igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「天然石ねこまち堂は坂の上」 水沢あきと



天然石ねこまち堂は坂の上 水沢あきと

スポーツ推薦で高校進学を決めた少女・鈴。彼女は地元を離れ、大好きだった祖父が興した“天然石アクセサリー”のお店へ居候することに。しかし!若くして店を継いだ彼女の叔父・瑠璃は最悪な青年だった。彼は“超”がつくほどのへんくつ屋。生真面目で一直線な鈴は、彼と口論の日々、日々、日々…。だが、瑠璃は石を通して不思議な力で客を癒す力を持っていた。そして同じ血を継ぐ鈴にもその力があるようで…?坂の上にある“天然石の店”を舞台に贈る、“石”と人との優しい絆の物語。

石を触るとその人の思いとか、記憶がよみがえる・・・っていう設定でいいのかな?
こういう設定なのかな?
と、思ったところで終わった。
ファンタジー的な要素がありました。

もう少し丁寧に・・・して・・・欲しかったかもー。
2話目だっけ?
同級生が登場した話は好きだったけどね。

石=高価 という、イメージがある私としては、簡単にあげる叔父にも、そこに簡単に出入りする猫にも違和感ありまくりなんだけど・・・
宝石じゃないのか!?と、思うわけです。

まぁこの設定であれば続くかもしれませんねー。
1冊だけだと妙に雑っていうか。
もう少し丁寧な、私が納得する何かが欲しかったです。

「一つ屋根の下の探偵たち」 森川智喜



一つ屋根の下の探偵たち 森川智喜

怠けものの探偵と働きものの探偵、二人の探偵とハウスシェアを始めたライター浅間修は同居人同士を対決させて捜査についてルポルタージュを書くことに。二人が捜査するのは、奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていた“アリとキリギリス”事件!果たして勝つのはどちらか!?

初めましての作家さんかな??
正直・・・・

よーやっと読んだ。
時間かかったー。

人物に面白味がないんだもん。
っていうより、何より3人で住むことに!?

いろいろと不可思議な展開ですが、
一番不可思議だったのは、殺害方法・・・

いや・・・それもあるかもしれないけれど(笑)
犯人すげー。
根気有ります。

その根気を別のことに生かしたらいいんじゃないかと
思うんですけどね。
そのくらい根気を感じました。

「心中探偵 密約または闇夜の解釈」 森晶麿



心中探偵 森晶麿

死にたい。でも一人じゃ死ねないー。並外れた美貌と知性を兼ね備えながらも心中を渇望する華影忍が理想の女性と巡り会い、遂には闇夜に服毒心中を敢行。だが翌朝、自分だけ目覚め、死んだ相手は見知らぬ財閥の令嬢に成り代わっていた…。殺人疑惑がかけられる中、忍は盟友の若き大学教授、通称“黒猫”の助けも借りて事件の真相を探り始める。

何かの続編らしいんですけれど、あまり気になりません。
しいて気になるとしたら、華影忍の女クセの悪さ。
心中しようとしているくせに、何っていうか・・・手あたり次第!?

妻もいるのに・・・何をやっているのやら・・・
心中っていうから、なんとなく少し前(昭和初期とか)の話かなーと思ってましたら、ふつうにスマホとか出てくるし現在の話のようです。

自分の妻の道子を妙に自分の編集担当の溝渕に譲ろうとするし~。
なんなのー。この人ー。

しかし、途中から死ぬ気も忘れ事件解決に奔走します。
でもでも、このラスト。
なんか・・・怒涛すぎてこれまでの展開とスピード感が違ってて
「え?え?え?」
って思ってる間に終わった。

そこに関しては華影忍と全く一緒の気持ちになりました(笑)

道子さんはもう少し報われてもいいと思う。

「未来」 湊かなえ



未来 湊かなえ

「こんにちは、章子。わたしは20年後のあなたです」ある日、突然届いた一通の手紙。送り主は未来の自分だという……。『告白』から10年、湊ワールドの集大成!待望の書き下ろし長編ミステリー!!

未来から届く手紙」のシステムを真剣に考えてしまった。
私はきっと詐欺にひっかかるタイプだ。
気を付けないと・・・(汗)

未来の自分から来た手紙に返信するという形の「章子の章」のほかに、
章子の周りを取り巻く人たちのエピソードⅠ、Ⅱ、Ⅲから成り立つ1冊です。

ラストを考えるとエピソードⅢお父さんが遺したフロッピーの中身ってことになるよね。
普通に考えるとなんであんなもの遺すのか全く理解できません。

章子の母親が意外に強い人だったなと。
最後まで読んで思ったのがそれ。
章子というよりも、章子の母が・・・という。
マドレーヌが結構重要なポジションにあったな。

読書メーターでは賛否両論ありましたエピソードⅢですが、
私は結構好きです。

「跡を消す」 前川ほまれ



跡を消す 前川ほまれ

気ままなフリーター生活を送る浅井航は、ひょんなことから飲み屋で知り合った笹川啓介の会社「デッドモーニング」で働くことになる。そこは、孤立死や自殺など、わけありの亡くなり方をした人たちの部屋を片付ける、特殊清掃専門の会社だった。死の痕跡がありありと残された現場に衝撃を受け、失敗続きの浅井だったが、飄々としている笹川も何かを抱えているようでー。生きることの意味を真摯なまなざしで描き出す感動作!第7回ポプラ社小説新人賞受賞作!

曰く付きの掃除人。
孤独死で何日も発見されずに腐臭満載の部屋とか、自殺した部屋とか。
そういう部屋を専門にお掃除する会社です。

社長の笹川はいつも喪服。
飲み屋で声かけられてバイトから始める浅井。

でもねぇー。簡単に出来る仕事でもなく、「どうせバイトだしー」的な気持ちで
いるんですが、そこからいろいろと、自分なりに考えて前向きになり、
笹川すら前向きにさせるっていう・・

ヒューマンドラマみたいでした。
大切な人に死なれるのはイヤかも。
なんて思いましたが、それ以上に死んだあと、腐臭だらけになるのだけは
気を付けたいと思いました(・ω・)ホント。

描写が物凄く丁寧で、えぇ。蛆とか蠅だったら読みなれているからまだしも、
人から出る脂っていうんですかねー。人も溶ける。

・・・そんな描写が丁寧に書かれてました。
気を付けよう。

「向こう側のヨーコ」 真梨幸子



向こう側のヨーコ 真梨幸子

独身生活を謳歌する陽子には、幼い頃からよく見る夢があった。それは、もう一人の私、かわいそうなヨーコが出てくる夢だ。「もう一人の私が生きる、もう一つの世界」。境遇の異なる二人の世界が交わるとき、向こう側の世界から密かに殺意が放たれる……。イヤミス界を牽引する真梨幸子の新境地。春風怒涛! “訳アリ”の中年女たちが繰り広げる、妬み嫉みの物語。

1974年生まれとのことですが、1971年生まれの私も「陽子」はランキング1位でした。
(ついでにいえば、1972年も1973年も陽子がトップ)
たしか、三浦綾子さんの「氷点」の陽子の影響って聞いたことあるけどなー。

クラスに2~3人は普通にいました。
で、憧れの名前だったなー(〃ω〃)

ってことで、これはうまい具合に「陽子」を使った話。
最初はあまりピンとこないで読んでたけれど、ラストになって
からくりが分かると、「うまいなぁー」と何故か感心してしまいました(笑)

「うまいなぁー」と思う箇所もありましたが、「雑だなー」と思うところもあったけどね(^^;)

え??なんで??的な。
裕子の気持ちがよくわかりません。

「碆霊の如き祀るもの」 三津田信三



碆霊の如き祀るもの 三津田信三

断崖に閉ざされた海辺の村に古くから伝わる、海の怪と山の怪の話。その伝説をたどるように起こる連続殺人事件。どこかつじつまが合わないもどかしさのなかで、刀城言耶がたどり着いた「解釈」とは……。シリーズ書き下ろし最新作!

久しぶりの刀城言耶シリーズです。
ノベルスではなく単行本ですっ!!!

あぁ・・・読み終わってのこの感じも久々です(TωT)

どんでん返しにつぐどんでん返しで結果的に犯人が誰か分からなくなってしまうこの感じ!!!

あぁ・・・懐かしい。
個人的には1人目の犯人候補の人が真犯人だったら結構よかったんだけどなぁー。
まぁその人には不可能ってことで次の候補に行き、そして・・・これでもかという刀城言耶の

「ただ・・・」

祖父江偲の「またですか!?」的な雰囲気に同調する私。

いい加減にしろ!

そうして物語が終わるころには結局誰が犯人だったのだ!?と
「???」のまま終わった。
※しっかりと犯人は分かってます。

でも、今回は刀城言耶も祖父江偲(2人ともメインキャスト)が沢山登場してたので面白かったです。
あの、阿武隈ももう少し登場したらもっと面白かった。

ってことで次回にも期待。
(なんの感想かわからん ^^;)

「この世の春」 宮部みゆき



この世の春 宮部みゆき

憑きものが、亡者が、そこかしこで声をあげる。青年は恐怖の果てに、ひとりの少年をつくった…。史上最も不幸で孤独な、ヒーローの誕生。(上巻)
底知れぬ悪意のにじむ甘い囁き。かけがえのない人々の尊厳までも、魔の手は蝕んでゆく。前代未聞の大仕掛け、魂も凍る復讐劇。(下巻)


24人もいないけど、ビリー・ミリガンの話みたいだった。
いわゆる多重人格です。

20年くらい前ですが、ビリー・ミリガンの本を読みましたので多重人格というものに対して、多少の知識はあると思いますが~。この時代の人からすると、死霊が取り憑いたりとかそう思われていても仕方なかったのかも。

下巻で、顔つきの案山子を作っていたんだけど、顔の部分が飛んで行ってしまったという。
「お面」を怖がっていたお館様。
もしかして、このシーンは恐怖のシーンの布石?
と、思ってたら思い切り関係なかった(笑)
関係なかったんだよーーーーーーーーーーー。
期待していたのに。

そして、もう一波乱あるかと思ってましたがやや尻すぼみになった感じもありました。
ここまで仕掛けを大きくするんだったら、もう、思い切りどかーーーん!と。

「ざまをみろ!」

と、雄たけびを上げるくらいの何かがほしかったです。
ただ、宮部さんの時代物は面白いです。

やけどを気にしてあまり人前に出ないはずのお鈴が、妙にモテまくっていたのでびっくりです。
お鈴の周りにいる人はみんないい人です。

「小説家・裏雅の気ままな探偵稼業」 丸木文華



小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 丸木文華

売れない小説家・裏雅が「真珠姫」と呼び、ひそかに観察を続けているのは、彼を「雅兄様」と慕う伯爵令嬢の茉莉子。一見おっとりとして可愛らしい茉莉子だが、雅は彼女の秘められた特性に興味を禁じ得ない。茉莉子はある日、「本業の小説のほうはさっぱりだが推理力には定評のある」雅のもとに、女学校で噂になっている不可思議な「幽霊」の話をしに来るのだが…?

【目次】
小説家・裏雅の気ままな探偵稼業/珠代


明治というか大正というか、この時代に萌える作家さんって結構多いみたい。
そのパイオニアははいからさんだろうなぁ。

そんないかにも昔のおぜうさまである茉莉子。
おっとりして、女学校に行き「ごきげんよう」「おねえさま」なーんて言う世界に住むおっとりお嬢様。
でも、性格はおっとりでぼんやりながらも、ちょっと変わってます。
その変わっている感じが可愛いです。
しかし、唐突に終わった感じがしないでもない。
まぁこれは続編が作れると言えば作れる終わり方かな。
タイトルに「気ままな探偵稼業」とありますが、文中で雅さんは何一つ
探偵稼業をしていないのでは・・・?
まぁページのないところで何か調べていたようです。

で、もう1つの作品「珠代」
こちらはまた別の話です。
こっちは分かりやすかったかな。
ラストも分かりやすく、「ありがち」といえば「ありがち」でした。
まぁそれでもいいかも。

「ψの悲劇」 森博嗣



ψの悲劇 森博嗣

遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。
失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家へ集い、島田文子と名乗る女性が、実験室にあったコンピュータから
ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。そしてその夜、死が屋敷を訪れた。失われた輪を繋ぐ、Gシリーズ後期三部作、第二幕!


発売されたというのを知り、いてもたってもいられず購入。
その後、「買った本」としてブログにあげる間もなく到着した日(昨日)に読了。

1080円があっという間に消費してしまった感www

前作死んだはずの島田文子がまた登場。
見た目は20~30代ってことで、「あれ?前回の『χの悲劇』より前の話?」と
思ったら違うんですってー。
それよりも後の話。

もうね、人間なんて外側とか入れ物はなんでもいいみたい。
要するに中身。意識とでもいうべきかな。

物凄い未来の話のはずなのに、スーパーマーケットとか登場するし、
おもちゃ屋でプロペラ売っているし、そこら辺はチグハグです。

こうしてどんどんと「四季 冬」の世界に入っていくんだろうなー。

次回でGシリーズ完結ですが、皆々様が気にしている赤柳の正体。
Vシリーズの人であるはずの赤柳さん・・・
私の予想ですが、森さんはそこ、かすりもしない気がする(^^;;)
この流れでいってねぇ。
そこ説明してくれるかなぁー。怪しい・・・(笑)

あとは壮大なネタバレにて書きますね。
発売したばかりだからまだ堂々と書きづらいです(^^;)



Read More