2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.10.15 (Sat)

「江戸オリンピック」 室積光



江戸オリンピック 室積光

21世紀、幕藩体制を維持したまま近代化に成功した日本。欧米列強に媚を売り、偽りの平和を謳歌する世の中を変えるべく、立ち上がった男たちがいた。スポーツ用品メーカー伊豆野(いずの)の伊藤博文、大手広告代理店「江戸通」の高杉晋作、そして長州藩庁の桂小五郎だ。彼らはSNSを運営する「回援隊」の坂本竜馬を通じて、薩摩の西郷・大久保らと同盟を結び、アジア初となる江戸への五輪招致に動き出す!書き下ろし歴史改変エンターテインメント。

相変わらず室積さんの頭の中が不思議でしょーがない(笑)
設定がものすごく独特です。
幕末志士のみなさんが、この21世紀に頭数まとめていて、江戸にオリンピックを迎えるためにあの手この手で動き出す。
その動き方が結構えげつないんだけど(笑)
まぁこの本の時代背景としてはちょっと爽快でもある。

かなり白人至上主義の世界。
電車にも「白人様専用シート」とかあるワケです。
それに座っちゃうと車掌が慌ててきて「そこは白人様専用シートです」と言われる。
相変わらず風刺が効いてます。

フェイスブックが「顏絵巻」といい、ケータイは「印籠電話」(笑)

で、白人至上の世界を変えるべくオリンピック招致をするわけで、そのプレゼン。
「お・も・て・な・し」
ではなく
「お・と・し・ま・え」
というw

どんなプレゼンだ。

そしてミズノではなく、スポーツ用品メーカー伊豆野に就職している伊藤博文は
安重根(!!)と一緒に世界の子供たちにスポーツ用品を売るべく営業に出る。

・・・シュールだ( ̄▽ ̄;)
05:00  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.12 (Thu)

「史上最強の大臣」 室積光



史上最強の大臣 室積光

北朝鮮との戦争を回避し、惜しまれつつも京都に帰った二条内閣。知事の依頼で、休む間もなく、大阪府の教育改革に裏方として乗り出した。しかし、衰えない二条内閣人気に嫉妬する現政権の陰謀で、影の内閣を危険視する「世論」が形成された。最大のピンチに、ひとりの大臣が立ち上がる。(Bookデータベースより)

2作目もとても面白かった。

また「正男だろ」と突っ込みたくなるシンちゃんという名の北朝鮮の長男が再登場。
なんか、シンちゃんのセリフを読んでると本当に正男が言っているのかという感じがします。

今回は教育ということですが、ペーパーテストで最下位の大阪が二条内閣に依頼するという事から始まります。
教育かー。
二条内閣ってやっぱり面白いんだよねー。
考え方とか、「なるほど!」と膝を打つ気持ち。
週4日制とか。3日働いて1日休む。日、月、火、水、日、月・・・なんだって。
確かに3日働いて1日休んだほうが疲れないな。とか。
今までの週7日制週休2日にも休みが合うように考えられてます。
室積さん・・・考えたな。

他にも色々と楽しいです。

テレビのアナウンサーが悪役になってます(笑)
なので、議論で打ちかかすと面白い。
しかし、アナウンサーもやっぱりアナウンサーなので口がうまい。

今回は内閣ではなく、1人の大臣がメインになってますが、ニヤリと笑う箇所があったり、考えさせられたり、しんみりしたりいろいろでした。

前作ほどバカっぽくなかったけど、それでもとても楽しめました。
08:30  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.09 (Fri)

「スパイ大作戦」 室積光



スパイ大作戦 室積光

来日したソ連人科学者をめぐるCIAとKGBの熾烈な争い。日本を舞台にしたスパイ合戦に今、1人の日本人が立ち上がった!日本は俺が守る!!『都立水商!』『小森課長の優雅な日々』の著者が放つ新感覚のユーモア小説(BOOKデータベースより)

思ったよりコメディ要素は少なかったかな~。
室積さんなのでもっとドカンドカンと笑わせてくれるかと思いきや、
そこまでではなかったのが残念。

しかし、クスっと笑えるのですね。
やたらと目立ちすぎるCIAや、「僕スパイになったんだ」と街中に言いふらす耕二くん。
そして気づけば奥さんの手の中で踊っていた田畑さん。
なぜかテレビ中継されたり。
などなど、クスっと笑っちゃいました。

でも、もっと笑いたかったな。

ただ、そういえばスパイって目立っちゃダメなのよね。
誰にも気づかれないようにするというのがスパイ。
そういう事を踏まえると、確かに007はおかしい(笑)
目立ちすぎ(爆)
でも、今度007の映画を見に行くつもりですが(^^;)
それはそれということで、思い切り目立つスパイ映画を
見てこようと思います(・∀・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
06:54  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.05 (Thu)

「達人山を下る」 室積光



達人山を下る 室積光

誘拐された孫娘・安奈を救うため、八十歳の山本俊之は岡山の賢人岳を下り、四十二年ぶりに東京へやってきた。犯人はあるカルト教団だという。戦国時代から伝わる昇月流柔術の唯一の継承者である俊之は、安奈の妹で引きこもりの寛奈とともに動き出すが、渋谷の不良にヤクザ、与党幹事長が立ちはだかる。達人が教える「世の中で一番強い技」とは(BOOKデータベースより)

予想通り笑わせていただきました。
しっかし、「世の中で一番強い技」って・・・

とてもとてもしょーもないです(ノдT)

これは・・・確かに人間の尊厳を全て失ってしまうとんでもない技なのだ。
じーちゃんったらなんてことなしにその技使っちゃうんだもん。
だから「先生!!」と弟子希望が来る。
結構・・・というか予想通り軽い感じで進んでいきました。
もう少し波乱がくるかと思ったんだけど、波乱もそれほどなくみんないい人だったという・・・
まぁ楽しくさくさくっと読めた1冊でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:11  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.15 (Thu)

「ミステリー通り商店街」 室積光



ミステリー通り商店街 室積光

静竹県温水町。かつての繁栄が見る影もないシャッター商店街で、人気作家・三井大和が忽然と消えた!どうやらブログ上で自分の小説を批判した人物に会うためにやって来たようであった。三井の元担当編集者である鳥越英夫は、行方を探すためにその商店街に足を踏み入れるが、仕事もしない店主たちは次々と仰天推理を披露する。まるで人生の数だけ推理の数があるかのように…。(BOOKデータベースより)

前回読んだ「史上最強の内閣」が面白かったのでやや期待しすぎた・・・?あたし・・・・?
そんな1冊でございました(どんな1冊だ)

商店街みーんな2時間サスペンスが好き。
病死なのに「甘いな。これだから素人は・・・」と病死すら無理矢理殺人事件にする商店街のメンバー。

第一発見者の旅館の女将を「第一発見者=第一容疑者」としてしまうめちゃくちゃぶりに笑ってしまいました。

岩田という男がとーーってもイヤなヤツなんだけど・・・
なんっていうか・・・

岩田というのがネットで本の批評サイトをやっていて、そこで辛口の批評をしているらしい。
それが作家さんの目に留まったというのが今回の騒動の理由。

まぁあたしも普段本を「面白い」とか「よくわからなかった」とか書いているが、これって大丈夫・・・よね(・ω・)ゞ
ちょっと心配になっちゃった。

ラストは2時間ドラマお約束のあの場所にてっ!!

何故か商店街の人がみーんな登場してましたが。
「遠足か?」的なノリで(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ 
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:31  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.25 (Fri)

「史上最強の内閣」 室積光



史上最強の内閣 室積光

日本向け中距離弾道核ミサイル、北朝鮮が発射準備開始。本物の危機を前にして、日本全国から選りすぐられ、密かに準備されていた「一軍内閣」が立ち上がった。(BOOKデータベースより)

この間「気分爽快な殺人事件の本が読みたい」と書きました。
ふと思いついたのがこの方の本。
以前、「小森課長の優雅な日々」をいう本を予備知識なしで読んでたまげた(爆)
なんと言っても「KSC」だし(^^;)←小森殺人クラブ。

こんな発想の人が書いたこの1冊・・・

バカだ・・・( ̄∀ ̄)

凄いな~。一軍内閣って・・・
この面子もまた強烈。

作家の室積さんが山口出身らしいですが、
なんとなくそれだけで納得してしまっちゃうところもあります(^^;)
とにかく荒唐無稽。
荒唐無稽で笑っちゃうんだけど、その中にも風刺を利かせた皮肉や毒がある。

ただのバカな本ではなかった。

ラストは少ししんみりするんだけど、それまでのページがあまりにもバカっぽいのでここはしんみりしたらいいのか悪いのか少し疑問でもあります(^^;)

北朝鮮から正男か?という人物が「ねずみーランド」にて拘束された。
実際の小泉内閣の時は殆ど強制送還みたいな感じになったけれど
二条内閣は違う。
とんでもない方向へ・・・

久々に読んだこのバカな本でしたが、
実際「こういう内閣だったら良かったのに」とこの本を読んだ殆どが思ったのではないかと思うのです。


多分(笑)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:18  |  室積光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |