2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.26 (Mon)

「降りかかる追憶」 五十嵐貴久



降りかかる追憶 五十嵐貴久

同僚の真由美のひと言から、社長の金城と玲子に因縁めいた過去があることを知る雅也。そんな折、女子大生の依頼でストーカーの捜索と彼女の身辺警護に携わる。だが、消息は掴めず、やがて、事態も収束かと思われたその矢先、彼と任に当たっていた玲子が姿を消す!そして明らかになる金城たちの過去とは…!?仲間のために探偵社のメンバーは街を駆ける!シリーズ第三弾。

南青山骨董通り探偵社の第三弾。
主人公にイラつくのは毎回のことだけど、話としては面白かったです。

でもね!本当に主人公がアマアマの性格で、読んでて「ぶん殴りたーい」と毎回思う自分のどす黒い心(笑)
しかもまだ働いて2か月だったのか。
そうか・・・まだそんなもんだったのか。

しかも、酒癖悪いし。
酔っ払ってて記憶失くして、同僚の真由美の家で全裸で寝てる(驚)
何を求めているのかどうしたいのか。
まぁ新人であることには変わりなく。

今回の話はストーカー絡みの話だったんだけど、
ラストがちょっと意外な展開で驚きました。
話は面白かった。
こういう終わり方になるのかー。

井上が一人前になるまであと何冊??
05:00  |  五十嵐貴久  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.16 (Fri)

「届け物はまだ手の中に」 石持浅海



届け物はまだ手の中に 石持浅海

楡井和樹は恩師・益子の仇である江藤を殺した。しかし、まだ終わっていない。裏切り者であるかつての親友・設楽宏一にこの事実を突きつけなければ、復讐は完結しないのだ。設楽邸に向かった楡井は、設楽の妻、妹、秘書という三人の美女に迎えられる。息子の誕生パーティーだというのに、設楽は急な仕事で書斎にいるという。歓待される楡井だが、肝心の設楽はいつまで経っても姿を見せない。書斎で何が起こっているのかー。石持浅海が放つ、静かなる本格。

面白かったです。
石持さんの本って妙に「閉鎖的」な本が多いよねー。

ずっと同じ場所でディスカッションしてるっていうか。
結構回りくどいんだよねー。
でも、この本は妙にスリリングで面白く一気読みしました。

主人公の楡井も「俺は復讐を果たしたんだ!どうだ!!」って江藤の生首持って設楽邸に行ったはいいんだけど、本人に会えないし、家族は妙に怪しい雰囲気を出してるし。
「なんなの??設楽は何かに巻き込まれてるの??」と気になって仕方なかった。

オチは私にとっては意外で「あれーーー??そういうことーーー??」と驚きました。
このラストを何と思うか。
人によって違うと思います。

ラストも個人的にはビックリで。
やっぱり女の人っていうのは強いのかと妙に感心しました(笑)
05:00  |  石持浅海  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.15 (Thu)

「はなとゆめ」 冲方丁



はなとゆめ 冲方丁

なぜ彼女は、『枕草子』を書いたのかー。28歳の清少納言は、帝の妃である17歳の中宮定子様に仕え始めた。華やかな宮中の雰囲気になじめずにいたが、定子様に導かれ、その才能を開花させていく。機転をもって知識を披露し、清少納言はやがて、宮中での存在感を強める。しかし幸福なときは長くは続かず、権力を掌握せんとする藤原道長と定子様の政争に巻き込まれて…。清少納言の心ふるわす生涯を描く、珠玉の歴史小説!

数年前に新聞小説で読んではいたんだけど、今回かりんトウさんからお借りして読んで~

「あれ?」

と、思ったら加筆修正あったみたい。
「文庫化にあたって」って書いてたけど、もしかしたら単行本の時も加筆修正あったのかなー。
なんか・・・中宮定子が割とあっさり亡くなっていたような。
でも、こういう場合って新聞読んでた時のインパクトが強くて自分の中で物語出来上がってたりするんだよね。
実際の加筆はここじゃなかったみたいな(笑)

それにしても中宮定子は可愛らしくて聡明な女性だったんだなーと。
ただただそれだけです。
清少納言を虜にし、枕草子を書くきっかけになった人。

枕草子は今でいうところのエッセイだったりブログだったり。
結構好き勝手書いていたようです。
それも「中宮様に笑ってもらいたい」という意味で書いているので当然と言えば当然のよう。

で、この本って解説もまたいいんです。
この時代の背景などがあって、枕草子が世に広まって
「あの時代はいい女房がたくさんいたんだね」
って言われ、その次の時代を生きた紫式部がかなり腹を立ててたとか(笑)

解説込みで読むと面白さ倍増です。
05:00  |  冲方丁  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.13 (Tue)

「魅入られた瞳」 五十嵐貴久



魅入られた瞳 五十嵐貴久

正式に探偵社に入社した井上雅也。だが、地味な仕事続きで不満気味。そんな折、社長の金城から任されたのは、商社マンの美しき妻・志津恵をクリニックへ送迎することだった。渋々引き受けた雅也だったが、一目で彼女に魅了される。着々と仕事を進める中、送迎車の消失や謎の男からの暴行など予期せぬ事態が起こる。探偵社の面々を待つ驚愕の真実とは!?シリーズ待望の第二弾!

南青山骨董通り探偵社2 で、ございます。
シリーズものなのですが、そういえばそうだった。こういう人たちだったー。
と、振り返り振り返り読んだのですが・・
主人公の何というか、この性格・・・とても嫌いです。

探偵にどんな夢と希望を抱いているのかは謎ですが、
このちんちくりんな男の成長を描くシリーズなのだろうか。
だとしたら・・・あと20冊くらいでないと成長できないんじゃないか・・・?

前の職場のまりあが可愛いんだよねー。
食べ盛りのオタク。
で、変なアプリを作る。
そのアプリが井上を助ける。
007のQのようでかわいいんです。
05:00  |  五十嵐貴久  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.12 (Mon)

「終りなき夜に生れつく」 恩田陸



終りなき夜に生れつく 恩田陸

強力な特殊能力を持って生まれ、少年期を共に過ごした三人の“在色者”。彼らは別々の道を歩み、やがて途鎖の山中で再会する。ひとりは傭兵、ひとりは入国管理官、そしてもう一人は稀代の犯罪者となって。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。

「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフなんだけどあの作品そのものが意味不明だったので
そのスピンオフだろうと続編だろうと意味わからん。

っていうか、意味分からないのに拍車がかかってた(笑)
意味不明に拍車がかかってましたねー。

恩田さん・・・さすがです(笑)
「蜜蜂と遠雷」から読んだ人にはかなりキツいかもしれない。

でも、恩田ファンはこの本を大絶賛してました。
私は・・・慣れたからいいけど、本当に前作でアクの強い軍ちゃんしか
記憶になかったので(強いオネエ)できることならもう一度
「夜の底は柔らかな幻」を読みたいと思いました。
その軍ちゃんの大学生時代とかねー。
貴重なんだか貴重じゃないんだか分からない話でした。

恩田さんの本はいつも思うけれど、タイトルがきれい。
05:00  |  恩田陸  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.23 (Tue)

「狩人の悪夢」 有栖川有栖



狩人の悪夢 有栖川有栖

人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んでいた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、悪夢のような事件の謎を解き明かす!

手首のない死体かぁー。
まぁ面白かったは面白かったんだけど、結果的に手首がないということは大した問題でもなかったので、ふつうに手首のついた状態での死体のほうがもう20ページくらい少なくて済んだのではないかって思ったよー。

それほど深い意味もなかったし。
そういう意味でいえば「鍵のかかった男」のほうが同じ長編ながらも面白く読みました。

今回は本格推理のお約束である、

「強い雷雨により木が倒れてその日は通行できなかった」

という、すんばらしい設定のため犯人を絞り込むことができたのですが。
まぁどの人も怪しかったですけどね(笑)

あと、火村とアリスの関係性がねー。
ちょっと踏み込んでますかね。
永遠の34歳である2人なので今までの距離感でいってもらいたいものです。

しかし2人が34歳でいる間に、当たり前のようにケータイはスマホになっているのだ。
なんっていうかなー。シリーズ全作読んでいる読者としてはちょっとした事でも
違和感を感じてしまうという面倒くさい人間なのです。
14:04  |  有栖川有栖  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.20 (Sat)

「物件探偵」 乾くるみ



物件探偵 乾くるみ

利回り12%の老朽マンション!?ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート?新幹線の座席が残置された部屋??間取り図には、あなたの知らない究極の謎が潜んでいる。大家さんも間取りウォッチャーも大興奮の本気で役立つリアル不動産ミステリ!

【目次】
田町9分1DKの謎/小岩20分一棟売りアパートの謎/浅草橋5分ワンルームの謎/北千住3分1Kアパートの謎/表参道5分1Kの謎/池袋5分1DKの謎


久しぶりの乾さんだー。

個人的に当たりはずれの激しい作家さんだと思ってます。
好きなものは好きだけど、外れはどうしようもないくらいのカス(^^;)

だけど読んじゃうんだよねー。

今回は田舎者には難しい設定でした。
田舎に住んでてもマンションやアパートの大家になるってことがあるんですねー。
あまり不動産にかかわったことがないので全く知りませんでした。
例えば、田舎に住んでる人が東京のマンションを1部屋買って、そこをまた賃貸で貸し出すとか。
でも自分は田舎に住んでて家賃収入を得る。

へぇーーーーーーーーーーーーー。

っと、ここで感心していると先に進まないんだけど(笑)
そういう田舎の人の警戒心の緩さにつけこむ人もいるんだなーという話でした。
不動尊子が主役なんだけど神出鬼没で怖かった(笑)

当たりでも外れでもないけれど・・
「面白かったっ!!!」って話ではなかったです。
これは私が不動産について無知だからです。
05:00  |  乾くるみ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.18 (Thu)

「失われた地図」 恩田陸



失われた地図 恩田陸

川崎、上野、大阪、呉、六本木…日本各地の旧軍都に発生する「裂け目」。かつてそこに生きた人々の記憶が形を成し、現代に蘇える。記憶の化身たちと戦う、“力”を携えた美しき男女、遼平と鮎観。運命の歯車は、同族の彼らが息子を授かったことから狂い始めー。新時代の到来は、闇か、光か。

直木賞受賞後一作目ってことでしたが・・・

おかえりなさい・・・恩田さん・・・(*´ω`*)

この説明なしの摩訶不思議な設定&おネエ言葉を使う体格のいいおっさん&終わったんだか終わってないんだか分からないラスト。

あぁ・・・恩田さんだ(笑)

でも、適当すぎる気がするんだよねー。
普段の恩田作品はほぼほぼこんな感じなんだけど。
しかし、大体こういう話になるとおネエ言葉のおっさんが登場するのはなぜー?
恵弥とかあと、どこかの話にも登場してたよなー。
なんかパターンだよなー。

ちなみに今回は「グンカ」というの推定戦争時代の亡霊退治のお話であります。
「裂け目」をふさぐ仕事をしている・・・らしい。

説明はないけど(笑)
05:00  |  恩田陸  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.24 (Mon)

「聖母」 秋吉理香子



聖母 秋吉理香子

幼稚園児が遺体で見つかった。猟奇的な手口に町は震撼する。そのとき、母はー。ラスト20ページ、世界は一変する。『暗黒女子』の著者が放つ驚愕の長編サスペンス・ミステリー

秋吉さんを一気に人気作家に押し上げた1冊かなーと思ってます。
そのせいでなかなか手に取れなかったー。

真琴に関しては最初からずっと(ネタバレにつき反転→)女性だと思っていたし、
他の人と触れ合いたくないということから見ても、某事件の被害者だなと思ってました。

ラスト20ページで世界は一変するってまさかこれか?と思って読んでいたら、
真琴のことが分かったのは確かに後半だけど、まだ20ページ以上はあるよな~。

・・・・と、思っていたら確かに一変したっていうか・・・驚いた。
おかあさん・・・・(呆然)
親は子供を守って当然ではあるが・・・
守りかたが私の遥か斜め上をいってた・・・

行動力があるっていうのはものすごい。
全てにおいて雑すぎるんだけど、
この雑さがかえって気づかれないのかなー。

坂口&谷崎の刑事コンビがよかっただけに勿体ない。
この2人にはまた再登場してもらって今度こそ素晴らしい活躍を期待したい。
09:06  |  秋吉理香子  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.20 (Thu)

「浜村渚の計算ノート 7さつめ」 青柳碧人



浜村渚の計算ノート 7さつめ 青柳碧人

その名もデロス(不可能)・キューブなる立方体に人質が閉じ込められた!開かずの扉をひらくヒントは“(-1)×(-1)”。絶望を抱えたマイナス思考のテロリストに挑む天才少女・浜村渚は、ヒントに隠された「マイナスの魔法」に気が付いた!はたして人質を救う数学的名案を導き出せるのか。数字が爆ぜる全4編+おまけ付き。

【目次】
深夜マイナス1/不可能彫刻の森/プレゼントにリボンをつけて/数学手本忠臣蔵


マイナス思考のテロリストに笑った。
「どうせ~」とか言いながらテロ(^^;)
笑っちゃいます。

今回も渚流に「(-1)×(-1)がプラスになる理由」や「1たす1が2になる理由」を説明してます。
(-1)のほうは分かったような分からないような・・・ってことで理解し切れてないんだよねー。
「1たす1」はルールがあるってことでそういう感じだとわかります。

数学はルールっ!!

毎回この本を読んでると数学勉強したくなって、参考書買おうなんて書いて毎回買わないんだけど(爆)
今回もまた読んでる最中にネットで数学参考書(ただし中学生)を探したけど、
表紙見てるだけでなんか辛くなってやめた(笑)

最初に登場してた敵側のメインキャストが再登場したりして物語も大詰めなのか
それともどう収束したらいいのかわからなくなっているのか謎です(笑)
05:00  |  青柳碧人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT