2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.31 (Fri)

「浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ」 青柳碧人



浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ 青柳碧人

数学好きの人間だけが集まる奇妙なリゾートホテル“ホテル・ド・フェルマー”。一ヵ月前に起きた密室殺人事件に挑むことになった浜村渚は武藤刑事らはホテルに隠されたもう一つの謎に出会う。それは前オーナーの莫大な遺産のかかった不可思議な「なぞなぞ」だった。シリーズ初の長編。文庫書下ろし。(BOOKデータベースより)

人は死んでいるんだけど、相変わらずミステリー色は少ないです。
数学というよりは、数学パズルみたいな感じがしてこういうのを突き詰めて解けたら楽しいだろうな~。という毎回のごとく表れる感想(笑)
本当になかなか継続してくれなくって(´⌒`。)

こうして「目」で見ているだけでも数字というのは面白く、深いものだと思います。
数字が織りなす奇跡というのは、数学を深く理解してなくても楽しめます。
数学理解していたらもーーっと楽しめるんでしょうね~。
「フェルマーの最終定理」に至る話とか読んでると何言っているのかサッパリ分からないんですけどね(笑)

武藤さんの謎がチラリ登場してましたが、結局はまだ分からず仕舞。
なんなんでしょう。
その年代に栃木の山奥にいたようですが、どうして山奥??

しかし、浜村渚・・・
中学2年生というよりは、小学2年生に見えるのですが(^^;)
近頃の中学生はもっと大人だろ。

そう突っ込んでおきましょう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:08  |  青柳碧人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.30 (Thu)

栗駒山

初日に泊まった須川温泉は栗駒山への登山道があるのです。
適当な恰好をしていたので、登山はしなかったけど、ある程度歩けるところまで行ってきました(・∀・)
実際、そういう人もいるね。



ここはスタート時。
温泉がすでに流れているのですよ。
見えます?お湯。
足湯になっていて、この脇には足を漬けている人が沢山いました。
そして、わが夫談


「お前をここに漬けたい・・・」


と、皮膚の湿疹が夏にはとんでもないことになっているわたしを思い(?)
とんでも発言をしていました。


 



 


お天気よーい。
山頂は見えませんね。雲に隠れてます。


 



 


逆にふもとを見る。
宿(須川温泉)と駐車場の車発見!(・∀・)
肉眼では我が車も判別できます。


 



 


この木でできた遊歩道を抜けると本格的な登山スタートです。
ここをちょこっと渡ったところで引き返してきました(^^;)


 


宿は秋田と岩手の境ですが、栗駒山になりますと秋田・岩手・そして宮城の3県にまたがってます。
山頂まで登ればまた絶景なのでしょうが、
山頂までの1時間が苦しい(笑)


 


16:08  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.30 (Thu)

「I LOVE YOU」 アンソロジー



ILOVEYOU 伊坂幸太郎石田衣良、他

恋愛には未知の物語がある。初めて恋心を意識したとき、幼なじみに異性を見出したとき、彼女とのあいだに微妙な心の距離を感じたとき、初恋の同級生と再会を果たしたとき、彼女と恋愛のルールを決めたとき、そして連れ添った相手との別れを予感したとき…さまざまな断片から生まれるストーリーを、注目の男性作家陣が紡ぐ、奇蹟の恋愛アンソロジー。(BOOKデータベースより)

【目次】
透明ポーラーベア(伊坂幸太郎)/魔法のボタン(石田衣良)/卒業写真(市川拓司)/百瀬、こっちを向いて(中田永一)/突き抜けろ(中村航)/Sidewalk Talk(本多孝好


だはは(笑)
恋愛アンソロジーなんていうとても私のキャラじゃない本を読んでしまいました(笑)

伊坂さん目当てで借りてきましたが、どの作品も本当に面白かったです。
男性の描く恋愛小説だから純愛が多く、胸キュンです(笑)

【透明ポーラーベア】伊坂幸太郎
やっぱりどこか淡々とした伊坂スタイル。
伊坂さんの恋愛モノってどうなの?と気になりましたが、しかし、姉。
あなたアホでしょ?
相当アホでしょ?

【魔法のボタン】石田衣良
とりあえず、幼馴染って恋い焦がれる(爆)
最初は、軟弱男か?と思ったんだけど案外押しもあるか。
実際の幼馴染がどれだけが恋愛モードになるかは分からないけど、
この話は良かった~(〃ω〃)

【卒業写真】市川拓司
なんか、その登場人物になった気がして照れ照れして読んでしまいました(笑)←バカ
渡辺・・・かなり頑張ったんだろうな。
しかし、凄いシチュエーションだ。
ある意味長期戦。
でも、自分が当事者だったら嬉しい(〃ω〃)

【百瀬、こっちを向いて】中田永一
イケてないというか、地味な男の子の恋愛書かせたら日本一か?この方。
自分を「レベル2」と卑下する見ていて痛々しい男の子。
演技とはいえ、彼氏彼女になることで今までの世界が大きく変わる。
その後の男の子の成長も見れてかなり好きな作品。

【突き抜けろ】中村航
2人の恋愛より、バカ3人が集まって・・・という感じか。
いつもキッチリ決めた電話当番とデートの約束。
それを木戸は理解できない。
まぁどうなんだろう?わたしはこうして決めている方がいろいろと安心できますが(^^;)
人それぞれってことで。

【Sidewalk talk】本多孝好
これは、むちゃくちゃやりきれない~・゚・(ノД`;)・゚・
もっと何とかできたはず。
何とかなりそうなくらいなんだけどな。
ほんと、このままで終わってしまってほしくない2人です。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
06:58  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.29 (Wed)

ハーブワールド

14日、猿回しを見た後、ハーブワールドに行きました。
こちらも西目の道の駅の隣にあるようなハーブワールド。


うん。


行ってみたらなんとなく分かった。


 


季節外れ(。・ω・。)ゞ


 


まぁ仕方ない。
ハーブが枯れていた(というか終わっていた)


でも、ブドウがわっさわっさとありました。
もう少しで収穫なんだね(*^^*)


 


自分たちにお土産を買いました。


 



 



 


水も土も要らないなんってなんって素敵な球根なのでしょう。
ってことで、部屋に放置してます。
咲くんだよね??


 


 



 


これは卵の殻の部分をちょこっと割って種を入れて育てるのかな。
ハーブを買ってきました。
料理にちょこっと添えるだけでなんかおしゃれーな感じになりますよね。


でも、まだ殻割ってないんだけど(^^;)


 



そしてこれはハーブティ。
今は暑くてハーブティって感じじゃないので、
もう少し涼しくてそれこそ


「読書の秋」


になったら飲もうと思います。
年中読書の秋ですけど(^^;)


 


11:11  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.29 (Wed)

「ぬるい毒」 本谷有希子



ぬるい毒 本谷有希子

ある夜とつぜん電話をかけてきた、同級生と称する男。嘘つきで誠意のかけらもない男だと知りながら、私はその嘘に魅了され、彼に認められることだけを夢見るー。私のすべては、23歳で決まる。そう信じる主人公が、やがて24歳を迎えるまでの、5年間の物語。(BOOKデータベースより)

正直書くとあんまり好きなタイプの物語じゃないな~。
こんな同級生か同級生か分からないような男から電話がきて、飲みに行ってどうのこうのって・・・。

しかし、嘘に惹きつけられるって・・
そういう女性もいるのかもしれない。
わたしは嘘つかれるのが好きじゃないからな~。

しかし、なんだかんだ言いながら向伊の彼女云々の話だけ本当に三文小説まがいの話だよね。
「なんなんだ。その"いかにも"な物語は」
と、本に向かっていちゃもんつけてました(笑)

それにしても理解できなーーーーい。
明らかに安っぽい男なのに。

最後ビール瓶持った時にはウキウキしたんだけど、
そうはならなかったか。


残念(。・ω・。)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
00:50  |  本谷有希子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.28 (Tue)

猿をまわす

またまた日はさかのぼり14日。
出発して間もない、秋田県西目の道の駅。


スタンプラリーをしているので何気なく見てみたら、
猿回しやってました。



 



 


相変わらず分かりづらくて申し訳ありませんが(このケータイ使って3年もなるんだけどな ^^;)、
猿回しです。
この猿くん、ちょっと障害を持っているようで。
右足の指の数が1本少ないとか。
で、大きくなってきて体重を支え切れなくなってきたので、この道の駅が最終公演(?)になるとのことでした。

見た感じ大人しそうな猿くんでしたが、猿回しの人との息も合って見てて面白かったです。
そういえば、生の猿回し見るの初めてだった~!!!
と、炎天下の中喜んで見てました(笑)


ラストにはちゃんとざる(のようなもの)を持って「お花」(お金)を入れるように回るのです(人が)。
それなんだけど、そのざるにお客さんが果物とか入れたから、お猿がその果物をじーーーっと
見ているのがなんとも可愛かったです(〃ω〃)


11:41  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.28 (Tue)

「玩具店の英雄 座間味くんの推理」 石持浅海



玩具店の英雄 座間味くんの推理 石持浅海

科学警察研究所の職員・津久井操は、事件を未然に防げるかどうか、の「分かれ目」について研究をしている。難題を前に行き詰まった操が、大学の大先輩でもある大迫警視正にこぼすと、ひとりの民間人を紹介された。「警察官の愚痴を聞かせたら日本一」と紹介された彼は、あの『月の扉』事件で活躍した“座間味くん”だったー。(BOOKデータベースより)

座間味くん、知らないんですけどね(。・ω・。)ゞ
どうも、何かの続編だというのは分かっていたのですが、「月の扉」だとは・・・
タイトルがかけ離れているんですもん・゚・(ノД`;)・゚・

でも、結構面白かった。

内容としては現在形ではなく、過去に起きた事件を津久井が研究しているなか、座間味くんと大迫警視正(ってめっちゃエライ人じゃない?)と3人で飲みながら話すという、
酒好きにはたまらない1冊。

この本を読んだら居酒屋に行きたくて、生ビールを
くいーーーーーーーーーー
っと一気に半分まで飲み干したくて仕方なかったので
居酒屋行ってきました(。・ω・。)v

まぁそんな本(笑)
とにかく、推理は推理で面白いんだけど、そっちよりビール(笑)
お酒も本もどちらも好きな私には耐えられない(爆)1冊でした。

餃子の美味しいお店にてビールを飲むのね~。

と、そういう記憶ばかり残ってます(笑)
実際の推理云々は、座間味くん凄すぎない??
と、思いました。
この表紙のようにモノの見方というのはいろいろな角度によって違うものです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:04  |  石持浅海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.27 (Mon)

買った本 8月26日

毎日暑いですね(^^;)
昨日は出かけたのですがクーラーが効いているところばかりで嬉しかったです(〃ω〃)
igaiga家にはエアコンがないので(北国にはたまにある)厳しすぎる残暑と闘うにはやっぱり外出が一番かと(笑)

映画を見て、居酒屋に行ってその後、ふら~っと寄ってしまった本屋さんにて発見しちゃったものだからついつい買っちゃいました。

「心霊探偵八雲8」(文庫) 神永学



八雲くんに関しては相変わらず意味不明な買い方をしてますが、いっか。
と、開き直りです(^^;)
単行本と文庫での加筆・修正にチェックしながら読んでいこうと思います。
でも、8巻好きなんですよね。
八雲くん目線があるのでお気にいり。
6巻が上下巻モノだったので8巻もか?と思ったら1冊だった。
6巻の上下巻はなんだったんだろう・・・

「あなたが名探偵」 アンソロジー



これは、芦辺さん目当て(・∀・)
普段読んだことのない作家さんの方が多いかな。
芦辺さん以外は読んだとしても少しだし。
ここでまた楽しい出会いがあると嬉しいかも。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
10:22  |  買った本のメモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.26 (Sun)

「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤



空飛ぶタイヤ 池井戸潤

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。(BOOKデータベースより)

はわわわわわわわわ~っ。

はぁ・・・

実話?∑(=゚ω゚=;)

掴みは実話なのですよね。
ありましたよね。
その実話でベースを作りつつ、中小企業の熱き社長。
いいですね~(´∀`)
自分の会社の整備に自信を持ち、「事故は整備不良ではない。ホープ自動車の部品が欠陥なんだ」と言い張るのだけど、世の言い分としては

「まさかまさか。あの大きいホープ自動車がそんな欠陥部品を作るはずがない」

でも思った。
確かに私もこの事故(実際にあったほう)のニュースを見たとき、みつ・・・じゃくて、
ホープ自動車(仮)がそんな・・・。
と。でも、結果的にみつ・・・、ホープ自動車(仮)の方が悪かった。
実際、運転していた会社には一切の不手際がなかった。
それを思うと、今回の赤松運送ともどもかなり理不尽な思いはしただろうなと。

私、今回この本をダンナに読ませたいと思ってはいるのですが、
うちのダンナさん、トレーラー運転手でもあるのです(´・ω・`)
あまりに実話に近いと敬遠する傾向があるので微妙(^^;)
物語として受け止めてくれるかどうか。
しかもダンナの乗っているメーカーがみつ・・・・

・・・・

ホープ社製。
ホープ社製となると、我が社で使っている大型車もホープ社だったな・・・
ダンナが読み終えたら某ホープ社モデルの財閥系さんたちにも読んでもらいたい。
っていうか、この本が発売されてどうしただろう??
誰か読んだのかな。
読んでくれればいいな。

物語としては起承転結がしっかりして面白かったな。
別に無理にPTAの話を入れなくてもいいんじゃないかと思ったんだけど。
なんか、その時期池井戸さん、PTAでむしゃくしゃしていたんだろうか?(・ω・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
21:23  |  池井戸潤  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.25 (Sat)

泊まった旅館。

もう10日も経つのにまだ旅館までたどり着いてなかったです(^^;)


今回、泊まったのは岩手と秋田の県境にある「須川温泉」とigaiga大好きすきすき岩手の「網張温泉」です。



須川温泉のお部屋。
布団は綿だった。重かった・・・
そして、秋田と岩手の県境にあるとはいえ、明らかに岩手県にあるのに
テレビは秋田県だった(笑)
普段と変わりないし(笑)
そして、須川温泉・・・ケータイの電波「圏外」です。
もう、この「圏外」という文字に不安ったら不安。
電波ないとこうも不安になるのかと。
朝、出発してメール、電話チェックしたけど1件もなかった(爆)


無駄な心配でした( ̄ω ̄*)ゞ


2泊目の網張温泉は洋室しか空いてなくて洋室。



 


本当は絶対絶対和室がいいんだけど、部屋を我慢してでも温泉のお湯と楽しいバイキング。
いつも和室は満室なんだよね~(;´Д`)
わたしらも、以前は半年前から予約を入れていたのですが、
姑の状況などを見ないといけないので、半年も前から予約が出来なくなり、
結局洋室で甘んじる(笑)



 


これは、網張で飲んだお酒。


その名も・・


 


南部美人~ヽ(・∀・)ノ


 


お土産で買おうかと思ったんだけど高いので断念。
こちらで味わいましたわ。


ムフ。


07:08  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT