2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.02.28 (Fri)

「卯月の雪のレター・レター」 相沢沙呼



卯月の雪のレター・レター 相沢沙呼

小袖は読書が好きなおとなしい高校生。法事で祖父のもとを訪ねた際に、従妹から奇妙な質問をされる。「死んだ人から、手紙って来ると思う?」祖父宛に最近届いた手紙は不可解な内容だったが、六年前に亡くなった祖母が昔に書いたもののようだ。それがなぜいまごろになって?誰かの悪戯なの?思い悩んだ小袖は、その手紙の謎をある人物に話すことに…。表題作をはじめ、揺れ動く少女たちの心理を巧みに描いた、鮎川賞作家の最新短編集。(BOOKデータベースより)

【目次】
小生意気リゲット/こそどろストレイ/チョコレートに、躍る指/狼少女の帰還/卯月の雪のレター・レター


男性作家なんだよなー。
今までは作者さんの異常ともいえる太ももへの愛があるので「もしかしてこの人男性?」と思っていたけど、
こうして「太もも愛封印」すると女性作家?と思っちゃうくらい女性の気持ちを書くのが上手いなーと思いました。

好みは表題作の「卯月の雪のレター・レター」です。
祖父と祖母の昔の恋文か・・・と、思っていたらあら~ん。
ここは流石に相沢さん。
何気なく仕込んできたな。
ただのいい話に終わらせないあたりが好きですが、
岬さんって誰?
いきなり登場してしまって・・・
ちょっと「???」と思ったりしました。

しかし、男性作家なんだよなー(くどい 笑)
なんで女性心理(特に高校生くらい)が上手いんだろう!?
08:27  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.13 (Fri)

「マツリカ・マハリタ」 相沢沙呼



マツリカ・マハリタ 相沢沙呼

柴山祐希、高校二年生。彼には、人に言えない秘密がある。実は、学校の近くにある廃墟ビルに住み、望遠鏡で学校を観察している美少女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調べていた。新学期を迎え、なかなかクラスになじめない柴山の下に、『一年生のりかこさん』の怪談話が舞い込んでくる。一年生の時に自殺をした彼女は、学校に未練を残していて、ときどき霊になって現れるらしい。その真実を突き止めるため、捜査を開始した柴山だったが、調べていくうちに…!?平凡な男子高校生と、廃墟に住む謎の変人美少女が織り成す、妄想と青春の学園ミステリ!!(BOOKデータベースより)

【目次】
落英インフェリア/心霊ディテクティブ/墜落インビジブル/おわかれソリチュード


相変わらず作者さんの太腿への愛が満ち溢れてます(笑)

それまでは表紙の雰囲気で勝手に女性かな?と思っていたのだけど、
HappyFlowerPopさんのブログでこの作者さんが男性だと聞き、
そういえば、女性への太腿への愛は女性は書かないなーと思ったワケです。

女性からしたら太腿は太い腿でしかない(--;)

ってことで今回も太腿への愛ばかりが目立ち、
結局なんだっけ?と振り返ります。
そうそう。
マツリカさんの素性がわかりそうになったんです。
もしかして・・・マツリカさんって・・・
と、思ったのですが。
簡単に素性は明かしてくれないみたいで残念。

で、今まで読んだ中でかなりのマイナス思考の持ち主である柴山くん。
マツリカさんに「柴犬」「駄犬」と呼ばれてますが(笑)
どう見てもマツリカさんのお気に入り(のペット)なのにマイナス思考は継続中。
人と話をしても「自分なんかと話をして迷惑なんじゃないか」などなど。
そんな思考の人です。
なかなかこういうタイプって浮上しないんですかねー。
キッカケなんだけどねー。
でも、文中に沢山キッカケはあるのに、見て見ぬふりの柴山くんでした(^^;)

それにしてもマツリカさんはユニークな人です(〃∀〃)
10:07  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.04 (Mon)

「ココロ・ファインダ」 相沢沙呼



ココロ・ファインダ 相沢沙呼

自分の容姿に自信がもてないミラ、クラスの人気者カオリ、「わたし」というしがらみに悩む秋穂、そして誰とも交わろうとしないシズ。同じ高校の写真部に所属する4人は、性格も、好きなカメラも違うけれど、それぞれのコンプレックスと戦っていた。カメラを構えると忘れられる悩み。しかし、ファインダーを覗く先に不可解な謎が広がっていて…。高校の写真部を舞台に、女子高生たちが構えるカメラに写るのはともだち、コンプレックス、未来、そしてミステリー。(BOOKデータベースより)

↑の「そしてミステリー」・・・て。

ちょっとしたミステリーですけどね。
いや、ミステリーってほどでもないよ~。

前もサンドリヨンであったな。
クラスのいじめ問題。
まぁ昔からこんな感じのはあったかもしれない。
今の学校事情が分からないので、いじめってどの程度のものなのかとも思うけれど、
映子の話の時は、なんっていうか・・・悲しかった。
読んでいて悲しいというか。
そして、いじめはもう1つあるんだけど、相沢さんの描く「いじめ問題」って妙にリアルだというか・・・
自分が当事者かどうかは別としてもこういうことあったんだろうなと思っちゃいました。

写真を撮る人、撮られる人。
両方とも楽しいかも。

実際わたしはどちらかと言ったら「撮られる人」なので、家にデジカメはあるけれど、殆ど使うことがなく、今とてもデジカメが安くなったのでほしいんだけど

「いつ使うんだろう?」

と、考えると結局買えないまま3年くらい過ぎてます(笑)
こういう話を読むとまたほしくなります(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります

08:35  |  相沢沙呼  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

「マツリカ・マジョルカ」 相沢沙呼



マツリカ・マジョルカ 相沢沙呼

柴山祐希。学校に居場所を見つけられず、友だちもなく、冴えない学園生活をやり過ごす高校1年生。そんな彼の毎日が、学校近くの廃墟に住む女子高生マツリカとの出会いで一変した。「柴犬」と呼ばれパシリ扱いされる憤りと、クールな色香に昂る男子的モヤモヤ感との狭間で揺れながら、学園の謎を解明するために奔走する祐希。そうして彼の中で何かが変わり始めたとき、自らの秘密も明らかになる出来事が起こり?やみつき必至!学園ミステリ連作。(BOOKデータベースより)

【目次】
原始人ランナウェイ/幽鬼的テレスコープ/いたずらディスガイズ/さよならメランコリア


どこぞの化粧品のような本のタイトルですなぁ~( ̄▽ ̄*)

学園ミステリってやつですが、一番ミステリーなのはマツリカさん(・ω・)
あなたは本当にそこで寝泊りしているんですか?

須川くん(サンドリヨン)のポチ。
今回の柴山くんの柴犬。

相沢さんは男性主人公を犬にするのが好きらしい(笑)
いつも「誰かが自分を嗤っている」と気にしちゃう男の子。
むぅ。こういうのってあるよね。
あるけど、自分ではどうすることも出来ず、引きこもっちゃうというか・・・
多分、周りはそれほど気にしていないと思うんだけど、自分の一挙一動が笑われているんじゃないかと気にしちゃう。
あるよね。こういう時。
それを突き破って成長していくと思うんだけど。
その成長を手助け(?)したのがマツリカさん。

本当に謎多き人です。
読み終わってもほとんどマツリカさんが何者なのか分からない(笑)

でも、柴山くんは成長したと思うな~。
いいクラスメイトに恵まれていると思う。
小西さんとかいい人じゃない。可愛いし(・∀・)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
09:28  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.07 (Sat)

「ロートケプシェンこっちにおいで」  相沢沙呼



ロートケプシェンこっちにおいで 相沢沙呼

やっと酉乃の本心を受け止める事ができたと思ったクリスマスのあの日。勢いと雰囲気の力を借りて告白した僕は、なんと彼女の返事はおろか、連絡先さえ聞き忘れたまま冬休みに突入してしまった。もしかして迷惑だった?悶々と過ごす僕に、新年早々織田さんたちからのカラオケの誘いがかかる。そこで起こったちょっとした事件の謎を解くべく、僕は『サンドリヨン』へと向かうが…。バレンタインチョコをめぐる事件をはじめ、学園内外で巻き起こる謎をセンシティブに描く、マジシャン・酉乃初の事件簿、第二幕。(BOOKデータベースより)

え?え?えぇ??

なんでラストあーしちゃったの??

そうなのっていうか・・・とてもとてもわかりづらくなってしまった。

理解できないあたしはバカなのか?

そんな思いを持ちながらも「ややこしくするんだから」っていう気持ちは消えませんです。
別に直球ストレート勝負でもいい気もするんですけどね。
直球ストレートというと須川くんの気持ちもです。はい。
可愛いな~。

それこそ喰っちまいたい(笑)

ロートケプシェン(赤ずきん)にかけてみました(・ω・)v

結局クリスマスの告白(もどき)の初の返事を須川くんは思い出せないまま。
そして例の写真集はちゃんとカッキーさんに言って返してもらったのでしょうか?
織田さんは本当に失恋だったのか。
細かい謎は沢山あります。

すべてスルーしてましたが(笑)

この1冊1冊が終わるごとにゆっくりと2人の間の距離は縮まっていくんだろうね。
可愛い2人です(´∀`)

今回はいじめが裏テーマでもありましたが、こういうのを読むとつくづく思う。
ケータイのない時代に高校生でよかったと・・・


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
15:01  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.29 (Tue)

「午前零時のサンドリヨン」 相沢沙呼



午前零時のサンドリヨン 相沢沙呼

ポチこと須川くんが、高校入学後に一目惚れしたクラスメイト。不思議な雰囲気を持つ女の子・酉乃初は、実は凄腕のマジシャンだった。放課後にレストラン・バー『サンドリヨン』でマジックを披露する彼女は、須川くんたちが学校で巻き込まれた不思議な事件を、抜群のマジックテクニックを駆使して鮮やかに解決する。それなのに、なぜか人間関係には臆病で、心を閉ざしがちな初。はたして、須川くんの恋の行方は-。学園生活をセンシティブな筆致で描く、連作ミステリ。全選考委員が「うまい」と評した第十九回鮎川哲也賞受賞作。(BOOKデータベースより)

【目次】
空回りトライアンフ/胸中カード・スタップ/あてにならないプレディクタ/あなたのためのワイルド・カード


いや~・・・・

なんってピュアなんだっ(;´Д`)

あたしが遠い彼方に忘れてきた切ない気持ち。
いや・・元々持っていたかどうかさえ怪しげなピュアな心。

酉乃初・・・
ハツ・・・

友人のおばあさんがハツなんだよね。カタカナで・・・(・ω・)
まぁネーミングに文句をつけても仕方ないが。
須川くん=ポチの謎は明かされないままでしたが、
寂しい女の子に限って「寂しくない。静かなほうが好き」
なんて言っちゃう。

あぁ・・・素直じゃないんだからっ!

と、若き高校生の心情にイライラしつつ、羨ましく思いつつ、
そして結構本の中身はドロドロした部分もあるな。
ただの幽霊騒ぎかと思ったら予想もしない真相がそこに。
意外な人物が裏でワル(?)だったという、思いもかけぬ展開がラストにありました。
そういう意味では楽しめました。
だよね。「鮎川哲也賞」だし。
恋愛だけでは終わらないのだ。

ワタシとしては織田さんみたいになりたいけれど、
彼女みたいな人になるって結構難しいかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:29  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |