2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.01 (Sat)

3月に読んだ本のまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:8167
ナイス数:864

赤い博物館赤い博物館感想
こういうキャラ@館長ってたまに出てくるなぁー。瀬在丸紅子系というかなんというか・・・。新たな部署ってことで地味な活動ながら面白かったです。アンソロジーでしか読んだことのない作家さんでしたが楽しめました。この話・・・続く?
読了日:03月01日 著者:大山 誠一郎


崇徳院を追いかけて (創元推理文庫)崇徳院を追いかけて (創元推理文庫)感想
シリーズものとは知らなかったのですがすごく好きだー。ぜひ前作も読みたい。ほかの方の感想を聞くと今回は少し毛色が違ってるみたいなので今度は最初からガッツリ読みたいです。
読了日:03月03日 著者:鯨 統一郎


マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)感想
面白かったよ~。ちょっとした毒のある話がまたスパイスが効いていい感じ。三舟シェフ・・・なんでこんなに聡明なんだろう。フランス料理を6人でシェアはあんまりカッコいいものではないよねー。
読了日:03月04日 著者:近藤 史恵


八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫)八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫)感想
おぉっ!そういう事だったのか!!面白かったけど少し怖かった(^^;)今回はばーちゃんのうざいまでの語りが少なかったので読みやすかったです(笑)
読了日:03月06日 著者:三津田 信三


私をくいとめて私をくいとめて感想
綿矢作品の鉄板キャラというか・・・読んでて「分かるわー」という箇所もありました。もうアラサーなんて忘却の彼方ですが。ただ、私の中には「A」はいないのよねん。会話したこともない。
読了日:03月07日 著者:綿矢りさ


ホテルモーリスの危険なおもてなし (講談社文庫)ホテルモーリスの危険なおもてなし (講談社文庫)感想
続きそうな気配ですがどうなんだろう。せっかくのキャラを生かすためにはもう少し話があったほうがよいかも。日野さんがとてもいいなー。ただ詰め込みすぎ感があって桑野さんとかもったいないなぁー。
読了日:03月09日 著者:森 晶麿


十二人の死にたい子どもたち十二人の死にたい子どもたち感想
面白かった。私だったら「1人くらいいても関係ないじゃない」と思うけど、まぁ結局それが面白い方向に進んで行った。ラストは想定内であり意外でもあり。楽しめました。
読了日:03月11日 著者:冲方 丁


三毛猫ホームズの闇将軍 (光文社文庫)三毛猫ホームズの闇将軍 (光文社文庫)感想
どんだけ美味しいクッキーなんだ(笑)そして人が死にすぎる〜。三毛猫ホームズシリーズってこんなに死んでたっけ?と思いましたが相変わらず片山さんがモテるなー。いいなー。昔から読んでるシリーズが変わらないのは嬉しい(ケータイ持ち出しているけど)
読了日:03月12日 著者:赤川 次郎


許されようとは思いません許されようとは思いません感想
初めましての作家さん。話題作なので読みたかった。ようやく読めた(T_T) 最後にドンデン返し系とのことでしたが・・・最近はこういうのも目新しくなくなってきたというか・・・そういう意味では新鮮さに欠けました。ただ、ばぁばと杏ちゃんの話。イヤな顔写真の年賀状を出さない事をうまくまとめるためにはこういう事を考えるのか。そのための話だったのかと驚きました。
読了日:03月13日 著者:芦沢 央


邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)感想
面白かった。聖徳太子と織田信長に関してはほかの本でも似たような「説」の話を読んだことがありましたので、同じような考えの方がここにもいるということを再認識。昔の文献で事実を極める楽しさを味わいました。邪馬台国東北説は初めて聞きましたので驚きましたが、宮田さんの説に納得っ!そういえばそうだったっ!!!
読了日:03月14日 著者:鯨 統一郎


新・世界の七不思議 (創元推理文庫)新・世界の七不思議 (創元推理文庫)感想
世界史はほとんどわからないのでそのまま小説として楽しく読みました。松永さんの料理とカクテルの腕前が上がっている気がする。そして店もなんか仕掛け出てきたし(笑)バーなのにかつ丼とかw 静香の荒々しい感じが笑えます。でもなんだかいい人だねー。
読了日:03月15日 著者:鯨 統一郎


去就: 隠蔽捜査6去就: 隠蔽捜査6感想
愛すべきマンネリ(誉め言葉)。家庭での態度ではイラっときたりしたけど(笑)、仕事としてはいう事ないですよねー。部下を信頼し必要以上に出しゃばらない。しかし責任はしっかりとる。すばらしい~。そして冴子さん、相変わらずカッコいいなー。憧れ。
読了日:03月15日 著者:今野 敏


新・日本の七不思議 (創元推理文庫)新・日本の七不思議 (創元推理文庫)感想
時系列でいけば「崇徳院~」の後の話になるのかー。いきなりラブラブになっているので驚いた(笑)そして謎解きのほうがなんか雑になってきてる。こういう種類の話はそうそうネタがないのも仕方ないんだけど、「邪馬台国~」は納得できるものも沢山あったんだけど今回は読んでる最中で終わったような「あれ?終わり??」というのもいくつかあった。残念。「崇徳院~」また読もう(笑)
読了日:03月16日 著者:鯨 統一郎


バチカン奇跡調査官 楽園の十字架 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 楽園の十字架 (角川ホラー文庫)感想
殺人事件の無残な遺体写真をシン博士に送った(送ってしまった)平賀が面白すぎる。シン博士は平賀が思っているほど優しくはないはず(笑)でもきっと面倒見がいい人に違いない。ロベルトの作る料理はいつも美味しそう(〃ω〃) しかし・・・着ぐるみの平賀と踊った人がまさかあの人だったとは・・・
読了日:03月17日 著者:藤木 稟


将軍の首 公家武者 松平信平14 (二見時代小説文庫)将軍の首 公家武者 松平信平14 (二見時代小説文庫)感想
強敵現る。何気に五味さんが強いのはなんでだろう?(笑) 強敵すぎて大丈夫か?と心配にもなりますが、続くということで楽しみです。宗之介のモデルは沖田総司? いや・・・雰囲気が・・・
読了日:03月18日 著者:佐々木 裕一


希望荘希望荘感想
面白かった。今でも桃子とやりとりあるんだーとちょっと驚きましたが、最後の震災で行方不明になった人を探す話が印象に残りました。砂男も面白かったなー。
読了日:03月20日 著者:宮部 みゆき


今日も嫌がらせ弁当今日も嫌がらせ弁当感想
毎朝すごいなぁー。毎日弁当を作る身としてはこんな細かい海苔作業なんか絶対やらない(笑)でも、ふとこれをうちの夫に出すとなると間違いなく「嫌がらせ弁当」になるので毎日の娘さん・・・がんばりました(笑)
読了日:03月20日 著者:Kaori(ttkk)


喧嘩喧嘩感想
お金の話になると二宮も負けてないから笑えます。せこいし。面白いわー。破門された桑原でしたが・・実際のところは桑原も大変だったのかな。二宮と一緒の時の桑原はものすごくいつも通りの桑原だったけどσ(^_^;)
読了日:03月21日 著者:黒川 博行


0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)感想
面白かったよー。でも二宮くんは何者なのか??架空の人物かなと一瞬思ったんだけど、違うとなると・・・あれれ???餓鬼に関しては少し予想してました。「弁当に匂い」って・・・(笑)湊ほとんど活躍してないけど、「吹っ切れそうですYO」には笑った。
読了日:03月22日 著者:葉山 透


ムーンズエンド荘の殺人 (創元推理文庫)ムーンズエンド荘の殺人 (創元推理文庫)感想
人がどんどんと死んでいく様は読んでて十角館とか思い出すんだけど、ときどき出てくる15年前の話プラス今現在メンバーが抱えている問題。そっちの説明がかなーーーーーーり雑で「実はもう1冊どこかに存在しているのか?」と気になった(←本はないみたい)。謎解きとしては「なるほどなー」でしたが、やっぱり人物背景をもう少し書ききってほしかった。
読了日:03月23日 著者:エリック・キース


瑠璃でもなく、玻璃でもなく瑠璃でもなく、玻璃でもなく感想
なんか納得いかない(笑)もともと不倫モノあまり好きじゃないんだけど(知らないで読んだ)英利子が不憫にしか見えなくて。まぁ結婚だけが幸せじゃないというのはわかってはいるつもりですが・・・いろいろと納得いかなかったーーー(笑)
読了日:03月25日 著者:唯川 恵


愛しのジュエラー (小学館文庫 わ 7-16)愛しのジュエラー (小学館文庫 わ 7-16)感想
北斗とみなみにそれほど魅力を感じないというか・・・和田さん得意の宝石で話を進めてみたけど、別に宝石じゃなくてもいいのかも。2人で組んで仕事をするっていうのがねー。よかったと思った。みなみの設定は特殊すぎっ!しかしシャネルのスーツ・・・なんかイメージできるよー(歳が・・・ σ(^_^;))
読了日:03月25日 著者:和田 はつ子


愛しのジュエラー ジャポニズムに夢中 (小学館文庫)愛しのジュエラー ジャポニズムに夢中 (小学館文庫)感想
アイドルが出て来た(笑)なんか笑うしかない。相変わらず北斗は自分勝手だしなぁー。なんというか・・・キャラが増えて混乱している。向井先生のエロスがかなり謎だった。写真の宝石にうっとり(〃ω〃)
読了日:03月25日 著者:和田 はつ子


告白の余白告白の余白感想
都市伝説か!?と言いたくなるような京都のあれやこれや。もしかして・・・と思って作者さんの欄を見るとやはりというか当然というか京都の方でしたー。最後には「コント?」と言いたくなるような言い回し。京子に振り回されました。読んでて疲れた(笑)
読了日:03月28日 著者:下村 敦史


桜風堂ものがたり桜風堂ものがたり感想
これは確かに本屋大賞ノミネートなるよねー(←本屋さんが売りたい本として)。これは書店員の夢と希望と憧れが全て詰まっているのではないかと思いました。内容的には途中までは面白かったのですが、「店をやってくれないか?」というところで「は?」と思ってしまったー。夢のない私ですみません。もう少し恋愛モードになるかと思ってましたがそうはならなかったかー。
読了日:03月29日 著者:村山 早紀


院内刑事 (講談社+α文庫)院内刑事 (講談社+α文庫)感想
初めましての作家さんなのだけど・・・こういう公安もあるのかと。はじめましてなので作風がいイマイチ掴めなくて戸惑ってます。何というか公安の物語だから仕方ないとはいえ・・・ぶつ切りという印象を受けた。
読了日:03月31日 著者:濱 嘉之

読書メーター


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

乱読復活( ̄^ ̄)ノ

ってことで、先月の倍の26冊読みました。
うむ。鯨統一郎さんを知り鯨さんを読み漁った(といってもこのシリーズのみ)3月でした。

あとかりんトウさんから借りた本9冊読んだー。

春になると家のこととか忙しくなるので、3月ほどは読めないと思うけれど
それでもまたいろいろな本を読みたい(〃ω〃)

4月は高田崇史さんの「神の時空」が出るしー。
妹から借りた本もあるしー、
図書館&公民館を3つはしごしてー。
まぁいつもと変わらない月になるでしょう(^^;)


08:27  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.01 (Wed)

2月に読んだ本のまとめ

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:4545ページ
ナイス数:635ナイス

陸王陸王感想
お約束的なところはあるんだけどねー。中小企業と大企業と銀行。パターン化しているといえばしているんだけど、それでも面白くガッツリ読みました。いうなればもう少しラスト爽快感が大きくてもよかったような。宮沢社長にはもう少し芯のあるところがほしかったです。
読了日:2月1日 著者:池井戸潤


探偵・日暮旅人の遺し物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の遺し物 (メディアワークス文庫)感想
本編が終わっているのでおまけみたいな感じ。特に「愛の夢」とかねぇー。 もし~ならみたいなのはねぇーーー。もし~ならでも、結果行きつくところは一緒だったんだよ。的な感じだったらよかったけど。まぁ私の感想ですスミマセン。なので「君の音」を読んで安心したというか。
読了日:2月3日 著者:山口幸三郎


クランクインクランクイン感想
普段シリアス系ばかり書いているので頑張りましたよ!感が感じられました。話としては・・・あぁーーこういう感じかと。だから適当に片付けてた箇所はそういうことだったのか。「作家、相葉さんなんだよなー」とそっちが妙に気になってしまった(笑)
読了日:2月6日 著者:相場英雄


土の記(上)土の記(上)感想
前半は孤独臭がものすごくて読んでて押しつぶされそうになりました。孫娘との微妙な距離感がよかった。自然を表す表現はリアルを感じました。
読了日:2月9日 著者:高村薫


土の記(下)土の記(下)感想
うーーーーーん。やっぱり孤独臭を感じた。ラストが衝撃的過ぎて「これで終わるの?」と呆然。人はこうして老いていくのか。読了後「スッキリ」とか「面白かった!」とかいう本を読みたい私にとってはこの上下巻の孤独と老いの物語はつらかった。
読了日:2月10日 著者:高村薫


雪煙チェイス (実業之日本社文庫)雪煙チェイス (実業之日本社文庫)感想
今の季節にピッタリの本だった(〃∇〃) ウェアを変えても板を替えず。頭隠して尻隠さずじゃないけれど・・・そうかーー。気づかないかも。スピード感があって読了感もスッキリで何よりでございました。疾風ロンド&白銀ジャックはもうほぼ忘却の彼方・・・( ̄- ̄*)
読了日:2月11日 著者:東野圭吾


沈黙法廷沈黙法廷感想
裁判シーンは読みごたえ抜群でした。強いて言えば最後もう少しなんというか・・・そっちにもっていくのかーーーと。そっちじゃなくってなんっというか・・・(笑)でも傍聴シーンは実際の裁判さながらで裁判モノが好きな私としては非常にうれしく読みました。中嶋さん、すごくいい人。
読了日:2月15日 著者:佐々木譲


風歌封想 (メディアワークス文庫)風歌封想 (メディアワークス文庫)感想
割と好きだけど、違和感があって~「幕間」に行くと「そうかー。やっぱりこの違和感はこうだったのねー」と思いました。相変わらずややこしくてこじらせる一族ではある。手紙のほうが目の前にいない分思い切り気持ちを書けそう(〃ω〃)
読了日:2月16日 著者:綾崎隼


小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)感想
こういう話だったのかーーー。映画の予告というかテレビで使われていいシーン(?)しか見てないのでまさかこういう話だとは思わず。なるほどねぇーーー。人気があるのもわかる気がします。入れ替わりモノなんてありふれているかと思いきや、まだまだあるのですね。
読了日:2月17日 著者:新海誠


恋のゴンドラ恋のゴンドラ感想
気楽に読める本でした。ちょっと今の気分では気楽に読めるほうが楽しいのでよかった。でもウエア着てゴーグルしてると老若男女も国籍もぜったいわからんw 桃実と日田に幸あれと思ってしまいます。日田は完璧に気が利かない人なんだねー。いい人なんだけど気が利かない。あぁーーーいる。そういう人(笑)
読了日:2月20日 著者:東野圭吾


脇坂副署長の長い一日脇坂副署長の長い一日感想
「24」みたいでした。なんかすごくスリリングな展開だったとはいえ、よーく考えてみると9年前の話で・・・でもって今それを解決すべく動いているのかー。どうせだったら本当に現在進行形の話のほうがスリリングさは倍増したような・・・いろいろと気になるところを残し読了。読みやすさは相変わらず(〃ω〃)
読了日:2月23日 著者:真保裕一


ストロベリーライフストロベリーライフ感想
実際はこんなにうまくはいかないと思うなぁ~。でも、この本を読んでいつもダンナに任せきりだった畑を手伝わなくてはとかなり焦りました(笑)望月家みたいに出荷しているワケではないけど、それでも手伝わなくちゃという焦りがでました。で、佐野さんは結局何をしたかったの?
読了日:2月25日 著者:荻原浩


だれも猫には気づかない (創元推理文庫)だれも猫には気づかない (創元推理文庫)感想
三毛猫ホームズってこの本からヒントを得たのかなぁ~?と思ってしまうくらいかわいくて賢い猫だった(※でもホームズのほうが先に世に出てました。知らなかった)猫かわいい~。紙が厚く思ってたよりあっさりと読み終わりました。ニフィ~(〃ω〃)
読了日:2月27日 著者:アン・マキャフリー

読書メーター


******************************

ブログをやるようになってからは最小かなー。
13冊。
でも、結構厚かったり内容が重くて進まなかったりというのもあったんです。
かりんトウさんから借りた本3冊しか読んでないっ(汗)
いかん。
でも、3月は少し落ち着くのでもう少し読めるかもー。
2月はちょっと仕事が忙しくてせっかくの一人休みでも仕事持ち帰りで家でやったりしてたので、その時間がもう全部本につぎ込めるかと思うと今からにんまり笑っちゃいそうです(笑)
08:24  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.01 (Wed)

1月に読んだ本のまとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:5592ページ
ナイス数:683ナイス

蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷感想
ラストがしっかりしている恩田本を数年ぶりに読みました(TдT)よかったよー。ライバルであり仲間であり、清々しい話にうるうると。一番うるうる来たのはなぜか明石と亜夜が2人で大泣きするシーンでした。厚い本で最初どうしようと不安でしたが物語に入ってからはあっという間だった。
読了日:1月1日 著者:恩田陸


波形の声 (文芸書)波形の声 (文芸書)感想
いつもグサっとくる短編を書くなー思ってます。1つ1つは割と短い話なのですが、そこにある毒というか・・・たまにラストにぞくっとくる。面白く読みました。
読了日:1月2日 著者:長岡弘樹


ヴァラエティヴァラエティ感想
最後の話が一番好きかなー。最初の2話はうーん。イマイチ。一番興味深かったのが作者のあとがき(言い訳?)普段目にすることのない奥田さんの物語の説明が新鮮でした。
読了日:1月3日 著者:奥田英朗


芥川症 (新潮文庫)芥川症 (新潮文庫)感想
元の話が分かるのとわからないのと半々でしたが、元の話が分からない「極楽変」が面白かったなー。「地獄変」読んでみたい。あとクモの意図も面白かった。最後の話がなんっていうか身につまされる。医療を当てにしないほうがいいのか・・・?
読了日:1月6日 著者:久坂部羊


アリバイ会社にご用心 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)アリバイ会社にご用心 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
鈴木さんが謎すぎた。でも全体的には面白く読みました。羽田さんみたいないい刑事さんもいるんだねーーー。最後の犯人同士のつながりには気づかなかった。そういわれれば名前が・・・
読了日:1月8日 著者:新藤卓広


領地の乱 公家武者 松平信平12 (二見時代小説文庫)領地の乱 公家武者 松平信平12 (二見時代小説文庫)感想
新キャラの堅物男に意外と好感が持てました。あくび大名もまたいい感じで・・・この時代でも草食系な感じの人ではありますが・・・
読了日:1月8日 著者:佐々木裕一


赤坂の達磨 公家武者 松平信平13 (二見時代小説文庫)赤坂の達磨 公家武者 松平信平13 (二見時代小説文庫)感想
馬泥棒がいいよねー。馬泥棒のラストがビックリ過ぎて笑った。そういうことになるのかーと。頼母もなじんでいるようですし何よりです。
読了日:1月9日 著者:佐々木裕一


バチカン奇跡調査官  ソロモンの末裔 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 ソロモンの末裔 (角川ホラー文庫)感想
今回のバチカンチームはインディージョーンズみたいだった(笑)って、ほかの読メさんも書いてますねー。やっぱりそうですよねー。インディージョーンズのテーマが聞こえてきそう。で、久々にFBIのあの方も登場したらJさんもLさんもっ!!
読了日:1月11日 著者:藤木稟


7デイズ7デイズ感想
この展開は・・・( ̄▽ ̄;)自分が想像していた通りの展開で逆に驚いた。意外性はないのか・・・? なんか嫌韓が加速しそうな本であったけど、冷静に振り返るとやっぱり韓国の人ってほぼほぼこういう感じなのかなー。なので妹が美人といわれてもそれは生まれ持ったものなのか?とそういう気持ちにすらなった。
読了日:1月13日 著者:五十嵐貴久


ジャッジメントジャッジメント感想
「絶対復讐法だよなー」と思っていたのですが、目には目を方式でやるとやっぱり疲弊してしまいます。かなり太っとい神経の持ち主でないとダメなんだ・・・やっぱり当たり前の人が復讐で・・・となるともろ刃の剣となるんだなと変な感想でスミマセン。
読了日:1月14日 著者:小林由香


手のひらの京手のひらの京感想
好きだわー。綿矢さんの素敵な話だった。綿矢さん大好きだっ!(笑) 一番リアルに同調できるのは綾香ですが、みんな素敵な家族。アメンボみたいに泳ぐお父さんを見たい気もする。ラストちょっとドキっとしたけどこの家族に安心が訪れるといいなぁ。
読了日:1月16日 著者:綿矢りさ


望み望み感想
本気の雫井作品を読んだ。本気作品は久々だったが読み応えあってなんというか・・・逆に切なくなった。行方不明で連絡もつかない息子に対して、「加害者でもいいから生きていてほしい」と思う母と「殺人犯であるよりは被害者であってほしい」と思う父。なんか両方わかるだけに読み進めて辛いものはありました。
読了日:1月18日 著者:雫井脩介


GOSICK GREENGOSICK GREEN感想
なるほどっ!だから「グリーン」なのかーとタイトルと内容に納得です。ヴィクトリカが少し大人になっていっているというか・・・まぁ大人の年齢でしょうがちょっと違和感。もっと我が儘でいてほしいと思っちゃいます。一弥と相変わらず仲良しで何より。で、まだREDより前の話??なんで先にREDを出版したんだろう??
読了日:1月19日 著者:桜庭一樹


羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (ワイド版岩波文庫)羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (ワイド版岩波文庫)感想
羅生門と鼻は再読。やっぱり短い話のほうがユーモアと毒が分かりやすくていいなぁーと思いました。確か別の本もあった気がしたのでもっとよみたいです。
読了日:1月21日 著者:芥川竜之介


君と過ごした嘘つきの秋 (新潮文庫nex)君と過ごした嘘つきの秋 (新潮文庫nex)感想
「消えない夏~」の続編。なんか記憶になる登場人物だなーと思ってたんだけど、前の話覚えてないけど独立した話なので大丈夫。骨格標本落下の謎の解決はすごく面白かった。やっぱり島田荘司賞を取る作家さんだけあってどこか島田さん的。一度この人の書いたどっしりとした本格ミステリーを読んでみたい。
読了日:1月22日 著者:水生大海


遠い唇遠い唇感想
表題作の「遠い唇」と「しりとり」が好き。後半になるとちょっとわかりづらいのもあった。こちらの2作品はわかりやすいうえに悲しい。これってつらいなーとうるうるきました。
読了日:1月24日 著者:北村薫


万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)感想
表紙通りのラストでホッとしました。まぁそれ以上というか・・・これでスッキリ完結ですが、個人的に気になってる箇所もありますが。出版社とか。小笠原桜・・・言いづらい(笑)
読了日:1月26日 著者:松岡圭祐


白衣の嘘白衣の嘘感想
最初の話と最後の話が印象に残った。医者も人間であるということでしょうか。でも、なんか読んだ後になんとなくさみしく切ない気持ちになる短編集だったなー。
読了日:1月28日 著者:長岡弘樹

読書メーター


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

18冊。
多いわけでもなく、少ないわけでもなく、ちょうどいい数だと思います。
今、池井戸さんの「陸王」を読んでいるのですが、
物語も終盤に差し掛かって超面白いのです。

今、ブログ書くならものすごく熱く書きそう。
読み終わってからではなく、今くらいにブログアップするのも楽しいかもと
思う今日この頃です。

小説も途中まではめちゃくちゃ面白いのにラストになって「は?」というのも
あるわけじゃないですか。
そのラストの「は?」でその本のイメージが決まるというか・・・
途中まではあんなに面白かったのに・・・

その途中を書くのも楽しいかなとふと思いました。
まぁ実際にやるのは難しいかも(笑)
08:07  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.02 (Mon)

12月に読んだ本のまとめ

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5924ページ
ナイス数:727ナイス

アンと青春アンと青春感想
青春してるねーー(〃ω〃) ちょっと胸キュンしそうになったよw しかし読んでてムカつくシーンも沢山あったしー。あんな姑のいる家なんて辛すぎる。お嫁さんえらいっ!! そして乙女立花・・・いろいろあるだろうけれどがんばれ(笑)
読了日:12月1日 著者:坂木司


宮中の華 公家武者 松平信平10 (二見時代小説文庫)宮中の華 公家武者 松平信平10 (二見時代小説文庫)感想
割とあっさりとした1冊になった。っていうか・・・京都に行けと命じられたのに殆どレギュラーメンバーそろい踏みって(笑)松姫だけ気の毒だー。五味さんですら行っているのに。道謙さんが意外に高貴な人だった。イマイチ頭の中で理解しきれてませんが。
読了日:12月3日 著者:佐々木裕一


ヒポクラテスの憂鬱ヒポクラテスの憂鬱感想
読んでるときは面白いんだけど読み終わると記憶に残らないシリーズ。前作も記憶になくて。医療ミステリー、しかも解剖が絡むと面白いはずなんだけど・・・ものの見事に残らない。なんでだろう?あまり書くと「図書館ヤクザ」と作者さんに言われそうなのでこの辺で・・・(´・ω・`)
読了日:12月6日 著者:中山七里


帰郷帰郷感想
徴兵されるまでは本当にみんな普通の人生を送っていたのに、戦争が終わっても普通に帰ることが出来ない。表題作がいちばん読んでて辛かった。・・こういう経験をした方も絶対いるし、小説というスタイルを取っているけれど実話なんだろうな。自衛隊の人との交流の話以外は(。・ω・。)
読了日:12月7日 著者:浅田次郎


私が失敗した理由は私が失敗した理由は感想
「孤虫症」読みたいなぁー。と思った。どこか自虐的な本でもあるような・・・。いいのかこんな本で・・・(笑)登場人物が多くて混乱したのと主人公だと思った人がどんどんフェイドアウトしていって・・・結局最初とラストのやりとりが一番にんまりしたかんじ。
読了日:12月9日 著者:真梨幸子


シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)感想
以前も似たような設定の本を読んだなー。いわゆる「探偵の学校」っていうの。世の中には探偵はニーズがあるのか。推理で言い負かす(?)というのは読んでて面白かった。でも二話目・・謎が途中のままの気がする。
読了日:12月11日 著者:円居挽


リバース (幻冬舎文庫)リバース (幻冬舎文庫)感想
リカは「大柄な女性」という説明が過去にありましたので、文中にそういう説明が登場したとき「リカの正体キターーーー!(・∀・)」と思いましたらラストまで引っ張りましたね(笑)しかし気になる事件の解決は結局ないのか?幸子の推理どおりであってるの??放火犯がとても気になっているのですが。
読了日:12月14日 著者:五十嵐貴久


怪盗探偵山猫 月下の三猿怪盗探偵山猫 月下の三猿感想
テンポがいい。だからあっという間に読んじゃった。勝村くんがここにきて謎だわーー。なんで冷静でいられるのか。不死身なのか(笑) みのりはレギュラーになった? それより何より細田だった。本文を読むと細田=イケメンになるのだけど・・・?それであってます?
読了日:12月15日 著者:神永学


三毛猫ホームズの回り舞台 (カッパ・ノベルス)三毛猫ホームズの回り舞台 (カッパ・ノベルス)感想
子供の頃から読んでる三毛猫ホームズシリーズ。相変わらずゆるい展開でほっこりします。石津さんが少し遠慮するようになった? 舞台上で事故(しかも殺人)が起きたのに「翌日から普通に舞台を再開できますよ」「よかった」「よかった」という展開があまりにもドライで少々驚いた。
読了日:12月16日 著者:赤川次郎


裁く眼裁く眼感想
法廷画家に注目なんて今までしたことなかったのでいろいろ目新しくストーリーも面白かったのですが法廷画家についても楽しめました。しかし終盤「もしかしてこの人が怪しいのか?」と変な方向に勘ぐってしまい、読了後その登場人物に申し訳ない気持ちになりました(笑)
読了日:12月17日 著者:我孫子武丸


乱れ坊主 公家武者 松平信平11 (二見時代小説文庫)乱れ坊主 公家武者 松平信平11 (二見時代小説文庫)感想
シリーズ11作目にして実在の人物だったと知る( ̄▽ ̄;) そうだったのか・・・・。水戸黄門という例もあるからまぁいいのかと納得。今回はみんな(お初・善衛門除く)危ない目にあってハラハラしました。
読了日:12月19日 著者:佐々木裕一


最後のトリック (河出文庫)最後のトリック (河出文庫)感想
えーーーー!?そういう話??やっぱり煽りが大きいとガックリくる反動も大きい( ̄▽ ̄;) そして最後の島田さんの解説もかなり難しかった。普通にこの本の解説でよくない?ヴァンダインとかポーとかこれ系をあまり読んでない私は逆に分からなくなる(^^;)
読了日:12月21日 著者:深水黎一郎


黒面の狐黒面の狐感想
ミステリーに重きを置いている三津田さんの作品は大好きだよーーー!!!面白かったです。もうね、ホラーメインだったらどうしようかと思ってたんだけど(笑)当時の炭鉱とか戦後とか日本人と朝鮮人の関係とかすべて興味深く読みました。ラストの謎解きも面白かった。
読了日:12月23日 著者:三津田信三


NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上感想
ドラマ全くみてないので面白く読みました。っていうか上巻なのかーー。下巻もあるってこと?手のかかる子供はみんなで手をかけて育てればいいといった喜代さんの言葉は超ステキだと思った。
読了日:12月23日 著者:


時限病棟 (実業之日本社文庫)時限病棟 (実業之日本社文庫)感想
脱出ゲームみたいな雰囲気でしたが・・・仮面病棟も「ちょっと・・・」というシーンがあったので困った(?)が、この本はないなーと喜んで読んでたら最後にビックリした。あんなの腹の中に隠せますかね???テレビで見ているものと自分の腹を見比べて無理だろーーー(;´Д`)無理がありすぎ。
読了日:12月24日 著者:知念実希人


夜行夜行感想
おふざけなしのモリミー作品。久々だな~。「きつねのはなし」を思い出しました。好みか好みじゃないかと言われると好みではないんだけど(笑)、でもこのとらえどころのない世界もたまにはいいかもしれない。
読了日:12月24日 著者:森見登美彦


絶対正義絶対正義感想
こりゃ殺したくなる気持ちもわかるなぁ~(笑)耐えられないわ。例えば「和樹の友人です」と各方面を渡り歩いていた範子に「あなたなんて友達じゃないわ。虚偽罪よ」とでもいいかえす人はいなかったのか?範子にかかれば私も余裕で犯罪者です(TдT)車の運転スピードとか。あぁ(TдT)
読了日:12月26日 著者:秋吉理香子


化学探偵Mr.キュリー5 (中公文庫)化学探偵Mr.キュリー5 (中公文庫)感想
恋の病を「病は気から!」で治そうとするなーーー(笑) 可愛すぎる。最後の話に胸きゅんしました。今回の萌えセリフ「君を野放しにした俺が馬鹿だった」w ニトログリセリンは口にしていいのか? 
読了日:12月27日 著者:喜多喜久


アルテーミスの采配アルテーミスの采配感想
AV嬢の真実みたいな感じもあってちょっと気の毒になりました。騙されてなってしまった人もいるのかなー。そういう復讐もあるのかもしれないけれど、この本の復讐は誰が誰だかまたいつものごとく混乱しました。
読了日:12月29日 著者:真梨幸子

読書メーター


******************************

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

ってことで12月に読んだ本は19冊。

今年ものんびり本を読んでいきたいなと思います。
あまりガッツカないようにしよう(^^;)

今日はのんびり箱根駅伝見ながら本を1冊読みました。
言っているそばから1冊読み終わった・・・
のんびり読むんだってば。と、自分に言い聞かせる。

10:33  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.31 (Sat)

2016年も終わりますね

正月休みに入るとなかなかパソコンにも向かえず、
本を読むことも出来ず、
すこーーしだけストレスが溜まります(笑)

2016年に読んだ本。
1月から11月まで 228冊。
12月、化学探偵Mr.キュリーまで 18冊。

ってことで、2016年に読んだ本 ⇒ 246冊( ̄▽ ̄;)

そ・・・それでも去年よりは17冊少ないんです。

今年を振り返りますと何といっても手術&入院でしょう。
京極さんの分厚い本を4冊持っていきました。
前々から再読したかったのでうれしかったのですが、
あの入院している暇な時間にもっと何というか有意義な
事が出来たのではないかと今更ながら後悔しております。

あの時は1人で家にいて仕事なり家事なりしているダンナが
気の毒で申し訳なくて1日でも早く退院したく、
実際1日早く退院しました。
それはそれでいいんだけど、その後もあっという間に仕事復帰して・・・

そしてバタバタしながら今にいたる( ̄▽ ̄;)

まぁせっかちなのは性格なので仕方ないのですが、
来年もまた楽しく生活出来たらいいなーと思ってます。

健康であって初めて読書が出来るんですよね。

私の来年の壮大な目標として「お酒を控える」(←かなりキツい目標)
止めるとか飲まないとか言えないんだけど(^^;)
量を控えて時間を大切にしたいです。
飲むとすぐ寝ちゃうから毎回反省。

ではよいお年を。
来年もよろしくお願いしますm(__)m

05:00  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.01 (Thu)

11月に読んだ本のまとめ

11月の読書メーター読んだ本の数:20読んだページ数:6570ナイス数:752

僕はもう憑かれたよ (『このミス』大賞シリーズ)
僕はもう憑かれたよ (『このミス』大賞シリーズ)感想面白かった。タイトルからして「憑かれるんだな」とは思ったんだけど(笑)、ちゃんとミステリーになってて読み応えありました。最近読む七尾作品は安心感があるよー。読了日:11月01日 著者:七尾 与史


殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)感想足利事件はよく覚えているのですが、結果菅家さんが無罪になっても真犯人は捕まえられず。なんで警察は動かない?何を守ろうとしているの?ものすごく気になった。今話題になっている本ということで手に取りましたが、同じように思う人が沢山いればいいと思う。冤罪って私が思うよりはるかに多いんだろうな。読了日:11月03日 著者:清水 潔


【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神感想このミス~。・・・っていうかミステリー!?どこら辺がミステリーなのか私がイメージするミステリーとはちょっと違った・・・。しかし大金が動くなぁ。株で売買して違法性はないと言えどうなの?と思った。素直な良太がよい。読了日:11月03日 著者:城山 真一


ツバキ文具店ツバキ文具店感想読み終わって「面白かった」とは思ったけどタイトルに「文具店」がついてたからこそこんなに早く読んだと思う。そのくらい「文具店」という言葉は女子にとって魅力的な言葉だと思う。「代筆屋鳩子」というタイトルではこうも早く読まなかった。タイトルも「作品」の大切なひとつ。読了日:11月05日 著者:小川 糸


将軍の宴 公家武者 松平信平9 (二見時代小説文庫)将軍の宴 公家武者 松平信平9 (二見時代小説文庫)感想五味さんがすっかり定着しましたねー。あの場所に。茶碗の話はとてもベタでありがちだけどやっぱり最後驚いた(笑) 話に大きな展開がありそうなところで次にっ??読了日:11月06日 著者:佐々木 裕一


コンビニ人間コンビニ人間感想芥川賞~。最近の芥川賞は読み物としても面白くて嬉しい。コンビニのマニュアルがあることによって安心して働ける「恵子」。なるほどねー。しかし私も週の半分は利用するコンビニ・・・。身近であり身近でない場所。泣いている妹の子に対して、ケーキを切り分けたナイフを見ながら「静かにさせるのなんて簡単なのに・・・」と思ったシーンが最高。読了日:11月06日 著者:村田 沙耶香


橋を渡る橋を渡る感想どうして「冬」をあんな風にしたんだろう。春も夏も秋もざくっと終わって「そして冬」だから冬でまとめるんだろうと思っていたらまさかの大暴走( ̄▽ ̄;) エピローグで少しまとめたのはいいけれど・・・「冬」だけ私の想像をはるかに超えた物語だった。読了日:11月09日 著者:吉田 修一


猿の見る夢猿の見る夢感想うーーーん。たまにこういう人間模様を描くよねーー。最初のころは面白いと思って読んでましたがやや飽きてきた。桐野さんも歳をとったせいか最近の主人公はそこそこな年齢ということもあり、思考についていけないところもあった。そして田中さんがただただ気の毒だった。読了日:11月12日 著者:桐野 夏生


バチカン奇跡調査官  悪魔達の宴 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴 (角川ホラー文庫)感想エクソシストを科学的に解明しちゃった!!!えーーーー???まぁ実際に起きた事件とデータを組み合わせて・・・平賀・・・。そのうち「不思議なことなど何もないのですよ。ロベルト」とか言いそうだー。読了日:11月13日 著者:藤木 稟


よっつ屋根の下よっつ屋根の下感想1話目は「ワンダフルストーリー」で読んでたー。この話に続きがあると思わず、それでもみんなちゃんとして生きているんだなーと読みながらホッとしました。特に千葉に居続けたフミちゃんがすてきだー。読了日:11月13日 著者:大崎 梢


QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)感想大好きなQED。しかしこの2人は5か月会わなくて平気なのか!?(←5ヶ月ぶりは小松崎とだけ?勘違い?)なんて思いながらの1泊2日の京都旅行(・∀・)。ツイッターで「奈々が可哀想」と高田さんがお話してた意味が分かった。いろいろと可哀想だが肝心の月夜見をまだ理解してなくて、近いうちに再読~。読了日:11月14日 著者:高田 崇史


作家刑事毒島作家刑事毒島感想表紙は尾木ママですか?(。・ω・。) 確かに帯のとおり新人作家と小説家を目指す人が読んではいけない・・・(´⌒`。)シュールというかブラックというか何というか・・・怖い(爆)本・・・好きなんだけどなぁー。何というかその裏はとても怖いww読了日:11月16日 著者:中山 七里


東京會舘とわたし(下)新館東京會舘とわたし(下)新館感想金婚式の話に号泣しました。あとは震災の翌日に食べたカレーの話も泣けた・・・。直木賞作家のお父さんにも・・・って殆どの話で泣いてるしw この先数年後でも東京に行く機会があるのであれば行ってみたい。いや・・・中には入らないかもしれない。敷居が高い気がするので・・・(笑) でも、中で働いている人たちも見てみたい。そんな気持ちです。読了日:11月17日 著者:辻村深月


危険なビーナス危険なビーナス感想伯郎が気持ち悪くて受け付けられませんでした。だってねー一応「弟の妻」=人妻なのになんだろう。この気持ちの入れ込みよう。「気持ち悪い男だ」とずーーーーっと読んでて思いましたのでラストであんな感じになってもちょっとこの人だけは勘弁と・・・(笑)読了日:11月20日 著者:東野 圭吾


嘘ですけど、なにか?嘘ですけど、なにか?感想面白かった。でも、最初の頃は小気味よいと思っていた亜希の嘘が尻すぼみになっていった感じー。もっと八郎兵衛に使ってあげてー。警察を相手にしている態度はなかなか図太く笑っちゃいました。読了日:11月22日 著者:木内 一裕


女學生奇譚 (文芸書)女學生奇譚 (文芸書)感想なんか料理のシーンが妙に美味しそうだったのでもしやこれは・・・と思っていたら想像どおりだったよーーーー・゚・(ノД`;)・゚・なんかそんな雰囲気醸し出してたから。これは・・・続くのかな?続いてもいいかもしれない。この2人のコンビはなかなかいいものがある。読了日:11月24日 著者:川瀬 七緒


黒涙黒涙感想黒警の続編らしいですがそっち読んでない(TдT) ただ内通者の正体については予想通りだったのですが、私はてっきりその内通者がなんで内通者になってしまったのか語られると思っていたのでそうならなかったことに驚きました。しかし主人公の沢渡が妙にアホっぽいのが気になりますが・・・黒警では違うのか・・・?読了日:11月26日 著者:月村了衛


代体代体感想以前読んだ百年法もだけど、山田さんの脳内は永遠の意識みたいなのがテーマなのか???最初は人→代体 だったのが、気づけば人→□□になっててあれーー??と思いました。途中説明がややこしく竹内のように安らかな眠りにつきそうな場面もありましたが面白く読みました。読了日:11月26日 著者:山田 宗樹


校閲ガール トルネード校閲ガール トルネード感想これでシリーズ完結・・・かな?悦子にとっては辛い現実だったなーー。やりたい仕事か自分に合っている仕事か。「信濃のプリンス」には笑った。田舎のお母さん、うるさすぎて自分の実家の母を思い出したw読了日:11月28日 著者:宮木 あや子


潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官感想今回岩楯刑事と組んだ人が潔癖くん。・・・このシリーズのファンはこれだけで笑いそう。赤堀の方がプロ意識あるかな。危なっかしいけど。今回はミステリー色も強く面白く読みました。島ってやっぱり閉鎖されてる感じがする。しかし私もですが読メのみなさまも虫の描写すっかり慣れてますね(笑)読了日:11月29日 著者:川瀬 七緒
読書メーター

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は割と人気作品を読むことが出来たかなーー。
さすが3か所はしごするだけのことはあるww

どの本も面白かったですが、QEDが出たことが嬉しい。

今年ももう残り1ヶ月。
なんか、読書以外の趣味を見出さず今年も終わりそうな予感がありありと・・・( ̄▽ ̄;)

読みたいけど読んでない本沢山あるんだよねーーー。
あーーー。一日中本を読める休日が欲しい(笑)
09:19  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.01 (Tue)

10月に読んだ本のまとめ

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5723ページ
ナイス数:762ナイス

身代わり (幻冬舎文庫)身代わり (幻冬舎文庫)感想
シリーズ6作目の本をいきなり読んでしまったーーー!!!なので登場人物の関係性が分からず、読んだ後にwiki(TдT) そうか・・・先輩は永遠の大学生だったのか・・・・でも、夏を惜しむ会がいいな。凄く楽しそうだ。殺人のトリックはなるほど~。そういう都市伝説って本当に自分で流す人いるのかしらねーーーー。
読了日:10月2日 著者:西澤保彦


福袋福袋感想
どの話の登場人物もイヤな感じで読んでてずっとイヤな感じがつきまとった。「福袋」とこの表紙の雰囲気からもう少し華やかな小説かなと思っていたら真逆だったという・・・うーん。あまり好きではないタイプの話。
読了日:10月4日 著者:角田光代


アカガミアカガミ感想
ありそうな近未来でもあり、昔は会ったこともない人といきなり結婚して同居だったんだよなーと思ったり。ミツキのサツキを想う気持ちに「くぅ~!!」と来たりしましたが・・・ラスト・・・なんなの!?( ̄д ̄)
読了日:10月5日 著者:窪美澄


暗黒女子 (双葉文庫)暗黒女子 (双葉文庫)感想
ありがちな設定ながら面白かったです。それこそ誰かも書かれましたが「藪の中」っぽい。「多分そうだろうなー」と思っていたところもありましたが、その先からの意外性に驚き⇒ヴィーナスの腕。はぁ~なるほどー。これは驚きました。
読了日:10月7日 著者:秋吉理香子


八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)感想
苦労が多すぎて悲しくなってきます。種市さん・・・心配してしまいます。最後の茶碗蒸しの作り方みて作りました。とても美味しくできて家族も大喜び( ´ ▽ ` )
読了日:10月9日 著者:高田郁


タスキメシタスキメシ感想
弟のために料理を作る・・・といって料理研究会に入った早馬ですが・・・って感じかなー。確かに食生活がひどすぎる弟の春馬・・・そんなん食ってるんじゃない!と思ってましたが、たった1人の部員都との関係が高校生らしくなんというか・・・ピュアであった。さわやかな話でした。
読了日:10月10日 著者:額賀澪


硝子の太陽R-ルージュ硝子の太陽R-ルージュ感想
うぅ・・・(T_T)こんな辛いラストが待っていたとは・・・。昭島署の人たちの心に泣けました。続いてノワールにいきますが、井岡はやっぱり仕事をできるのか??
読了日:10月10日 著者:誉田哲也


硝子の太陽N - ノワール硝子の太陽N - ノワール感想
川尻さんが出てきた!(・∀・)嬉しい!!姫川のまっすぐなところも好きなんだけど、こっちサイドのなんか太陽の下を堂々と歩けない感じが好き。ダークヒーローって感じですね。でも東は好きではない。
読了日:10月10日 著者:誉田哲也


江戸オリンピック江戸オリンピック感想
幕末志士のメンツがなぜか今の世の中でオリンピック招致のために活躍するという奇想天外すぎる物語。室積さんの頭の中は不思議すぎるw ちなみにこの時代ではフェイスブックは「顏絵巻」。ケータイは「印籠電話」そんな世界観。そして東京五輪の「お・も・て・な・し」は「お・と・○・○・○」という・・・ひどくて笑った(笑)
読了日:10月12日 著者:室積光


東京會舘とわたし(上)旧館東京會舘とわたし(上)旧館感想
実在の建物なのかー・・・と田舎者をまんべんなく発揮してしまいますが、大正から戦中、戦後を建物を中心とした構成で書かれてます。いいなー。結婚式の話もいいけど建物を取り巻くこだわりのある職人さん達の話が好きだー。
読了日:10月14日 著者:辻村深月


推理は一日二時間まで推理は一日二時間まで感想
美貴さんが凄いね。いろいろな意味で(笑)あと懲りない黄色さん。レッド・ブルーで黄色だけ「黄色」なんでイエローじゃないんだろう??(笑)変人&ハンドルネームで少し混乱しました。
読了日:10月15日 著者:霧舎巧


難民調査官難民調査官感想
なんか勉強になったなー。ちょうど今の治安やらクルド人問題もあって、なんというか・・・知らなかった。物語的には「こんなに上手くいくの?」的なものもあったし、西嶋何者??と思っていたが、いろいろと肩透かしだった。
読了日:10月18日 著者:下村敦史


ジョシカク!ジョシカク!感想
黒野さんの書く女性主人公モノはユニークというか何というか。一気読みしました。女子プロレスが好きの私としてはあーなるほど、なるほどとにんまりです。「自分はネガティブだ」という感じで心境を示してましたがこの人ほどポジティブな人を知らないw
読了日:10月20日 著者:黒野伸一


QJKJQQJKJQ感想
最初は「どんな家族だ!」と思って読んでましたらなるほどーな展開でちょっと驚きました。当たり前ですがタイトルの「QJKJQ」にも意味があったのですね。でもしょっぱなのプロローグはものすごく読みづらかったーーー。
読了日:10月21日 著者:佐藤究


あしたの君へあしたの君へ感想
家裁調査官といえば伊坂さんのチルドレンを思い出しました。まぁ作風は全然違うけど(^^;)チルドレンの印象が強すぎて「あれ??子供だけじゃないんだなー」と。あのストーカーになってしまった自称エリート剛くんの話が気の毒で・・・なんというか・・気の毒ったら最後の話も気の毒で・・・
読了日:10月24日 著者:柚月裕子


黄泉の女 公家武者 松平信平8 (二見時代小説文庫)黄泉の女 公家武者 松平信平8 (二見時代小説文庫)感想
最後の話がなんか泣けるんだよねーー。父と息子。そして怖い母(笑)微笑ましいはずなのに泣けました。レギュラー陣は安定ですが五味さんが目立ったなー(笑)お初はあんなにも弱い??もう少し隙がないと思ってたけど。
読了日:10月25日 著者:佐々木裕一


長い家の殺人 (講談社文庫)長い家の殺人 (講談社文庫)感想
王道だなー。どこからトリッキーな作風になったのか・・・(笑)戸越さんの件についてはやや予想通りでした。細かいことは分からないけど。屋敷の見取り図を見たらきっとこの屋敷でしか出来ないトリックなんだろうなーと。でも誰が犯人かはさっぱり分からなかった~。
読了日:10月27日 著者:歌野晶午


モップの精は旅に出るモップの精は旅に出る感想
シリーズ最終巻~。最後は夫婦の話。大介好きの私にとってもいい終わり方だったと思います。ふとまた最初に戻って読んでみたくなりました。しかし相変わらず洞察力強すぎ。
読了日:10月28日 著者:近藤史恵


影の中の影影の中の影感想
妙に味のあるヤクザさんたちだったのが気になるけれどみんな優しくて強くて。景村がそうすると50代半ばくらい??もっと若そうなイメージで読んでましたが、28年前の話もみんな繋がってたのか。面白かった。
読了日:10月31日 著者:月村了衛

読書メーター


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一人で見返す時間w

懐かしいなー。全部1ヶ月以内に読んだ本にもかかわらずこの懐かしさったら(笑)

あの茶わん蒸しは美味しかった。
また作らないと~

東京會舘は下巻がないんだよねー。
忘れないうちに読みたいですが、さすがに人気作家だけあってないよね。
近頃は図書館に予約せず、その時にあった本を出合いとして読んでます。
だからいつまで経っても読みたい本が読めなくて(笑)

まぁそれもまたそれとして、11月も楽しく読んでいこうと思います。
09:42  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.01 (Sat)

9月に読んだ本のまとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:5907ページ
ナイス数:682ナイス

恩讐の鎮魂曲恩讐の鎮魂曲感想
実際の相模原の事件とかなんとかかんとか号の船の事件とか実際に起きた事件を思い出しました。裁判員制度⇒法に疎い素人が判決を下す になったのでこういうことも起こり得るという判決になりましたね。御子柴先生歯がゆいだろうな。しかしこのシリーズ続きが出ると思わなくて正直驚いたー。
読了日:9月3日 著者:中山七里


レジまでの推理 本屋さんの名探偵レジまでの推理 本屋さんの名探偵感想
どうしても大崎さんの本と比べてしまいます(^^;)でも最近の似鳥さんの本の中では面白かった。地元の本屋さん愛が出てます。「整理屋」さんになる気持ちってわかるーーー。つい並べたくなります。(あまりやらないようにはしてますが)
読了日:9月5日 著者:似鳥鶏


マル合の下僕マル合の下僕感想
面白かった。奥泉さんのクワコーシリーズじゃないけど大学の授業の仕事ってあまり給料高くないのかなーーー。誉が出来すぎる子で不憫でもあった。最後の復讐が地味すぎてしょうもなさすぎて「あぁ・・・これが彼の精一杯なのか」と(笑)薬膳さん、きっといい人なのでしょうが・・・仲良く付き合うには難しいところです。
読了日:9月6日 著者:高殿円


うつろ屋軍師うつろ屋軍師感想
面白かったです。歴史に疎い私はこの時代このようにして生き抜いた人がいたのか。家を守った人がいたのかと感動しました。江口正吉よりは丹羽長重という人物に魅力を感じました。確かにこの殿にだったらついていきたいと思える人です。
読了日:9月8日 著者:簑輪諒


真実の檻真実の檻感想
面白かったですが、先日読んだ中山さんの「恩讐の鎮魂曲」とは逆で裁判官だけだとこういう判決になっていくのか。だからある程度の外部からの裁判員制度は必要なのかーと思いました。
読了日:9月10日 著者:下村敦史


ぼぎわんが、来るぼぎわんが、来る感想
面白かった!ホラーだからどうしようと手に取らなかった何か月かを思うと失敗したーーー!!!と思うくらいです。秀樹が主人公かと思っていたらあっという間に・・・だったし。あーーーそうか。ホラーだもの。でも満足しました。
読了日:9月12日 著者:澤村伊智


十万石の誘い  公家武者 松平信平7 (二見時代小説文庫)十万石の誘い 公家武者 松平信平7 (二見時代小説文庫)感想
酔拳みたいなお侍さんが登場した。個人的にはまたこの人の活躍を読みたいがどうかなー。1話ゲストっぽいが再登場するなら歓迎しますー。そして松姫の父親。何気にいいヤツじゃないか(TдT)「自分が頭を下げて済むなら」といいお父ちゃんだった(TдT)
読了日:9月14日 著者:佐々木裕一


探偵の鑑定1 (講談社文庫)探偵の鑑定1 (講談社文庫)感想
莉子ってこんなに頼りなかったっけ??と思わせる前半。そして莉子が巻き返す後半ってところかなー。いつも誰かとコラボすると莉子が負けちゃうなー。まぁ探偵側が特殊なのでしょうが(^^;)負けるな莉子!という所で後半というかⅡへ。
読了日:9月16日 著者:松岡圭祐


探偵の鑑定2 (講談社文庫)探偵の鑑定2 (講談社文庫)感想
当然出てくるだろうと思っていた華蓮が登場しなくて驚いた。えーーーー???そうなの??なんで??Ⅱでは莉子が頑張りましたね。えらい。で、ふと思ったんだけど講談社なんだよねーーー。万能鑑定士の最終巻も講談社。あの角川との蜜月だった松岡さんが・・・なんでか気になる。それで小笠原さんも職が変わったのか!?
読了日:9月19日 著者:松岡圭祐


蜃気楼の犬蜃気楼の犬感想
深読みしすぎたのかな?それとも続きがあるのかな?刑事メンバーの中には優秀な人もいてこの先の成長が楽しみですが、番場とコヨリの夫婦が謎すぎて不完全燃焼。2周り年下って・・・!?お義兄さんって・・・!?ここの謎がもわんもわん。
読了日:9月19日 著者:呉勝浩


女子的生活女子的生活感想
開始早々、普通の女子にあるまじき行動でもしや・・・と思っていたらもしやな展開でした。最初はそれほど面白いわけではないなーと思ったのですが、タワーマンション合コンあたりから面白くなった。っていうか笑った。いったいどんな世界(笑)おにぎりって・・・(^^;)
読了日:9月19日 著者:坂木司


インデックスインデックス感想
やっぱり面白いなー。井岡とのコンビは最強のような気がするのですが(笑)この本は買ってよかった。短編だから笑いたいときに適当に読める。うん。いい。そしてようやく「硝子の太陽」が読めるーーー。
読了日:9月21日 著者:誉田哲也


クララ殺し (創元クライム・クラブ)クララ殺し (創元クライム・クラブ)感想
やっぱり難しかったーーー。元ネタ?があるらしく本家「クララ殺し」を読んでいるとさらに楽しめるみたいです。それにしても難しい。「アリス殺し」を読んでいることが大前提で、井森の世界とビルの世界。誰がどうでペアでとか途中から頭の中がパンクしそうだった(^^;)
読了日:9月22日 著者:小林泰三


遊園地に行こう!遊園地に行こう!感想
面白かったんだけど、ラスト・・・あれは何??なんか恩田作品を読んでるかのように最初は「おぉっ!!」となり、ラストが「え?」という・・・ラストがあれでいいのか?という気がものすごくするが遙奈の豪快さがちょっと爽快だった(笑)
読了日:9月22日 著者:真保裕一


創薬探偵から祝福を (新潮文庫nex)創薬探偵から祝福を (新潮文庫nex)感想
終始千佳ちゃんが気の毒でなりませんでした(TωT) しかしこんな大切な研究をするのに、通常業務の片手間とは・・・。なんてこったい。しかしねーー。なんか読んでてどんよりと切ない話だったので無駄に引きずらず、1冊で終わったのは良かったと思う。
読了日:9月24日 著者:喜多喜久


ずうのめ人形ずうのめ人形感想
ラストが少しあっさりだったのと、今回は琴子ねーさんは登場せずであったか。その代り美晴ねーさんが・・・なんってこったい。ちょっと驚きました。ホラーというよりはミステリーっぽかったかな。手記というか都市伝説の原稿にカラクリがあったのねー。もっとしっかり注意深く読んでも・・・うん。多分私は気付かない(^^;)
読了日:9月24日 著者:澤村伊智


スティグマータスティグマータ感想
メネンコだっけ?なんって面倒くさい男なんだろう。結局はスターであるべき自分っていうのに酔ってたのか??七面倒くさいことしてー。結局チカが・・・チカが・・・はぁ・・・気の毒だ。しかしもう少しページが残っているかと思っていたらあっさり終わっちゃった。でもこのシリーズ好き。
読了日:9月27日 著者:近藤史恵


無気力探偵~面倒な事件、お断り~ (マイナビ出版ファン文庫)無気力探偵~面倒な事件、お断り~ (マイナビ出版ファン文庫)感想
無気力って感じでもないような・・・ただ拗ねてるだけ男子??ジャニーズが主役でドラマ化しそうですねー。柚希の可愛さにクラクラしそうです(笑)あの皆さんの苗字はなんなんだろう?温泉地??違う???
読了日:9月30日 著者:楠谷佑

読書メーター


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

毎回1か月の読書を振り返るのが楽しい。
「この本もこの本も今月読んだのか!!」と。

今回隣町の図書館からの本がないなー。
それでもって、うちの町の公民館の本が5冊もあるよ。
もっと頑張れ公民館(笑)
わが町の公民館は、県立図書館から借りて一時的に貸出してます。
本のレンタル。
それに上手い具合にハマれば、今回のようにおいしい本と巡り会える(〃ω〃)

それ以外はかりんトウさんから借りた本と能代の図書館ですねーーー。
自分の本は3冊だけーーー。
18冊中3冊・・・
まぁいっか。
10:36  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.01 (Thu)

8月に読んだ本のまとめ

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:6497ページ
ナイス数:583ナイス

サンブンノニ (角川文庫)サンブンノニ (角川文庫)感想
うーーーーーん。イマイチ(^^;)ところどころで「チクリ」があっるんだけど、チクった相手は敵対しているのに、なぜそこを信じるのか。そして夏希はどうしたのか?無事なのか。なぜそこを放置しているのか(笑)銀爺はいいねー。
読了日:8月2日 著者:木下半太


小説王小説王感想
熱い本だったー。人生ここまで熱くそして夢中になれると面白い。濃厚すぎるお仕事小説ともいえるか? 周りの人がみんないい人。ベテラン作家の内山が何気によい。KGも意外によい。そして俊太郎の妻の美咲もよい。俊太郎の周りはいい人だらけ。
読了日:8月4日 著者:早見和真


日曜は憧れの国 (創元推理文庫)日曜は憧れの国 (創元推理文庫)感想
学校も性格も違う4人の女子中学生がカルチャースクールで出会い、友情を深めていく物語・・・かなー。しかし中学2年生が料理のカルチャースクールで出会う確率っていかほど・・・?(笑)4人が4人とも成長してました。
読了日:8月6日 著者:円居挽


太宰治の辞書太宰治の辞書感想
好きなシリーズだったんだけど、ビックリするほどつまらなくなってた。というのもきっと私の大好きな円紫さんが正ちゃん以下のチョイ役になったから??私は円紫さんこそ主役だ!!と思ってシリーズを読んでただけにこの登場シーンの少なさに愕然としてしまいました。太宰の「女生徒」読んでるのに殆ど覚えてないー。これもショック(笑)
読了日:8月8日 著者:北村薫


バベル九朔バベル九朔感想
やっと読んだーーーー。私の苦手な設定だったので読みきった自分をほめたい。バベルを持続させるのが「無駄」であるとあって「もしかして私の読んでいる今この時もバベル持続してる・・・?」と思いたくなるほど・・・そんな時間でありました(スミマセン)
読了日:8月11日 著者:万城目学


暴れ公卿 公家武者 松平信平4 (二見時代小説文庫)暴れ公卿 公家武者 松平信平4 (二見時代小説文庫)感想
お。トントン拍子に石が増えていきましたね。姫との結婚ももうすぐかな。山波夫婦がなんというか・・・独特でよかったです。
読了日:8月11日 著者:佐々木裕一


千石の夢 公家武者 松平信平5 (二見時代小説文庫)千石の夢 公家武者 松平信平5 (二見時代小説文庫)感想
信平の師匠が登場したが想像の上を行く人だった(笑)しかし、あっさり狐にやられてしまう信平に「??」です。普段だったらもっとうまく立ち回りそうなんだけどなー。師匠、再登場してくれませんかね。
読了日:8月11日 著者:佐々木裕一


向田理髪店向田理髪店感想
過疎化した北海道のある都市?町?夕張!?をイメージして読みました。割と好き。田舎ならではの距離感がわかるなー。過疎に未来を求める人たちを否定する康彦ですが、一番苫沢が好きなんだろう。
読了日:8月12日 著者:奥田英朗


どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)感想
犯人はすぐわかりました~。だからミステリーとしては弱いかな。私でもわかるくらいなので。「エピソード0」的物語??と思ったらラストであらら。これで完結でしょうか。
読了日:8月17日 著者:中山七里


妖し火 公家武者 松平信平6 (二見時代小説文庫)妖し火 公家武者 松平信平6 (二見時代小説文庫)感想
なかなか一緒に暮らせない模様。もう少し話が進んでもらったほうが・・・。そして長屋というシステムに詳しくないのでイメージしづらかった~。次回こそ一緒に暮らしてほしいーーー(でも無理そう)
読了日:8月19日 著者:佐々木裕一


冥闇 (小学館文庫)冥闇 (小学館文庫)感想
時間がかかったよー。面白かったのですがリビーに感情移入できず。手癖は悪いし。なんて思っていたらこの手癖の悪さも・・・あーーなるほどー。それにしても負の連鎖というか・・・パティとデビーが気の毒だった。表紙のこの女の子可愛い(〃ω〃)
読了日:8月21日 著者:ギリアンフリン


ダメな自分を認めたら、部屋がキレイになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)ダメな自分を認めたら、部屋がキレイになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
この人の凄いところは今、本当に部屋が綺麗であるということ。考え方の違いなんだよねー。スリ真似もそうだけど考え方が独特で参考になります。しかし1年着なかった服をおさらばはちょっと勇気いるかも。私は汚部屋の持ち主ではないので読んでて面白かったです
読了日:8月22日 著者:わたなべぽん


やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方感想
友達づきあいに関してはぽんさんより先に私はこういう考えで実践してマス。ネット依存は気をつけよう。調理器具だけではなくネガティブシンキングも「やめてみた」という本。
読了日:8月22日 著者:わたなべぽん


自殺予定日自殺予定日感想
はじめましての作家さんですがこの先好きになりそうな予感です。程々にミステリーで程々に定番で程々にイヤな感じがあり、そして読後感がよい。いいですねー。楽しみです。料理が美味しそう~。
読了日:8月23日 著者:秋吉理香子


桃ノ木坂互助会 (文芸書)桃ノ木坂互助会 (文芸書)感想
元気すぎる老人さまたちは怖いなーと(^^;)途中までは老人たちの陰気な追い出し方法が気に入りませんでしたが後半になってから持ち直し。意外な病名も登場して驚きました。でもなんかありそうー。
読了日:8月25日 著者:川瀬七緒


怪盗探偵山猫  黒羊の挽歌 (角川文庫)怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌 (角川文庫)感想
犬井と山猫の信頼関係wwちょっとホラーに近いかも(笑)勝村くんがいい役回りですねー。殴られ蹴られしてますが結構不死身なキャラになっているみたい。もう一度一番最初の本を読み返したい。どのくらいキャラが変わってきたのか気になってきた。
読了日:8月25日 著者:神永学


民王民王感想
想像していた以上にドタバタ系だった。ドラマ見てないので詳細も何も知らず、「えーー?あの人もこの人も入れ替わり?」と驚きました。息子の代わりに就職試験に出向き啖呵を切るあたりがカッコいいですね。スッキリしました。
読了日:8月26日 著者:池井戸潤


彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川文庫)彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川文庫)感想
単行本で読んでたんだけど再読。たった数年前のことなのに悠舜って誰?と・・・スミマセン。読んでいくうちに思い出しました。懐かしい。相変わらず作者が旺季サイドに感情移入しすぎて若き側近3人が気の毒になった。
読了日:8月28日 著者:雪乃紗衣


毒殺協奏曲毒殺協奏曲感想
どの人がどの毒だっけ?(笑)と思ったんだけどやっぱりここはシリーズものを出してきた柴田さんの話がユニークで面白かった。アミの会(仮)って女性の会じゃなかったかな?と思ってたら男性作家さんはゲスト出演だったみたい。なかなか柔軟性がありますね。
読了日:8月29日 著者:


彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川文庫)彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川文庫)感想
うーーーーーむ。書き下ろしの「秘話 冬の華」 劉輝と重華との話かと思ったら最終的には劉輝の話でした。迷うことが多かった劉輝ですが、最終的にはとてもいい王だったんだなーと涙が止まりませんでした(TωT)
読了日:8月29日 著者:雪乃紗衣


赤へ赤へ感想
「死」をテーマにした短編集だったのか!!!だからなんか暗いなーと思っていたのよねー(笑)「母のこと」が好きです。実際にそうありたいと思うし、素敵な親子関係であると思う(夫の位牌を捨てようとしたのはどうかと思うけど ^^;)他は基本的にイライラしました(。・ω・。)
読了日:8月31日 著者:井上荒野

読書メーター


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

8月は21冊でしたがコミックエッセイが2冊~。
お気に入りでipadでよく読んでます。

電子書籍デビューを果たしましたが今のところこの2冊だけで踏みとどまってます(笑)

個人的に小説はまだ紙だな。
これは今回電子書籍を試してみて実感しました。
戻りたいページにすぐに戻れないので。
紙だったら「ここら辺だろ」と開けるけど、私はしおりや付箋で印をつけるタイプでは
ないので1枚1枚戻らなくてはならなーーーーい。

「バベル久朔」と「冥闇」にかなり苦戦した8月でした( ̄▽ ̄;)
9月はスムーズな読書をしたいものです。
10:53  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.01 (Mon)

7月に読んだ本のまとめ

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:7155ページ
ナイス数:560ナイス

お金が貯まるダイエット 特売ばかり買う人は、やせられない!お金が貯まるダイエット 特売ばかり買う人は、やせられない!
読了日:7月1日 著者:伊達友美,丸山晴美


回想のぬいぐるみ警部回想のぬいぐるみ警部感想
ぬいぐるみww 4話目と5話目が好き。美月の推理が冴えますねー。今回は佐智枝の妄想が少なかったのがちょっと残念。しかしまだ気づかないかなー。ぬいぐるみ好きな上司ってことに。
読了日:7月2日 著者:西澤保彦


惑星カロン惑星カロン感想
デジタルツイン・・( ̄∇ ̄;)相変わらずハルチカの明るさとテーマの重すぎのバランスがどうにかならないかと・・・。テーマが重いからハルチカの明るさが引き立つのかなー。私もハルタと買い物に行って服を選んでもらいたい~~!
読了日:7月3日 著者:初野晴


デッドエンドの思い出 (文春文庫)デッドエンドの思い出 (文春文庫)感想
どの話もよかったなー。よしもとさんらしい落ち着いた時間が流れる話でした。毒入りカレー事件とかシャレにならない話なんだけど、それでもなんか柔らかい時間が過ぎていきました。最初の話も好き
読了日:7月5日 著者:よしもとばなな


ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)感想
作者が亡くなったのに4巻がでた(笑)海外はすごいねー。それはそうと、映画の「マーキュリー・ライジング」を思い出しました。ブルース・ウィリスのね。下巻でどうなるか楽しみ。
読了日:7月5日 著者:ダヴィドラーゲルクランツ


ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)感想
リスベットってこんな性格だったっけ??という違和感がありました。何というか・・・常識があるというか・・・今までのリスベットはもう少し破壊的だった気がしたので。でも面白かったですよ。
読了日:7月7日 著者:ダヴィドラーゲルクランツ


偽りのシスター偽りのシスター感想
麻美の存在というか、なんというか・・・麻美のすべてに「・・・?」でした。楠見家にきたことも仕事も性格もついでにエピローグも。麻美の存在がもう少ししっかりしてれば和也の事件とか結構面白かったのですが、どうしても読み終わった後「え・・・?」となってしまいました。
読了日:7月9日 著者:横関大


神の時空 ―五色不動の猛火― (講談社ノベルス)神の時空 ―五色不動の猛火― (講談社ノベルス)感想
物語が!ようやく!動いた!・・・少しだけだけど(・ω・) ずっとこのパターンでいくかと思っていた矢先に陽一の過去とついでにお眠り中の摩季のことまで!!ようやく進んだ物語の先が気になりますが、あと2日だってーーー。あと2日。どうするのー???
読了日:7月10日 著者:高田崇史


碧空のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート (光文社文庫)碧空のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート (光文社文庫)感想
自衛隊といっても本当にいろいろな担当がありますのでそのうちの「音楽隊」というのに焦点を当てたこの本。わりと日常の謎で主人公が天然系だったせいか楽しく気軽に読めました。個人的には夫人が好きー。同じ女性としてこうなりたいです。
読了日:7月11日 著者:福田和代


群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2感想
ちょっと恋愛要素多めだったかなー。なんかあんなに落ち込むんだったらなんで沖縄に希望を出したんだろう・・・?よく分からない謎の男である。佳音にはもっと楽しく過ごしてほしい。しかし29歳か(笑)次もありそうです。何気に沖縄のあの若い二人組がいいコンビ。
読了日:7月12日 著者:福田和代


聯愁殺 (中公文庫)聯愁殺 (中公文庫)感想
これ・・・好きだわー。多分人によって好き嫌いは分かれるんだろうけれどねー。確かに梢絵は最初から一貫して「動機が知りたい」って言ってるんだよねー。マンションの106号室の件は私もおかしいなとは思ってましたが、ラストまで読んで「あぁ・・・なるほどなー」と思いました。
読了日:7月14日 著者:西澤保彦


途中の一歩(上)途中の一歩(上)感想
クセの強い雫井さんが書く20代30代の婚活の話。婚活というか合コンと言うか。取材で自ら10回以上も合コンしたというから凄いなー(笑)合コンがどうのこうのというよりも登場する人物たちがどう進んでいくか興味があります。
読了日:7月16日 著者:雫井脩介


途中の一歩(下)途中の一歩(下)感想
いい話でした。20代、30代があがきにあがいての縁。ヌエさんの正体が衝撃でしたが(笑)、ナルミが幸せになって良かったです。覚本がなんでそんなにモテるーーー??と思いましたけれど面白い1冊でよかったです。
読了日:7月17日 著者:雫井脩介


猫に知られるなかれ猫に知られるなかれ感想
設定はかなり好きだけどこの1冊で終わってしまうのならかなり雑。できれば第二弾第三弾と続いてもらいたいなー。キャラクターがよい。特に藤江、さらに新田がよい。なのでもう少しこの人たちの活躍が読みたい。
読了日:7月18日 著者:深町秋生


余命二億円余命二億円感想
うーーん。悪人になりきる人がいなかったから読むのに疲れたかな。どんだけ悪人だよ。っていう人がいればまた違ってたかもしれない。しかしこの兄のような人物と付き合っていくのはしんどいかも。疲れるー。振り回されてくったくた(笑)まぁ思ったようにいかないのが世の中よね。
読了日:7月20日 著者:周防柳


家庭用事件 (創元推理文庫)家庭用事件 (創元推理文庫)感想
妹の設定は最初からだったのかなー。急きょ変更したような・・・???まぁでも兄バカ万歳(笑)「市立高校シリーズ」と今知る。ずっと「葉山くんのシリーズ」とか言ってましたが、ビデオの話は別のアンソロジーで読んでました。表題作の話はイヤな話だよねーーー。
読了日:7月22日 著者:似鳥鶏


寮生 ─一九七一年、函館。─寮生 ─一九七一年、函館。─感想
隠蔽捜査シリーズ以外あまり好みではないので手に取らなかった今野作品。やや実話もあるようですが、だからか弱いなー。「だから?」的な部分もありまして。まぁリアルといえばリアルですが・・・会話が多いのであっさりと読了。
読了日:7月23日 著者:今野敏


殺人鬼の献立表: Team・HK (文芸書)殺人鬼の献立表: Team・HK (文芸書)感想
シリーズ2作目??とのことらしいですが、タイトルと中身が違いすぎてガッカリ&この話はこれで終わりってことなんですかね?伊世子さんの謎はあれで終わりでいいですかねーー???なんなの?かなり不完全燃焼。
読了日:7月24日 著者:あさのあつこ


暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ感想
昔のピカソ(というかドラ)の章いるかなー??と思いながら読みました。それよりだったら瑤子の章をもう少し丁寧に書いてくれたらもっと面白かったのでは?と思ったのですが、最後の原田さんの経歴を見て納得。やっぱり美術に詳しい人でしたか。
読了日:7月25日 著者:原田マハ


スクープのたまごスクープのたまご感想
面白かったけど少し上手くいきすぎなんじゃないかなーって。本当はもっと大変そう(^^;)でもお仕事小説は読んでて楽しいです。がんばろうと前向きになる。胸キュンは一切なしの正統派週刊誌小説だった(笑)
読了日:7月27日 著者:大崎梢


公家武者 松平信平 狐のちょうちん (二見時代小説文庫)公家武者 松平信平 狐のちょうちん (二見時代小説文庫)感想
予想以上に面白かった。3年経っても麿とは(笑)しかも格好も!!強いし身分も実はあるし、でもひた隠してと好みの要素が沢山です。姫とも実は出会っててなどなどこの先が気になりますので続けて読みたいと思います。
読了日:7月28日 著者:佐々木裕一


姫のため息 公家武者 松平信平2 (二見時代小説文庫)姫のため息 公家武者 松平信平2 (二見時代小説文庫)感想
松姫が可愛らしい。そして夜中に剣をふるって邪念を飛ばす(?)信平もよい。そしてお初と善衛門がよくって。結局キャラがきちんとしてるからどんどんと読めてしまう。続きが気になる。っていうかこのペースだと千石っていつ???
読了日:7月29日 著者:佐々木裕一


四谷の弁慶 公家武者 松平信平3 (二見時代小説文庫)四谷の弁慶 公家武者 松平信平3 (二見時代小説文庫)感想
変なの(弁慶)が登場した。レギュラーになるのか??あっという間に五味が復活したのは面白い。次も楽しみです。
読了日:7月29日 著者:佐々木裕一


十二の贄  死相学探偵 (5) (角川ホラー文庫)十二の贄 死相学探偵 (5) (角川ホラー文庫)感想
最初の遺言書を取に行くシーンが好き。ハラハラ感ハンパない。俊一郎が登場したらいつものパターンになった。なんかこのシリーズ少しお笑い要素が多くなってきたような・・・?最後の犯人についてはよく分からない。っていうか納得してない。
読了日:7月30日 著者:三津田信三

読書メーター


******************************

今日から8月っ!!

暑いです。

秋田も梅雨明けし、暑いのが苦手な私はへばっております(笑)

退院後自宅安静期間もあり読書が進みました。
かりんトウさんからまた本を借りましたのでそちらを中心に&図書館利用で
8月の読書を進めたいと思います。
07:06  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT