2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.22 (Wed)

「希望荘」 宮部みゆき



希望荘 宮部みゆき

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

【目次】
聖域/希望荘/砂男/二重身(ドッペルゲンガー)


杉村三郎シリーズですが、前作で離婚してそしてようやくこのシリーズが始まるという・・・
それを知ったとき「はい?」と驚いたものですが、でも面白かった。
砂男と二重身が好みかも。

ちょうど時期的に震災が重なっているようで、物語にもそれがちりばめられてました。
震災をテーマに書く作家さんがいましたが、
宮部さんの使いかたはちょっと違った。
なんというか・・・作家さんもいろいろだなと思いました。

それを上手くと言っちゃ語弊があるかもしれませんが、
利用しているなーとは正直思いましたね。
こういう話の持っていきかたがあるのか。

今でも桃子(娘)と毎日スカイプで話をしている・・・
まだ娘とつながってるんだー。
離婚してもそこはつながっている・・・
甘いわね。
05:00  |  宮部みゆき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.10 (Fri)

「ホテルモーリスの危険なおもてなし」 森晶麿



ホテルモーリスの危険なおもてなし 森晶麿

かつて高級リゾートだった“ホテルモーリス”に、今は毎日ギャングがやってくる。迎え撃つのは、伝説のホテルマンの妻でオーナーのるり子、元殺し屋のコンシェルジュ日野、そして立て直しを命じられた新人支配人の准。アガサ・クリスティー賞作家がもてなす、劇場型ミステリー。

【目次】
グリーン・ビートルをつかまえろ/ローチ氏を始末するには/けじめをつけろ、ドラゴン・フライ/シェルの歌でも聴け/バタフライを見失うな/特別付録 ホテルモーリス滞在備忘録


続くのかなぁー。
なんて思いました。

キャラがユニークでこれ1冊で終わってしまうにはもったいない感じがします。
でも、続編が出ているような気配が・・・ない?

そしてねぇーキャラがユニークなのにこの1冊に詰め込みに詰め込んだので、途中からワケわからなくなってきてる。
まぁ私の読解力の問題かもしれませんが。

日野がかなりいいんですよねー。
元殺し屋らしいんだけど、酒がまるっきりダメで、そのくせ飲む。
飲んで1秒後にはそこに倒れてる。
毎回ww
学習能力がないのだ。
桑野も才能があるのに、登場しなくて。
なんだかもったいないだらけの1冊だった気がする。

浅田次郎さんの「プリズンホテル」みたいに4冊くらいあると楽しかったかも。
どうしてもプリズンホテルと比べてしまいます。
客層が似ているのだ(笑)
05:00  |  その他ま行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.08 (Wed)

「八獄の界」 三津田信三



八獄の界 三津田信三

黒術師を崇拝する者たちがいる。黒い欲望を持った人々を犯罪へいざなう、恐るべき呪術の使い手・“黒術師”。黒捜課の曲矢刑事から、黒術師が崇拝者を集めたバスツアーを主催すると聞かされた俊一郎は、潜入捜査を手伝うことに。危険を承知で潜入した俊一郎だったが、バスツアーの参加者全員に、くっきりと死相が視えていてー。俊一郎たち参加者を次々と襲う、怪事件の真相は!?「死相学探偵」シリーズ、絶体絶命の第6弾!!

ミステリー色多めの三津田さんは大丈夫と思っていたら
結構怖かったよーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

和服を着た婆が殺しにくるとか恐ろしすぎて夢にでそう。
そして「ブラック」の行動が謎すぎて気になる。
次回なんかあるのか?

黒術師っていったいなんなんだろうねーーー。
前作と少し間が空いただけでももう覚えてない。

ただ対決相手が固定したところを見るとこのシリーズも終盤に差し掛かってきたのかなー。

今回は俊一郎が別の次元に行ったので、祖母である愛染様とのヘンテコな掛け合いがなく、とっても読みやすかった(笑)
愛染様くどいからねぇー。
好きなシリーズなのでこの先どうなるのか気になります。


05:00  |  三津田信三  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.27 (Fri)

「万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの叫び」 松岡圭祐



万能鑑定士Qの最終巻 松岡圭祐

出発点となったリサイクルショップ“チープグッズ”に戻った凛田莉子。ムンクの絵画「叫び」の盗難事件を機に、過去最難関の謎へと導かれる。事件を追ううち、探偵になった小笠原悠斗との心のすれちがいにも真意が見えはじめ…。人の死なないミステリ「万能鑑定士Q」シリーズ、遂にここに完結。

完結~。

まぁ・・・表紙絵の通りという・・・
この表紙で何をどうネタバレなしに言えばいいのか(笑)

「探偵の鑑定」で出てこなかった華蓮が登場してたーーー
「なんで華蓮が登場しないのか」と思ってたら最終巻に登場。
よろしいと思います。

ほかにもいろいろなキャラが登場してましたが、
このシリーズでいえば好きだったのは時事ネタでした。
3巻はモロ小室さんの話だったし、それ以外でも明らかに水嶋ヒロが
小説書いてーポプラ社の賞とってー。
こういうの書いていいんだ!?
当時の私は驚きましたが、残念ながらこれを上回る時事ネタは
それ以降はなく。

今回もポケモンGOと西野カナゲーム?
西野カナゲームって知らなくて、読了後ネットで見たけど、これは知らなくて
当たり前かもと思った。こういうゲームする年齢じゃないw

めでたしめでたしでした。
08:15  |  松岡圭祐  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.23 (Mon)

「君と過ごした嘘つきの秋」 水生大海



君と過ごした嘘つきの秋 水生大海

風見高校に教育実習生がやって来た。友樹たち1年5組の教生・久遠寺絢子は女子大生作家であるとわかり、たちまち注目の的に。映画研究部はその小説の映画化を企画し、美少女の毬の出演も決まる。撮影が順調に進むなか、花壇に「骨」がばらまかれたことから、過去の落下事故が浮上する。恋愛、友情…十代の危うさが巻き起こす事件の真相とは?風高5人組が挑む学園ミステリー!

「消えない夏に僕らはいる」の続編でしたー。
どこかで聞いた登場人物だと思ってましたが、話自体は独立してたので気にせず読めました。

骨格標本落下の謎の解明は面白かった。
さすが、島田荘司賞の作家だけあって、トリックが本格!!

面白い。
こういうのを読んでると本格って面白いと思う。
思い込みなのよ。思い込み。

メインとなる登場人物がちょっと多いのが気になるけれど、
前回メインだった響が今回はあまり登場してませんでした。
まぁそういう風に回していくなら今後もたくさんお話ができるかも。

メインの登場人物が多いうえに、今回の登場人物も結構いて
人間関係がやや面倒に思った(笑)
08:32  |  その他ま行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.04 (Wed)

「アルテーミスの采配」 真梨幸子



アルテーミスの采配 真梨幸子

AV女優連続不審死事件。容疑者の男は行方不明。男が遺した原稿『アルテーミスの采配』が、隠された嘘、或は真実を語り始める。私の人生、狂ったのは誰のせい?毎日は無数の罠で満ちている。最後一ページまで、見事なる真梨幸子の采配。

AV女優が次々と不審死しちゃうって話なんだけど、
AV女優のリアルな待遇を目にしてちょっと気の毒になったというか。
すごく「旬の時期」が短いみたいで、
最初はちやほやされるけれど、その期間はわずか数か月から1年。
それを過ぎるとハードものじゃないと会社も納得しれくれないらしい。

えーーー。なんか可哀そうだ。
「お金が欲しくて」という理由でAVに行く人がほとんどだと思ってたけれど、
騙されてAVに行くしかない人もいるのかもしれないなー

この本を読んでそう思いました。

真梨さんの本は登場人物が多いうえ、妙にみなさんつながりがあって
読んでいくうちに混乱します(笑)
毎回そうで「この本は違うだろう」と思って読むんだけどやっぱり混乱する。
メモしながら読むタイプではないので毎回混乱したまま終わります(笑)
05:00  |  真梨幸子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.27 (Tue)

「夜行」 森見登美彦



夜行 森見登美彦

『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』代表作すべてのエッセンスを昇華させた、森見ワールド最新作!旅先で出会う謎の連作絵画「夜行」。この十年、僕らは誰ひとり彼女を忘れられなかった。

【目次】
尾道/奥飛彈/津軽/天竜峡/鞍馬


おふざけなしのモリミーです。
「きつねのはなし」みたいなどことなくどよーんとした雰囲気です。
英会話スクールで一緒だったメンバーと10年ぶりに会って話をして・・・
その話には必ず岸田という画家の「夜行」の1枚が登場する。

その話⇒メンバーが自分の話をするんだけどそれもまた怪しくて
「大丈夫なのか?」と心配になる。
でも、ラストまでいくと「そういうことだったのであれば多少怪しくても
仕方ないのか」と思う。

ただ・・・こういう話が好みか否かで言うならば

好みではない(笑)

直木賞候補という事で楽しみに手にしましたが、読んでみて「これが?」と思った。
まぁ人の好き好きですし普段のおふざけ満載のモリミー作品では
直木賞なんてはるか彼方であろうからよろしいとは思うけれど
怪しすぎてうーーん。ちょっと困ったなという感想になりました。
05:00  |  森見登美彦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.23 (Fri)

「黒面の狐」 三津田信三



黒面の狐 三津田信三

戦後まもない北九州の炭鉱で起きた、不可解な連続怪死事件。現場に現れた黒面の狐は、人なのか、人にあらざるものなのか?炭鉱で働く屈強な男たちの心を、次第に疑いと恐怖が蝕んでいく。真相を知るのはただ、ヤマの神と、黒面の狐のみ…?ホラーミステリーの名手、三津田信三による、重厚かつ壮大な書下ろし長篇。

ミステリーに重きを置いている三津田作品は大好きだっ!(・∀・)
(三津田さんのホラーが怖すぎて苦手 笑)

戦後復員してきてさてどうしようかと思っていた主人公がひょんなことから炭鉱で働くことになったんだけど、次々と起こる怪死事件。
自殺なのか殺人なのか。

もう途中からドキドキしちゃうんだけどページをめくる手が止まりません。
厚い本だったけどホラーに脅えなくてよかった(笑)

当時の炭鉱とか迷信とかジンクスとか。思想などなど興味深く面白く読みました。
日本人と当時の朝鮮人との関係とかね。
そして「探偵の真似事」をした主人公が事件を解決するんだけど
それもまたいい。
久々に読み応えありましたけど、南月さんが出くわした狐の謎は結局わからなかった。

シリーズ化しそうな雰囲気バンバンなので次が出たらまた読みたいです。
最初にも書きましたがミステリー色が強い三津田作品は大好きなのだ。
刀城シリーズも最近でなくなったのでさみしかったけど楽しみが出来ました。
14:57  |  三津田信三  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.12 (Mon)

「シャーロック・ノート」 円居挽



シャーロック・ノート 円居挽

剣峰成は退屈していた。都内屈指の進学校にもかかわらず、クラスメイトは凡庸な生徒ばかり。目指す高みには到底たどり着けそうにない…。そんな成の前に現れた少女、太刀杜からん。彼女との出会いをきっかけに、成は鷹司高校の真の姿を目の当たりにする。論理と論理をぶつけ合う学園裁判。殺人と暗号。連続密室爆破事件と犯人。若き才能が放つ、青春×本格ミステリの新機軸。

なんかBOOKデータベースを読むと面白そうなんだけど
読んでみるとそれほどでもないというか・・・(笑)
内容がデータベースが書いているイメージと違うんだよね。
そこが残念でした。

靴底を減らすっていう探偵ではなくて、スマートな感じがしました。
しかし前にも読んだよなー別の本で。
探偵の学校。
探偵って需要があるのか?
まぁ・・・よいのではないだろうか。

でも、探偵学校というエリートっぽい雰囲気の中で、関西弁女子がいると
可愛らしく思います。
関西弁可愛いですねー。

ただ、次の本も出てるけど買うのは躊躇しています。
09:17  |  その他ま行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.09 (Fri)

「私が失敗した理由は」 真梨幸子



私が失敗した理由は 真梨幸子

落合美緒は、順風満帆な人生から一転、鬱々とした生活を送っていた。ある日、パート先の同僚のイチハラが、大量殺人事件を起こしたと聞く。彼女とコンビニで会った夜に事件を起こしたらしい。イチハラが言っていた言葉「…成功したかったら、失敗するなってこと。…」を思い出し、かつてないほどの興奮を感じた美緒はあることを思いつき、昔の恋人で編集者である土谷謙也に連絡を取るがー。失敗の種類は人それぞれ、結婚、家族、会社ー様々な人間の失敗談から導き出される真理。美緒は一体何を思いついたのか、そして事件の真相は?


どこか自虐的な1冊でした。



表紙はこの本↑に似てるしw

何というか・・・うーーーーーーーーん。頭を抱える。
スーパーの休憩時間で真梨幸子さん(←作者!)の話になる。
「私たちが住んでる場所は『孤虫症』の舞台になったのよ」
「『孤虫症!?』あぁ、あのエログロの小説ね」

・・・孤虫症が読みたくなりました( ̄▽ ̄;)

そんなスタートから登場人物が暴走し、そして主人公かと思っていた人がどんどんフェイドアウトしてしまい、残った人もあれあれ??って感じで、また最初のシーンに戻る。

そういえば真梨さんは結構ネットをチェックする人で読書メーターに書いた感想をツイッターに載るようにしてたら真梨さんにリツイートされ、まぁそれだけの理由じゃないんだけど、脅えた私は読書メーターの感想をツイッターにのせることをやめました(笑)

「失敗した理由」って結局なんだったんだろう。
それぞれの失敗したであろうパターンが面白かったけれどでもなんというか・・・この本はそういう話ではなかったような気がしてなりません(^-^;)
13:26  |  真梨幸子  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT