2015年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.09.30 (Wed)

「隠蔽捜査5.5 自覚」 今野敏



隠蔽捜査5.5 自覚 今野敏

“変人”キャリア官僚・竜崎の胸のすく活躍を、反目する野間崎管理官、“やさぐれ刑事”戸高、かつて恋した畠山美奈子、そして盟友・伊丹刑事部長ら個性豊かな面々を通して描く、会心の七篇。人気のキャラクターが勢揃いした満足度120%のスピンオフ!(BOOKデータベースより)

【目次】
漏洩/訓練/人事/自覚/実地/検挙/送検


短編ながら安定の面白さです。
どうして毎回毎回、一言がこうも的確なのだろうかと。
読んでて自分もストンときます。
特に「訓練」の畠山美奈子に対してのアドバイス。
これはくるねー。
くるけど、こんなこと考えてるのかなー。竜崎さん。
読んでてストンときたけれど、正直驚いたよ(笑)

竜崎さんに対してなんとかごまかそうと思う人たちも
いるんだろうけれど、結局は正直に白状しなくてはならない。
で、その指示があまりにも的確なので
「なんで自分は今まで隠そうとしていたのだろう」となる。
そうだよねー。
変人と言われてるけれど、やっぱりすごいね。
今回の短編は竜崎と一緒に働く人たちがメインでもあったので
また大森署の違った一面を見ることが出来ました。
08:46  |  今野敏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.29 (Tue)

「SROⅥ 四重人格」 富樫倫太郎



SRO 四重人格 富樫倫太郎

不可解な連続殺人事件が発生。傷を負ったメンバーが再結集し、常識を覆す新たなシリアルキラーに立ち向かう。人気警察小説、待望のシリーズ第六弾!

ってことで2年と5か月ぶりのSROです。
長かった。
本当に長かった。

5巻のラスト気になる終わり方でしたが、そこはさすがにあの方・・・
特に何ってこともないようで。
そ・・・それはなにより(・ω・)ゞ

偶数巻なので例の御方は出ません。
出ませんが、変なのが登場してました。
すごく変でしたよーーー(笑)

それはそうと、1巻いらいSROが全員復活!!!
沙織ちゃん復活。
麗子さん復活。
尾形も復活。
ってことで全員そろったSRO
そうなるとどうしても純一の影が薄くなるw

今回はハリーは私が期待しているような活躍はしなかったので
ちょっと残念ですが、普通の「人」としてとても好青年でした。

今回誰よりも目立ったのは室長。
こんなに室長が目立つ巻もなかったような・・・
今回は印籠(?)みたいなのも振りかざしてたし、
恋愛のライバル(?)みたいなのも出てきてたし、
そしてキャシーへの愛も相変わらずだったし。
変人街道まっしぐらでした。
最初の頃はこんな変な人じゃなかったのに・・・(。・ω・。)
05:00  |  富樫倫太郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.28 (Mon)

「ブラック・ベルベット」 恩田陸



ブラック・ベルベット 恩田陸

東西文化の交差点・T共和国。この国で見つかった、全身に黒い苔の生えた死体。入国後に消息を絶った、気鋭の女性科学者。ふたつを結びつけるのは、想像の域を遙かに超えたある事実だったー(BOOKデータベースより)

見た目は40代中年男性、しかし心は乙女(?)
オネエ言葉で喋る恵弥のシリーズ第3弾。
毎回のことながら、恵弥のキャラが強すぎて何がなんだかよくわかりませんが
ラストは恩田さんにしてはうまくまとめたかな~と思います(←ほめてます)

T共和国、T共和国と書きながらしっかり「トルコ語」とか書いてるし。
T国語ではないのかと突っ込みながらもグイグイ読ませます。
恵弥のキャラが楽しいこともあるんだけどね(それが一番)

結局恵弥にはどのくらい能力があるのか。
読んでるとよーーーく分からない。
能力がありそうに見えて、ただの普通のオネエなのかな。

今回も誰もが怪しく見えて面白かった。
実はこいつが一番怪しいんじゃないか。
なんていう人は実はそうでもなく、
全くノーマークの人が怪しい人でした(笑)
してやられました(ノ∀`)

恵弥はいいキャラだと思います。
05:00  |  恩田陸  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.26 (Sat)

「禁断の魔術」 東野圭吾



禁断の魔術 東野圭吾

高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが…。シリーズ最高傑作!(BOOKデータベースより)

・・・ってことで、



この本に入っている「猛射つ」を大幅に改編したのが今回の本とのことですが、
もちろん、ワタクシigaiga読んでおります。

忘れております(ノ∀`)
いつものことです。

ただ、レールガンについては記憶にありました。
最後のシーンもなんかわかる。
ってことは大幅な改編シーンはどれなんだろう。
実際のところ屋台骨はしっかりしたまま移行した感じなので
改編部分は大したことないんじゃないかという気が・・・

ただ、内海が頑張ると私が推している草薙刑事がただのアホみたいに見えてきてとてもイヤなのです。
草薙刑事はもっとしっかりしているはずなのに。

・・・と、まぁ毎回の愚痴ですが(笑)
そして科学はやっぱりわからない。
数学もわからない。
科学もわからない。
じゃあ一体何だったらわかるのか?と聞かれそうですが、
何も詳しくない私であります。
05:00  |  東野圭吾  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.25 (Fri)

「傘をもたない蟻たちは」 加藤シゲアキ



傘をもたない蟻たちは 加藤シゲアキ

無限の悲しみはどこまでも僕を埋め尽くす。いまを生きる人々の「生」と「性」を浮き彫りにする6編の物語。(BOOKデータベースより)

【目次】
染色/Undress/恋愛小説(仮)/イガヌの雨/インターセプト/にべもなく、よるべもなく


ずっとこの人の書いたものを読みたいと思ってました。
あまりゲーノージンが書いた本には興味がなかったのですが、
コンスタントに(というか、1年に1冊と決めてるらしい)出版出来るシゲさんの本が読みたくなりました。

短編集ですがものすごく面白かった。
ジャニーズ事務所の28歳。NEWS所属・・・ですが。
前に友人のケータイでジャニーズウェブを読ませてもらったんだけど、
当時(大学生時代)から面白い文章を書くなーと思っていたのです。
しかし、小説となるとまた話は別。

個人的に好きなのは「インターセプト」
後味の悪さがたまらない(爆)

後味の悪さでいくと「Underess」もそうとう悪い。
こういうの書くんだー。
めっちゃストライクゾーンではないかっ!!
もうね、いろいろとすごく感じが悪いんです。
かなり好きです(笑)

ってことで、また違う本を読んでみたいと思います。
05:00  |  その他か行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.24 (Thu)

「三毛猫ホームズの用心棒」 赤川次郎



三毛猫ホームズの用心棒 赤川次郎

編プロに勤める三枝英子は、ある日の深夜、帰宅中に変質者に襲われそうになったところを、見知らぬ男性に助けられる。男性は「ぼくはあなたの用心棒です、いつでも見守っています」と言い残し、立ち去ってしまうーそれ以後、英子に不利に働く人物が次々と怪我をしたり、死亡したりと、不思議なことが続く。英子はサークルの後輩だった片山刑事に相談してみると、意外な人物が「用心棒」として浮かび上がってきたー表題作「三毛猫ホームズの用心棒」ほか、ホームズの様々な活躍が堪能できる、大人気シリーズ第46弾。(BOOKデータベースより)

【目次】(「BOOK」データベースより)
三毛猫ホームズの水泳教室/三毛猫ホームズの英雄伝説/三毛猫ホームズの殺人協奏曲/三毛猫ホームズのいたずら書き/三毛猫ホームズの用心棒


シリーズ第46弾にもかかわらず片山さんが29歳だった(笑)

変わってないじゃないか。
シリーズ46弾で29歳って・・・・1日1つ事件は起きているのか。

感想としては短編のせいか「雑だなーーーーーーーーーーー」と思いました。
設定云々は結構面白いのに。
幽霊シリーズの永井夕子がなぜか登場してました。
その登場もその後もなんか雑で勿体無いーーーーーーと思いました。
1つ1つ長編だと更に面白かったのではないかと。
三毛猫シリーズは長編の方が面白いかな。

だってこの薄い本の中に5つも事件があって、5つの犯人があって5つの解決がある。
雑でしょ。
どう考えても雑でしょー。
でも気軽に読めるシリーズだしホームズは可愛いのでまた読みます。
09:00  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.23 (Wed)

「朝が来る」 辻村深月



朝が来る 辻村深月

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。(BOOKデータベースより)

面白かったよー。
このBOOKデータベースからイメージする話とは違ってて
一気にぐいぐい読みました。
養子をもらうことになった栗原夫婦の葛藤と
産んだ子を手放すことになった片倉ひかりの心情がうまく書かれていた気がします。

でもね、結局のところは子供が子供を持つとこうなるんだよなー
という典型的な転落人生。
まだ全然おつむは赤ちゃんなのに、
「私は子供を産んだのよ。あななたちとは違うのよ」
という考えが出る時点でおこちゃま。

こういう時は女の子は割を食うというか損をするというか。
男は何事もなく普通の学生生活。
うーーーーーーーむ。
ひかりも可哀そうではあるんだけどね。

しかし、転落しすぎだろー。
子供を産むのは大人になってからのほうがいいんだろうね。きっと。
ひかりを見て特に思った。
それにしても、最初から「養子である」と周りにも公言しながらも
わが子のように大切に育てる栗原夫婦はいいね。
朝斗も可愛かったし。

ただ、ケーサツがなんで行方不明者として探してたんだろう。
誰が通報したのか?
ちょっとそこだけ気になった。
12:03  |  辻村深月  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.22 (Tue)

買った本 9月20日

みなさま。
連休はどうお過ごしでしょうか?

我が家はダンナが仕事のため、どこにも行かず引きこもり~な生活をしております。
まぁ読書三昧であります(^^)
月曜日はパーマあてて(!?)きましたし。
ストレートさらさらです。
体力ないんで椅子に座ってるだけでも疲れました。

稲刈りもできません。
天気がいいのに。
なんかもったいないなー。


ってことで買った本です。

「国境 上下」 黒川博行



念願の!!です。
ようやく買いました。
読みたかったー。
でも上下巻だよ(笑)
これは休みの日に一気読みかな。

「SRO Ⅵ 四重人格」 富樫倫太郎



こちらも「念願の!!」です。
いやーーー恋い焦がれすぎたけど、5の内容わすれたー(笑)
そういえば気になる終わり方でしたよね。
偶数巻だから巷で言われているあの御方は登場しないのかな。
それにしてもやっと発売されたっ!!
嬉しいっ!!

読書の秋満喫しようと思います。

10:04  |  買った本のメモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.21 (Mon)

「毒草師 七夕の雨闇」 高田崇史



毒草師 七夕の雨闇 高田崇史

毒草師こと名探偵・御名形史紋が、“七夕伝説”の闇を解き明かす衝撃の民俗学ミステリー。(BOOKデータベースより)

やっぱり「毒草師」は好きだー。
とりあえず設定が普通。

えぇ。これでも普通(。・ω・。)

毒草師の容貌に笑ってしまうんですけど、それでも安心します。
とても普通の気が多い移り気な西田くんも安定していていいですねー。

最後に奈々ちゃん@QEDが登場してましたが、
QEDでは美人扱いかと思いきや、その後の「カンナ」「毒草師」では
「とびきりの美人ではないがローカルCMに出てきそうな雰囲気」
・・・って( ̄▽ ̄;)

まぁそれはいいのですが、今回は七夕。
QEDで何回か題材に出てきてますのでやや復習に近い。
でも、最近高田作品で天照大神とか天照大御神が登場するので
ハマってるのかなーと思ったりしてます。

あまりにもキャラが濃いので謎はなんだっけ?と毎回思います。

今回もそうでした(。・ω・。)ゞ

まぁキモい一族ということで。
07:51  |  高田崇史  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.19 (Sat)

「探偵の探偵 2」 松岡圭祐



探偵の探偵2 松岡圭祐

妹を殺したストーカーに不法に情報を与えた探偵はどこに潜むのか?「対探偵課探偵」紗崎玲奈は、レイプ犯の部屋に忍び込みその手がかりを見つける。妹の仇は絶対にとる、と誓う玲奈は、憎き探偵を「死神」と名付け、その影を追う。知力と情報力で争う現代の探偵を活写する革命的探偵小説、第2巻。(BOOKデータベースより)

なんか最後泣けちゃいましたね(´・ω・`)

読者である私が泣く分にはなんら問題もないと思うのですが
玲奈が意外に泣く。
ダメじゃん。こんな事で泣いていたら。

読みながらそう思いました。

しかし、柚希が健気で・・・(´⌒`。)
健やかに育って欲しい。

今回も殴る蹴る当たり前の場面多々あり。
容赦ないなー。
バッドでフルスイングで顔を殴るんです。
絶対脳に悪いよなー。

この本を真面目に読んでると悪の道に進みそうで怖いです(笑)
万能鑑定士もどきの裏ワザ小ワザが沢山あり、
法律スレスレなのか法律無視なのか分かりません。
人を丸焼けにする方法も書いてました(。・ω・。)

私はやりませんが・・・

いつも思うけど情報が凄いなと思う作家さんであります。
05:00  |  松岡圭祐  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT