igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「白夜行」 東野圭吾

白夜行

白夜行 東野圭吾

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

我が家のボロボロの白夜行公開(笑)

これはねー、ダンナが白夜行好きすぎて3回読んだらこうなった(T_T)
私も今回で3回目です。
3回読むとまた違った感じがして面白いです。

前半はとにかく怖いんだよね。
雪穂が。
ただただ雪穂が気持ち悪い。
それに比べると亮司なんてまだ生きてる人間って感じがする。
視点の違いかなぁー。
読んでても亮司には感情があると思うんだよね。
雪穂にはそれがない。

自分の害になりそうな人は、ことごとくつぶす。
体に直接的に傷をつけるのではなく、魂を殺すやり方を選ぶ雪穂。
本当にロクな女ではありません。
「アーモンドの形をした目」がキラリと光ったらもう、その先には恐怖しかないみたいな。

だからこそ、美佳のアレは雪穂が仕組んだことではないんじゃないかなぁ。
と、今回初めて思いました。
過去2回はこれも雪穂がやったんだろうと思ったんだけど、
美佳の事件は「一線を越えている」ことなので、
これは違うんじゃないかなーと。

それにしても気の毒なのは亮司だよなぁー
最初から最後まで気の毒でしかない。
ただの切り絵好きのおとなしい少年だったのに。

当時ドラマ化した時も録画して見ました(〃ω〃)
(某理由で、土曜日の昼からとか放送してたので)
篠原一成役の柏原くんがカッコよかったなぁ。

「ヒステリック・サバイバー」 深町秋生



ヒステリック・サバイバー 深町秋生

アメリカの学校で学んでいた三橋和樹は、“スクールカースト”の対立によって起きた銃乱射事件に巻き込まれてしまう。傷心のまま日本へと帰国する和樹。しかし日本の学校にもアメリカと同様、スポーツ組とオタクなどによる対立構造が存在していた。ある日、エアガンの無差別発砲事件が和樹の町で起こる。立場の弱い者たちの仕業ではないかとの噂に、和樹は真相を探ろうとするが…。

深町作品としてはイマイチ。

っていうか、分かりづらかった
分かりづらいのは私がもう学生じゃないからだろうか(遠い目)

何というか・・・「このシーン必要?」とか「この設定必要?」とか思いながら読んだせいもあってすごく進みが遅かったんです。
アメリカで銃乱射事件に巻き込まれて、クラスメイトが死んでしまって、日本に戻ったら日本の学校は学校でもめている。

・・・主人公が元々煮え切らない性格でもあるせいか、なーんか読んでてイラつくんですよねー。

アメリカの学校でサムって呼ばれてるんです。

なぜサム!?

名前が「おさむ」とか言うならまだしも、和樹だし。
苗字に「3」が付くから「サム」とか・・・
変なところに引っかかった。

でもって、日本の学校では学校で、ふつうの対立とかじゃないし・・・
そこだけ妙に深町色がランランとしてて(笑)、
学校モノなのにバイオレンスww
大丈夫なのか。

でも、ラストが妙に学園もので・・・
読んでて疲れました(^-^;)

「沈黙のパレード」 東野圭吾



沈黙のパレード 東野圭吾

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

久しぶりのガリレオシリーズですが・・・
やっぱり、ガリレオシリーズは短編のほうが好きだなぁー。

何年かぶりに日本に戻ってきた湯川が何があったのか分かりませんが、
人間的に丸くなってしまわれ・・・


・・・違和感がありまくるのです(TдT)


この気持ちは私だけではなく、草薙も思っているようで・・・
まぁ草薙の方が私よりもはるかに湯川と知り合いでしょうから、
時の流れと言いますか、なんといいますか・・・

今までだったら無関心を決め込んでいたのに、妙に肩入れしたり。
時の流れというのはこういう事なのかと思いながら読みました

しかし、バレッタの血痕の有無とかさぁーなんで湯川にわかるんだろう。
化学とかいう話じゃないよね。
これ、完璧に推理だもの。

なんか、少しだけ増村さんが気の毒に思いました。
作戦に参加したかったのではないだろうか。

「ボーダレス」 誉田哲也



ボーダレス 誉田哲也

なんてことのない夏の一日。でもこの日、人生の意味が、確かに変わる。教室の片隅で、密かに小説を書き続けているクラスメイト。事故で失明した妹と、彼女を気遣う姉。音大入試に失敗して目的を見失い、実家の喫茶店を手伝う姉と、彼女との会話を拒む妹。年上の彼女。暴力の気配をまとい、執拗に何者かを追う男。繋がるはずのない縁が繋がったとき、最悪の事態は避けられないところまで来ていたー。

本を読んで終わって閉じて・・・

「この終わり方で納得いかないってことは私は誉田さんに何を求めているのか?」

と、真剣に首をかしげました。
そこそこハッピーな終わり方なのですが・・・

個人的にはそんなハッピーは他の作家さんに求めているんであって誉田さんにはあまり求めてない(笑)
たまに、さわやか青春系も書く作家さんではありますが、この話は不穏な動きがありまして。
だから、なんというか・・・もっとねぇ・・・あってもよかったんじゃないかな?

死体とか・・・

とか思ってしまい、
そういうののない、ちょっと不穏な動きのある誉田作品はかなり中途半端な感じがするんですよねー。

最近、自分の作品に思想書きまくりの右よりの誉田さんですが、今回は何も書かなかったなぁーと思っていたら最後、なんか書いてたな。
あれはいいのか?
普通の船なのか??
わざわざカタカナで書いたから気になって調べましたよ。

まぁ次の作品に期待します。
出来ればジウ系がいいなー。

『魔力の胎動」 東野圭吾



魔力の胎動 東野圭吾

自然現象を見事に言い当てる不思議な力。君はいったい何者なんだ?『ラプラスの魔女』前日譚。

「ラプラスの魔女」の前日譚だそうですが・・・

正直何のことやら・・( ̄ω ̄*)

そのくらいつながりが分からなかった。
とりあえず、いつ読んだっけ??と思って自分のブログを見返すとやや3年前です。
3年前・・・
覚えてないのかぁー。

それとも、対して面白くなかったのか・・・

ラプラスの魔女が映画化になるので、魔力の胎動に映画化の帯がありますでしょ。
それを見てたので何か関係はあるだろうとは思っていたけれど。

前日譚ということでしたので、読み終わった感想としては

「ラプラスの魔女読まなくちゃ」でした(´・ω・`)

この本のみの感想はあまりない。
物凄く面白かったり、ものすごくつまらなかったりすると感想ってでてくるけれど、こういう中途半端な感じだと何をどう言っていいのか・・・・

まぁ近いうちにラプラスの魔女読むことにします。
そうすることによっていろいろつながるかな。

「衣更月家の一族」 深木章子



衣更月家の一族 深木章子

「すぐ来て下さい!姉が…、私の夫に殺されたんです」凶器の花瓶には通報者の夫の指紋が付着、その夫は逃走中…。これを捕まえれば万事解決、当初は単純な事件と思われたのだが、数日後に男が出頭、そこから思わぬ展開を見せ始める…。

物凄くややこしかった。
最初の3話が中途半端で、「こりゃ絶対ラストで交わるんだろう」と思ってはいたけれど、
交わりすぎて私の頭の中ではこんがらがってしまったままww

なので、最後の「衣更月家の一族」の章で事件は解決するのですが・・・
確かに事件としては解決しているのですが・・・物凄く
混乱したまま終わってしまいました。

なんでこんなにややこしくしてしまったんだ・・・

まぁいいけど。
しかし、面白いのはお金に物凄く執着する人としない人といるんだよなと。

でもなぁー。
どんでん返し仕掛けているつもりなんだろうけれど、
ピンとこなかった。残念。

「0能者ミナト<11>」 葉山透



0能者ミナト 葉山透

殺生石ーそれは凶悪な毒の大気を発し命あるものを死に追いやる、呪わしい巨石。かつて沙耶とユウキを窮地に陥れたそれが、いま新たに発見された。現地に赴いた理彩子を追う沙耶とユウキ、渋々それについて行った湊。そんな三人が捕われたのは、どちらを向いても脱出不能の、まさに無限回廊と化した空間だった。殺生石、そして九尾の狐の気配に満ちた閉鎖空間から脱出する術は?究極の攻撃を放つ九尾の狐を倒す術は、果たして存在するのかー。

マンネリではありますが、好んで読んでます。
どちらかというと、一話目の「嘘」の方が好きです。
なんか、この話はこれ以上に意味がありそうですが
どうなんですかね。

2話目は理彩子がお見合いをするのですが、
それをぶち壊しに行く湊くんでありました。

時空のゆがみみたいなところから登場した指輪の利用の仕方。
もう少し、カッコイイ漫画チックなのを想像してましたが
ちょっと違っていたようです。

で、ラストの孝元さんの勘違いが一番ウケました。
この人はいつもいい働きをしますw

「本所おけら長屋」 畠山健二



本所おけら長屋 畠山健二

本所亀沢町にある「おけら長屋」は騒動の宝庫だ。大家の徳兵衛、米屋奉公人の万造、左官の八五郎、後家女のお染ーひと癖ある住人が入り乱れて、毎日がお祭り騒ぎ。そんなおけら長屋に、わけあり浪人の島田鉄斎がやってきて…。貧しいくせにお節介、そそっかしいけど情に厚い。そんな庶民が織りなす、江戸落語さながらの笑いと情緒にあふれる連作時代小説。文庫書き下ろし。

【目次】
だいくま/かんおけ/もののふ/くものす/おかぼれ/はこいり/ふんどし


だんだんと長屋に馴染んでくる島田鉄斎がよかった。
馴染む=おせっかいになるっていうか。
あぁー長屋メンバーだなぁーと。

この人たちは間違いなく、人が席を外しているうちにその人のケータイが鳴ったら出る。
一瞬の迷いもなく出る。

そういう人情に篤いっていうかおせっかいっていうか。
まぁ読んでて面白かったですけど。
読み物だからこんなおせっかいが身に沁みます。

どの話も面白かったですが、お静の破壊力には笑いました。
甘やかすに甘やかしたお嬢様を花嫁修業に出したはいいけれど、受け入れ先がおけら長屋。
愛すべきおバカ(笑)
我が家に花嫁修業に来てほしくはないが、読んでる分には面白すぎる。

妹が買った本ですが、何がどうしてこの本を買ったか謎。
妹はメディアや情報に思い切り影響されるタイプなので、何かあったのかなぁー。
あまり期待しないで読みましたが意外に楽しめました。
2巻以降も買ってくれないかなぁー。
多分、無理だろうな。
読んでる最中に私に貸したので(^-^;)

「バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 藤木稟

フランスの小村の教会から、バチカンに奇跡申請が寄せられる。山の洞穴の聖母像を礼拝している最中、舌のない鐘が鳴り全盲の少女の目が見えるようになったというのだ。奇跡調査官の平賀とロベルトは早速現地へと赴く。この一帯はかつて「ジェヴォーダンの獣」と呼ばれる怪物が出没したとの伝説が残る地。さらに少女は3年前、森で大ガラスの魔物に出会ったことで視力を奪われたというがー!?天才神父コンビの事件簿、第14弾!

今回はきちんと平賀とロベルトが活躍してました。
やっぱりバチカンものはこうじゃないとねー。
登場人物も余計なの(?)は登場せず、しっかりメインの2人とシン博士が
奇跡について調べる。
あぁー王道だ。

平賀とシン博士のやり取りはコントにしか思えず、
このやり取りを真剣にやっているこの2人に親近感を覚えます(笑)

そして、行き詰ったときには料理を作るロベルト。
相変わらず上手で美味しそうです。
ダイエット中のわが身には辛い(笑)

そして今回もまた奇跡ではなく、一体いつになったら「奇跡」が起きるのか。
今回のこれでも、解明しちゃうって・・・本当は奇跡とか望んでないんじゃない??
ってくらい徹底した捜査です。

「あの夏、二人のルカ」 誉田哲也



あの夏、二人のルカ 誉田哲也

名古屋での結婚生活に終止符を打ち、東京・谷中に戻ってきた沢口遥は、【ルーカス・ギタークラフト】という店に興味を持つ。店主の乾滉一はギターの修理だけでなく、日用品の修理もするらしい。滉一との交流の中で、遥は高校時代の夏を思い出していた。
一方、高校生でドラマーの久美子は、クラスメイトの翔子、実悠、瑠香とともにバンドをを始動させる。そこに転校生のヨウが入ってくるのだが、彼女の非凡な才能に久美子は衝撃を受ける。ある日、彼女たちのバンド「RUCAS」にプロデビューの話が持ち上がるがーー。


そこそこ↑に説明があるのですねー。
よく読んだら裏表紙にもちゃんと書いてた。
しっかりと読んでなかった私は途中で「あれ?遥??あれれ??クミ??」とワタワタとする。

久しぶりにグロのない誉田作品を読みました。
グロなしだと徹底的に爽やかに青春になるからすごいなぁーと
1人の作家さんなのにどうしてこうも引き出しがあるのかと。

でも、こうして読んでみると遥は面倒くさいかも。
しっかりと向き合う瑠香は素敵だと思うし只者ではない。
こんな面倒な人とはあまり付き合いたくないし、
ご機嫌とりなんてしてられっかとも思う。

ただ本人不器用なだけです。
不器用で瑠香曰く「潔癖で極端」
あーーー。そういう感じか。

終始さわやかでのんびりした感じで読むことが出来ました。