2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.29 (Wed)

「フロム・ミー・トゥー・ユー」 小路幸也



フロム・ミー・トゥ・ユー 小路幸也

堀田家随一のイケメン、青の出生の秘密とは?(「紺に交われば青くなる」)、藤島社長と堀田家の初めての出会いとは?(「縁もたけなわ味なもの」)、地味な紺が、亜美を射止めたきっかけは?(「愛の花咲くこともある」)。老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、大家族の堀田家があふれる人情で解決する人気シリーズ第8弾、番外編。知られざるエピソードが満載。書き下ろし3編を含む全11編。(BOOKデータベースより)

【目次】 紺に交われば青くなる/散歩進んで意気上がる/忘れじの其の面影かな/愛の花咲くこともある/縁もたけなわ味なもの/野良猫ロックンロール/会うは同居の始めかな/研人とメリーの愛の歌/言わぬも花の娘ごころ/包丁いっぽん相身互い/忘れものはなんですか


毎回書いてますが、登場人物が全員いい人で読んでると辛い(爆)
素直なんだよねー。
読んでてありえないといつも思う。
例えば、藍子、紺、青の3姉弟の中で、青だけ母親が違う。
しかも、父親の我南人は「青の母親はちゃんとした人だけど言えない」

それでも、受け入れて仲良くやっていく堀田家。

とか。

藍子の娘、花陽。
不倫の末できた娘。
いわゆるシングルマザーだったワケですが、
その不倫の相手が青の奥さん(すずみ)の父親。
そしてその花陽とすずみの父親は死んだ。

それでも問題の無い堀田家。
もちろん、ほぼ同じ屋根の下で生活。

これも何回か書いてますが、私だったら無理(--;)
無理ー。
どうやってこの中で生活していけっていうのー(爆)

いろいろと苦しんだ上で今の生活になってるんだよー。
と、いう事なのでしょうが、ここまで全員いい人で全員仲良しだと
逆に読んでて辛くなってくる(爆)
そんな本も珍しいかも。
16:10  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.08 (Fri)

「つむじダブル」 小路幸也&宮下奈都



つむじダブル 小路幸也 宮下奈都

人気作家二人がつむぐ話題の合作。兄妹それぞれの想いが胸に響く、やさしい家族の物語。(BOOKデータベースより)

予想どおり悪人が登場しませんでした(。・ω・。)

だろうなとは思ったんだけど、終始ホンワカ。
まどかの章を宮下さんが、由一の章を小路さんが書かれたようですが、
不思議と1人の作家さんが書かれたかのようでほんわかです。

まどかちゃんが無茶苦茶可愛いな~。
こんな妹だったら確かに由一くんが可愛がるのもわかるっ!!

由一のやっているバンドが目にとまって、メジャーデビューするために頑張るかどうかってところで、殆どの親が「がんばれ!」と後押し・・・
・・・おい(笑)
みんな物分り良すぎじゃないか。
物分りがよいといえば、お父さんもお祖父さんもみんないい人だーーー。
普通この展開だと2~3回修羅場になるだろ~!?
なんで丸く収まる!?

そっか。小路さんの本だからだ。
※小路さんカラー強すぎ

ただ、こういう本は本当にほんわかしていい気持ちになります(^^)
さ、次は真逆の本を読もうっと(〃∀〃)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:03  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.05 (Mon)

「レディ・マドンナ」 小路幸也



レディ・マドンナ 小路幸也

齢八十を越えてもなお堀田家の大黒柱として、古書店“東京バンドワゴン”を切り盛りする勘一。そんな勘一をお目当てに通ってくる女性が現れて、一家は色めき立つ。しかし、その出会いが思わぬ家族の秘密を連れてくる…。さらに、蔵から大事な稀覯本が盗み出されて、店は大混乱。次々に新たな謎が舞い込む堀田家を救うキーワードは「母の愛」。女性のパワーで家族の絆を結び直す、待望の最新作(BOOKデータベースより)

相変わらず、変わらずなメンバー。
しいて言えば、かんなちゃん、鈴花ちゃん、2人の女の子が成長してました。
多少ご都合主義みたいな感じがいつもするんだけど、
今回は亜美の隠れた才能。
まさか・・・そんな過去が。
ちょっとカッコ良かったけど。
それはいくらなんでも出来すぎじゃないのーー!?(笑)

登場人物が多すぎて、今回最後の「レディ・マドンナ」に登場したあの3人がどの3人だかわかってません(笑)
分かってないんだけど、ラストそれなりにハピーだからよかったかな。
藤島さんの義母あたり、次回登場しますかね。
含みを持たせてましたし。

まだまだ続きそうな雰囲気満々の東京バンドワゴンシリーズですね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:00  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.16 (Sat)

「オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ」 小路幸也



オブ・ラ・ディオブ・ラ・ダ 小路幸也

掘田家に春がきた。勘一のひ孫たちも大きくなり、中学3年の花陽は受験生、夢に向かって猛勉強中。研人は中学校に入学、大好きな音楽の練習に打ち込む毎日だ。いつもながらの目まぐるしい日々の中、一家にとって大切な人の体調が思わしくないことが分かり…。(BOOKデータベースより)

【目次】
春ー林檎可愛やすっぱいか/夏ー歌は世につれどうにかなるさ/秋ー振り向けば男心に秋の空/冬ーオブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ


なるほど・・・
私はずっと「オブラディ・オブラダ」と覚えていた。
自分が思っているより区切りは細かかったらしい(笑)

今回はしんみり泣きました。
最後の「冬」で(何回もオブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダと書きたくない ^^;)。
善人だらけのこのメンバーで、めったにない「影」の部分。
藤島さんの過去。

うん・・・良かった。

このシリーズって結構いつも我南人の最後いいとこどりが殆どだったけど、
今回は勘一、いいじゃない~♪

そして研人が大人になってきた感じがする。
この前まで子供だと思っていたけど、人って成長するのね~。
そしてやっぱりこういうのって「隔世遺伝」なのかしら。
なんか、祖父と孫って感じがしなく、そういえば紺の子供なんだっけ?
と、振り返って考える自分がいました(。・ω・。)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:30  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.28 (Mon)

「うたうひと」 小路幸也



うたうひと 小路幸也

「百獣の王じゃないか。光栄だ」人気バンドのドラマー、崎谷貫太はその風貌から“笑うライオン”と呼ばれている。ある日人づてに、母親が倒れたことを知った貫太は、十年ぶりに勘当された実家を訪れることに。母親に嫌われていると思っていた貫太だったが、実家で驚くべき光景を目にするー(「笑うライオン」)。誰もが持つその人だけの歌を、温かく紡いだ傑作小説集。(BOOKデータベースより)

【目次】
クラプトンの涙/左側のボーカリスト/唇に愛を/バラードを/笑うライオン/その夜に歌う/明日を笑え/アンコール親父の唄


「笑うライオン」が一番好き。

しかし・・・今まで小路さんの作品を全部読んだワケではないんだけど、ないんだけど、相変わらず善人おんりーだ(;´Д`)
そこに一抹の苦しさを感じるというか。
なんというか。

読んでて苦しくなるのです。

悪人が出てバッサバッサと引っ掻き回してくれたら読みやすいんだけど。
この短編集、みんないい人(TдT)
多少の行き違いがあっても、みんな良き心のままに進んでいるのですよね~。
これってそういうのを狙っているのかしら?
それとも、普通に悪人が登場するのがイヤなのかしら?>小路さん。

「明日を笑え」は某ビートルズの前座をやったあのグループが脳内にイメージされました(笑)
元々はバンドでしたしね。
そうよね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:37  |  小路幸也  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.13 (Fri)

「オール・マイ・ラビング」 小路幸也



オール・マイ・ラビング 小路幸也

下町の老舗古書店“東京バンドワゴン”に舞い込む古本と謎を、四世代のワケあり大家族・堀田家が家訓に従い解決する。ページが増える百物語の和とじ本、店の前に置き去りにされた捨て猫ならぬ猫の本…。不可思議な事件に潜む「あの人の想い」とは?笑いと涙の下町ラブ&ピース小説、待望の第5弾。(BOOKデータベースより)

【目次】
あなたの笑窪は縁ふたつ/さよなら三角また会う日まで/背で泣いてる師走かな/オール・マイ・ラビング


相変わらず善人ばかりなので歯がゆさを感じます(^^;)

あの記者を撃退した時も
「え~!?そんな感じ?それだけ??」
と、多少の物足りなさを感じました。

最初は違和感があったサチさんの語り口調がとても小気味よく、
我南人を嘆くあたりが
「あぁ・・・息子が何歳になっても母だわ」
と、思うのでした。
第一、息子が我南人だから母親の気苦労はただならぬものがあると思います。

今回も本当にいい人ばかりで「こんなにいい人ばかりなはずないよな」といつもいつも思うのです。
思うんだけど、こういう「いい人」に囲まれて過ごしたいと思います。

個人的にはかずみさんが台所を切り盛りしているようですが、
これね~あたしアウトだ(^^;)
すずみも亜美も乳飲み子抱えているからいいかもしれないけれど。
これは・・・微妙だ・・・。

「ここの家の人じゃなくて良かった」

と、つくづく思ったのでした(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:20  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.06 (Tue)

「マイ・ブルー・ヘブン」 小路幸也



マイ・ブルー・ヘブン 小路幸也

国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子。混血の貿易商・ジョー、華麗な歌姫・マリア、和装の元軍人・十郎、そして、がらっぱちだけれど優しい青年・勘一にかくまわれ、敵に連れ去られた両親の行方と“箱”の謎を探る、興奮と感動の番外編。(BOOKデータベースより)

「東京バンドワゴン」シリーズの番外編ということですが・・・

本編より好きっ!(・∀・)

元々こういう時代が好きなんです。はい。
戦争直後、元華族、などなど。
サチが元華族のお嬢様で、五条辻左智子とかいう長ったらしい名前だとは知りませんでした。

それよりも驚いたのが勘一。

むちゃくちゃカッコイイ

日本語は江戸っこべらんめえ口調ながら、英語堪能で、インテリな一面も持つ。
いや~惚れそうだ(〃ω〃)
あたしの中の「カッコいい男」でゆるぎない地位を築いていた堂上教官(図書館戦争)よりカッコイイと思っちゃうんだからっ!!

相変わらず善人しか出てこず、物事がスムーズに運びすぎているような感じはしないでもないけれど、このシリーズって全部そうだからな~。
こうしてみるといい場面で勘一と出会ったなと。
サチが羨ましく思いました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
09:03  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.11 (Tue)

「スタンド・バイ・ミー」 小路幸也



四世代ワケあり大家族が営む古書店に、古本と共に舞い込む謎の数々。その答えから見えてくる、秘められた思いや絆とは。(BOOKデータベースより)

あったかくて、ふわふわしてて、どことなく懐かしい昭和の香りがする本・・・
読んでて安心感はあるけれど・・・

ちょっとだけ・・・

それはないだろう!( ̄∇ ̄*)

と思ったワタシ(ひねくれもの)

だって藤島さんありえない!(爆)
普通そこまでしない。
恩義感じてもやらない。
堀田家に肩入れしすぎ。

そして堀田家のみなさん、恩恵にあやかりすぎっ!(笑)
まぁ、一応はギブアンドテイクが成り立っているようですが・・・・
成り立っているのかな~!?
で、じーちゃん「たまには我が家でメシ一緒に食わせるか」

それだけ?(笑)
でも、この流れで行くと本当に花陽と結婚しそうだ。
そうでもしないと堀田家ファミリーにはならないし・・・
ふむ・・・

でも、コウさんの話は良かったな~。
なんか男だねぇ~。
なんて思ったんだけど、そこに「LOVEだねぇ」なんて言う人もいるから何がなんだか分からなくなる(笑)
相変わらず我南人は1人美味しいところを持っていくな~。
いい役どころだ( ̄∇ ̄*)

あ!あと、京都の古書組合のじーちゃん連中。
あたしはあーいうやらせみたいなの・・・

・・・嫌い(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:45  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.29 (Mon)

「シー・ラブズ・ユー」 小路幸也



シー・ラブズ・ユー 小路幸也

下町で古書店を営む四世代ワケあり大家族が、古本と共に舞い込む謎を解決します。泣いて、笑って、いろんな愛に気づいたとき…きっと家に帰りたくなる、下町ラブ&ピース小説(BOOKデータベースより)

【目次】
冬-百科事典は赤ちゃんと共に/春-恋の沙汰も神頼み/夏-幽霊の正体見たり夏休み/秋-SHE LOVES YOU


今回も春夏秋冬、1年を通じて起こる古本屋家族のドタバタ系。
なんとなくお約束が登場して安心したりホッとしたりですね。

下町だな~と思うのはおじいさんが頑固だったり、元刑事の友人がいたりとかとか。
向こう三軒両隣だっけ?
そういう田舎~なしきたりが東京下町でも続いているのがいいですね(^^)

こういうシリーズは読めば読むほど面白くなるので次も楽しみです。

そしてワケわからんながらもしっかり見ている我南人・・・
ユニークなおじさんです。
しかし・・・やっぱり自分の父親だったらイヤ(笑)
叔父さんくらいがいいな~。と読めば読むほど思う( ̄m ̄*)

今回は藍子の決断がありましたが、ちょっと個人的には驚きました。
マードックさん、いい人であたしも好きだけどね~。
まぁ喜ばしいことですね(´∀`)

ランキング参加中です。ポチっとお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
09:00  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.17 (Wed)

「東京バンドワゴン」 小路幸也



東京バンドワゴン 小路幸也

明治から続く下町古書店“東京バンドワゴン”ちょっとおかしな四世代ワケあり大家族のラブ&ピース小説。(BOOKデータベースより)

【目次】
春-百科事典はなぜ消える/夏-お嫁さんはなぜ泣くの/秋-犬とネズミとブローチと/冬-愛こそすべて


8月の課題作家さん、小路幸也さん登場。
何を読もうかと思ったんだけど、このタイトルの本がなんとなく一番有名な気がして手に取りました。

読んでみると昭和の家族ドラマみたいな感じ。
ちょっと騒がしいね(^^;)
基本的にこんな大人数で暮らすのは勘弁願いたいワタクシ(笑)

死んだおばあさんの視点だからか、言葉遣いが丁寧でやや読みづらかったところもあります。
まぁこれは仕方ないけれど。

ラストの青の結婚式では泣きました。
あーーーいい感じ。
こういうみんなが知ってて暗黙に全員が気づかないふりをして動く。

そんな大家族ぶりもいいかも。

・・・たまには。

普段は絶対イヤだ(笑)

我南人がとてもいい味だしている。
こんな父親イヤだ(爆)
イヤだけど、好きだ。
ボーっとしているようで結構鋭いし。
油断禁物です。はい( ̄∇ ̄*)
しかし、古本屋さんってステキ。
本と一緒に暮らすのもいいけれど、近所との繋がりもいい。
こういう暮らしって今ないよな~。
やっぱりそこに昭和を感じてしまう。
どうやら続編も出ているようなのでそちらにも挑戦。


ランキング参加中です。押していただけると励みになります
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
09:00  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |