2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.01.29 (Sun)

「白衣の嘘」 長岡弘樹



白衣の嘘 長岡弘樹

悲哀にみちた人間ドラマ。温かな余韻が残るラスト。『傍聞き』『教場』を超える、傑作ミステリ集!命を懸けた現場で交錯する人間の本性を鮮やかに描く、珠玉の六編。

【目次】
最後の良薬/涙の成分比/小医は病を医し/ステップ・バイ・ステップ/彼岸の坂道/小さな約束


なるほど。
BOOKデータベースの書き方が言い得て妙です。
その通り。
人間ドラマで悲哀に満ちてました。

読んだ後妙に悲しいというかせつなく辛い気持ちになるんだよねー。
医者も人間なんだという気持ちになったり。
ラストの話は、「一致した」ってことなのかな。
だから「家族」になったのか。
そういうことなのか。

一番最初の話と最後の話が印象に残りました。
面白いっ!!という話ではありませんでしたが、
重くしっとりした話でした。
05:00  |  長岡弘樹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.05 (Thu)

「波形の声」 長岡弘樹



波形の声 長岡弘樹

人間の悪意をとことん見据えたまなざし、心温まるどんでん返し、そして切なさはビターに!奥の深い長岡ミステリー最新作7篇!

【目次】
波形の声/宿敵/わけありの街/暗闇の蚊/黒白の暦/準備室/ハガニアの霧


長岡さんの短編は好きなんです。
でも、長編読んだことないからわからないんだけど(^^;)

この短い話の中に思わず「ハッ」としてしまう毒を入れるんだよねー。
その毒は人としてありがちな心の闇っていうか、
読んでて「あぁわかるわー」というのもあるし、
「残念だったわね。ククククッ」と思っちゃうのもあります。

「宿敵」とか今の世の中なんというかありそうな話だけど、
こっちからすると「マジやめて」と言いたいです。
っていうか、言います。マジやめてくれーーー(笑)

犬と携帯の話はそんな大きいものを!?と思いましたが
あるのかなぁ。
あまりなさそうな感じもしますが・・・
犬は利口だと思ってましたので。
05:00  |  長岡弘樹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.06 (Tue)

「ヒポクラテスの憂鬱」 中山七里



ヒポクラテスの憂鬱 中山七里

“コレクター(修正者)”と名乗る人物から、埼玉県警のホームページに犯行声明ともとれる謎の書き込みがあった。直後、アイドルが転落死、事故として処理されかけたとき、再び死因に疑問を呈するコレクターの書き込みが。関係者しか知りえない情報が含まれていたことから、捜査一課の刑事・古手川は浦和医大法医学教室に協力を依頼。偏屈だが世界的権威でもある老教授・光崎藤次郎と新米助教の栂野真琴は、司法解剖の末、驚愕の真実を発見する。その後もコレクターの示唆どおり、病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室は大混乱。やがて司法解剖制度自体が揺さぶられ始めるが…。

シリーズ2作目です。
でも、1作目の記憶が殆どなく自分のブログを見るもよく分からなかった(笑)
元々自分のブログは基本(あくまでも基本)ネタバレなしの「感想を書く」ブログであって、書評ではないのでいつも読み返してもどういう話の内容だったか分からないww
我ながらなんてブログだ。

まぁそういうワケでとりあえず医療&解剖をしてのミステリーだったのですが、読んでる最中は面白かったのですが読み終わったそばから忘れてしまう。
そういう印象。

こんなことを書くとまた「図書館ヤクザ」と言われそうですが(笑)

でも確かに自殺かと思わせておいて第三者の手が絡んでいる。
実は殺人なんだ。
という展開は面白いです。
そこに行くまでの人間模様も書いてまして「あぁ~そういうワケで殺されてしまったんだな」と気の毒に思いますが、メインキャストが解剖医の3人なので、「解剖しましょう!!」という展開に持っていくのでなんといっていいのやら・・・

そんな本でした。
06:31  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.19 (Sat)

「作家刑事毒島」 中山七里



作家刑事毒島 中山七里

殺人事件解決のアドバイスを仰ごうと神保町の書斎を訪れた刑事・明日香を迎えたのは、流行作家の毒島。捜査過程で浮かび上がってきたのは、巨匠病にかかった新人作家、手段を選ばずヒット作を連発する編集者、ストーカーまがいの熱狂的な読者。ついには毒島本人が容疑者に!?出版業界激震必至の本格ミステリー!

シニカルというかブラックというか・・・(笑)

帯に「新人作家と小説家を目指す人は閲覧禁止」と書いてますが本当にその通りです。
止めておいた方が身のためです。

新人賞を取って2作目を書けない人は小説家ではなく、
たまたま賞を取った「ただの人」だそうで。
あぁーーー確かにこのミスで大賞を取った人、その後2作目を書店で見かけない人がいるわー。

そんな出版界の裏側を強烈に強烈過ぎるくらいこき下ろした本です。
一応「本格ミステリー」と書いてますが、ミステリーなんて霞みます。
毒島の「うふっうふふふっ」の笑いの後に続くあの強烈ーな皮肉。

図書館で本を読む我らの事は「図書館ヤクザ」って書いてました(´⌒`。)
 ※正確には図書館からタダで本を借りて、そしてネタバレとか悪評とか好き勝手に
  ネット上で批評する人の事を指してます(笑)


ごめんよー。

この本も図書館で(TдT)

でも、私は全く本を買わない人間ではない。
手元に置きたい本は買うんですよ。
ごめんね。買わなくて(*´ω`)
05:00  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.03 (Thu)

「僕はもう憑かれたよ」 七尾与史



僕はもう憑かれたよ 七尾与史

事故で恋人を失った八木沼真知は、その死をいまだに引きずっていた。書店員であった彼が残した言葉、「僕は誤診をしたのかもしれない」の意味とは。一方、自分の周囲で不可解なことが起きているのに気付く美門玲二。どうやら眠っている間に、別人格が勝手に行動しているようなのだ。本来交わるはずのない二人の運命を結びつけるのは、半年前のとある転落死事故。真知は恋人の死について調べはじめ、やがて一冊の本が鍵を握っていることを掴むー。

どうしても、タイトルを言う前に

「パトラッシュ」

と、言いたくなるのはきっと私が40代だからだろう( ̄ω ̄*)
七尾さんも1969年生まれだそうだw

面白かったです。
「憑かれた」っていうくらいだから、展開は予想できましたが、意外にしっかりとミステリーで面白かった。
最近の七尾作品はいいかも。

実際のところ憑かれる美門くんはただただ気の毒としか言いようがないけれど。
寝ているときにどうやら別人格(というか、憑いている裕三)が動き出していると気づいた美門は交換ノートをやりだしたり、朝起きると財布のお金が減っている。
1個200円もするプリンを買ってる!!とムカツクあたりはなんか生活感あふれてました。

基本的には軽めのタッチだったのですが、こんな事本当にあったら気の毒だよなーという人もいました。
いじめはダメだよね。
05:00  |  七尾与史  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.12 (Wed)

「タスキメシ」 額賀澪



タスキメシ 額賀澪

陸上の名門高校で長距離選手として将来を期待されていた眞家早馬は、右膝の骨折という大けがを負いリハビリ中。そんな折、調理実習部の都と出会い料理に没頭する。駅伝×料理男子。熱涙間違いなしの青春小説。


同じくはじめましての作家さん。

前日も料理関係の本でしたがこちらもです。
でも、こっちは若い高校生の弟に食べてもらうべくの料理なので気持ち若い。
まぁ素材もなじみの物がありますが、マネして作りたいというのはなかったかなー。

故障により陸上をやめなくてはいけない兄と、故障の原因を作ってしまったと思い込んでる弟。
その少しいびつな兄弟関係なんだけど、青春してるなー。
料理実習部にいるたった1人の部員。井坂都との出会い。
これもまた・・・まぁラストはやっぱりそっちだよねとは思っちゃったが、
高校生の若くて青くて・・・みたいなのが感じることができたと思います。

2016年の青少年読書感想文コンクールの高校生部門、課題図書だそうです。
なるほどねーー。
確かにそういうのに選ばれそうです。
05:00  |  その他な行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.04 (Tue)

「身代わり」 西澤保彦



身代わり 西澤保彦

身代わりの、身代わりの、身代わりは、身代わりの、身代わりだったー!?名作『依存』から9年。変わらぬ丁々発止の推理合戦、あの4人が長編で元気に帰ってきた!書き下ろし長編ミステリ。

シリーズものの第6作目をいきなり読んでしまったという
最近ではない失敗(´⌒`。)

っていうか・・・西澤作品を結構読んでいるつもりだったけど
慢心以外の何物でもなかった(笑)

おかげで登場人物の関係性やら背景が分からず読み終わった後にwikiで
調べるという・・・あぁ・・・バカ。

まぁこの本だけでも単品の殺人事件ものとしては楽しめるのですが
要所要所に登場人物の意味深な何かを書いているのでそっちも気になりました。

ケータイのない時代の話。
「電話を貸して」と友人の家に行くっていうのが昭和っぽくていいなぁ。

実際の殺人事件ものとしては「なるほどねー」と思いましたが、
都市伝説を自分で作るっていうのは、なんかありそうで怖いなと。
05:00  |  西澤保彦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.05 (Mon)

「レジまでの推理 本屋さんの名探偵」 似鳥鶏



レジまでの推理 本屋さんの名探偵 似鳥鶏

荷ほどき、付録組み、棚作り、ポップ描きにもちろんレジ。お客さまの目当ての本を探したら、返本作業に会計、バイトのシフト。万引き犯に目を光らせて、近刊のゲラを読んで、サイン会の手配をして…、書店員って、いったいいつ寝るの?力仕事でアイディア仕事で客商売。書店員は日夜てんてこ舞い。しかも、彼らは探偵という特殊業務まで楽しげにこなしてしまうのです。渇いた現代社会の知のオアシス、本屋さんにようこそ!

【目次】
7冊で海を越えられる/全てはエアコンのために/通常業務探偵団/本屋さんよ永遠に


本読みにとっては憧れの職場です。
でも、田舎ではもう「地元の本屋」なんてものはない。
※1か所だけ教科書を扱っている本屋さんのみあります。
大手の本屋さんは進出してますけどねー。
まぁそんな時代になったので仕方ないところだと思います。

そんな珍しい地元の本屋さんの話。
お客さんの中にもいろいろあり、店員に「整理屋」と呼ばれる人は、本が崩れたりきちんと並んでないと並べ直してくれるお客さんらしい。
あーーー自分もやりそう。
平積みになっているのが崩れていると直したりはしますが・・・(笑)
あまり目立たないようにやってます。

ラストの話がちょっと・・・だったけど、そこからの1話になるわけだー。
昨今の活字離れの影響で、小説でも「本を本屋で買え」的な話をよく読みます。
正直・・・・




困る。




ただ、ここの店の店長がポップを書くとその本が完売するらしい。
年中、帯に釣られて失敗している私としてはそういうポップを書く店長は
怖い存在である(笑)
10:18  |  似鳥鶏  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.03 (Sat)

「恩讐の鎮魂曲」 中山七里



恩讐の鎮魂曲 中山七里

韓国船が沈没し、251名が亡くなった。その事故で、女性から救命胴衣を奪った日本人男性が暴行罪で裁判となったが、刑法の「緊急避難」が適用され無罪となった。一方、医療少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕されたため、御子柴は弁護人に名乗り出る。稲見は本当に殺人を犯したのか?『贖罪の奏鳴曲』シリーズ最新作!!圧倒的迫力のリーガル・サスペンス!

何よりもこのシリーズ続いていたのに驚いちゃった。
前作でまさかの展開だったので正直「この本読んでた?」と思うくらいで。

今回弁護するのは御子柴の恩師。
恩師のために強引ともいえる手法で弁護を引き受けることにする。
なんとしてでも無罪を・・・と思うのだけど、
被告である恩師は「自分は罪を犯したんだから償いたい」と言ってきかない。
弁護人にとっては厄介な依頼人であります。

先日の相模原の事件とか、韓国のなんとか号という船の事件を思い出します。
まぁ韓国のなんとか号はきっと参考にしたけど、その後の相模原は
相模原の方が後よね。
ってことは、相模原のようなことは決して珍しい事ではないのかもしれない。
そうだったら本当に悲しいけど。

いろいろな「関係者」たちが実は事件を引っ掻き回してて飽きることなく読みましたが、
「裁判員制度」が起こした判決って感じがした。
難しいよね。裁判員裁判。
「罪」に対しての裁判なんだけど、法に対して無知な一般人(もちろん自分も含む)が
裁くというのは違和感あるよなーとこの本を読んで思いました。
13:20  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.18 (Thu)

「どこかでベートーヴェン」 中山七里

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

どこかでベートーヴェン 中山七里

ニュースでかつての級友・岬洋介の名を聞いた鷹村亮は、高校時代に起きた殺人事件のことを思い出す。岐阜県立加茂北高校音楽科の面々は、九月に行われる発表会に向け、夏休みも校内での練習に励んでいた。しかし、豪雨によって土砂崩れが発生し、一同は校内に閉じ込められてしまう。そんななか、校舎を抜け出したクラスの問題児・岩倉が何者かに殺害された。警察に疑いをかけられた岬は、素人探偵さながら、自らの嫌疑を晴らすため独自に調査を開始する。

エピソード0みたいな??

岬洋介最初の事件・・・?

だそうです(笑)
っていうか、岬洋介ピアニストじゃなかったのかと言いたくなりますね。

で、高校時代の岬くんですが・・・天然であり、残酷な人でもありますねー。
天才であり努力の人だからかな。

まぁそんな中で殺人事件が起きるのですが、犯人はすぐわかりました。
っていうか、あの人しかいないし。
でも、どうやってやったのかは分からなかったー。

ラストの1行で「へ??」と思って「もしかして、エピソード0で最終回??」と思って
たのですが、よーーーーーーーーーーく読んだら「もう一度ベートーヴェン(仮題)」
という作品が出る予定だそうです。
ベートーベンって耳が悪かったんだねーーー。
知らなかったです(音楽全般知らない)。
で、耳の悪い岬洋介と絡めての今回のベートーヴェンらしいですが。

ミステリーと言うよりはやや青春小説系。
しかし、みなさん歪んでますこと。
05:00  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT