2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.09.30 (Thu)

9月に読んだ本のまとめ

9月に読んだ本のまとめ

9月 2日 武士道エイティーン        誉田哲也
9月 3日 ライオンハート           恩田陸
9月 4日 万能鑑定士Qの事件簿(5)   松岡圭祐
9月 6日 1Q84 book3         村上春樹
9月 7日 夏の名残の薔薇          恩田陸
9月 8日 劫尽童女             恩田陸
9月 9日 月の裏側              恩田陸
9月10日 麦の海に沈む果実         恩田陸
9月11日 黄昏の百合の骨          恩田陸
9月13日 ユージニア             恩田陸
9月14日 Dカラーバケーション        加藤実秋
9月15日 臨床真理              柚月裕子
9月16日 クドリャフカの順番         米澤穂信
9月17日 蝦蟇倉市事件(1)         アンソロジー
9月18日 100人館の殺人          山口芳宏 
9月20日 名前探しの放課後         辻村深月
9月21日 心霊探偵八雲 1          神永学
9月22日 遺品                 若竹七海
9月23日 心霊探偵八雲 2          神永学
       心霊探偵八雲 3          神永学
9月24日 心霊探偵八雲 4          神永学
9月25日 心霊探偵八雲 5          神永学
9月26日 心霊探偵八雲 6          神永学
9月27日 心霊探偵八雲 7          神永学
9月28日 心霊探偵八雲 8          神永学
9月29日 心霊探偵八雲 絆          神永学
9月30日 ブラザー・サンシスター・ムーン    恩田陸

※今回はタイトルからリンク記事に飛ぶようにしてます。




も~後半は 八雲、八雲八雲!!!

八雲だらけでした(笑)
でも、9月中に読んだからいいか~(´∀`)

それ以外では前半の恩田さん攻撃(笑)
今回もかりんトウさんから借りまくり読破しまくりでした。
自分が買った本は・・・
「遺品」「万能鑑定士」だけですv(`∀´)v
あ。八雲の6.7.8もあたしが買ってた(^^;)
あとは図書館公民館から借りてます( ̄m ̄*)
10月はどうなるのか。
わが町の公民館に新図書は入るのか!!
自分でも楽しみです。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします(^ー^)ノ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ

20:22  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.30 (Thu)

「ブラザー・サンシスター・ムーン」 恩田陸



恩田陸 ブラザー・サンシスター・ムーン

ねえ、覚えてる?空から蛇が落ちてきたあの夏の日のことを―本と映画と音楽…それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。青春小説の新たなスタンダードナンバー誕生。(BOOKデータベースより)

なんと!!昼休みで読み終えてしまった∑(・ω・;ノ)ノ は・・はやっ!!
↑お昼はおにぎり1個

余計な描写を削りに削ったらアッサリ感アリアリの1冊になったような気が・・・(笑)

帯に「夜のピクニック」なんて書いているのでちょっと期待したのですが特に関係している本というわけではないようです。

最初、一人称でベラベラと語っていて「誰?あなた??言いたいことがあるならハッキリ言って!」と思っていたらあっという間に1章が終わってしまった(笑)
2章に入り「あー。なるほど。こういう話か」と理解。

何かを期待して入った大学時代。
ちょうど「女子大生ブーム」「イカ天」「エビ天」の時代(あたしより少し年代が上か?)に一番エネルギッシュな時代を大学生として過ごした3人。

あたしが読んだ限りでは、とりたてて「恋愛っ!!!」という本ではなかったです。
更に帯に書いているように「青春!!」ってほどでもなかったような・・・
まぁ戸崎は青春してたかな。
大学に入ってのめり込めるモノが見つかったから(^^)

ただ、箱崎のラストの台詞・・・


それは悲しすぎるっ!!(TдT)


なんって後ろ向き発言・・・
確かに箱崎の言っている事は最終的にはその通りなんだろうけれど、「もう少し前向きになろうよ」と、なぜか本に向かって語り掛けそうになりました(^^;)


ランキング参加中です。応援クリックお願いします(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ

07:32  |  恩田陸  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.29 (Wed)

「心霊探偵八雲 絆」 神永学



心霊探偵八雲 絆 神永学

一心の口から語られる驚くべき八雲の過去に、晴香は涙する─中学教師の高岸明美は、他人を寄せ付けず、寂しげな目で教室にたたずむ1人の少年のことが気になっていた。彼の名は斉藤八雲。“幽霊が見える”と噂され、クラスメートから疎まれる孤独な少年を、明美は必死に理解しようとするが…迫りくる恐るべき事件の影、その先に待ち受ける最大の悲劇、その時八雲は!?謎に包まれた過去が明らかになる、衝撃の八雲少年時代編。(BOOKデータベースより)


中学時代の八雲くんです。
荒いですね。

「俺に触るとケガするぜ」

みたいな・・・(笑)
負のオーラゆらゆら揺れてました。

大学生になってからはひらがなで「ぼく」の一人称が中学時代は「俺」だったり、「あんたうざい」とか言ったり・・・
そんな中学生がそばにいたら・・・

蹴り倒したいですわ( ̄ω ̄*)


今回も出てきたな~。
裏キーワードの「強姦」
うーーーん。なんとかならないんでしょうか?
確かに望まれなくして出来た子どもという設定を持ってくるには簡単でいいのでしょうが・・・
読んでいてこうも続くとやっぱり不快です。

八雲と後藤の「腐れ縁」がフルに発揮されてました。
それにしても後藤刑事。案外気が長い?
子どもな八雲にあーだこーだ言われても特に激高するわけでもなく。
大人な対応でした。

まぁこういう紆余曲折を得て現在になったのかと。
話のラストにはみんな揃って寿司食べたりしたようで、なんだ和気藹々じゃないかと思うのでした(^^)

ようやく八雲くんラストです。明日からはまた別の作品読むぞっ(´∀`)

ランキング参加してます。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ

07:54  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.28 (Tue)

「心霊探偵八雲8 失われた魂」 神永学




心霊探偵八雲8 失われた魂 神永学

まさか八雲が殺人犯!?洞窟で発見された謎の死体。居合わせた八雲に嫌疑がかかるが!
事件を追ううち浮かび上がる陰謀とは!?シリーズ初「追われる八雲」を見逃すな!!(内容紹介)


今回は珍しく八雲目線でも話が進んでました。
だから厚いのか?( ̄ー ̄;)
帯に「クライマックス突入」と書いてましたが、それは彼らの大学生活が終わりそうだからでしょうか?

今回は八雲に「殺人容疑」がかかり八雲くん、一身上の都合により逃亡。
一身上の都合というのは死体のそばに「殺したのはあなた。捕まるとあなたの大切な人が死ぬ」と書置きがあったから。
ここでも七瀬美雪の影が・・・

七瀬美雪・・・相変わらず怖いです。
この人の体は何で出来ているのでしょうか?

「大切な人」ということで、八雲の頭の中には1人しか思い浮かばなかったようです。
いいね(〃ω〃)
晴香は八雲の「大切な人」の1人に自分が入っているという事で満足しているようです。
晴香のそういう所がいいんです。

今回は八雲が逃亡しているのもあり、八雲&晴香の2人が一緒に行動することがなくマニア(?)としてはやや寂しいものがありましたが、2人の心の距離が縮まった感じがするのでよろしいです( ̄ω ̄*)
そんなわけで八雲と後藤と英心(後藤曰く「クソ坊主」)、晴香と真琴と石井が一緒に行動することに。

このシリーズも後半に入りやたらと八雲の肉親ばかり出てくるようになってます(^^;)
こう行くところ行くところに七瀬美雪の他に肉親が出てくるっていうのもね。
まぁそういう話なんでしょうけれど。

そして全体的にこのシリーズで多いキーワードが「強姦」
またかと(--;)
全体を通してそんな設定が多くやや辟易。
どうしてそうワンパターンなのかと思っちゃいました。



ランキング参加中。出来れば次作早めに読みたいですっ!
応援クリックおねがいします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
07:56  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.27 (Mon)

「心霊探偵八雲7 魂の行方」 神永学



心霊探偵八雲7 魂の行方 神永学 

少年真人から晴香に届いた手紙。長野・戸隠へと向かう八雲たちを待ち受ける事件とは!?「脳内映像」ミステリー(BOOKデータベースより)

↑「脳内映像ミステリー」って・・・


4巻に出ていた真人再登場。
転校していた先は長野だったっけ?
晴香の田舎といい、長野が第二の舞台らしい。

6巻でいい雰囲気だった八雲と晴香でしたが、7巻に入るとまた元通り???
もっと2人の中に進展があるかと思いきややや肩透かしでした。

でも、流れで晴香の実家に八雲と後藤が泊まることに。
一瞬目が合う八雲と晴香。
やっぱり進展しているのか??
わかりづらっ!!

そんなワケで晴香ママ勿論登場。
今回はパパまで登場。
ママにそそのかされ「娘の彼氏」と八雲のことを勘違いしてしまったパパ(あながち勘違いでもない)の取った恐ろしすぎる行動。


八雲くん可哀想(ノ∀`)

もう気分は花嫁のパパなのか?( ̄ω ̄*)
困ったものだ。


そして今回も七瀬美雪。

怖いって(TдT)
普通死ぬって。
でも彼女は普通の生身の人間のはずなのに妙に元気なのだ。

そして今回も都合よく(?)美雪が登場したり・・・
生首が登場したり。
生首なんてものは普通はそこら辺に転がっているものではない!
ご都合主義ったら相変わらずでした。
多分深く考えたらダメな作品だと思います(^^)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします♪
あ。稲刈り終わりませんでした( ̄ω ̄*)>農家の嫁

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ

07:15  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.26 (Sun)

「心霊探偵八雲6 失意の果てに」 神永学




心霊探偵八雲6 失意の果てに 神永学

シリーズ最大の悲しみが、八雲を待ち受ける!
拘置所に収監された七瀬美雪は告げる……「斉藤一心を殺す」。物理的に不可能な殺人を予告した美雪の目はなぜか自信に満ち溢れていた!? シリーズ最大の悲劇が八雲に迫る!


きっとかりんトウさんは「はれ??」と思われているかもしれません。
かりんトウさんから借りたのは文庫1~5と絆の6冊。

実は・・・
我慢できなくて6~8を単行本ソフトカバーを3冊買っちゃいました(ノ∀`)アハハ~
↑正真正銘のバカ
生まれてこの方、小説&マンガを我慢したことがありません(自慢じゃない)
我ながら困った性格だ。
ってことで画像の絵が変わってきます。
文庫本のけだるーーーい八雲くんの方が好きなんですけどね。


この6巻では主要登場人物が1人亡くなります(TдT)
この人好きだったんだけどな~。
残念です。

七瀬美雪こえ~よぉ(TдT)
でも、七瀬美雪・・・?
はて・・・どこかで聞いたような・・・
「じっちゃんの名にかけて!!」なんて言っていたシリーズのヒロインと同名じゃなかった??

偶然??(・・・だろうね)
クレームこないのか?っていうくらい強烈ですけど。

八雲と晴香の距離はだんだんと縮まってきてますね。
体当たりで心の壁を取り除くべく、晴香も頑張ってました。
えらい!!(´∀`)

後藤刑事に子どもがいない、いないと妙に最初のころから書いているな~と思ったらそういうことか。
ここにたどり着くんだと・・・
なるほど~(´∀`)
いいぞ!!後藤!!


晴香に「また君に助けられた」と言った八雲。
特に文中でこれといったネタばらしはしてませんが、1巻の復習ですね。
晴香からきたメールを見る→左目に埃が入る→手で左目を押さえる→男が声をかける→見あげる→右目だけで見たってことか。


今日は稲刈りです( ̄ω ̄*)ゞ稲刈りのワタシに応援クリックお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ

06:54  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.25 (Sat)

「心霊探偵八雲5 つながる想い」 神永学





心霊探偵八雲5 つながる想い 神永学

八雲が消えた─!?15年前に起きた猟奇殺人事件の現場で、ビデオカメラに映り込んだ、恐ろしい形相をした女性の幽霊。八雲は相談を受けるが、その映像を見たとたん、なぜか突然姿を消してしまう。一方、時効成立間近に姿を現した、殺人事件の容疑者を追う後藤刑事までもが行方不明に。いったい2人はなぜ姿を消し、何処へ行ってしまったのか!?今、晴香の命をかけた八雲捜索が始まる─大人気シリーズ、緊迫の第5弾。(BOOKデータベースより)

連投でスミマセン
こういうのをよく言えば「ハマる」悪く言えば「ビョーキ」といいます( ̄ω ̄*)ゞエヘ

何ででしょうね~。
読みやすいのとありがちな設定なのがいいんでしょうね(笑)>ベタ好き

まぁなんだかんだと突っ込みたい箇所も大量にありますが、今回も八雲くんにKOされた感じのワタクシでした。

おおキミも人間だったか!!(・∀・)と・・・


後藤刑事がいなくなったのはイマイチ不明よね~。
ドンくさい石井が見張ってるのにどうして消えた??
その謎が謎のまま。

そして今回大活躍の晴香ママ。
「世間って狭いよね~」とたまに実生活で使うことがあるけれど、これは狭すぎ!


ご都合主義すぎ!!!(爆)


これはないだろう~と思いながらも八雲くんが好きなので放っておく(笑)
2人の仲が少しは進展したのか・・・?
QEDよりは進展してるな(どうしても比べる)

これを読むようになってから分かりましたが、アニメ化になるんですね。
そいでもってマンガも雑誌で連載されていたのですね。
他、いろいろ映像としてあるようで・・・
妙に納得( ̄ω ̄*)


ランキング参加中です(^^)ビョーキすぎるワタシにクリック応援お願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ

07:52  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.24 (Fri)

「心霊探偵八雲4 守るべき想い」 神永学



心霊探偵八雲4 守るべき想い 神永学

教育実習のため、とある小学校にやってきた晴香は、幽霊が見えるという寂しげな少年・真人に出会う。真人は晴香に「自分は呪われている」と告げるが…。一方八雲は、真人の通う小学校で起こった幽霊騒動を追ううちに、手首だけを残し、骨まで燃え尽きた謎の死体を発見する。人間業とは思えない超高温で焼かれた異常な状況。果たして犯人は人間か、それとも!?八雲の赤い左眼が再び煌めく、人気シリーズ第4弾。(BOOKデータベースより)

スミマセン
ビョーキ発令中のため、しばらくこのシリーズでいっちゃうかもしれません(^-^;)
ちょっとシチュエーションやキャラ設定があたし好みのため、抜け出せないわ~(TдT)
アリ地獄だわ~(爆)
ただ他のレビューにもありましたとおり、「本格ミステリ」を好む人は無理かも。
このシリーズ、助けてくれる幽霊多すぎます(^^;)


さてっ!
どうやら晴香は先生になりたいらしい???
あまり先生っていうイメージないですねぇ。
普通のOLが似合いそうです(^^)
まぁそれはともかく教育実習を受けるということになったようで。
そこで幽霊が見えるという少年に出会う。

このシリーズでは幽霊が見える人が沢山出てきます。
まぁそういう話だから仕方ありませんが。

偶然、この日にダンナとそんな話になったのですが、あたしもダンナもまるっきり視えない( ̄ω ̄*)ゞ
でも、視える人は見方にもよりけりだけど、大変そうではあります(^-^;)
ダンナの職場の人も「ぼわーー」っと視える人もいれば、あたしの元・同僚のように「ハッキリ」視える人もいる。
幽霊も生きていた時の遣り残したこと、思い残したことを八雲のように視える人に託したくにそばに行くのでしょう。
確かにあたしのところに来ても全く役に立ちませんから!(爆)

そして懲りもせずまた危険な目に遭う晴香。
しっかり助けてもらってましたが、その助け方・・・
流石に晴香が気の毒になった助け方でした(^^;)
もう少し、女性だからとは言わん。
人間らしく助けてあげなさいと(笑)

そして八雲が子ども好き!?
子どもの扱いがかなり手馴れてますね。
火村センセを思い出しました~(´∀`)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
08:45  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

「心霊探偵八雲3 闇の先にある光」 神永学




心霊探偵八雲3 闇の先にある光 神永学

八雲にまた新たな相談が持ち込まれた。なんでも、飛び降り自殺を延々と繰り返す、女性の幽霊が出るという。しぶしぶ調査を引き受ける八雲だったが、そんな八雲の前に“死者の魂が見える”という怪しげな霊媒師が現れる。なんとその男の両目は、燃えさかる炎のように、真っ赤に染まっていた!?敵か味方か、八雲と同じ能力を持つ謎の男の正体、そして事件の真相は!?驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー第3弾。(BOOKデータベースより)

八雲くん3作目でーす。
祝日記念(?)連続投稿なり( ̄ω ̄*)ゞ

最近のミステリー物にありがちですが、ネットがいろいろ使われてますね。
死してなお辱めをうけるというシチュエーションに読んでて苛々してしまいましたが、実際現代社会の中ではそういうこともあるのかもしれません。
イヤな世の中だ。

晴香の部屋に八雲が来るという、晴香曰く「違和感」が面白かったです。
彼はしれっと部屋の中で同調するんだろうなと(笑)
1巻に出ていたココアをどうやら飲ませたようです。
あまり真夏には飲みたくないですが( ̄m ̄*)

石井刑事のバカっぷり・・・いえ、実直ぶりは3巻にきても絶好調でした。
1話だけのキャラなのかと思っていた真琴が再登場して、さらにどうやら石井を好いているようだ(-人-)チーン
石井も悪気はないんだろうけれどね~。
実際こんな人が近くにいたらあたしはきっと苛めると思います(ノ∀`)


今回は八雲が脅威のツンデレ男に!
撃沈のワタクシでした(〃∇〃)


ランキング参加中です。応援クリックお願いします(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
11:40  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

「心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの」 神永学






心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの 神永学

恐ろしい幽霊体験をしたという友達から、相談を受けた晴香は、死者の魂を見ることができる八雲のもとを再び訪れる。しかし、八雲は相変わらずのつれない態度。そんなとき、世間では不可解な連続少女誘拐殺人事件が発生。晴香も巻き込まれ、絶対絶命の危機に!?幽霊騒動と誘拐事件―複雑に絡み合う謎を、八雲は解きほぐすことができるのか、そして晴香の運命は!?驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー第2弾。(BOOKデータベースより)

八雲探偵シリーズ2作目でーーす。

前回は八雲くんは「QED」のタタルさんに似ているな~と思いましたが、今回はなんとなく有栖川有栖さんの「火アリシリーズ」火村さんに似ているな~と思ったり。
割とフットワークが軽いのですね。
「八雲くん、事件結構好き?」
と思ってしまうのです。

今回は2つの事件をつなぎ合わせて1つの事件になるという長編でしたがあっという間に読み終えました(^^)

怪しげなサングラスの男「自称父」らしいですが、そいつとよく転ぶまっすぐくんな石井刑事も加わり今後も話が進みそうです(^^)


ランキング参加中です! クリックお願いします♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
06:39  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT