igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ドアを開けたら」 大崎梢



ドアを開けたら 大崎梢

鶴川佑作は横須賀のマンションに住む、独身の五十四歳。借りた雑誌を返すため、同じ階の住人・串本を訪ねた。だが、インターフォンを押しても返事がなく、鍵もかかっていない。心配になり家に上がると、来客があった痕跡を残して串本が事切れていた。翌日いっぱいまで遺体が発見されては困る事情を抱える佑作は、通報もせずに逃げ出すが、その様子を佐々木紘人と名乗る高校生に撮影され、脅迫を受けることに。翌朝、考えを改め、通報する覚悟を決めた佑作が紘人とともに部屋を訪れると、今度は遺体が消えていた…著者渾身の本格長編ミステリー

ドアを開けたら死体があって、
もう一回開けたら死体が消えてて、
さらに開けたら死体が戻ってた。

っていう話です(・ω・)

大崎作品には珍しい主役が54歳無職の小太り中年男(T_T)
主人公に何の魅力も感じない。
こんだけ萌えない主人公が今までいただろうか!?
力説したくなりました。

多少強引な展開もありましたが、マンションの住民が結構仲いいんだよね。
井戸端会議もしてるし、人付き合いが濃厚なマンションでした。
だからこその事件解決&後味のよさ。
悪かったことは悪かったと素直に謝れるその人となりが
今は、珍しいとすら思う。
まぁ集団心理みたいなのもあるだろうけどね。

ただ、どこにでも同行する不登校高校生の紘人はやっぱり違和感。
お手伝いの葬儀場とか、やっぱり普通に考えてもこの人いると首かしげちゃう。

「横濱エトランゼ」 大崎梢



横濱エトランゼ 大崎梢

高校3年生の千紗は、横浜のタウン誌「ハマペコ」編集部でアルバイト中。初恋の相手、善正と働きたかったからだ。用事で元町の洋装店へ行った千紗は、そこのマダムが以前あった元町百段をよく利用していたと聞く。けれども善正によると元町百段は、マダムが生まれる前に崩壊したという。マダムは幻を見ていた?それともわざと嘘をついた?「元町ロンリネス」「山手ラビリンス」など珠玉の連作短編集。

【目次】
元町ロンリネス/山手ラビリンス/根岸メモリーズ/関内キング/馬車道セレナーデ


読んでもよく分からない(^^;)
田舎者の辛いところというか。

横浜には行ったことはありますよ。
でも、一般的な観光地くらいで・・・根岸とか馬車道とか「それってどこ?」の世界。
よくわからない場所のよく分からない謎を出されても分からないのが増えるだけ。

本文を読んでて印象的だったのが横浜のことを「よそ者が集まった街」と言ったところ。
確かにペリーが来て、そしてその後人がたくさん集まって出来た街のようです。
異人情緒にあふれているのもそのせいみたいですねー。

変に恋愛モードにならなかったのはいいのやら悪いのやら。

タウン誌が「広告命」なのは読んでて納得しました。
地元のタウン誌もほとんど広告だもんねー。

「本バスめぐりん。」 大崎梢



本バスめぐりん。 大崎梢

3000冊の本を載せて種川市を走る移動図書館、愛称めぐりん。乗り込むのは、65歳の新人運転手テルさんと図書館司書のウメちゃんだ。2人と1台を待ち受けるのは利用者とふしぎな謎の数々で?!本でつながる想いをのせて、移動図書館は今日も走る!

【目次】
テルさん、ウメちゃん/気立てがよくて賢くて/ランチタイム・フェイバリット/道を照らす花/降っても晴れても


移動図書館という、本好きにはたまらない話ながらも、
大崎梢さんという、私が大好き~な作家さんの話としてはいまひとつでした。

たぶん、私が大崎さんに求めているものは果てしなく大きいかもしれない(笑)

第一、主人公が定年退職して無職の65才のおっさん。
もうそれだけで物語に華やぎがない。

でも読んでるとたまに懐かしいタイトルが出てきたり、「そういえばこの本読もうと思って読んでなかった」とかいう本も出てきたり(笑)、図書館利用する本読みにとっての「あるある」があって楽しめました。

図書館も利用することによって本をたくさん仕入れることができる。
なるほど(〃ω〃)
これからもどんどん利用することにしましょう。


「よっつ屋根の下」 大崎梢



よっつ屋根の下 大崎梢

勤め先の大病院の不祥事隠蔽を批判し、犬吠の地方病院に飛ばされた父。製薬会社に関係の深い実家を気にして、父についていこうとしない母。都会暮らしが好きなのに、父をひとりにできなくて、ついていったぼく。お母さんを責めないで!と言いながら、密かに自分を責めていた妹。たとえ自分は離れても、いつまでもそこにあってほしい、ぼくたちの「家」。それは、わがままだろうか。家族でいるのが大変な時代の、親子四人の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
海に吠える/君は青い花/川と小石/寄り道タペストリー/ひとつ空の下


1話目だけ「ワンダフル・ストーリー」っていう「犬」をテーマにしたアンソロジーで読んでました。
だから「この話に続きがあったのか!」と驚いたー。

小学生だったフミちゃん(←男)も物語の最後には就職する年齢になります。
そのくらいの時間が流れた1冊の本。
正しいことをしてもダメかー。
ダメなのかなー。
子供たちだけではなく、お父さん、お母さん、全てが崩れてしまった
医療事故告発事件。
家族が離ればなれになっていることが悲しく気の毒。

最初からついて行ったフミちゃんはまだよかったかもしれない。
ついていくことが出来なかった、家族でいることより自分の今の生活を優先
させてしまったおかあさんと妹。
うーーーん。これもまた辛い。

でも、それでも最後は明るい終わり方でした。
焦らないで時間をかけるという方法もあるようです。

「スクープのたまご」 大崎梢

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スクープのたまご 大崎梢

人の家の不幸に群がって、あなたは恥ずかしくないんですか?週刊誌は、空振りやムダの積み重ねで出来ている。手を抜いたら、あっという間に記事の質が堕ちる。未解決の殺人事件にアイドルのスキャンダル写真ービビリながら、日本の最前線をかけめぐる日向子24歳!

【目次】
取材のいろは/タレコミの精度/昼も夜も朝も/あなたに聞きたい/そっと潜って/正義ではなく


お仕事小説は読んでて楽しくなります。
週刊誌に配属になった2年目の日向子さんですが、ちょっとうまくいきすぎなんじゃないかと思う所もあった。
まぁそこは大崎さんの小説だから多少は・・・あるかな。
週刊誌だし、この本は文芸春秋社だし。
ってことは、週刊文春ってことか??(笑)
だったらもっと大変だろう。
警察ではなく、週刊誌を糸口にしたいという人もいるのだなーと思った。
確かに注目度は高い。
なるほどー。

恋愛系は全くありませんでしたが、やっぱり仕事頑張るんだったら恋愛は抜きで頑張ってもらいたい。
お仕事小説を読むならこうだよね。

「空色の小鳥」 大崎梢



空色の小鳥 大崎梢

その少女は、幸せの青い鳥なのか。大企業総帥の父が溺愛した亡き兄は内縁の妻との間に幼い娘を残していた。密かにその子を引き取った弟。彼の心を占めるのは、打算か、愛情か、それともー。

ラスト2~3ページがとてもよく泣けた。
いい終わり方でした。

というのも、最初がとても怪しくて。
いかにも何かを企んでそうな男(←主人公の敏也です)がいきなり登場して、ガンで死にそうな母親に「何かあったら娘は僕が面倒を見ますから」とか言って、実際その通りになって、ここからが物語のスタートなんだけど明らかに怪しい。

それでも根っからの悪人ではない敏也は自分の友人(おネエであるが)や敏也の彼女との共同生活をしながら結希の面倒を見ていくことになるわけです。

でも結希を育てているのは明らかに結希を何かの切り札として使おうとしているんだよねー。
その相手⇒一族を知ったとき「これだったら何かやりたくなるかもー」とちょっと敏也に同情しました。

これはひどい。
いかにも2時間ドラマに出てきそうなメンツです。
2時間ドラマだったら3~4人は死んでくれますが、小説なもので誰も死んでくれません。
嫌な一族がいつまでもイヤなままいます(笑)

ラストは「あぁ。やっぱりなー」とは思いましたが、そこからの終わらせ方がとてもよかったので気持ちよく読み終えることが出来ました。

「誰にも探せない」 大崎梢



誰にも探せない 大崎梢

疎遠になった幼馴染みの伯斗が数年ぶりに晶良の前に現れた。幼い頃に夢中になった「埋蔵金が眠る幻の村」を探そうと言う。かつて祖母からこっそり手に入れた幻の村の地図。それは晶良と伯斗の友情の証、二人だけの秘密の冒険だった。今になって一体なぜ?わだかまりを感じながらも、半信半疑で再び幻の村を目指そうとした矢先、伯斗の消息が途絶えてしまう。さらに“お宝”を狙う連中が晶良に迫り…。幻の村とは?伯斗の目的は本当に埋蔵金だったのか?

ページめくってたらいきなり終わってビックリした。

「これで終わりなの??」

思わずラストのページにくっついてるんじゃないかと思ってはがそうとしたくらい(笑)
ここで終わるんだー。
そういうやり方ーーー???
一気読みしましたが、もう少し続きがあってもよかったかもしれない。

埋蔵金。

なんだろう。この響き。
ロマンを感じますし、実際に埋蔵金をテーマとした本もありますよねー。
そういうのを沢山読んできたので多少比べるところもあるかも。
なのでですね
多少の物足りなさと、物語の雑さを感じました。

大好きな大崎さんの作品でしたが残念。

「プリティが多すぎる」 大崎梢



プリティが多すぎる 大崎梢

「なんで俺がこんな仕事を!」女の子雑誌で孤軍奮闘する新米編集者の爽快お仕事小説。(BOOKデータベースより)

恋愛絡めることなく純粋なるお仕事小説。
しかし・・舞台はローティーン雑誌。
ローティーンったらなんだろう?

第一私がローティーンの頃なんてこんな雑誌なかったような???
漫画読んでた(笑)
なぜか、ローティーンの部署に異動することになった佳孝くんでしたが、
何しろローティーン。
私でも無理だ(笑)

佳孝くんの仕事っぷりというよりは、そのローティーン雑誌で働いてる
旬の短い女の子たちのドラマって感じだったかなー。
あまり共感とかないんだけど。
ないんだけど、どの世界も大変なんだろうなーと思いました。
ローティーン雑誌のモデルなんて本当に2~3年くらいしか出来ないだろうね。
そこでチャンスをつかみたい子ばかりいて・・・あぁ・・・大変そうだ。

出版業界やら広告業界やらを絡めてくるあたりが大崎さんっぽかったけど
やっぱりなじみのない世界すぎてイメージが浮かびませんでした(^^;)

「忘れ物が届きます」 大崎梢



忘れ物が届きます 大崎梢

知らされていなかった真相が、時を経て、意外なきっかけから解き明かされる。多彩な趣向が楽しいミステリー珠玉集。(BOOKデータベースより)

【目次】
沙羅の実/君の歌/雪の糸/おとなりの/野バラの庭へ


結構重い話が多かった。
あるきっかけで、10年後とか20年後にその謎が解ける。
偶然だったり必然だったりするんだけど、
それが「忘れ物」なんだろうね。

最初の話のラストにビックリしちゃって。
「え?なに?どういうこと?は?」と一人であたふたとしてしまいましたが(笑)
その後の話もどれもこれも円満解決っ!とはあまりならなかったかもしれない。

どこか尾を引く終わり方。
好きですけどね。

表紙のイラストとはなんか中身が全然違うんですけど。
まぁそれはそれで仕掛けということで。

「クローバー・レイン」 大崎梢



クローバー・レイン 大崎梢

大手出版社に勤める彰彦は、落ち目の作家の素晴らしい原稿を手にして、本にしたいと願う。けれど会社では企画にGOサインが出ない。いくつものハードルを越え、彰彦は本を届けるために奔走するー。本にかかわる人たちのまっすぐな思いに胸が熱くなる物語。(BOOKデータベースより)

お仕事小説でした。
期待してた(?)胸キュンはありませんでしたが、
活字中毒としては、小説が本になるまでの舞台裏を知ることが出来て満足です。

いい小説を書いたとしても、それが時の人じゃなかったりする場合には
日の目を見ることがないのかもしれません。
最初からあきらめた感じの、今は売れてない出版業界では「過去の人」の家永。
その家永が書いた原稿が偶然、大手の出版社の編集者の目に留まり・・・という内容なのだけど本を出すのも難しいものなのね。と。

最初に賞を取ったけど2作目が上手くいかず・・・なんてことはザラにあるようで。
「あの作家さんは今どうしているんだろう」という人もいるかも。

いつでもどこでも面白くて売れる本を生み出す作家さんと言うのは神様かもしれない。

ただお仕事小説にありがちの「出来すぎ感」はどうしてもあるよねー。
現実はなかなか難しいかもしれないと思いましたが、
ラストが晴れ晴れすると気持ちよく本を閉じることができます。

ふと「半沢直樹」もある意味お仕事小説なんだろうなーと思った。