2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2020.06.30 (Tue)

「心霊探偵八雲12 魂の深淵」 神永学



心霊探偵八雲 魂の深淵 神永学

シリーズ累計700万部突破、16年間に渡って読者に愛されてきた「心霊探偵八雲」。そのフィナーレを飾る、待望の完結作がついに発売!!堂々たるラストを見逃すな!!

シリーズ完結です。
16年続いてたのかー。
わたしは元々、かりんトウさんから借りたのがキッカケで、ハマりまして。
そこから新刊買いまくってましたが。
ようやく終わった~(T^T)
っていうか、他の作品も書くから16年も経つんだよ。

前作、両手両足を縛られた晴香が、八雲の目の前で七瀬美雪に突き落とされた
ところで終わりまして。
かろうじて心臓は動いているものの、このままでは脳死という
ところまでいきます。

誰もが納得するような最終回ってあるのかなぁー
なんてふと思います(笑)
あのくらい極悪非道な七瀬美雪なのに・・・
うーーーん。

ただ、最終回らしい最終回で、こういう終わり方もいいかもしれない。
しいて言えば、最後の「エピローグ」
個人的には30ページくらいあってもいいと思った(笑)
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.27 (Thu)

「悪魔と呼ばれた男」 神永学



悪魔と呼ばれた男 神永学

空中に吊り下げられ、悪魔の象徴である逆さ五芒星が刻印された女の死体が発見される。秘密裏に警察が追うシリアルキラーの新たな獲物だ。警視庁は特殊犯罪捜査室を新設し、捜査一課のエース・阿久津と犯罪心理のエキスパート・志津香を抜擢する。二人を待ち受ける前代未聞の凶悪事件の真相とは?

大人向け神永さん?
結構厚い本だけど、神永さんだからあっさり読めるだろうと思ってましたら
読めました。やっぱり。

で、この阿久津さんなんですが、特殊能力あるんですね。
この能力持ってる人、どこかにいたよなぁーというデジャブ感が
ずっと付きまとってまして。
読書メーター読んだらエノさんだった。
エノさんかーー!!!

あと、「高台家の人々」だった!!マンガだけど。

エノさんのようなまぁ特殊能力の使い方を間違うとこういう本になるという。
なんとかとハサミは使いようみたいな話になりました。

正直パッとしないかなぁーーー。
スッキリできればよかったんだけど。
登場人物が多かったというのもあるかな。
黒蛇だっけ?
この人も、もう少し黒蛇らしさというか見せ場が欲しかった。
でも、続くのかも。
続くかぁー!?
13:47  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.09 (Tue)

「心霊探偵八雲11 魂の代償」 神永学



心霊探偵八雲11 魂の代償 神永学

八雲の宿敵・七瀬美雪の手により、晴香が拉致されてしまう。晴香の居場所を探す鍵は、四つの心霊現象のどこかに隠されているというのだが……タイムリミットが迫る中、八雲は重大な決断を迫られる。

八雲くん、本編です(〃∇〃)

しかし、今回なんと!!!まさかの「続く」
うそーーーー!?
前回が2017年8月で1年半経っての本作。
あと1年半待つのか!?
せめて来月くらいに発売してもらわないと忘れるんだけど(TдT)

今回は晴香が拉致されまして、八雲他メンバーが事件を解決しながら
晴香の奪回を目指しますが、いいところで終わった。

あぁー。終わったー。

今回は八雲くんの心の弱さなんかも出てよかったけれど、
でもねぇ、もう少し頑張れよ。
などと叱咤激励しながら読みました。

どうでもいいけど、本当に続き気になる。
「続く」という終わり方だったらもう少し後に読んでおけばよかった(笑)

しかし、理不尽に家族を亡くした人って理不尽な考え方するんだね。
普通に考えると無理に決まってるじゃない。
それを巧みに誘導できちゃうのが七瀬美雪の技なんだろうけれど。
今回も怖かったです>美雪さん。
05:30  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.22 (Tue)

「怪盗探偵山猫 月下の三猿」 神永学



怪盗探偵山猫 月下の三猿 神永学

悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」は新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?雑誌記者の勝村は、猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助ける。少女は猿の娘と名乗り、父が遺した“猿猴の月”なる物を見つけるために山猫を捜しているという。どうやらかつて世間を賑わせた伝説の窃盗団・三猿が関係しているらしいが…。前代未聞のスピード感で贈る、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー!

何か読んだことあるなーと思っていたら、単行本で読んでた(笑)
文庫化だったのか。
でも、この作家さんの場合は加筆修正が多いので文庫になると雰囲気変わること多いんだよね。

狂犬と呼ばれる犬井が勝村を妙に評価しているのが気になる・・・
そ・・・それほどすごい人でもないんだけど@勝村。
ただ・・・動じないんだろうね。
動じても表情に出ない。
ので→「只者ではない」と思われる。

細井ののびきった腹にある入れ墨が「どうだ。これが証拠だ」的に見せられても
何のことやら分かりづらいというのは、今を生きていくにはいいのかもしれない(笑)

キャラが独立しているせいもあって、作者さんも書きやすいんだろうねー。
だからいつまで経っても八雲くんが進まない(T_T)
07:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.03 (Thu)

「心霊探偵八雲10 魂の道標」 神永学



心霊探偵八雲 神永学

左眼を傷付けられ、八雲は死者の魂を見る力を失ってしまっていた。そんな中、唯一の肉親である奈緒が幽霊に憑依された状態で行方不明になってしまいー。

ってことで5年ぶりの本編です(--;)

なので八雲くんの目があんなことになっていたとかすっかり忘れてて。
それこそ忘却の彼方。

でも、さすが本編というか、いつもの外伝とかAnotherFileとは違うねー。
重いねー。
そして、いつものあの2人が登場するねー。
八雲パパはまだしも、生きている七瀬美雪さんは片腕ないし、顔もひどくなって
整形してるらしいし、それでもまぁ取り憑かれているのかなんなのか・・・
恐ろしい執念です。

その執念は死ぬまで治らないのではないか・・・
というよりも、この「心霊探偵八雲」の設定でいくなら死してもなお登場する
のではないかと思ってます。
怖いねー。

明らかに晴香に狙いをさだめた美雪さんですが、次回が気になります。
でも、5年は待ちたくないです。
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.21 (Wed)

「心霊探偵八雲 亡霊の願い」 神永学



心霊探偵八雲 亡霊の願い 神永学

八雲と晴香が通う大学は、まもなく学園祭を迎えようとしていた。サークル発表に向けて練習にいそしむ晴香だったが、友人から心霊絡みの相談を受け、八雲に助けを求めることに。大講堂に現れ演劇の邪魔をする幽霊、呪われた女と背後につきまとう怒りに満ちた男の霊、観ると女の幽霊が現れる呪いのビデオ…。3つの事件の真相を、八雲の赤い左眼が鮮やかに解き明かす。1冊で楽しめる外伝シリーズ、初短編集!

【目次】
劇場の亡霊/背後霊の呪い/魂の願い/その後


相変わらず6巻以前の設定になっていると思います。
後藤が刑事だったり、八雲が黒コンタクトで目を隠したり、

晴香パパと八雲が会う前だし(・Д・)

ってことで、娘を溺愛する水死したお父さん幽霊が
悪意があろうと好意があろうとにかかわりなく、娘に近づく男に
取り憑いてしまうっていう、結果を見れば笑ってしまう内容もありました。

これは・・・子供のころに読んだ「おとうさんは心配性」を超えるお父さんではなかろうか!?
晴香もその結果を知り、心の中で
「八雲とお父さんが会ったらどうなるんだろう?」
なんて想像するが、実際はひどかったですよ。晴香さん( ノД`)

連作短編でしたが、まぁ予想通りあっという間に読みました。
よし。次こそは本編!
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.15 (Thu)

「怪盗探偵山猫 月下の三猿」 神永学



怪盗探偵山猫 月下の三猿 神永学

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?正体不明の謎の窃盗犯ーその名は“山猫”。猿の娘と名乗る少女が山猫を訪ねて来た。彼女は父が遺した“猿猴の月”なる物を探して欲しいと言うが、猿のお面を被った謎の集団に攫われてしまう。一方で、掌に猿の入れ墨がある男の死体が見つかる。連続する“猿”の符号に隠された真実とはー!?

テンポがいいので読みやすかったです。
最近忙しいのもあって1冊の本を読むのに2~3日かかってたので
1日で読み終えるとどことなく爽快感(笑)

でもまぁキャラもの・・・と言っていいかな??
なので、先が分かり安心して読めます。
ここでたとえば勝村くんが殺されちゃったら物語が終わってしまう
と言っていいくらいでして。

なので、いくら連れ去られようと拷問されようと、
監禁場所に犬井(←刑事)がいようとひとまず安心できます。
でも、犬井からは「只者ではない」と思われているようで。
実際の勝村くんは一体どこまで出来るのか謎。

本文を読むと細田=イケメンになりますがそうなのかな?
以前の設定忘れたー。
ただ太い。オタク。
イケメンなのか?

犬井を見てると誉田さんのガンテツを思い出す。
刑事にはこういうのが多いのか?(。・ω・。)
08:23  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.27 (Sat)

「怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌」 神永学

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

怪盗探偵山猫 神永学

雑誌記者の勝村は、下北沢の夜道で男に絡まれていたところを、謎の女に助けられる。足元に落ちていた有名女子高の校章を手掛かりに、彼女の正体を探り始めた。女子高生薬物中毒死事件との関連を疑った勝村は、詳細を調べようと動くも、謎の男からの警告を受けー。悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」。圧倒的な疾走感でおくる痛快ピカレスク・ミステリー!書き下ろし1編を含む計3編を収録。

【目次】
羊の血統/羊の叛逆/黒羊の挽歌


面白かったですが、勝村くんの方が活躍していた感じがした。
殴られ蹴られ脅され(笑)
でも、相変わらず無傷でケロッとしている感じがするのは何故だろう?

いくら顔を隠しても声で正体がばれないものなのか?
いつも不思議に思いますがどうなんだろう??

あの犬井がまた登場しまして、山猫と妙な信頼関係が出来てきているようです。
この信頼関係ってなんなんだろう??(笑)

最近このシリーズの1作目を読み返してみたい衝動にかられます。
なんというか・・・最初この人たちどうだったんだろう??と。

とくに山猫と勝村の状態が知りたい今日この頃です。
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.20 (Fri)

「確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター」 神永学



確率捜査官御子柴岳人 神永学

取り調べの可視化と効率化を目指して新設された“特殊取調対策班”。そこで新米カタブツ刑事の友紀とコンビを組むのは、特命で事件に挑むイケメン毒舌天才数学者、御子柴岳人。彼らに突きつけられた次なる難題は、大物政治家宅で起きた窃盗事件だった。被疑者の供述から、御子柴はその背後に巧妙に隠された“ゲームマスター”の存在に気づくのだがー。華麗な推理で容疑者の心理に迫る、大人気取り調べエンタメ第2弾!(BOOKデータベースより)

取り調べをするためにチェスをして勉強する。
相手がこう答えたら次はこれ。こう答えたら今度はこれ。
先々を読むためにチェスをしてます。
私はチェスも将棋も全くできませんが読んでて面白いです。

先々を読む力が欲しい・・・

話の展開としてはなんというか2時間ドラマみたいだったけど(笑)
政治家が登場するとどうしてもそういう雰囲気になるなー。

私の予想では薫君はゲイだがどうなんだろう?
この謎は解けていません。
事件の真相よりも気になる。
そして最後の最後で友紀だけが気づいたという箇所がありましたが
友紀よりも優れた人がこんだけいて誰も気づかないって
どういうことーーーー!?

最初に登場してたさくら刑事って山猫に登場してた刑事だっけ?
そこら辺も記憶があいまいですが、赤目の人は大丈夫です。
覚えてます( ̄ω ̄*)

そんな感じでキャラクターが入り混じってましたが
この本は面白かった。
お気に入りです。
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.23 (Fri)

「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES裁きの塔」 神永学



心霊探偵八雲 ANOTHER FILES裁きの塔 神永学

キャンパスの中心にそびえ立つ時計塔。その最上部の小部屋にある鏡に祈りを捧げると、死者と再会できるという伝説がある。晴香は友人から心霊現象の相談を持ちかけられる。八雲とともに調査を始めた晴香だったが、殺人事件の容疑者として捕らえられてしまう。晴香の無実を信じる八雲たちだが、捜査班からは動かぬ証拠を突きつけられてしまい…。大人気スピリチュアル・ミステリー外伝、シリーズ最大の危機!(BOOKデータベースより)

ANOTHER FILES ってことで設定が初期。
相変わらずの6巻以前。
この時期の話をもっと書きたかったのかここにきて連続で書いてますねー。

2人の関係性が初期の頃なのでそこそこ面白く読めます。
今回のテーマは「信じる」です。
私はダンナの事は無条件に信じますが、それ以外の人を信じたことはありません。
特に会社の人たちなんて信じた日には飛び火します。
信じないに限ります( ̄▽ ̄;)

でも、この本は「人を信じる」ということについて書いてます。
まぁ気軽に読める小説ですけどね。
晴香が殺人容疑で逮捕されて、八雲が晴香の事を全く知らなかったことに気づき、
「家族の事もしらない」と書いてましたが、その後家族に会うんだよ。と言ってやりたい。

図書館戦争みたいなシーンが飛び出し正直驚きました。
早く本編にいってくれ。
そう願っております。
ただ、外伝は美雪さんとか登場しないので安心して読めます。
05:00  |  神永学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT