2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.06.28 (Fri)

「ケルベロスの肖像」 海堂尊



ケルベロスの肖像 海堂尊

「東城大学病院を破壊する」-送られてきた一通の脅迫状。田口&白鳥は病院を守ることができるのか。エーアイセンター設立の日、何かが起きる。愚痴外来の医師・田口公平&厚生労働省の変人役人・白鳥圭輔の凸凹コンビが、大学病院内で次々に起こる難事件に立ち向かっていく、大人気メディカル・エンターテインメント・シリーズ、いよいよフィナーレへ。(BOOKデータベースより)

おわった・・・・・

長かったようですがシリーズとしては・・・
黄→青→赤→緑→橙→紫・・・だから6冊か。
※タイトルがややこしいので色で判断してます。

他にも「螺鈿迷宮」「ブラックペアン1988」「極北クレイマー」などなど。
他の作品でも殆どリンクしてますね。

なので、名前は聞いてるけど誰がどれに出てたかちょっと分かってません(^^;)
どんな性格だったのかも覚えてない人もいます。
だってねぇ。「チームバチスタ」を読んだのって結構前だし。

そんなオールスターズがAiセンター設立という名前のもとに揃う。

脅迫状まで届く(爆)

このシリーズを読んでいると、病院って結構会議してるんだなと思いました。
今回も結構思いました。
最初の頃は、グチ外来でグチを聞いていた田口センセもいつの間にやら
Aiセンター長さまになり、更に最初の頃は名前の由来を聞いていた田口センセも
いつの間にやらそんなことは聞かなくなり(爆)

そして華々しく(??????)フィナーレを迎えました。
ちょっと意外な終わらせ方だった気もしましたけどね( ̄ω ̄*)

でも、実はこのシリーズで一番好きなのは「螺鈿迷宮」なのです。はい。
小百合、すみれ姉妹や、天馬、そして白鳥、姫宮が登場し、田口さんは殆ど登場しないながらも結構インパクトが強い作品でした。
07:00  |  海堂尊  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.27 (Sat)

「玉村警部補の災難」 海堂尊



玉村警部補の災難 海堂尊

正月特番用のバラエティ番組収録中、巨大迷路内でタレントが殺された。カメラが設置された密室での犯罪が加納と玉村を待ち受けるが、加納の論理的推理が炸裂する(「青空迷宮」)。「チーム・バチスタ」シリーズの加納警視正と玉村警部補が難事件に挑む。(BOOKデータベースより)

【目次】
不定愁訴外来の来訪者/東京都二十三区内外殺人事件/青空迷宮/四兆七千億分の一の憂鬱/エナメルの証言


普通に面白かったな~。
タマちゃんがお気の毒で笑っちゃう(笑)

加納警視正というのはかなり強引な人みたいです。
今まで本編ではどうしても田口センセがメインの小説だったから、こうして加納さんと玉村さんのコンビをじーーーっくり読んでみるとただただ玉村さんがお気の毒で・・・(ノ∀`)

笑ってしまいました。

「東京二十三区内外殺人事件」はどこかで読んだ気もしますが、
「このミス」とか最後に書かれてましたが、それで読んだ記憶もないし・・・
映像(ドラマでも映画でも)は見ないし・・・
しかし、内容は覚えていたような・・・
この本立ち読みしたっけ?(。・ω・。)>してないはず。

加納警視正と仕事をするといつもハラハラドキドキ、生きているって感じするだろうな~。

・・・

悪い意味で(笑)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
07:39  |  海堂尊  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.09 (Fri)

「アリアドネの弾丸」 海堂尊



アリアドネの弾丸 海堂尊

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。(BOOKデータベースより)

面白かったよっ!(・∀・)

白鳥さんいいとこ取りしてましたけれど。
結構読むのに日数がかかったのはただ単にあたしに時間がなかっただけのことで、
内容的にはぐいぐい惹きつけられました。
だた、誰だ誰だか分からなくなってしまい、この人のシリーズ全部読んでないと分からないんだろうなと(^^;)
シリーズが違い、発行社も違う「螺鈿迷宮」の小百合お嬢も登場してましたし。
いや・・・彼女はいつかこのラインに入り込むとは思ってましたけれどね。

なので予想以上に少ない彼女の出番にがっかりしました。

まぁ病院内で起きた2件の変死の謎を解明しただけで腹いっぱいになりましたので、小百合お嬢の活躍(?)は次作まで待ちます。
ただ、サクサクとは発売されないんですよね。
忘れかけているというか・・・
「名前聞いたことありますけどどちら様で?」
みたいな人が何人か出てました(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります

13:45  |  海堂尊  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.15 (Wed)

「マドンナ・ヴェルデ」 海堂尊



マドンナ・ヴェルデ 海堂尊

「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」。(BOOKデータベースより)

おぉ!!怖い!Σ( ̄Д ̄;)

ジーン・ワルツに登場した山咲みどり視線の物語。
ジーン・ワルツのときはあまり目立ってなかったんだけどね。
別の本で1冊堂々と登場しているんだからジーン・ワルツで目立つ必要もないか。

物語としては同時進行なんだけど、ジーン・ワルツに登場していたユミがこちらでは割といい働きをしていた。

既婚・子なしで早9年のあたしですが、代理母にお願いしようなんて考えたこともない。
だから・・・・

不思議~(@_@;)

と思っちゃう。
みどり・理恵親子からしたら、逆にあたしが不思議がられるか(^^;)
みどりサイドの気持ちはわかる。
10ヶ月もお腹の中にいたらぜーーーーーったい育てたくなるって。
無事、出産して
「あたしの仕事これで終わり!?お疲れさまーー!!(・∀・)」
・・・なんてなるワケないし。
そこでこういうトラブルも出てくる。
挙句に娘夫婦は離婚するし。
「私が母になる」
と、言い出すみどりの気持ちも分かる(あくまで気持ちだけ)
でも、まーったくのあたし個人の意見ですが55歳にして母っていうのは反対。
結構子育ては体力がいるのだ。

それにしても、このラストで一件落着なのでしょうか?(・ω・)ゞ

ランキング参加中です。応援クリックお願いしますφ(・ω・。)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ
07:40  |  海堂尊  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.28 (Tue)

「ジーン・ワルツ」 海堂尊



ジーン・ワルツ 海堂尊

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた─。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。(BOOKデータベースより)

テーマはもろ「代理母」です。

結婚生活丸8年、子どもいない暦も丸8年のあたしからするとちょっとばかり首をかしげる1冊。
多分、それほど子どもに執着しないあたしの方がおかしいのかもしれない・・・そうでないのかもしれない(笑)・・・普通だと願いたい(爆)

代理母にまでお願いして子どもを作りたいものなのかな?
確かに代理母を法律で通せば少子化問題は多少は改善されるかもしれないけど、本当に少しだけ上向くだけだと思うのですけどね(・ω・)ゞ

「小説」というくくりで読むと面白いです。
ただ、テーマがテーマだけにどうしても自分に照らし合わせてしまう(^-^;)

地方の医療というのは本当に世の中から置いていかれてます。
身近でも総合病院で評判もいい病院だったのにどんどん先生がいなくなってしまった病院もありますし。
田舎にいると本当に病気になんかなれません。
医者がいないんだもん。
なのですこぶる健康です(T▽T;)

それにしても理恵・・・怖いね。
ダメだよ~、そんなことしちゃ~(TдT)

ワタクシ本日誕生日です(爆)最後の「切り捨てると30歳」です。喜んでいいのか。悲しむべきか・・・
ランキング参加中。誕生日ぽち(?)お願いします(^ー^人)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
07:10  |  海堂尊  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.01 (Mon)

「極北クレイマー」 海堂尊



極北クレイマー 海堂尊

財政破綻にあえぐ極北市。赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか(BOOKデータベースより)

いやぁ~。とても「小説」とは思えない・・・姫宮以外は( ̄m ̄*)
産婦人科の医療ミス問題やら極北市と名を持つどうどこからみても夕張市の話。
フィクションなんだかノンフィクションなんだかこんがらがってしまった。
シャレにならないよ~

そんな中唯一シャレになるのが姫宮
下の名前「香織」だったんだね。あたし今回初めてわかりました。

この海堂さんの本を適当に読んではいるけれど、多分・・・順番はあっていると思う。
チームバチスタ→ナイチンゲール→螺鈿迷宮→ジェネラルルージュ→イノセントゲリラ→
ときて今回の「極北クレイマー」に来たのだけれど、姫宮を知るにあたってこの順番が一番問題がないと思う。
あくまでも姫宮に照準をおいた場合だけれど(笑)
あの螺鈿迷宮では人を殺しそうになっていた姫宮だったけれど、今回はなぜか手際がよい。
看護師ではなく医師として乗り込んだからか?
大ボケはいつもの事だけれど、それなりに使える医師になっていたのは驚き。
そして「自分の上司」が乗り込むのは本当に大変だからと真剣に食い止めたあたりも成長したような・・・(笑)

あ。ちょっとだけ速水センセ登場!(^∀^)
北の大地で頑張ってお仕事しているようです(´∀`)


この本で唯一笑えるのがこの姫宮エピソードくらいであって残りはも~本当に小説ではない!
「この間ニュースでやっていたよね」という内容ばかり。
産婦人科の先生不足というのは本当に田舎に住んでいるとその通りでして、
出産を受け持ってくれう病院というのが本当に少ない。

田舎だけじゃないけれど、これってうちのエリアでも真剣に取り組まなきゃいけない話題だよな~と思ったりしてドヨーーーンとしながら読み終えました。



ランキング参加中(´∀`)
応援クリックお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
10:35  |  海堂尊  |  トラックバック(2)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.17 (Wed)

「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂尊



イノセント・ゲリラの祝祭 海堂尊

海堂尊の原点でもある「田口・白鳥シリーズ」の最新刊がいよいよ登場!!映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も140万部を突破し、驚異の新人と謳われる海堂尊。彼の原点でもある「田口・白鳥シリーズ」の最新刊がいよいよ登場です。今回の舞台は厚生労働省。なんと、窓際医師の田口が、ロジカルモンスター白鳥の本丸・医療事故調査委員会に殴り込み!?グズグズな医療行政を田口・白鳥コンビは変えることができるのか・・・。1年半ぶりに帰ってきた彼らの活躍にご期待ください。


『事件は会議室で起きているんだ!ヽ(`◇´#)ノ』
ってくらい会議室がメインの本でしたね~。

田口センセは頑張ってましたが、白鳥も案外頑張っていたような・・・
東城病院(略しすぎ?)ではもっと思い切り傲慢に振舞ってますが、
今回は自分の陣地(?)だからか意外と大人しかった。
言う時は言うみたいだけれどね。

田口センセもだんだんと言う時は言うようにもなってますが、
個人的にはグチ外来場面が少なくてガッカリ(^^;)

上巻で思い切り出ていた加納さんが下巻で一切出なかったのが残念(TдT)
あのぶっ飛び具合は読んでいる分には笑います。
不定愁訴外来不倫外来って言ってみたり・・・最高です!(笑)
不倫外来ってどんなの~!?って読みながら笑っちゃった。
読んでいたのが家でよかったよ(^-^;)

で、作者の海堂さんが小説を通じて書いていることが国を動かすことにもなっていっているようで・・・
これは国民としては素直に歓迎することなのでしょう。
医療の裏側なんてこんな小市民には一生かかっても知ることがない出来事なので医療の充実に結びつけばいいかなと思ったりします。


ランキング参加中です。
クリック1票お願いします(^^)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
08:33  |  海堂尊  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |