igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「付添い屋 六平太」 金子成人



付添い屋 六平太 金子成人

時は江戸・文政年間。秋月六平太は、信州十河藩の供番(篭を守るボディガード)を勤めていたが、十年前、藩の権力抗争に巻き込まれ、お役御免となり浪人となった。いまは裕福な商家の子女の芝居見物や行楽の付添い屋をして糊口をしのぐ日々だ。血のつながらない妹・佐和は、六平太の再士官を夢見て、浅草元鳥越の自宅を守りながら、裁縫仕事で家計を支えている。相惚れで髪結いのおりきが住む音羽と元鳥越を行き来する六平太だが、付添い先で出会う武家の横暴や女を食い物にする悪党は許さない。立身流兵法が一閃、江戸の悪を斬る。時代劇の超大物脚本家、小説デビュー!

【目次】
雨祝い/初浴衣/留め女/祝言


妹が勘違いして買った本らしいのですが、楽しく読みました。
妹の佐和の気持ちを思うとなんかいじらしくてねぇー。
時代が時代とは言え、気の毒になりました。

が。

結果的に「吉」と出たかな。

佐和の幸せが私の幸せであります(〃ω〃)

設定がよくわからん。
付添い屋・・・ようするにボディーガードみたいなものなんでしょうね。
元々の仕事もボディガードみたいだし。

割合にサクサク読みましたが、続きが読みたいかと言われるとねぇ。
そうでもないというのが正直なところ。
佐和の件も片付いたし。

「銀河鉄道の父」 門井慶喜



銀河鉄道の父 門井慶喜

宮沢賢治は祖父の代から続く富裕な質屋に生まれた。家を継ぐべき長男だったが、賢治は学問の道を進み、理想を求め、創作に情熱を注いだ。勤勉、優秀な商人であり、地元の熱心な篤志家でもあった父・政次郎は、この息子にどう接するべきか、苦悩したー。生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父政次郎との対立と慈愛の月日。

直木賞~(*'ω'*)
で、初めましての作家さんです。

宮沢賢治のお父さんの話なんだけど、
普通に考えて宮沢賢治はダメ男だと思う。
金銭感覚は最悪だし、山師っていうか、
自分の才能を過信し、人造宝石を作るんだっ!!
とかいう。

それにかかる資金はお父さんに出してもらうんだもーん。

的な甘々な考えで、政次郎@父は厳しくしたいのだけど、
どうも厳しきしきれない。
なんでだろうねー。
長男だからかな。
読んでて不思議だった。明治の男ですし。

こんな石とか宗教だ言っている人が気づけば童話作家。
不思議だー。

ちなみにワタクシigaiga。
宮沢賢治は「注文の多い料理店」しか読んだことがありません。
「銀河鉄道の夜」と「風の又三郎」はわらび座のミュージカルで観たけど
「注文の多い料理店」はおそらく小学生くらいに読んだと思うんだけど
この話のオチに子供心にときめきました(笑)

昔からこういう展開の話が好きだったのかも。

「ぼくせん 幕末相撲異聞」 木村忠啓



ぼくせん幕末相撲異聞 木村忠啓

時は幕末、勧進相撲で禁じ手を使い角界追放となった三峰山岩蔵。進退窮まった彼は元行司の式守庄吉らとともに「観客に見せる」格闘技を立ち上げる。名付けてぼくせん──第8回朝日時代小説大賞受賞の著者による鮮烈な最新「格闘」時代小説。

あまりにタイムリーだったので日馬富士を思いながら読みました(笑)

この本でいうところの「禁じ手」は髷をつかんだことです。
引っ張ったようで・・・相撲界追放。
今はそういう事もないよね。まげをつかむと負けにはなるけど追放ほどではなかったような気がします。

幕末にすでに相撲ではなく、本を読む限りではどう考えてもプロレス・・・
っていうか、最後の技ってラリアットじゃない?
なんて思ったりもしまして。

読んでて楽しいところもありましたが、登場人物にクセがありすぎて
蓋を開けてみればみんななんかイヤな奴だった。
特にお滝。
もう少しまともかと思ったけれどなんというかなんというか・・・
少しがっかりした。

少し史実もあるようで、すべてがフィクションではないところにこの本の
意味があるのかなぁー。
日馬富士はどうなるのかなぁー。

「大相撲殺人事件」 小杉健太朗



大相撲殺人事件 小杉健太朗

ひょんなことから相撲部屋に入門したアメリカの青年マークは、将来有望な力士としてデビュー。しかし、彼を待っていたのは角界に吹き荒れる殺戮の嵐だった!立合いの瞬間、爆死する力士、頭のない前頭、密室状態の土俵で殺された行司…本格ミステリと相撲、その伝統と格式が奇跡的に融合した伝説の奇書。

ってことで念願のです(笑)

でも、読んでみて思ったのが週刊誌の見出しじゃないけれど
BOOKデータベースが面白すぎた。
内容も面白いというかおかしいんだけど、
このbookデータベース書いた人えらいなーというくらい。

これ以上のものはないだろ~と。

でも、bookデータベース以外で笑ったのが、
ひょんなことから入門したくせに、あっさり幕内まで昇りつめ、
そして場所が始まったのに対戦相手がみんなその日に殺されて
しまって、結果的に14日連続不戦勝w
そんなワケで最初はマークが疑われたりしたんだけど、
まぁ当然犯人はマークではなく。

で、変なところでこだわっているのか本格推理なんだよね。
そのちぐはぐさにも笑ってしまいました。

物凄く弱くて万年幕下なのに、妙に出しゃばってくる
御前山がいい味だしてました。

「ジャッジメント」 小林由香



ジャッジメント 小林由香

大切な人を殺された者は言う。「復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人は言う。「同じ目にあわせてやりたい」と。犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。目には目を歯には歯をー。この法律は果たして被害者とその家族を救えるのだろうか!?第33回小説推理新人賞受賞。大型新人が世に問う、衝撃のデビュー作!!

というのが「復讐法」なんだけど、目には目を歯には歯を・・・
とやっていると復讐する方がもちません。

私も読む前までは「絶対復讐法よねー。同じ目に遭わせてやるんだっ!」と思ってました。
はい。
でも、実際同じ目に遭わせるというのは本当に大変なことです。
殺した相手を復讐によって殺すまではいいんだけど、その後のケアまでしてもらいたいなと思いました。
まともな精神の持ち主には務まりません。
やっぱりこういうのは図太い人じゃないと無理のようです。

特に表題作。
育児放棄により餓死した妹のために、10歳の少年が「復讐法」により刑を執行することにしたんだけど、復讐方法が母と内縁の夫を餓死させるというのが復讐法ならでは。
時間かかるんだよね。
じわりじわりと苦しんでいくんだけど、苦しめるほうもまた時間がかかる。
「えいやっ!」という復讐のほうがスッキリしていいのかもしれない。


「嘘ですけど、なにか?」 木内一裕



嘘ですけど、なにか? 木内一裕

やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。「君の言うことは、もう誰も信じない」木内一裕10作目は、完全エンターテインメント大作!

面白かったです。
その場をごまかすために嘘をつく編集者の亜希。

作家先生の言う事を立てながら、適当なところで嘘をついてその場をやり過ごすというのが得意技のようで。

そんな亜希が偶然出会った高級官僚(・∀・)
一夜を共にしてこの先もっと発展するか???
と、思っていたら彼が怪しい電話をしているのを聞く。

で、警察に通報したら逆に逮捕されちゃって。
そこでの警察を相手にした亜希の口八丁がものすごくウケる。
まぁ実際の警察はこんなにタジタジにはならないとは思うけれど
読んでて面白かった。

でも、八郎兵衛(小学生にしか見えない中学生男子)を相手にはあまり
得意技の嘘もつけず。
そこでもう少し明るい嘘ついてあげればいいのにと思いましたけれど。
ユニークな設定で娯楽小説だとは思うけれど亜希の直球さが面白くて
一気読みでした。
楽しかった。

「推理は一日二時間まで」 霧舎巧



推理は一日二時間まで 霧舎巧

都内某所にある個室レンタルスペース『秘密基地』。利用者は、全身タイツのヒーローコスプレ男やカンフー着をまとった老人、熱狂的ゲームマニアなど、一癖も二癖もあるメンツばかり。彼らを取りまとめるオーナーは、年齢不詳のクールビューティー美貴。ある日、入室希望で訪れた土佐垣という男性が、美貴のパソコンが利用者の誰かにハッキングされているかもしれないと話す。土佐垣はインターネットのセキュリティに詳しいらしく、ネット上で『全国こどもパソコン相談室』を開設していた。その中には「ぼくはママに、推理は一日二時間までと言われています。どうしてですか?」という不思議な質問がありー。

【目次】
推理は一日二時間まで/家に帰るまでが誘拐です/凶器は一人三百円まで/尾行時はお友達と一緒につけましょう/推さない、懸けない、拉致らない/犯人って言った人が犯人


1冊の本としては初めましての作家さん。
アンソロジーではあったみたい。
記憶に残ってないけど。

つぶれたカラオケボックスを「秘密基地」として貸し出し、結果そこに変人ばかり集まるようになって・・(笑)
でも、確かに月3万だっけ?とはいえ、自分の秘密基地が持てるのはちょっと嬉しいかもしれない。
ただ、変人しかこないと、自分=変人となったみたいでイヤだなー。

その変人を束ねるオーナーが美貴。
まともな人かと思いきや、きっと彼女も変なのかも。

実際の推理はちょっと???となる話が多かった。
ちょっと混乱したところもあったり。
ラストにきっとまとめたんであろうけれど混乱は抜けなかった。
登場人物がハンドルネームだと難しいんだよね。

「アカガミ」 窪美澄



アカガミ 窪美澄

渋谷で出会った謎の女性・ロダに勧められ、ミツキは国が設立したお見合いシステム「アカガミ」に志願した。しかし、これまで異性と話すことすらなかった彼女にとって、“国”が教える恋愛や家族は異様なもので、パートナーに選ばれたサツキとの団地生活も不安と驚きの連続だった。それでもシステムに手厚く護られた二人は、次第に恋愛やセックスを知り、「新しい家族」を得るのだが…。生きることの痛みと選択、そして輝きを見つめる衝撃作!

なんかありそうな近未来。
私からみると若い男性の女子化が進んでいるような気がして・・・
ゲームばかりしてあまり恋愛してないような・・・というまぁ偏見ですけど。
普通に恋して結婚している人もいるかもしれませんが、
でも、読んでて「ありそうだなー」と思ってしました。

国が設立した「アカガミ」というお見合いシステム。
コンピューターが識別してピッタリな相性の人といきなり同居(同棲?)することに。
これは逆に昔はこういうことあったよね。
国が紹介するか、近所のおばちゃんが紹介するか( ̄ω ̄*)

そして恋して子供が出来て、「アカガミ」というシステムの本当の意味を知る事にっ!!

なのですが、ラストがねぇ・・・
「えぇーーーーーーーーーーーーーー!?」
落としどころをそこに持って行ったのか。
もう少しラストを丁寧に書いてほしかったが・・・

「無気力探偵」 楠谷佑

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

無気力探偵 楠谷佑

高2の霧島智鶴はどんな難題も解決できる天才だが、最大の欠点は究極に無気力なこと。そろそろ進路も考えねばならず、労力を使わず頭脳だけで稼げる仕事はないか?と考える日々。そんな彼のもとに、失敗で現場捜査を外された落ちこぼれ刑事や同級生の揚羽、柚季らが次々と事件を持ち込む。ダイイングメッセージの謎、誘拐、脱出ゲームでの事故などに挑み…?やがて彼の隠された過去が明らかになりー。

無気力というのとも違うような・・・・?????

なんかねーこの年代の子にありがちな拗ねてる感がありありでした。
世の中を斜めに見るんじゃない。的な感じです。

母の死をキッカケに父親と絶縁した状態の智鶴。
基本的には軽い雰囲気で物語が進んでます。
ジャニーズが主役でドラマ化しそうだよなと思ったーーーー。

しかし、この苗字のややこしさ・・・温泉地???
霧島って温泉地かなー。
あとは、熱海、指宿、十和田、あとなんだっけ?
舞台が湯本市だから温泉??と思ったけど、
赤羽とか出てるから普通に地名なのか・・・

相変わらず本編と違う方向に頭を使って悩ませている私です。
あ。そうそう。智鶴が「動きたくない。頭だけ使う仕事に就職したい」
と言っていたが頭を使うのが一番疲れるし大変だと思うのだが(。・ω・。)

「わりなき恋」 岸恵子



わりなき恋 岸恵子

国際的なドキュメンタリー作家・伊奈笙子、六十九歳。大企業のトップマネジメント・九鬼兼太、五十八歳。偶然、隣り合わせたパリ行きのファーストクラスで、二人がふと交わした「プラハの春」の思い出話。それが身も心も焼き尽くす恋の始まりだった…。成熟した男女の愛と性を鮮烈に描き、大反響を巻き起こした衝撃の恋愛小説。待望の文庫化!

知念さんの「仮面病棟」と一緒に妹が貸してくれた本ですが、
元々恋愛小説ってあまり読まないので今まで手に取りませんでした(笑)
「殺人事件の合間の恋愛」だったり「謎解きの合間の恋愛」だったりは好んで読みますが、最初から最後まで恋愛って・・・
しかも70代と60代の恋愛って・・・
読むほうも体力使います(笑)

純愛みたいに書いているけど結局は今はやり(?)の不倫であって、
どうしても今現在「妻」である私からすると受け入れられない1冊です。
ダメだなー。
独身時代は別にどうとも思ってなかったんだけど、
不倫モノは嫌いだ( ̄ω ̄*)

しかも70代と60代なんだからもう少し静かな恋愛をすればいいのに
この2人年齢を感じさせない。
だからこそその年でも恋愛ができるんだろうなー。
いつになっても恋心を持つというのはいいことでしょうけどね。

不倫じゃなきゃね。