと反抗期女子高生親子の泣き笑いお弁当エッセイ。

【目次】
2012年「嫌がらせ弁当1年目」始まり(気を付けろ赤ずきん!/オヤジの恋 ほか)/2013年「嫌がらせ弁当2年目」反抗真っ只中(これが普通の女子高生/安眠妨害 ほか)/2014年「嫌がらせ弁当3年目」高校生活、残り1年(カワイイけど実は猛獣/5000円札の人 ほか)/2015年「嫌がらせ弁当4年目」そして卒業へ(まだまだ続く/最後の小言 ほか)


珍しくブログ本を読みました。

私も毎日自分と旦那の弁当を作ってるんだけど~
この方すごいよね。
この文字技を結構使う人のようで、
文字は海苔、下にはプロセスチーズを使ってます。

不器用なくせにせっかちの私には到底無理~(;´Д`)
「作り方」
というのを読んだ時点で「朝っぱらからこういう事をする気が知れない」と思いました。
ごめんちゃい。

でも、「嫌がらせ弁当」とのことでしたが、確かに私が旦那に
この手の弁当を作ると完璧な嫌がらせになると思う。
そういう意味では確かに嫌がらせだよなーと思いました(笑)

海苔で「勉強しろ」「早く起きろ」とか書いてるし。
田中邦衛の顔とかマツコ、江頭2:50とか海苔で作ってるのっ!!!
これは・・・食欲が湧かない可能性が・・・(笑)
すごく時間かかるだろうなーと思いましたが、
ウィンナーの顔がかわいかったなー。
これくらいだったらせっかちの私にもできそうだ。
05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.22 (Wed)

「希望荘」 宮部みゆき



希望荘 宮部みゆき

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

【目次】
聖域/希望荘/砂男/二重身(ドッペルゲンガー)


杉村三郎シリーズですが、前作で離婚してそしてようやくこのシリーズが始まるという・・・
それを知ったとき「はい?」と驚いたものですが、でも面白かった。
砂男と二重身が好みかも。

ちょうど時期的に震災が重なっているようで、物語にもそれがちりばめられてました。
震災をテーマに書く作家さんがいましたが、
宮部さんの使いかたはちょっと違った。
なんというか・・・作家さんもいろいろだなと思いました。

それを上手くと言っちゃ語弊があるかもしれませんが、
利用しているなーとは正直思いましたね。
こういう話の持っていきかたがあるのか。

今でも桃子(娘)と毎日スカイプで話をしている・・・
まだ娘とつながってるんだー。
離婚してもそこはつながっている・・・
甘いわね。
05:00  |  宮部みゆき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

「公家武者松平信平14 将軍の首」 佐々木裕一



公家武者松平信平 将軍の首 佐々木裕一

五摂家鷹司家の信平は十五歳で京から江戸に出、三代将軍家光の正室だった姉孝子の口添えで、将軍家の旗本になった。その後、紀州徳川家から松姫を娶り、嫡男福千代も生まれ、二千四百石である。諸大名が登城する朔日の朝、登城してきた信平は、本丸を守る脇門が開けられ、門前には門番たちが倒れているのに出くわした。血刀を下げた若い刺客が…。

【目次】
将軍の首/改易の危機/強敵/いくさ支度


短編かと思ったら長編だったー。
今回は結構な強敵でさすがの信平も大丈夫か?と心配になりました。

敵の集団がものすごく強くてねー。
宗之介なんて沖田総司か?ってくらい強くて「あはははは」って笑ってるし。

毎回思うのは五味さんが案外強い。
なんで強いのか。
一番最初に殺られそうなのに、何気に元気というかしっかりしているというか、運がいいというか(笑)

そんな感じで続くです。
読書メーター見ていると本の内容というより「表紙の絵が怖い」という感想が多い。
それは本の感想ではないのでは・・・?
でも、とにかく言いたいんだろう。気持ちはわかる。確かに怖い(^^;)


05:00  |  佐々木裕一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT