2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.31 (Mon)

太宰記念館「斜陽館」

昨日は取り立てて用事もなかったので、青森県の太宰記念館「斜陽館」に行ってきました。


別にあたしはそれほど太宰が好きというワケでもないのだけど、「記念館」「博物館」系が大好きなので生誕百年と最近よく聞くので行ってみました。


入場料は500円♪


そして、この家は元・津島家(太宰の本名は津島修治)が実際住まいとして使っていた家で、その後旅館になったりしながら最終的には太宰記念館として今に至っているようです。


こんなところに住んでいたようです。



今見ても立派な外側。



洋間もあるし。



庭も綺麗に整備されている。



ここは玄関すぐ左の店舗だったとか。


 


作品・書物以外はオール撮影オッケーという寛大な場所でした(笑)
太宰が好んでいた同じ種類のコートを「記念撮影用にどうぞ」なんて書いている。
ダンナに着せて写真を撮ってみたはいいんだけど・・・


 


サッパリ似合わないのね~(;´Д`)


 


やっぱり下に思いっきり水色の「932(草津)」Tシャツなんて着ているから悪いのだろう(^^;) 


じっくりと資料などを読んできたので500円で十分元を取れました(´∀`)
しかし、のんびりしすぎてしまい結果家に帰るのが遅くなってしまい、夜は外食で済ませたのでやっぱり高上がりだったか?(笑)


 


09:54  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.26 (Wed)

富士山に咲いていた花





 


花があるのなんて7合目ぐらいギリギリなんだけど、こうして5~6合目の花を撮りながら進むと「富士山」って感じもあまりしなかったです(^^)


 


7合目を過ぎると、例の砂というか灰というかの道が続いていたので、確かに何処を見ても同じ風景ではありました(^-^;)


 


そういう意味では須走口から登るのって楽しいかも~。


09:00  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.21 (Fri)

草津だよ~(・∀・) PART4

今回泊まった「ホテルみゆき」ではレンタル浴衣をしていました(´∀`)


なんと無料!!


これは嬉しい。
こんな温泉街で着てみたいものですよね~。
ということで借りたのがこちら。



草津温泉なんだけど、伊香保に縁のある竹久夢二のデザインの浴衣を着ることにしました~。


「ヤバイな~。浴衣の着付けなんて1人でしたことないよ~(^^;)」と思いつつも試行錯誤の上ようやくなんとか形になりました(笑)


食後、お腹が膨れ上がって仕方がない状態で夜の温泉街へ繰り出しました~(そこでも饅頭攻撃は続く)。


ダンナは公衆浴場へ行きたい!と言っていたので、1人で行かせましてあたしはお土産やさんでぶらぶら(^^)


そして公衆浴場に入って、戻ってきたダンナが手に持っているのは1枚の電話番号。


 


「さっき、『もも(源氏名?)』に『オニイサン、イイミセダヨ。ヤスイヨ。』って誘われたで~」


 


だそうで(^^;)


「オレ、オクサンイルカラ」って言っても
「オクサン? イルナラナンデイッショニイナイノ?」って言われて暫く後着いて来ていたようです(笑)


台湾の方だそうで、結構年齢は上だったとか。


そうか・・・そういう店もあるのね~。


やっぱり男の一人歩きは狙い目なのでしょうか?


でも、ももさん・・・うちのダンナさんお金持って歩いてないんですよ( ̄m ̄*)


 


そんなこんなでおまけ画像↓↓↓


 


 



 


大した画像でもありませんが(汗)


 


ただ写真で後姿があったのです。それをブログに載せようと密かに狙っていたのですがいつの間にかダンナが消去Σ(゜Д゜)


 


「な・・・なんで後姿消したの~!?」


「あぁ~。あれ? ダメダメ~ヽ(´ー`)ノ」


 


とアッサリ一蹴(--;)


 


あたしの野望が崩れ去った瞬間でした


09:07  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.20 (Thu)

草津だよ~(・∀・) PART3

今回お邪魔した旅館は「ホテルみゆき」の「別館」です。



部屋も10畳はあるのでは?という広さ。
2人で使うなんて勿体ない(´∀`)


部屋に案内してもらうと、係りの人がお茶を入れてくれました。
最近はこうしてお茶を入れてくれるところも少なくなってきたのでこういう心遣い1つであたしのポイントは上がる!


別館なので部屋数もそう多くはありませんでした。本館は大きい建物でしたね~。


 


で、夕食と朝食がこちら。両方とも部屋食でした。
部屋食好き~。でもダンナは食堂で食べるほうが好きだそうです。
理由としては「ほかにどんな人が泊まっているか分かるから」だそうで。


さすが人間大好きな人のセリフです( ̄∇ ̄*)



<夕食>


豆乳しゃぶしゃぶ。
刺身。
カニ。
天ぷら。
とろろそば。
酢の物。
魚の塩焼き。
小鉢3皿。
漬物。
イカとオクラの和え物。
お吸い物。


 


く・・・食えるかーー!!!という量でした(^^;)
凄いボリューム。で、ご飯には手をつけませんでした(毎回のこと)
お酒も少しずつ飲める冷酒にしました(^^)
食べ物を残したらダメという世代に生きておりますので出来れば残したくなかったのですが・・・酢の物はごめんなさいでした。
嫌いじゃないんです。


お腹が一杯なのです(^-^;)


 


 


 



<朝食>


ご飯。
味噌汁。
豆腐(手作り?)
漬物。
納豆。
温泉たまご。
煮物。
サラダ。
味付け海苔。
焼き魚。
ヨーグルト。


朝食の量はちょうど良かったです(´∀`)。


あたしはこの朝食のほかに、前日にムリムリ渡されたお饅頭をデザートに食べました(笑)


富士山で体力使ってやせた分、一気に戻ってしまったかのような夕食でしたけれど(^^;)
結構これ全部食べてご飯も食べる人いるんだから食べる人は食べるんだよな~と思うと凄い!


 


14:04  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.20 (Thu)

草津だよ~(・∀・) PART2

道の駅を抜けるとあっという間に草津温泉街へ到着。


しかし、道が狭い!坂道!「こりゃ早々に車を置いていこう」と先に旅館へチェックインして歩いて出かけました。 



これが有名な草津の湯畑です(´∀`)


温泉大好きっ娘(娘?)igaigaにはたまらない匂い(笑)みんな家族連れなんて写真を撮ってますが、前日の登山で足がとにかく筋肉痛のあたし&ダンナ。


この草津の坂道のきついこときついこと(TдT)


伊香保の階段もキツイが、この草津の坂道も本当に半端ないくらいきつかったです。


 


とくに下りがキツイのです。
半分泣いてました(笑)


 


この「キケン入浴禁止」は湯畑にありました看板です( ̄∇ ̄*)


 


気に入ったので写真撮りました。
みんな写真を撮りまくるこの観光スポットでお風呂に入る勇気のある人がいたら見てみたいですよ~。


結構ホテルにも3時前に着いたのでゆっくりと観光する時間はありました。


 


温泉街をぶーらぶらなんて・・・嬉しい!!(足痛いけど)
今まではそれほど栄えてない温泉街だったり、ダンナが怪我していたり、雨だったり雪だったりとか(笑)
本当に温泉街に縁がなかった(TдT)


あたしが普段行く田沢湖系列は温泉はいいが温泉街はないし(山の中だし)
そういう意味ではまたまた夢叶いましたね~(´∀`)


 



温泉街のお店の前で温泉たまごを作っていました。


おっしゃれ~なガラス館のお店の前で温泉たまごΣ(゜Д゜)あたしが店内ぶらぶらしている時に食べたようです。


勿論あたしも食べました(´∀`)


美味しかったよ~。


 


あと、温泉まんじゅうの試食をさせようと、そこら辺の饅頭やさんが競って渡してくるのです。
トングで掴んで「食べて!!」と1個丸ごと目の前に突き出してくる。
お饅頭を食べると別の人がお茶をさささっ!!と持ってくる。
往復しようものなら2回これが待っている(笑)


き・・・気持ちはありがたいし、ふっかふかでとっても美味しいんだけど、これから旅館で食事が・・・さっき温泉たまごも食べたし、これ以上食べると・・・と焦りました(^^;)


お饅頭やさんが一番激しかったですね~。
でも試食だけで帰っちゃいました(^^*)
ごめんちゃいね。
美味しかったんですけどね~。


09:38  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(15)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.19 (Wed)

草津だよ~(・∀・) PART1

♪草津よいとこ~一度はおいで。


 


・・・・・


 


で、何故かあたしは「ちょいな。ちょいな」と覚えていたのですが、実際は「どっこいしょ」のようです。
ダンナが買った「932Tシャツ」に書いてました。 ※ 932=草津


 


 


一番先に草津の道の駅によりました(´∀`)


とにかく歩くの痛いんだってば。
階段!!やめて~(TдT)(TдT)(TдT)


 


なんて思いつつも、中に入ると草津温泉を発見した(のかな?)ドイツ人医師のベルツ博士の記念館もあってゆっくりと見ました。
こういう記念館・博物館が大好きなので嬉しかったです。


お土産も少し買いまして、道の駅で軽くお昼を食べることに。


ざるそば(・∀・)


おそば大好きだし、これだと軽く済むわ~。
と思っていたらなんと!!みのさん朝食で食べているという焼きまんじゅうのお店が目の前に!!



ざるそばを食べている途中で見つけちゃったのですが、ダンナに「そば・・・少し食べてもいいよ」なーーんて少しあげながら、ソッコー焼きまんじゅうを買いに行きました。


「おめ、おかしい!」「変!」「バカ」とか散々言われました(;´Д`)


ダンナからすると食後にこんなダイナミックなまんじゅうを串で食べるなんてありえないとのこと。


 


「持ってみて!軽いって!群馬にきたら食べないといけないんだよ!!山形ったら玉こん、長野ったらおやき、群馬ったら焼きまんじゅうなんだってば!」と適当に思いつくまま言ってみました(笑)
食べる為なら一生懸命なあたし。


 


あたしの熱意と持ってみたら案外軽かったのかダンナも「俺1つ食う」と言ってくれました(^^;)


良かったわ。
流石にあたしも4個は多いもん。


 


で、食べた感想。


 


秋田県民の皆様・・・


味は「みそたんぽ」です!!(・∀・)


まんじゅうとはいえ、パン生地なのかな?ふかふかしているんだけど、表面の味がみそたんぽのみそだれにソックリでした(´∀`)


みのさんも秋田に来た際にはみそたんぽ食べてみて~。
きりたんぽに味噌つけただけなんだけどね(笑) 


16:27  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.19 (Wed)

富士山登山を振り返る


そんなこんなの富士登山でした。


本当にいろいろトータルでラッキーづくめで嬉しい限りでしたね。


駐車場もすんなり停めることが出来たし。これが路肩駐車で5合目まで2キロとか3キロのところだったらぶっちゃけトイレも間に合いません(爆)


なのでいろいろラッキーでした。


 


1年も前から登山を決めていて、「雨が降ったらやめよう」とか「高山病になったら辞めよう」とかネガティブな会話ばかりしていたのですが、実際行ってみると凄くいいコンディション。


風もないし登っていて気持ちよかったです。


 


7合目くらいまでですが( ̄m ̄*)



あとは死にそうに疲れました~。


で、気になったのが富士山のゴミ問題。
よく富士山は汚い。ゴミが多いなんて言ってましたがビックリでした。
あたしが普段登るような2000m前後の山では決してないゴミが沢山!


カップラーメンの容器とかティッシュ。
コンビニの袋とかそろえられた靴とか!!
この揃えられた靴には多少ビビリましたけれど・・・


 


そして、そして・・・


富士山登山の後遺症(?)として恐ろしい日焼けと激痛と言っていいくらいの筋肉痛に泣きました。


そしてあたしの場合は恒例のヘルペスが登場Σ(T▽T∥)


帯状疱疹ほどではないんだけど、今回は唇と左頬にどっかんと登場しました。
だよね。
疲れたもんね。
そのくらい出るよね(^^;)


左目とか喉とかピリピリ痛かったけれど、少し落ち着いてきました。


ただ・・・見た目はかなりブサイクになってます(^-^;)


早く治るといいわ(^^;)


09:25  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.18 (Tue)

富士山登山・須走口「下山編」

2時50分に下山道へ入りました。


大体直線で、イメージとしては海岸の砂が一面にある感じ。
海岸の砂よりも大粒でたまに石もあるけど( ̄∇ ̄*)


まだ須走口の特徴である「砂走り」には差し掛かってないのだけど、うちのダンナさん・・・水を得た魚のように飛んで走る走る。


水を得た魚というよりはその姿は・・・


 



そう。
猿そのものでした(--;)


人間サマのワタクシには到底真似できることでもなく、ぜーぜー下るとお猿が待っている。
少し休ませてもらえるのかな~と思うもお猿はまたスタタタ~と走っていく。


周りの人にも一目置かれる猿(爆)


「俺が下っているのを見て『あーやって降りればいいんだ』って言われたで~(・▽・)」


どこかお猿は自慢そう(^-^;)


「おめもこうやってかかとをついて走ったほうが楽だって!」とお猿に何度も言われるができない重量級の人間サマigaigaでありました(^-^;)


 


そのうち、つま先に負担がかかってしまったあたしは降りるのが辛くなってきました。
もうお猿と一緒に降りたくなんかないやい!と思うくらい(笑)


新・7合目。太陽館は登山と下山が合流する場所。
そこで休憩をして残っていたパンを食べました。
そこからは本格的な砂走りだったのですが、なんと雨!!


霧雨がずっと降っていたようです。
普段は埃まみれになる砂走りが埃にまみれることなく進んだのですが・・・
霧雨のせいで視界ゼロ(TдT)


やっぱり山の天気は分からないものです。


 


で、韮崎のホテルの予約をした時『5時過ぎるようだったら電話を下さい』と言われていたので、ダンナが「俺先に降りていって電話する」と言って山を1人下っていきました。


2人ともケータイの電池ないんでこんなことに・・・(^^;)
悔やまれるは義弟への電話と母へのメール。
それよりも不発になったブローチへの挑戦!?(笑)


 


それでも砂走りが終わって普通の森になると少しは歩きやすくなったので
1人でも頑張っておりました(^^;)


おそらく、ダンナから遅れること10分。
5時40分に下界へ到着。


な・・・なんと!!登りに7時間半もかかったのに、下りには3時間弱で着いてしまったという・・・(;´Д`)


もうクッタクタでした。
しかし、あの雨の中、沢山の登りに行く人とすれ違ったのには驚き。
あたし達だったら絶対に中止にする天気だったのに・・・


 


で、帰ってきたあたし達は山小屋のお兄さんに「戻ったよ~」の報告。
山小屋のお兄さんはあたしの杖の焼印を見て「これはいい焼印ですね~。プロが押しましたね~」と誉めてくれました(〃∇〃)


ちょっと気分のいいあたし達。


 


「ではまた来年( ̄∇ ̄*)」


 


という、お兄さんに対して思わず


 


「来年は来ません!!」


 


と、2人で言ってしまったのでした(笑)


4時40分からスタートしてほぼ13時間。
クタクタになりましたが見事達成したという充実感が夢のようでした。


21:05  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.18 (Tue)

富士山登山・須走口「お鉢めぐり編」

無事山頂に登りましたが、とにかく休みたかったあたし。


 


ダンナがいろいろ話しかけてくるが「と・・とりあえず休ませてくれ!」と昼食。
でも疲れすぎてあまり食欲ないのね~。
ガスでお湯を沸かしインスタントコーヒーを甘くして飲みました。
生き返る~。


 


で、山頂からブログをしようとしたけれど不発


仕方ないので(?)母にメールしました。
そして電池が1本に!!Σ(゜Д゜ノ)ノ


ダンナは弟に電話する~と電話したようですが、出ない(爆)
前日、5合目にいた時、弟から電話があって「本当に富士山に行ったの?」と言われたとか(^^;)
富士登山経験者の弟さん。
かなりお勧めはしなかったようですが・・・(笑)
弟さんはあと絶対登らないそうです。


 


そしていくらか落ち着いたのでお土産売り場を見ながらお鉢めぐりをすることに。
何か記念になるものがあったら買いたいとおもったのですが、ベタなお土産ばかりで買いませんでした(^^;)


 


登山手形とか、ピンバッチとか、キーホルダーとか・・・
いくら山頂でしか売ってないと言われても買う気にならなかったです(^-^;)


 



「お鉢めぐり」とはこの下手な図の通り、富士山の山頂部分をぐるりと巡ることです。
この途中で3776m地点があるのです(^^)


で、イメージとしてはなだらかだと思っていたのだけど、やっぱり富士山甘くない(笑)
登山道さながらのキッツイ勾配がたくさんありました。


前に本を読んで「時計と逆周りで周ると楽」と書いていたのでその通りにしたのですが・・・・・


 


本を読んでおいてよかった~(´∀`人)


 


と、言うくらい雲泥の差がありましたね(^^;)


 



噴火口って感じです。
ダンナがここらで疲れたのか「眩暈がする~」と言ってました。
山頂でもラジオは良く聞こえまして、あたしはちょうど中山ミポリンの「ツイてるね。ノッてるね」が流れてきたので歌ってましたらダンナに「オメ元気だ・・・」とボソッと言われました(笑)


 


 


 



そしてここが3776m地点です。
一応ちゃんと2人で写真撮りました。
ここではみんな持ちつ持たれつみたいな感じで「撮りましょうか?」「撮ってもらえますか?」という雰囲気でした(´∀`)


お鉢めぐり中に出会った人は「埼玉さん」でして、埼玉の方ですが、凄く元気な人で何回も富士山に登っているそうです。
マラソンとか好きで「秋田にも何回もマラソンで行ってますよ~」と言ってました。
凄い!!


 


ここは富士山の山頂郵便局。
こちらであたしは自分宛のハガキを出しました(´∀`)


送るのいくらかな?と、郵便局員さんに聞きましたら


「50円だよ。ハガキは日本どこでも50円!」


とのこと(´∀`)


キティちゃんの切手を貼っていったのでそのままお願いしました。


今日あたり届いていたらいいな~。


 


ここら辺りでダンナの弟さんから電話が来ました。
ダンナの電話の電池がなくなり、電池が1本しかないあたしのケータイを使って話をする。


 


そして、2つのケータイの電池が切れました(爆)


 


1時間から1時間半くらいでお鉢めぐりは出来るとの事でしたけれど、埼玉さんとお話したり写真撮ったりそして、ダンナが電話したりで2時間くらいかかっちゃいましたね~。
正確には1時間40分かな?


 


15:53  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.17 (Mon)

富士山登山・須走口「登山編」

4時40分に須走口5合目をスタート。
最初は緑がある森の中を歩きました。
森なので土も湿り気があり登りやすかったですが1時間も歩くとへばってしまい、ちょっと脇にそれたところで朝食。
コンビニで買ってきたおにぎりとガスでお湯を沸かして味噌汁を飲みました(^∀^)


ここはまだ高山植物とか咲いてました(^∀^)


 


 


 


そこで元気が戻ったのでまた出発。
まもなく、新6合目に到着。


あたしは山小屋というのは宿泊施設かと思っていたのだけど、山小屋の前にベンチはあるわ、そこで食べ物・飲み物は売っているわという事実に気づくのでした。
6合目のベンチで10分くらい休む。


 


 


 


そして、暫く歩くと「本6合目」。
前の日にあった岐阜さんが7合目で高山病になったといっていたので、前もって本6合目で酸素を吸う。


 


 


 


 


 


次は新7合目。
こちらは下山道とも合流する箇所なので疲れきった下山の人を見ながらやっぱり少し休んで食料補給。


 


 


 


そして本7合目。ここまでで高山病の気配なし。
でも念のため酸素を吸いまくる。


新8合目を過ぎると下山道と重なる部分があるので下山とすれ違う。
そこでダンナが「あれ? 八王子の人?」と1人の男性に駆け寄ろうとする。
「いえ。八王子じゃないですが・・」と女性は言うが、男性は「確かに車は八王子ナンバーですが・・・!!」
と男性もダンナに気づく。


 


そしてなぜか硬い握手(笑)


 


前の日の午後から登られた八王子さんと偶然過ぎるくらい偶然に下山と登山がすれ違う「点」の部分で会ってしまったのでした。
その時10時半。『昼くらいまでに山頂に行きますでしょうか?』とのあたし達の問いに「え~!?まさか。まさか。あと4時間はかかるよ~。暗くなると大変だから宿を取ったら?」という。
えーーー!?あと4時間???と焦るあたし達であったけれど、八王子さんとの出会いはなんか元気になる出会いでした。


本8合目に到着。
いつもどおり焼印を押してもらう。
ダンナは山登りをすると必ずラジオをつけて登るのだけど、8合目の山小屋のお兄さん。
「あれ?ラジオ聞けるのですか?」と不思議そうに聞かれてしまいました。
ずっとニッポン放送をつけてましたので電波はバッチリ(^∀^)
で、山頂までの時間を聞いたらやっぱり1~1時間半くらいだと聞いてようやく安心しました。
「八王子さんに脅かされたね~」といいながら出発。


 


そしてここからは河口湖方面から登ってきた人と合流。
化粧の立派なおばさんがいて、やっぱりラジオが珍しく(?)話しかけられました。
休んでは登り休んでは登りのおばちゃんでした。
ダンナが「誰かに似ているんだよな~。あ!船場吉兆のおかみだ!」と言うので、その後そのおばちゃんの事を陰で「吉兆さん」と呼んでましたが、その吉兆さんとはもう会えませんでしたね(^^;)
登りおえたのでしょうか?あのペースで(笑)


あと山頂まではずっと砂地。粗い砂地で勾配がキツイ(--;)
10歩進んでは止まるというのを繰り返していましたが(笑)、休み休み進みました。
7合目を越えてからは腰掛けて休むということをやめました。
座ると辛い。
なので休むとしても立ったまま足を休む。それを繰り返しました。
ただそれを繰り返すのはあたしだけではなく、周りみんな。
なのでいつも同じ人を追い越し、追い抜き状態でした。


そしてようやく山頂の鳥居が見えてきたとき、嬉しくてダッシュ・・・出来る体力なんて勿論なく(笑)
ヨロヨロとたどり着いたのでした(^∀^)


到着時刻、午後0時10分。
文字通り7時間半かかりましたとさ。
休憩含みますが(*^ー^*)v


15:50  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT