2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2020.12.31 (Thu)

「叙述トリック短編集」 似鳥鶏



叙述トリック短編集 似鳥鶏

本格ミステリ界の旗手が仕掛ける前代未聞の読者への挑戦状!
*注意! この短編集はすべての短編に叙述トリックが含まれています。騙されないよう、気をつけてお読みください

【目次】
ちゃんと流す神様/背中合わせの恋人/閉じられた三人と二人/なんとなく買った本の結末/貧乏荘の怪事件/ニッポンを背負うこけし


この中の話すべてに叙述トリックが隠されていて、で、この本の中で唯一同じ人物が登場します。
って書いているのですね。
叙述トリックっていうのは、正直あまり得意ではないのでそのまま読み進める。
「葉桜」を思い出す話もあったし、「星降り」を思い出す話もありました。

ってことなんだよねー!!!
インパクトの強い話を先に読んでると、どうしても「あの本みたい」と思っちゃう。
まぁそれは仕方ないんだろうなと思いました。

話の中では「閉じられた三人と二人」これが一番好き。
本当にこれは気づかない(笑)
こういうことかー!!!と。
これが叙述トリックなのかどうなのかはさておき。
ふむふむ。そうだよねと。

叙述トリックっていうのは大体にして映像化には向かない話が多いです。
そりゃそうだよね。
09:49  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2020.08.12 (Wed)

「目を見て話せない」 似鳥鶏



目を見て話せない 似鳥鶏

千葉の房総大学の新入生・藤村京は入学早々、友達づくりに乗り遅れ、愕然としていた。自らの“コミュ障”ぶりを嘆いていると、教室に高級な傘の忘れ物を発見する。他人と会話をするのが苦手な藤村は、推理だけで傘の持ち主を特定しようとするが!?セレクトショップの試着室から消える女子大生の謎、カラオケルームで起きた泥酔事件の真実…大学内外で起きる事件をひとつずつ解決していくにつれ、藤村の周りは少しずつ賑やかになっていってー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
論理の傘は差しても濡れる/西千葉のフランス/カラオケで魔王を歌う/団扇の中に消えた人/目を見て推理を話せない


「コミュ障」の主人公ですが、ネットで調べたところ、今の世の中的に
「コミュ障」ってそういう障害ってことではなくて、ネットスラングみたいな
部分もあるらしい。

小学校時代の痛い失敗で、人と上手くできなくなってしまった藤村。
日常の謎なんだけど、推理は見事こじつけ感がものすごい。
それでも、読んでて楽しい気持ちになるのはコミュ障だと思っている
主人公たちを応援したくなるからです。

コミュ障じゃなくったって、洋服買うときの店員の会話はキツい(笑)
なんでゆっくり見せてくれないんだろう??
最後の話はこういう事が現実にあったらイヤだなぁと思った。

14:57  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.30 (Wed)

「そこにいるのに」 似鳥鶏



そこにいるのに 似鳥鶏

本格ミステリ界の旗手が挑む初のホラー短編集!怖すぎて面白すぎる、13の怪異の物語!

【目次】
六年前の日記/写真/おまえを見ている/陸橋のあたりから/二股の道にいる/痛い/なぜかそれはいけない/帰り道の子供/随伴者/昨日の雪/なかったはずの位置に/ルール(Googleストリートビューについて)/視えないのにそこにいる


割と好き。
怖さレベルでいくと、★★☆☆☆ くらいなんだけど、
短い話で攻めるのは上手いと思いました。

ホラーもねぇー、なんだかんだ言いながらよく読んでいるので怖いのに慣れてきたっていうか。
でも、ピシっとオチを作ってくるのは読みやすいと思う。

個人的に好きなのは、多少ベタではあるけど、「六年前の日記」です。
あと、タイトルどれか忘れたけど、自分をエゴサーチする話。
なんかこればかりは現代的で、今まで読んだどのホラーにもなくて(エゴサーチなんて最近のワードだしね)、不気味でした。
ホラーとはいえないほっこりする話もあり、それはそれでよかった。

ホラーだから割とざっくりザクザク殺されるんだよね。
「わーーー。あっさり来るな」
と、思いましたがそれでも結構面白く読みました。
08:44  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.25 (Wed)

「名探偵誕生」 似鳥鶏



名探偵誕生 似鳥鶏

その瞬間、あなたは心を撃ち抜かれる。王道かつ斬新。直球の青春ミステリー!

【目次】
となり町は別の国/恋するドトール/海王星を割る/愛していると言えるのか/初恋の終わる日


星川瑞人(みーくん)は隣の家の5歳年上の千歳おねーちゃんに恋をしているのです。
小学生から中学生、高校生、大学生・・・
それが1章から4章ね。
何か事件があると頭のよい、千歳おねーちゃんが解決してくれます。

ずっと淡い恋心を抱きながらも、言えないみーくん。
まぁね、学生時代の5歳下ってねぇー。
ないだろう。うん。みーくんには悪いけど。

最後の5章は、みーくんが千歳おねーちゃんのために頑張る話です。

2話目はストーカーってここまでするの?
と、思い切り引く話でしたが・・・
ここまで出来るもんなのかなぁー。
いろいろと不思議でした。
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.08 (Fri)

「彼女の色に届くまで」 似鳥鶏



彼女の色に届くまで 似鳥鶏

画廊の息子で幼い頃から画家を目指している緑川礼(僕)は、期待外れな高校生活を送っていた。友人は筋肉マニアの変わり者一人。美術展の公募にも落選続きで、画家としての一歩も踏み出せず、冴えない毎日だった。だが高校生活も半ばを過ぎた頃、僕は学校の絵画損壊事件の犯人にされそうになる。その窮地を救ってくれたのは、無口で謎めいた同学年の美少女、千坂桜だった。千坂は有名絵画をヒントに事件の真相を解き明かし、それから僕の日々は一変する。僕は高校・芸大・社会人と、天才的な美術センスを持つ千坂と共に、絵画にまつわる事件に巻き込まれていくことになり…。二人のもどかしい関係の行方はー?見ていた世界が鮮やかに裏切られる、仕掛けと驚きに満ちたミステリー!

どこか草食系を思わせる似鳥さんが書いた作品だけあって、
やっぱり草食系だったなー。

健全といえば健全・・・?

画廊の息子だから小さいころから絵をみてきたので
見る才能はある。
しかし、描く才能はない。
それに気づいているくせに気づかないふりをする。
「いつか自分の絵の才能に誰かが気づき・・・」なんて
妄想をするも、千坂桜との出会いにより生活が変わる。

上手く高校生活になじめなかった礼くんですが、
たった1人できた友人、筋肉オタクの風戸くん。
彼がとてもいい感じなのです。
嫌味がないねー。
今、こんな人いるのか?ってくらいさわやかです。
何かあるたびに筋肉を見せようとするので、
いつも会話しながらシャツのボタンをはずしたりする。

ミステリーなので最後に仕掛けもありますが
「まぁ仕方ないんじゃないの?」的な終わり方になってました(笑)
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

「一〇一教室」 似鳥鶏



一〇一教室 似鳥鶏

カリスマ教育者・松田美昭がつくった全寮制一貫校・私立恭心学園。高い進学実績を誇り、ひきこもりや反抗まで“治る”と話題の学校で、一人の高校生が心臓麻痺で死んだ。健康だったはずの彼がなぜ…?一度も開けられない棺、異様に礼儀正しい生徒たちー。有刺鉄線の生えた、高い壁に囲まれたこの学園で、一体何が起きているのか?青春ミステリで人気の著者が満を持して放つ、爽やかさゼロのダークミステリ!!

超面白かったです。
こういう内容の本に対して「面白い」というのも違う気がしますが、
うーん。読み応えがあったというべきか。

似鳥さんってライトな作風のイメージなので、こういう重いのも書けるのか。
書けるんだったらもっと書いてくれ。
そのくらい満足です。

でもねぇー、学校で不審死した従弟を調べる段階で、「例えば以前・・・」って感じで
こういう学校でこんな感じで生徒が死んだ。ってことを述べているんだけど
それは本当にあった話。
バスケ部の主将が部活の顧問のいじめにあって自殺したのは記憶に新しいし。
そういうのをサクッと「例えば過去に・・・」って書いちゃうあたりがこの本の怖さ。

読んでると親も悪いよね。
自分はしつけ出来ないくせに、子供にはいい子になってほしい、親に従順になってほしい
ってことで、恭心学園に進学させるんだけど、子供からしたら本当にいい迷惑でしかない。
読んでて気の毒になってきました。

最後は本当にホッとする内容でしたが、それでも松田さん・・・全く懲りてなくて。
でも、そういう先生がいて、あんな親がいる限りはこの手の学校はなくならないんだろうな。
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.05 (Mon)

「レジまでの推理 本屋さんの名探偵」 似鳥鶏



レジまでの推理 本屋さんの名探偵 似鳥鶏

荷ほどき、付録組み、棚作り、ポップ描きにもちろんレジ。お客さまの目当ての本を探したら、返本作業に会計、バイトのシフト。万引き犯に目を光らせて、近刊のゲラを読んで、サイン会の手配をして…、書店員って、いったいいつ寝るの?力仕事でアイディア仕事で客商売。書店員は日夜てんてこ舞い。しかも、彼らは探偵という特殊業務まで楽しげにこなしてしまうのです。渇いた現代社会の知のオアシス、本屋さんにようこそ!

【目次】
7冊で海を越えられる/全てはエアコンのために/通常業務探偵団/本屋さんよ永遠に


本読みにとっては憧れの職場です。
でも、田舎ではもう「地元の本屋」なんてものはない。
※1か所だけ教科書を扱っている本屋さんのみあります。
大手の本屋さんは進出してますけどねー。
まぁそんな時代になったので仕方ないところだと思います。

そんな珍しい地元の本屋さんの話。
お客さんの中にもいろいろあり、店員に「整理屋」と呼ばれる人は、本が崩れたりきちんと並んでないと並べ直してくれるお客さんらしい。
あーーー自分もやりそう。
平積みになっているのが崩れていると直したりはしますが・・・(笑)
あまり目立たないようにやってます。

ラストの話がちょっと・・・だったけど、そこからの1話になるわけだー。
昨今の活字離れの影響で、小説でも「本を本屋で買え」的な話をよく読みます。
正直・・・・




困る。




ただ、ここの店の店長がポップを書くとその本が完売するらしい。
年中、帯に釣られて失敗している私としてはそういうポップを書く店長は
怖い存在である(笑)
10:18  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

「家庭用事件」 似鳥鶏



家庭用事件 似鳥鶏

『理由あって冬に出る』の幽霊騒ぎ直前、高校一年の一月に、映研とパソ研の間で起こった柳瀬さんの取り合いを描く「不正指令電磁的なんとか」。葉山君の妹・亜理紗の友人が遭遇した不可解なひったくり事件から、これまで語られてこなかった葉山家の秘密が垣間見られる「優しくないし健気でもない」など五編収録。苦労性で心配性の葉山君は、今日も波瀾万丈な高校生活を送る!

【目次】
不正指令電磁的なんとか/的を外れる矢のごとく/家庭用事件/お届け先には不思議を添えて/優しくないし健気でもない


妹のアノ設定は最初から考えてたのかなーー。
ちょっと怪しい。

なんとなく最初からは考えてなかったような・・・気がします。
このシリーズ当初から登場はしてたけどねー。

で、「市立高校シリーズ」っていうそうな(笑)
どういうシリーズなんだろー。
確かに言い表しにくいシリーズではあります。
主役は葉山君だけど、推理は伊神さん。
でも、伊神さんは明らかに脇。
しかも伊神さん卒業したし(笑)
ややこしいシリーズですが人気あるみたいですね。

表題作「家庭用事件」はちょっとイヤかも。
読んでて腹も立つというか。

「お届け先には~」は別のアンソロジーで読了済みでした。
懐かしい。
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.28 (Mon)

「シャーロック・ホームズの不均衡」 似鳥鶏



シャーロック・ホームズの不均衡 似鳥鶏

両親を殺人事件で亡くした天野直人・七海の兄妹は、養父なる人物に呼ばれ、長野山中のペンションを訪れた。待ち受けていたのは絞殺事件と、関係者全員にアリバイが成立する不可能状況!推理の果てに真実を手にした二人に、諜報機関が迫る。名探偵の遺伝子群を持つ者は、その推理力・問題解決能力から、世界経済の鍵を握る存在として、国際的な争奪戦が行われていたのだ…!

話の意味が少しわからないのと、これに登場する辰巳と直人がとてもイヤなので
自分としては微妙~~~~~な1冊となりました。

やっぱり登場人物を好きにならないと話にのめりこめないのもあるんだけど
この直人という男が
「妹が」「妹が」
と、始終言ってて、だったら妹のために何かやっているのかというと
そうでもなく、いったい何なの???と思ってしまうただの平凡な男。

妹は実は賢いんだけど、親を殺されたショックで口がきけなくなってしまった
という状態で、でも、どんくさい兄のために一生懸命頑張ってる姿に(TωT)

他の登場人物もクセが強すぎてちょっと・・・
似鳥さんの他の作品・・・葉山くんのシリーズだったら好きなので
新しいのがでたらホイホイと買うけど、
これは・・・1冊で終わるかもしれない。

・・・終わる気がする( ̄∇ ̄;)
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.19 (Fri)

「青藍病治療マニュアル」 似鳥鶏



青藍病治療マニュアル 似鳥鶏

「異能症」-別名を「青藍病」という。原因不明、特効薬なし、患者の症状は様々で、一説には、心の病と密接な関係があるとされる。たとえば犬嫌いが昂じて動物全般から威嚇攻撃される能力を得たり、自覚なく虫を潰す恐怖から、それに触れる前に殺す能力が発現したり、金にだらしない肉親への嫌悪感が、年収を読み取る能力を開花させたり、胸に灯る青い蛍の光を見て、人の死期を悟る能力、であったり…。共通点は能力の発動時に「青い発光を自覚する」、ただそれだけ。治療法を模索する静先生とその患者たちのドラマを描く、“異能”青春小説!

うーーーん。なんか中途半端な感じがする。

読んだ後の爽快感がないというか。
まぁどの本にも爽快感は求めてませんけど、
中途半端感はさらに求めてないのでこういう類の
「で、結局なんなの?」
というのが一番困る。

ミステリーでもホラーでもなく、だからといって「青春小説!」かと言うとそれもまた違う。
ただ、人と違う能力があってそれを克服する人の物語。

「動物が怖すぎて動物の近くに行くと一斉に攻撃される能力」
「目だけで人を殺しちゃう能力」
「人の年収(手取り収入)がわかる能力」
「近々心臓が止まるのが分かる能力」

どれも要らん(笑)
しいて言えば人の年収かな。
他のはあったら困るし、厄介だけど年収だけは人の事なので害はないし
自分だけの秘密にしておくとよろしいので。

男性か女性かわからない静先生。
私の中では男性と思って読んでましたけど
その先生も謎なのよねー。
まぁこの後売れたら続編書きましょうかっていうスタイルなのかもしれません。
似鳥さんは割とシリーズものが多いので近々・・・かな。
05:00  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT