2016年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.08.31 (Wed)

「彩雲国秘抄 骸骨を乞う」 雪乃紗衣

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

彩雲国秘抄 骸骨を乞う 雪乃紗衣

数多の名宰相・名大官が名を連ね「最上治」の誉れをとる彩雲国国王・紫劉輝の治世。だがその陰には、いまだ知られぬ多くの過去と未来、邂逅と訣別、生と死の物語があった…。王の宰相・鄭悠舜が最後まで探し求めた“欠けた翼”とは?(「雪の骨」)玉座を狙い、そして破れた旺季。それでも歩き続ける彼の行く果ては(「霜の躯)」を収録。骸骨を乞うーそれは主君への最後の別れ、去るときの言葉。魂を揺さぶる「彩雲国物語」真の完結巻。

単行本を以前借りたのですが、文庫化にあたり書き下ろした話があるようで。

戦略ですね( ̄∇ ̄*)

その書下ろしが劉輝と劉輝の娘、重華の話というのだから
きっとファンはたまらないだろう。

この本は途中で作者が劉輝の敵キャラ・・・っていう言い方はおかしいけど
劉輝と対立するサイドにえらく心を奪われたみたいでかなり偏った書き方を
してました。
作者なのに・・・と思ったし、ネット(読書メーターだけど)でも書かれてました。

だからのこの書下ろし「秘話 冬の華」か?
「こうして書いたんだから文句ないでしょ」
と作者に言われている気がした(笑)

いや、作者は劉輝のことは嫌いではないと思う。
そこそこ好きなんだろうけれど、劉輝を守るべく側近にイライラしていたのだろうなー。
っていうか、そこを自由に動かすのも作者ではないかと思うのだけど。

しかし長かった彩雲国も1つの歴史が終わったなー。
読んだ後にしみじみと思いました。

しかし久しぶりの彩雲国だったので、ラノベ特有の文章の書き方に少し
引いてしまいました(笑)
もうねー。こんなところが自分のおばちゃんなところだと思う(TωT。)
05:00  |  雪乃紗衣  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.30 (Tue)

「毒殺協奏曲」 アミの会(仮)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

毒殺協奏曲 アミの会(仮)

致死量に詳しすぎる女、正統派の毒殺、ネットで知り合った女、身近すぎる毒、毒より恐ろしい偶然…サスペンスから本格まで、一冊に閉じ込めたバラエティ豊かな毒物語集。

【目次】
伴奏者(永嶋恵美)/猫は毒殺に関与しない(柴田よしき)/罪を認めてください(新津きよみ)/劇的な幕切れ(有栖川有栖)/ナザル(松村比呂美)/吹雪の朝(小林泰三)/完璧な蒐集(篠田真由美)/三人の女の物語(光原百合)


アミの会(仮) 第二弾(〃∇〃)

あれれ?女性の会じゃなかったかなと思っていたら、有栖川さんと小林さんはゲスト参加だったみたい。
「毒殺」というテーマで行くと、男性人より女性作家さんの方が面白かったです。

毒殺なのにユーモアがあったのが柴田さん。
なるほど。ここでシリーズものを出してきたか。
1冊しか読んでないけど知ってるシリーズ。

毒殺系でここまで笑っちゃう展開というのも珍しい。
だからか、こればかり印象に残っちゃった(笑)

あとは新津さんが好きーー。

柴田さん以外はどれもこれも雰囲気暗くて・・・(笑)
あとがきに「アンソロジーだからかぶらないようにお互い気を付ける」と
ありましたー。
そうなんだよね。
アンソロジーとか読むと似ている内容があったりするし。
でも、そういう意味で行けば「暗い」という以外はいろいろな毒がありまして
面白かったです。

05:00  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.29 (Mon)

「民王」 池井戸潤

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

民王 池井戸潤

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!?一気読み間違いなしの政治エンタメ!


予想以上にドタバタだった。
未曾有を「みぞーゆ」と読んだり、よっぱらっての酩酊会見など。
あらら。そういう総理や大臣もいましたね。
(※でも中川昭一さんに関しては嵌められたのではないかという陰謀説もありますよね)

総理と総理のバカ息子の心が入れ替わるという内容だと思っていたのですが、
実は入れ替わった人が他にも沢山いて、ちょっと混乱してきたというか分かんなくなってきたというか。

どうしてそんなに馴染んでるんだろうと(笑)

親は子の体なので子のふりをして就職の面接に行かなくてはいけないし、
子は子で親は総理大臣なので予算委員会に行かなくてはいけない。

就職の面接ではスッキリしました。
最後はなんかグダグダで終わった感じがするなー。
もう少し何かあると思っていたけど(^^;)


05:00  |  池井戸潤  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.27 (Sat)

「怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌」 神永学

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

怪盗探偵山猫 神永学

雑誌記者の勝村は、下北沢の夜道で男に絡まれていたところを、謎の女に助けられる。足元に落ちていた有名女子高の校章を手掛かりに、彼女の正体を探り始めた。女子高生薬物中毒死事件との関連を疑った勝村は、詳細を調べようと動くも、謎の男からの警告を受けー。悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」。圧倒的な疾走感でおくる痛快ピカレスク・ミステリー!書き下ろし1編を含む計3編を収録。

【目次】
羊の血統/羊の叛逆/黒羊の挽歌


面白かったですが、勝村くんの方が活躍していた感じがした。
殴られ蹴られ脅され(笑)
でも、相変わらず無傷でケロッとしている感じがするのは何故だろう?

いくら顔を隠しても声で正体がばれないものなのか?
いつも不思議に思いますがどうなんだろう??

あの犬井がまた登場しまして、山猫と妙な信頼関係が出来てきているようです。
この信頼関係ってなんなんだろう??(笑)

最近このシリーズの1作目を読み返してみたい衝動にかられます。
なんというか・・・最初この人たちどうだったんだろう??と。

とくに山猫と勝村の状態が知りたい今日この頃です。
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.26 (Fri)

「桃ノ木坂互助会」 川瀬七緒

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

桃ノ木坂互助会 川瀬七緒

のどかだった町は、すっかり変わってしまったー。移り住んできたよそ者たちの度重なるトラブルに頭を抱えていた桃ノ木坂互助会会長の光太郎。元海自曹長でもある彼は、悪い芽は早く摘まねばと、町に害を及ぼす人物を仲間たちとともに次々と町から追放することに。次なるターゲットは、大家とトラブルを起こしていた男、武藤。しかし、男を狙っていたのは光太郎たちだけではなかった。とある事件を機に、互いの思惑は狂い始め…。江戸川乱歩賞作家の新機軸ミステリー

老人が幅を利かせている街、桃ノ木坂。
移り住んできたよそ者たちの行いがトラブルを招く場合、
街から出て行ってもらうべく、超~~~~~~~~陰険な
方法で追放してます(笑)

イヤかも。

こんな陰険さ。
老人だからこういう事も出来るのかと(笑)
何というか、困った人たちだーーー。

沙月姉妹にはうるっときました。
犠牲になったふりをして、相手を犠牲にしている姉妹。
あーーー。何というか不器用な人たち。
この姉妹は好きですねー。
08:52  |  川瀬七緒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.25 (Thu)

「自殺予定日」 秋吉理香子

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

自殺予定日 秋吉理香子

「美しく強かな継母が父を殺した」父の死後、生命保険金と遺産、そして順風満帆のビジネスを引き継ぎ、生き生きと活躍を始めた継母の姿に、女子高生の瑠璃はそう確信する。けれど誰にも信じてもらえない。天涯孤独となった瑠璃は、死をもって継母の罪を告発するため、自殺の名所と言われる山奥で首を吊ろうとしーそこで幽霊の裕章と出会った。彼は継母の罪の証拠を見つけようと提案する。期限以内に見つからなければその時死ねばいいと。今日から六日後ーそれが瑠璃の自殺予定日となった。すべての予想を裏切る、一気読み必至の傑作ミステリ!

はじめましての作家さんですが、最近人気ある作品を書かれてるみたいですねーーー。

こうしてどんどんと新しい作家さんが発掘されてきて嬉しい限りです(〃ω〃)

さて。
父親を継母に殺されたと告発して死のうとした瑠璃@16歳が死ぬのを失敗し、
1週間の間に証拠を見つけることを決意するのです。
1週間経ってもダメだったらその時はもう1回自殺をしよう。
「よし。1週間後は自殺予定日
となるワケです(俵万智さんみたい ^^;)

面白かったです。
毒殺&ミステリーもありましたが、六曜(大安とか仏滅とか)の事も書かれてるし。
今の日本人でそこまで六曜に関して詳しい人とか、
六曜にそって行動する人なんていないとは思うけど。
だって先負って午前中寝てないといけないw

そんな内容ながら読了感は良く、「こういう風に締めたか」とちょっと意外な感じもしました。
読メを読んでると「"聖母"に比べるとねー」という意見が多く、
是非「聖母」も読んでみたいです。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.24 (Wed)

「やめてみた」 わたなべぽん

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ってことで、汚部屋の本が面白かったので勢い余って電子書籍パート2(TдT)

誰か私からipadを奪ってください(TдT)(TдT)

でも、前日の汚部屋の本よりこっちのほうが好きだなー。
この本はいろいろな事をやめることによってしがらみとか
思い込みなどからの脱出なんだよね。

フルメイクをやめたりとかね。
これは私も今実践はしてますが、それこそ1~2年前までは
メイクしないと外に出られないと思い込んできたクチです。
でも今はメイクも簡単にしてた・・・と思ってたらもっと簡素化できそうです。
私はリキッドを使ってパウダーを使ってなかったけど、逆にすることにしました。
そのほうが脂浮きとかねなくなりそう(笑)

他にも家電やら友人関係、ネット依存。
ネガティブシンキングをやめてみた

「自分には似合わない」と思う事をやめてみたり。
無理して友人関係を継続するのをやめてみたり。

この友人関係は数年前からやってます。
毎回会うとすごく疲れる友人がいて。
でも、毎月会ってたのですが、「なんでそんなにグッタリしてまで毎回会うのか!?」
と、ダンナに言われて少し会うのを控えまして。
全く会わないわけではないんだけど、会うのを少しづつ延ばしてみたり。
でも、会うと仲良しです。
友人関係は継続。
別にこれでいいと思う。
読んでて「そうなのよっ」と思うようになりました。

最近は友人と会うよりも一人で部屋にいるほうが落ち着くんだよね。
せっかくの月に2回しかない一人の時間。
この時間を大切にしたいと思ってます。
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.23 (Tue)

「ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました」 わたなべぽん

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


久々のコミックエッセイ。

買ってしまった・・・(´⌒`。)

しかも・・・

電子書籍で買ってしまった・・・(TдT)

あっという間だった(TдT)(TдT)

このシンプルさが怖い(TдT)(TдT)(TдT)

ということで、よくあると言っては失礼ながらも汚部屋脱出までの本です。
コミックエッセイはいつもだったら立ち読みで終わるんだけど(爆)
買いましたよっ。

わたなべぽんさんの有名な本は、スリム美人の真似をして1年で30キロ痩せたという本です。
今も体型維持しててとても綺麗です。

私は汚部屋の人間ではないですが、
どうせだったらもっと居心地良くなりたいなーと思いました。
使ったらしまうを簡単に出来たらいいんだよねー。
私も気づくと出しっぱなしのものは大抵私の私物。
ダンナは片づけるのよねーー。
なんなんですかね。この違い。

ってことで、あまりモノを増やさないように気をつけてはいるんですけど、
なんか漫画読んで終わった感じ(笑)


05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.22 (Mon)

「冥闇」 ギリアン・フリン

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冥闇 ギリアン・フリン

三十一歳のリビー・デイは七歳のときに母とふたりの姉を殺される。首を絞められ、斧を振りおろされ、ショットガンとナイフで惨殺されたのだ。生き残った彼女の証言によって、十五歳の兄ベンが殺人犯として逮捕され収監された。リビーはすさんだ少女時代を送り、自嘲的で無気力な大人となり、事件後に寄せられた寄付金で暮らしていたが、それも底をつきはじめていた。そんなとき、彼女は有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」の集まりに招かれる。事件について語れば謝礼を支払うという申し出に乗り、彼女はお金のため、家族に降りかかった事件を振り返るのだが。

7歳の時に家族が全員死に、しかも兄が殺人者ってことで、唯一の生き残りであるリビー。
しかし、メディアなどが「可哀想な遺族へ」と寄付をしてくれる日もいつまでもあるわけではな。
可愛そうな被害者遺族なんてどんどんと現われるアメリカ。
だったら働けばいいものの、このリビーさん。働くなんてもちろんしない。
そんな読んでてイライラするタイプの女性です。
手癖は悪いし。

しかし、この手癖の悪いのがまさかあんなところに生きるとは。

本と言うのは何が転がっているのか分からない(笑)
しかしようやく読み終えたーーーという感じでした。
リビーが好きじゃないのでなんか進みづらく。
でも、ギリアン・フリンだから!と言いきかせて読む(←ゴーン・ガールの作者)

ラストの真相には驚きとスッキリがありましたが、そこにたどり着くまでが長かったので
驚き&スッキリよりグッタリの方が大きかったです(笑)

パティとデビーが可哀想だったなー。
08:32  |  海外小説  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.20 (Sat)

「公家武者松平信平 妖し火」 佐々木裕一

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

公家武者松平信平 佐々木裕一

明暦三年(一六五七)、江戸は大火で焼き尽くされた。将軍家光の正室となった姉を頼って十五歳で江戸に出た公家鷹司信平は、五十石の旗本となり、今は千四百石となっていたが、この大火で屋敷を消失、妻で紀州藩主の愛娘・松姫の安否も不明。焼跡で立ち尽くす江戸庶民救済と、闇に蠢く悪しき企みを断つべく、若き公家武者・松平信平は立ち上がった。書き下ろし長編時代小説。

【目次】
妖し火/狙われた四千両/材木騒動/記憶


目次はあれども火事の話でした。
火事と喧嘩は江戸の華だっけ。

華と言われても困るよねー。

ラストは少し小気味の良い終わり方でした。
毎回いいラストで終わるんだけど、物語の中盤が苦労だらけで気の毒になります。
いつになったら一緒に暮らせるのか。

いい終わり方とはいえ、次の巻からすぐに同居って感じにはならないと思うし。

ただ、今回の長屋というシステムがあまり分からなくて(^^;)
関西方面だと今でもあるんでしたっけ?
長屋などなど。時代小説を読んでると分かることもあったかもしれませんが、
あまり詳しくないせいでイメージしづらい部分もありました。
05:00  |  佐々木裕一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT