igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「悪徳の輪舞曲」 中山七里



悪徳の輪舞曲 中山七里

14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?

プロローグが強く残っていたので、やっぱりなぁーとは思いました。
それにしても、やっぱり裁判モノは好きだわ。
面白いもんね。
ようするに、最後に勝てばいいんだから、どこに仕掛けるかっていうのが上手いほうが勝つ。

そういう意味では読み応えありました。
個人的にはあまり御子柴にはモロくなって欲しくないんですけどね。

「冷血人間ですが?」

って感じでこれからも行ってほしかったんだけどなぁー。
感情とかね。
この人には要りません。
欲しいのは裁判に勝つ力なんだー。

と、力説したくなりました。

郁美、梓親子だけではなく、ネットが普及されている今、犯罪者の家族ってどこに行ってもバレるんだろうね。
多少気の毒になります。
元々ある「村意識」っていうのは、実は田舎に行けば行くほどあるから、大変だったかも。

ただねー、成沢(夫)の死の真相というか、死の意味を知ったときはさすがに驚いた。

「能面検事」 中山七里



能面検事 中山七里

巷を騒がす西成ストーカー殺人事件を担当している、大阪地検一級検事の不破俊太郎と新米検察事務官の惣領美晴。どんな圧力にも流されず、一ミリも表情筋を動かすことのない不破は、陰で能面と呼ばれている。自らの流儀に則って調べを進めるなかで、容疑者のアリバイは証明され、さらには捜査資料の一部が紛失していることが発覚。やがて事態は大阪府警全体を揺るがす一大スキャンダルへと発展しー警察内から裏切りと揶揄される不破の運命は、そしてストーカー事件の思いもよらぬ真相とはー大阪地検一級検事・不破俊太郎。孤立上等、抜き身の刀、完全無欠の司法マシンが、大阪府警の暗部を暴く!

表情を読まれることによって不利になるからってことで、能面になった検事の話(なんだそれ)
でも、そういう事なんですよね。

自分の下に付いた事務官にもそれを求める。
しかし、事務官は若い女子なもので表情が出てしまうんですよねー。

もちろん、人間なので生まれてからずっと能面になったわけでもなく、
たまに人としての表情も出るわけ・・ですが。

そういうシーン要らないよねー。
最初から最後まで能面で突き進んでほしかったです。
評判が良かったらシリーズ化しそうな雰囲気プンプンです。

タイトルだけ見ると「竜崎さんみたいな性格の人かな?それっぽい話だったらイヤだなぁー」と思っていたのですが、そういう心配はなかったです。
それだけ竜崎さんが突き抜けているっていうか(笑)

「護られなかった者たちへ」 中山七里



護られなかった者たちへ 中山七里

仙台市の福祉保健事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。三雲の死体発見から遡ること数日、一人の模範囚が出所していた。男は過去に起きたある出来事の関係者を追っている。男の目的は何か?なぜ、三雲はこんな無残な殺され方をしたのか?罪と罰、正義が交錯した先に導き出されるのは、切なすぎる真実ー。

キツいーーーーー。

キツイ本でした。
やっぱり生活保護っていう制度を今のままでやってたらこういう事件っていうのはこの先もあるんだろうなと思います。
小説ではありますが、実際に起きてますし。
この21世紀に餓死とか。

犯人はきっと「あの人」であろうとは思ってましたが、
「あの人」が名前もあって登場してた人とは気づかなかった。
さすがにそこは中山さんというか、たとえ犯人には気づいたとしても、その先まで仕掛けておくんだなー。

変に感心してしまいましたが。
とても重い本でした。
でも、一気に読まずにはいられなかった。

「ネメシスの使者」 中山七里



ネメシスの使者 中山七里

ギリシア神話に登場する、義憤の女神「ネメシス」。重大事件を起こした懲役囚の家族が相次いで殺され、犯行現場には「ネメシス」の血文字が残されていた。その正体は、被害者遺族の代弁者か、享楽殺人者か、あるいは…。『テミスの剣』や『贖罪の奏鳴曲』などの渡瀬警部が、犯人を追う。

凶悪犯罪を起こした犯人の家族が襲われる。
死刑でもいいんじゃないか??っていうくらいの罪を起こした人が、温情判事によって死刑を免れる。

まぁいろいろ考えます。

今回、古手川くんは脇にまわりました。
あまり活躍もなく、美味しいところは渡瀬が全部かっさらう。
ついでに、ホッケもかっさらう(←いいなー)

死刑制度っていうか、犯罪を起こした人への懲罰に対する見方は人それぞれです。
割と渋沢判事の考えって理解できるんだよね。
殺したらそれで終わる。
でも、ずっと無期懲役だと、その犯人のために仕事しなくてはいけない人のことを思うとまた気の毒でありますが。
看守とか、刑務所で働いている人とか。

犯人は分かりましたが、残りページを考えて「まだ何か残されている」と思うのは悲しいファンの性(笑)
その通り「何か」が待ってましたが、そこに行くまでに費やした時間と努力を思うと、あまりにもラストが短絡的ではないかと思ったのです。
頭もいいんだしさー。もう少し何か考えた方がよかったのでは??
と、意地悪く考えてしまいました。

「ドクター・デスの遺産」 中山七里



ドクター・デスの遺産 中山七里

安らかな死をもたらす白衣の訪問者は、聖人か、悪魔か。警視庁vs闇の医師=極限の頭脳戦が幕を開ける。どんでん返しの帝王が放つ、息もつかせぬ警察医療ミステリ!

【目次】
望まれた死/救われた死/急かされた死/苦痛なき死/受け継がれた死


犬養シリーズ。
男性の嘘は分かるけれど、女性の気持ちは分からないという人ですが、どうやら子供の気持ちも分からないようです。

安楽死は殺人か。っていうテーマです。

でもねぇー、今は犯罪で殺人だけど、死ぬ権利っていうのは本人にないのか!?
とも書いてます。
自殺っていっても、病気で辛くて辛くてもう耐えられなくても、ビルから飛び降りる体力もなければ首吊る体力もないワケでしょー。

薬1つで楽になれるとなると、それにすがるのもわかる気がします。

ラスト犬養は刑事と一人の男との立場で究極の選択をします。

まぁ私でも犬養と同じことしますし、犬養を責められるわけないし。
もちろん、ドクター・デスのこともね。

早くそういう法が出来るといいのではと思います。
今は本当に長寿化社会だし、延命だったり延命拒否だったりしますが
どっちにしろ消極的だと思います。

「ワルツを踊ろう」 中山七里



ワルツを踊ろう 中山七里

職もカネも家もないあぶれ者に、生きる術はあるのか。
中山七里史上、最狂・最悪のどんでん返しミステリ

職を失い帰った故郷は、7世帯9人しか住まない限界集落だったーー。
住んでいるのは、詮索好きな地区長、生活保護費でパチンコ三昧の老人、村八分にされた一家……。
閉鎖的な村で自分の居場所を確保しようと、溝端了衛は資産運用相談会や村起こしのための共同事業などを提案する。だが住民から返ってきたのは、嘲笑と敵意ーー。追い詰められた了衛がとった行動とは!?


久々にとんでもない本を読みました(笑)
いやぁー。この本の感想を書くのに頭抱えるw

この先は多少のネタバレになりますが、多少で抑えるようにします。

ガラスを割ったりとか、ヨハンの件などの犯人は予想通りの人でありましたが、
そこで ヨハン=犬 に対する田舎の人の考え方って田舎独特だよなぁと
思いました。現代社会ではそんな考えなんて絶対ないし、
でも、田舎ではまだ犬=家畜なのかなと。

追い詰められてしまった了衛が取った行動がある意味「予想通り」であったけれど、
タイトルの「ワルツを踊ろう」がここにくるのか!と。
これは意外だった。
ワルツを踊るように・・・ってことなんでしょうが・・・

しかしですね。自分がいいと思うとはいえ、毎朝拡声器でクラシック流されると
迷惑であります。
都会では決してやらないであろう行為を田舎で迷うことなくしてしまうあたりが
了衛の田舎に対するものの見方なのかなと思いました。

読書メーターでは実際にあった事件をもとにしているとありましたが、
私からすると「野生の証明」にしか思えないんですけど(^-^;)

「秋山善吉工務店」 中山七里



秋山善吉工務店 中山七里

ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の三人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始めるー。大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。

確かに(笑)↑
昭和の香り漂いました。しっかりと。
でも、私の子供のころはこういう人いたよー。
普通によその子だって怒られました。
テレビでもサザエさんとかドラえもんに登場する類の難しいおやじ。

普段無口ではあるものの、言うことは正論でさらに80歳なのにものすごく強く、
ヤクザの上役とも顔なじみ・・・
どんだけスーパー爺なんだ・・・

その爺と連れ添っている春江さんもまた素敵な人でありました。
秋山家を巡るトラブルと並行して、火事の原因について調べる刑事の宮藤。
あ。この人「セイレーンの懺悔」に出てた刑事だったわね。

さすがの刑事もこの善吉じーちゃんと張り合うのはかなり
大変だったと思う。うん。

「翼がなくても」 中山七里



翼がなくても 中山七里

「何故、選りにも選って自分が。何故、選りにも選って足を」陸上200m走でオリンピックを狙うアスリート・市ノ瀬沙良を悲劇が襲った。交通事故に巻きこまれ、左足を切断したのだ。加害者である相楽泰輔は幼馴染みであり、沙良は憎悪とやりきれなさでもがき苦しむ。ところが、泰輔は何者かに殺害され、5000万円もの保険金が支払われた。動機を持つ沙良には犯行が不可能であり、捜査にあたる警視庁の犬養刑事は頭を抱える。事件の陰には悪名高い御子柴弁護士の姿がちらつくがー。左足を奪われた女性アスリートはふたたび羽ばたけるのか!?どんでん返しの先に涙のラストが待つ切なさあふれる傑作長編ミステリー。

なんというか・・・
理不尽な交通事故にあって走ることができなくなったアスリートなんだけど、
ある時テレビで義足で走っている人を見て「これだっ!」とアスリート用義足を注文する。
その金額300万。
現金にこにこ一括払い。

でも、その義足にも限界がきて、そんな中外国からその世界の超有名な人が来日し、
行き当たりばったりでさらに進化した義足を作ってもらう。
その金額約400万(ドルのため「約」)
もちろん、にこにこ現金払い。

20歳の女の子に果たしてそんな金があるのかと訝しむ犬養。
殺された相良奏輔にかかっていた保険金の被保佐人はなんっと御子柴。
怪しむ犬養・・・

って感じなんだけど、この主人公が自分で「脳みそも筋肉」と言っているだけあって
切り替えが早いというか、ありえない。
たかだか2か月くらいでパラリンピック目指しているし。
凄いというか、何というか。
ミステリーというよりスポ根なんだけど、熱すぎて少しうっとおしかった(^^;)
あまりに熱くなる理由というのもラストにわかります。
これだから一生懸命になっていたのかと。

この本の見どころは芝生で語らう犬養と御子柴ww

「セイレーンの懺悔」 中山七里



セイレーンの懺悔 中山七里

葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が“いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった。マスコミは、被害者の哀しみを娯楽にし、不幸を拡大再生産するセイレーンなのか。

終わりはよろしいんだけど、そこにいくまでの多香美にイライラするのです。
何というか、青臭いんだよねー。
2年目の新人で報道になぜか夢と正義感を持ってる。
今どきそういう人いるのかなーと思いながら、上司に恵まれてなんとかやってきた感じ。

こういう人にありがちなのか、変に偏ってながら物事を額面通りにしか取れなくて・・・
と、多香美の悪口言っていたら何行あってもたりないww

そんな中で里田や宮藤、ついでに兵頭などの周りに助けられて・・・って感じです。
報道の在り方ってことですが、
うーん。
難しいよね。
今はSNSもあって報道にとっていい時代なのかどうなのか。
「視聴者」がスマホから録画したものを普通にテレビで流す時代なのでねー。

報道かーと思いながら読みました。

なんか・・・未空さんが気の毒だったわー。
あの娘のフォローは何もないのか・・・(T_T)

「ヒポクラテスの憂鬱」 中山七里



ヒポクラテスの憂鬱 中山七里

“コレクター(修正者)”と名乗る人物から、埼玉県警のホームページに犯行声明ともとれる謎の書き込みがあった。直後、アイドルが転落死、事故として処理されかけたとき、再び死因に疑問を呈するコレクターの書き込みが。関係者しか知りえない情報が含まれていたことから、捜査一課の刑事・古手川は浦和医大法医学教室に協力を依頼。偏屈だが世界的権威でもある老教授・光崎藤次郎と新米助教の栂野真琴は、司法解剖の末、驚愕の真実を発見する。その後もコレクターの示唆どおり、病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室は大混乱。やがて司法解剖制度自体が揺さぶられ始めるが…。

シリーズ2作目です。
でも、1作目の記憶が殆どなく自分のブログを見るもよく分からなかった(笑)
元々自分のブログは基本(あくまでも基本)ネタバレなしの「感想を書く」ブログであって、書評ではないのでいつも読み返してもどういう話の内容だったか分からないww
我ながらなんてブログだ。

まぁそういうワケでとりあえず医療&解剖をしてのミステリーだったのですが、読んでる最中は面白かったのですが読み終わったそばから忘れてしまう。
そういう印象。

こんなことを書くとまた「図書館ヤクザ」と言われそうですが(笑)

でも確かに自殺かと思わせておいて第三者の手が絡んでいる。
実は殺人なんだ。
という展開は面白いです。
そこに行くまでの人間模様も書いてまして「あぁ~そういうワケで殺されてしまったんだな」と気の毒に思いますが、メインキャストが解剖医の3人なので、「解剖しましょう!!」という展開に持っていくのでなんといっていいのやら・・・

そんな本でした。