2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.14 (Tue)

「三毛猫ホームズの闇将軍」 赤川次郎



三毛猫ホームズの闇将軍 赤川次郎

平凡な会社員・沖野のぞみが、アパートの外で拾ったゴミ袋を持ち帰ると中には一億円が!一年後、その大金で起業し成功を収めた彼女。だが、謎の人物からの脅迫電話が引き金となり、都知事候補の殺害などの異変が周囲で続発。晴美の友人の死をきっかけにのぞみと知り合った片山兄妹とホームズは、一連の事件の鍵を握る“闇将軍”の陰謀を暴けるか!?国民的大人気シリーズ!

時間外に出されていた誰かのゴミ袋をいったん自分の家にあずかろうと持って行って中身を見たら一億円入っていたという。
すんごい展開から物語は始まります。

で、天使ちゃんが頭をよぎるもあっという間に悪魔が顔を出し(笑)
使い込んで自分の店を出す。

その店が「クッキー専門店」

えーーー!?Σ(゚д゚|||)

クッキー専門店でそんなに大当たりするかな?
どんだけおいしいクッキーなのか?
ちょっとクッキーがあまりにも意外で首かしげたまま物語は続いていきます。

片山さんたちが今は一体何歳になっているのか想像もつきませんが、
物語上、1年の時が流れます!!!!!
これはすごい!!!

でも相変わらず片山さんは片山さんだし、石津さんは石津さん。ホームズはホームズ(笑)
ただ・・・ケータイ持ち出してますね。この方たち・・・
そして拳銃はみんな持ってるわ、人はたくさん死ぬわ、なんというか・・・
血みどろの展開でした(笑)
片山さんよく無事だったわねー(いろいろな意味で)

でも面白かったです。
なんだかんだと突っ込みつつ、大好きなシリーズなので。
05:00  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.16 (Fri)

「三毛猫ホームズの回り舞台」 赤川次郎



三毛猫ホームズの回り舞台 赤川次郎

晴美の友人が所属する“劇団Z”の舞台を見に来た片山刑事たち。終演後、劇団主宰者の土方冬彦らとの食事中に、かつての劇団員・副田百合が現れ、彼女とドラマで共演したアイドル・安東マリエが「土方は先が長くない」という噂話を聞いたと忠告する。そのマリエの実父・水科拓郎は、夜の町で出会った女子中学生・有田文江とホテル街へ向かう。しかし、その直後、文江が死体となって発見される!彼女は生前、TV局のプロデューサーらしき人物に声をかけられていた…。犯人は一体誰なのか!?大人気シリーズ第50弾!!

中学高校時代から読んでいる三毛猫ホームズシリーズ。
あまりにも昔でいつ読んだっけ?と覚えてないくらいですが。

相変わらず楽しいし気分転換になります。
そういえば刑事ものでも赤川次郎さんから入っているはずなので、
他の本を読んで捜査一課の課長はかなり怖いんだなと思った。
この本の栗原課長はかなりふざけている。

犯人は途中で分かったんだけど、その犯人が分かってでも舞台上で
事件が起きて回り舞台が回って惨事になりました。
普通だったらこのくらいの事故であればしばらくの間舞台はお休みになります。
しかしここは赤川次郎

「翌日から再開していいですよ」
「よかった。よかった」

こういうところがかなりドライなんだよねー。
読んでて違和感が・・・(笑)

石津さんが少し遠慮するようになりましたかね。
前は食事の前には猪突猛進だったのですが、
小技を使うようになりました。
09:03  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.24 (Thu)

「三毛猫ホームズの用心棒」 赤川次郎



三毛猫ホームズの用心棒 赤川次郎

編プロに勤める三枝英子は、ある日の深夜、帰宅中に変質者に襲われそうになったところを、見知らぬ男性に助けられる。男性は「ぼくはあなたの用心棒です、いつでも見守っています」と言い残し、立ち去ってしまうーそれ以後、英子に不利に働く人物が次々と怪我をしたり、死亡したりと、不思議なことが続く。英子はサークルの後輩だった片山刑事に相談してみると、意外な人物が「用心棒」として浮かび上がってきたー表題作「三毛猫ホームズの用心棒」ほか、ホームズの様々な活躍が堪能できる、大人気シリーズ第46弾。(BOOKデータベースより)

【目次】(「BOOK」データベースより)
三毛猫ホームズの水泳教室/三毛猫ホームズの英雄伝説/三毛猫ホームズの殺人協奏曲/三毛猫ホームズのいたずら書き/三毛猫ホームズの用心棒


シリーズ第46弾にもかかわらず片山さんが29歳だった(笑)

変わってないじゃないか。
シリーズ46弾で29歳って・・・・1日1つ事件は起きているのか。

感想としては短編のせいか「雑だなーーーーーーーーーーー」と思いました。
設定云々は結構面白いのに。
幽霊シリーズの永井夕子がなぜか登場してました。
その登場もその後もなんか雑で勿体無いーーーーーーと思いました。
1つ1つ長編だと更に面白かったのではないかと。
三毛猫シリーズは長編の方が面白いかな。

だってこの薄い本の中に5つも事件があって、5つの犯人があって5つの解決がある。
雑でしょ。
どう考えても雑でしょー。
でも気軽に読めるシリーズだしホームズは可愛いのでまた読みます。
09:00  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.05 (Sat)

「三毛猫ホームズの推理」 赤川次郎



三毛猫ホームズの推理 赤川次郎

優雅できりっとした顔立ちの三毛猫「ホームズ」。時々物思いにふける癖があるものの、事件がおきれば鋭い推理を発揮する。一方、刑事の片山は、血を見れば貧血を起こし、酒に弱く、女性恐怖症。そんな一人と一匹の名コンビのまわりに、密室殺人、女子大生連続殺人など、事件が次々に起こる。のっぽで童顔の片山と、探偵猫ホームズの初めての出会いと、スリリングな活躍が描かれる、ベストセラー『三毛猫ホームズ』シリーズの第1作!

これがね。
例の危険な本が紹介してた他の作家さんがお勧めする密室本。

意外ですよね。
赤川次郎さんの本が他のミステリー作家がこぞって推薦する密室本なんだから。

でも読んでみました。久しぶり。
確かにね。
本格なの。
ちゃんとヒントは転がってるんです。
で、ずっと片山さんは消えた机といすの謎を考えてるんだけど、
ホームズがマッチ箱をひょひょいとすると
「もしかして!!」となる。



・・・なるのか?( ̄▽ ̄;)



猫が遊んでるようにしか見えんが・・・

まぁそんなシリーズ1作目。
もうすっかり三毛猫ホームズシリーズに慣れた私としては片山さんと晴美のキャラがなんか変(笑)
シリーズ1作目だからなのか、その後どんどんと片山さんは女性と関わらないようにするし、晴美は石津のおかげか明るくなるし。

しかし同僚が殺されたのにその後もしっかり恋人と会おうとする片山さんはどこかおかしいと思う(´・ω・`)
久々に読んで懐かしかったのでまた読んでみようっと。
05:00  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.14 (Sat)

「ドラキュラ城の舞踏会」  赤川次郎



ドラキュラ城の舞踏会 赤川次郎

ルーマニアの山奥で、中世の城が発見された。300年以上も土に埋もれていたはずなのに、昨日まで誰かが住んでいたかのように美しい城。その壁にかけられていたのは、日本人らしい女性の肖像画だった。絵の噂は日本にも伝わり、松橋美奈の周囲に波紋を呼ぶ。なぜなら、肖像画の女性は美奈に瓜二つだったからー。運命に導かれようにルーマニアを訪れた美奈を待ち受けていたものは?「百年の迷宮」シリーズ第2弾。(BOOKデータベースより)


途中まで、とても面白く読みました。
ってことで、私のよくあるパターン。

「途中まで面白い」→「ラストが・・・(汗)」

でした(´・ω・`)

「ページ数なくなってきたから強引にまとめちゃった。テヘ(〃∇〃)」

と、言わんばかりの強引なラスト。
そして、怪しげな行動を起こしていた人たちの強引なる解決!!(爆)

しかし、「百年の迷宮シリーズ」と、言われているものの、本そのものは独立しているのですね。
別に続きものじゃないのか。
そういう意味では読みやすいかもしれない。
普段のおちゃらけた赤川さんの作品とは一味違って楽しめるかも知れません。

ただ、説明不足の場面は多かったよ~。
いろいろ多かった。
物語の後半とはいえ、美奈にすんなりファックスが届くのだとしたら、
あの智子の死っていったい・・・
なんか、一番気の毒な人だったかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:55  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.05 (Tue)

「霧の夜の戦慄」 赤川次郎



霧の夜の戦慄 赤川次郎

16歳の少女・綾は、父親を不慮の事故で亡くし、スイスの寄宿学校に留学することになった。寄宿舎での1日目、不思議な睡魔に襲われた綾は意識を失う。そして気がつくと、なんと1888年のロンドンで「アン」という名で暮らしていたのだ!街は、殺人鬼(切り裂きジャック)の影に怯えていた。以前からこの事件に興味をもっていた綾は、自分の手で捕まえると意気込むのだが-。時空を超えて繰り広げられるミステリー。(BOOKデータベースより)

赤川次郎さんの本にしては・・・

難しい(´・ω・`)

もっとスパッ!スパッ!!と終わらせられないものなのかしら。
そしていつも思う事だけど、赤川さんの本のヒロインって若すぎ(笑)
今回も16歳だし。
16歳でお父さん死んで孤独になって、ついでに社長にもなって・・・
それでしっかりと切り盛りする・・・

うそーーーー!!!

そんなワケあるかと叫びたい。
そして、いきなり19世紀ロンドンの世界に行ってもなじんでいる(笑)

うそーーーー!!!

馴染むのが早いと叫びたい。
2つの世界の物語が難しいのもあって、どっちつかずな部分もありました。
しかし、赤川さんの本でまさかの切り裂きジャックだもんね~。
現実の話を用いてきたので驚いた。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります

08:23  |  赤川次郎  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.28 (Wed)

「三人姉妹殺人事件」 赤川次郎



三人姉妹殺人事件 赤川次郎

朝目覚めると部屋には知らない美女の死体が!?大事件に巻き込まれる三姉妹!捜査する大貫、井上、国友!「三姉妹探偵団」×「大貫警部」人気シリーズ夢のコラボ(BOOKデータベースより)

こ・・こ・・こ・・・
これは・・・

かなり不満ですっ!!

だって、三姉妹と大貫警部のコラボなんていうから、大貫警部のファン(?)のあたしは大貫警部の登場を今か今かと楽しみに待っていたのにっ!!

ラスト数ページしか登場しないじゃないかっ!

メインは三姉妹なんだけど、別に大貫警部いなくてもいいんじゃないかってくらいの話でした。

相変わらず女子高生が初めて手にした拳銃を撃ちまくって人を殺したりとか
そういう意味での赤川さんらしさ(?)は健在。
中学生のころは取り憑かれたように赤川さんを読んでいたけれど、
今こうして大人になり他の作家さんの本を読んでみて思う事は

初めて拳銃を手にした高校生が拳銃を軽々とぶっ放し人を殺すのは変

それに気づいたのです。
しかし・・・大貫警部・・・(TдT)

期待してたのに・・・(TдT)(TдT)(TдT)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:13  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.03 (Thu)

「四字熟語殺人事件」 赤川次郎



四字熟語殺人事件 赤川次郎

警視庁にこの人あり!大貫警部は捜査一課の迷惑な「お荷物」。聞き込み先で酒を飲み、いちゃもんをつけ飯をたかる。直感で犯人を指名し、面倒な証拠集めは部下任せ。なのに事件はいつも解決って、どうして?やりたい放題の振る舞いにスカッとすること間違いなし!赤川作品最大の問題シリーズ、初の傑作選。(BOOKデータベースより)

【目次】
起承転結殺人事件/人畜無害殺人事件/公私混同殺人事件/流行作家殺人事件


このシリーズが30周年だって~!
そりゃあたしも年をとるよな・・・(遠い目)

当時はこの大貫警部のむちゃくちゃぶりに笑っちゃたりしていたのですが、
なんとなく昨今こういう刑事モノが多いような・・・

時代か?( ̄д ̄*)

そんな大貫警部とコンビを組まされることになった井上くんでしたが、井上くんより箱崎課長のほうがお気の毒でならない(笑)
最初からレギュラーだったと思っていた直子が実は途中参戦だったとは思わなかった。
でも、楽しめた1冊です。
傑作集とはいえ、どれもこれもまぁ似た感じといえば似た感じ。
だからこそ当てずっぽうとしか言えない大貫警部の推理(?)が見ものであります。
ほとんど図書館で借りてたんだよな~。
昔は持ってたのかな。
今は家に1冊しかないんだけど、ちょっと読み返すのもいいかもしれない(´∀`)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:36  |  赤川次郎  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |