igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「バックストリート」 逢坂剛



バックストリート 逢坂剛

現代調査研究所所長・岡坂神策は、弁護士・桂本忠昭と神田小川町のタブラオ、“サンブラ”に繰り出す。だが、タブラオを出た二人は、見知らぬカップルにつけられる。いったい彼らは、何者なのか。尾行の対象は岡坂か桂本か、それとも二人と意気投合したバイラオーラ、神成真里亜たちなのか。そして、その目的は。やがて、半蔵門署の女性刑事も尾行合戦に加わり、事態はどんどん複雑化してゆく。バックストリート(裏街)を舞台に、チョイ悪の男たちと美しい女たちが繰り広げる、彩り豊かな大人のサスペンス。

正直、やっと読んだって気持ちです。
盛り込みすぎなのかなんなのか。

結果的にはフラメンコはあってもなくてもいいような・・
卵子提供がメインテーマです。

ですが・・
普通はそんなにターゲットを絞って卵子提供とか
できないよねー
そんな・・守秘義務とかなんとかかんとか

えーーー。
50男であろう主人公が変にモテるのも気になる。
てっきりもう少し若いのかと思っていたら違ったww

久々に途中でやめようかと何回も思いましたが
気力で読みました。
こういうのにあまり気力を使いたくないんですけどね。

「長く高い壁」 浅田次郎



長く高い壁 浅田次郎

1938年秋。流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていた。だが、突然の要請で前線へ向かうこととなる。検閲班長の川津中尉と共に、北京から半日がかりで辿り着いた先は、万里の長城、張飛嶺。そこで待っていたのは、第一分隊10名が全員死亡という大事件だった。なぜ、戦場に探偵作家が呼ばれたのか。10名は戦死ではないのか!?分隊内での軋轢、保身のための嘘、軍ならではの論理ー。従軍作家の目を通し、日中戦争の真実と闇が、いま、解き明かされる。「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは何かを真摯に捉え、胸に迫る人間ドラマ。

浅田次郎初の戦場ミステリーということで期待しまくった結果が・・・

これです( ̄▽ ̄;)

何にしても期待しまくるというのはダメですね。
最後まで乗り切れなかった。

多分、小柳さんが当事者じゃないからだろうなー。
「10人が死んでる。調べてくれ」

こんな感じだから読むほうもデータがないんだよね。
たとえば、この10人死んだときに小柳さんが現場にいるとまた違ったかもしれない。
そうなると小柳さんと読み手ともう少し面白くなったなぁと思うんですけど。

この本を読み終わってちょっと日が経ってからこの文章を打ち込んでいるのですが、すでにどういう理由で死んだのか忘れかけてます(笑)
インパクトの強い話だとなかなか忘れないんですけどね。

ただ、思ってた以上に食料があって驚きました。
冷や飯だっていいじゃない。と思うんだけど、この時代はまだご飯は温かいものが当たり前だったみたいです。すごーい。

「雪の階」 奥泉光



雪の階 奥泉光

昭和十年、春。数えで二十歳、女子学習院に通う笹宮惟佐子は、遺体で見つかった親友・寿子の死の真相を追い始める。調査を頼まれた新米カメラマンの牧村千代子は、寿子の足取りを辿り、東北本線に乗り込んだー。二人のヒロインの前に現れる、謎のドイツ人ピアニスト、革命を語る陸軍士官、裏世界の密偵。そして、疑惑に迫るたびに重なっていく不審な死。陰謀の中心はどこに?誰が寿子を殺めたのか?昭和十一年二月二十六日、銀世界の朝。惟佐子と千代子が目にした風景とはー。戦前昭和を舞台に描くミステリーロマン。

素晴らしい本を読みました(〃ω〃)

ただ・・・4日もかかりました(笑)

月曜日から読みまして木曜日までかかった。
長かった。ページ数はもとより字ばっかり。
会話が少ないのか。どうなのか。
空白がない(笑)

そのせいで物語の世界にどっぷりつかりました。
おふざけなしの奥泉作品。

おふざけありの奥泉作品も好きですが、
こういうのもいいですね。

時代は昭和10年。
まぁBOOKデータベースにもありますが、二・二六事件がラストには待ってます。

最初はただの同級生が死んだ謎に迫るのかと思ってました。
お嬢様の惟佐子が探偵役になるのかと思ってましたら流石に「おぜうさま」はそんなことはしない。
人に頼んで(使って?)事件の解決をしてもらうのですが、そこから物語は違う方向に行き、なんだろう。不審な死が出てきてきな臭くなります。

惟佐子は最初は普通のお嬢様かと思ったんだけど、途中からなんか悪女に見えてきました。
あぁ・・・敵に回すと怖いかも。

ラストはよかった。
蔵原さんの千代子を見る目というか、視点が面白かった。
きっと蔵原は千代子が一心に食べているのを見るのが好きなんだろうなぁー。

「極小農園日記」 荻原浩



極小農園日記 荻原浩

野菜も小説も何年やってもわからない。わからないから、面白い。庭先の春夏秋冬、小説の話、旅路にて…熟練作家がおくる滋味豊かな初エッセイ集。

【目次】
1章 極小農園日記Part1“秋冬編”(ジャガイモ小僧の芽生え/根菜はある日突然に ほか)/2章 極狭旅ノート(空白を旅する。/お客さまの中に~ ほか)/3章 極私的日常スケッチ(外国人だから気に食わない!?/二月は鬼っ子 ほか)/4章 極小農園日記Part2“春夏編”(極小農園リニューアルオープンのお知らせ/四月の私は畑で探してください。 ほか)


荻原さんのエッセイです。
イラストもご本人。

メインは家庭菜園での野菜作りかな。
でも、家庭菜園レベルでなんでスイカ植えてるんだろう?
そういう不思議はありましたが、
でも、基本的に「あーわかるー」とかいうのはありました。

荻原(おぎわら)だけど萩原(はぎわら)に間違えられる件とか
日常のエッセイもありました。

でも、私は普段は小説を読むほうが圧倒的に多いので、
淡々としたペースの読み物だと途中で飽きてきます(笑)
小説だと、後半になると盛り上がるのでワクワクするのですが、
ここがエッセイとの違いかなぁー。

何日かに分けて読めばよかったのですが、
まぁいつものクセでガッツリ読んでしまったのが間違いのもとでした(^-^;)

「博物館のファントム」 伊与原新



博物館のファントム 伊予原新

自然史博物館で働くことになった女性新人分類学者・池之端環。植物標本の整理を命じられ、未整理の標本や資料が大量に詰め込まれた旧館「赤煉瓦」に足を踏み入れた環が出会ったのは、そこに棲みつくファントムこと変人博物学者の箕作類。「どんなものも絶対に捨ててはならない」が口癖の箕作と、片付け魔の環のでこぼこコンビが、博物館で起こるさまざまな事件の解決に動き出す!

【目次】
呪いのルビーと鉱物少年/ベラドンナの沈黙/送りオオカミと剥製師/マラケシュから来た化石売り/死神に愛された甲虫/異人類たちの子守唄


こういう男女の設定っていうのは古今東西ありとあらゆるところで使われている気がします。
でも、読んでて面白かったからいいかも。

場所が博物館なのでスケールが大きすぎてなんだかさっぱりわかりません。
個人的に、博物館をぶーらぶらするのは好きですが、
そこの展示内容をそれほど気にしてないというか。
ただ「へぇー」「すごーい」「きれーい」程度でスミマセン。

この本に書かれていた、例えば「北京原人化石紛失事件」などは
実話のようで。「へぇー」と思いました。
いつの時代も外国の人は手が早いですね。悪い意味で。

絶対に交わらないと思っていた箕作と環ですが、
結果的にいい相棒となったみたいでそれはそれで不思議。
読んでてもなんだかそういう風に思えなかったから。
まぁ読んでいる限りでは環視点だったからかな。

「波濤の城」 五十嵐貴久



波濤の城 五十嵐貴久

“神戸発釜山行き、豪華客船レインボー号で行く魅惑のショートクルーズ”-五日間の休暇がとれた銀座第一消防署の消防士・神谷夏美と柳雅代は、贅沢な船旅を張り込んだ。全長三百メートル、十一階建ての威容に圧倒されるも、非常設備の不備や通路の狭さなどに不安を覚える。一方、船長の山野辺は、経営難の会社から、種子島にカジノを誘致する計画の第一人者・民自党の石倉代議士を接待し、新航路を獲得するよう厳命されていた。山野辺は、支援者のために洋上で花火を打ち上げたいという石倉の希望に添うべく種子島沖へ航路を変更。だが、数時間後、異音と共に排水が逆流し船が傾斜。その上、南洋にあった巨大台風が大きく進路を変え、後方に迫り始めていた…。21世紀の『ポセイドン・アドベンチャー』、ここに誕生!


もんのすごく面白かったです。
ひたすらパニック小説なんだけど、何年か前のセウォル号を思い出しました。
まあだいたいそんな話です。

念願の休暇で船旅を選んだ夏美&上司の雅代。
なのに死にそうになる。

もうねー、そういう知識がないから船長がアナウンスで
「大丈夫。大丈夫だから呼ぶまで船室にいてねー」
と、言われるとそうしてしまう。
しかし、本当は何かあったときにすぐ行動できるデッキに
いるのが正しいらしい。
でもそうしているうちに浸水はするわ、爆発はするわ、
台風で動けないし、エンジンは止まるし。
挙句に夜!
こんなひどい状況ってあるのかと。

船長や議員の自分勝手さと、それに振り回される乗客。
そういう悪役がハッキリしている分読みやすかったかも。

しかし、こうしてみると船旅も怖いなぁー。

「浄天眼謎とき異聞録 ~双子真珠と麗人の髪飾り~」 一色美雨季



浄天眼謎とき異聞録 一色美雨季

時は明治。浅草の人気芝居小屋「大北座」では男装の女優・橋本玉緒の舞台が大当たり。一方、裏浅草には生神を自称する祈祷師が現れる。祈祷師の顔は、玉緒に瓜二つで…!?「大北座」の摂取り息子・由之助と、“浄天眼”という魔訶不思議な力をもつ戯作者・魚目亭燕石、その友人で二人を引き合わせた相良警部補が、怪しくも美しい謎ときに挑む。百花繚乱のレトロ浪漫ミステリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
初耳と周知の事実/黒マントの中/虎と蛇と待宵草/麗人の髪飾り/びるばくしゃの筆


気を張らずに読める1冊です。
前作を読んでからそれほど間が空いていないので登場人物の相関図も
かろうじて覚えてました(笑)

相変わらずブルドーザーみたいな翠子ですが、その中でも栄吉に対する愛情
が見えてて愉快。
相良も今回活躍してましたが、何というか・・・モテてたのか。
そこは気づかなかった。
まぁ今回の表紙の左の人が相良なんだろうなー。

燕石と夫婦になった千代ですが、あぁこの2人は元々こうだったんだなと
「よかったね」感がしみじみと湧きました(〃ω〃)

「覆面作家」 大沢在昌



覆面作家 大沢在昌

覆面作家」性別や年齢など一切秘密という正体不明の作家。デビューしてまもなく文学賞の候補になる実力の持ち主の覆面作家が、「私」のファンだというー。表題作他「幽霊」「村」「大金」など含む珠玉の8編を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
幽霊/カモ/確認/村/イパネマの娘/大金/覆面作家/不適切な排除


表題作の「覆面作家」はアミの会(仮)で読んでたらしい。
しかも去年の12月・・・最近だー。
あまり記憶にないなぁー。

ガッチガチのハードボイルド作家というイメージがありまして、
何冊かは読んだことあるんだけど、1冊丸々大沢さんの本を久々に読みました。
少し作風変わった?

自分をモデルとした主人公?
作家の日常やらなにやらがありつつ、非日常の事件や不思議な話があって
読んでて面白かった。
表題作の「覆面作家」と「イパネマの娘」のような縁を感じる話が好きです。
っていうか、イパネマの娘。
「私」バカだよなぁー。
なんだろうなぁー。
変なプライド持ってるなー。
違うんだよ。
あぁーー。
と、一人で思ってました(笑)

多少緩い感じが読みやすく、短編ということもあり、気楽に数日に分けて読みました。

「海馬の尻尾」 荻原浩



海馬の尻尾 荻原浩

二度目の原発事故で恐怖と不安が蔓延する社会ー良心がないとまで言われる男が、医療機関を訪ねた…。人間、どこまで変われるのか。何が、変えるのか。

久しぶりに荻原さんシリアス系な長編を読んだ気がする。
ところどころユニークな箇所はありますが、主人公がやくざなのでそれほど笑いもなく、
結構痛めつけるシーンなどもありました。

アル中治療ってことで病院に通うんだけど、そこで知り合った少女や同じ病気で治療する人。
みんなそれぞれ不幸と病気を背負ってます。

個人的には面白く読みました。
ラストがすごくいいところで終わったんだけどー。
あぁーそういえばこの作家さんってたまーにこういう終わり方させるよねー。
「僕たちの戦争」とかー。「オイアウエ漂流記」とかー。

あぁーー!ここで終わるのかっ!!!

と、少しジタバタしちゃいました(笑)

及川がやっている治療がなんとなく怪しげな感じもしたんだけど、
少しずつ変化が起きてきて・・・そういう部分は読んでて興味ありました。
しかし、どこまで医者を信じたらいいか。
そこが難しい。
でも、ふつうの病気とかだと医者って無条件に信じちゃうよね。

「病弱探偵」 岡崎琢磨



病弱探偵 岡崎琢磨

高校1年生の貫地谷マイは年中体調不良で学校は欠席続き。ミステリー好きな彼女の唯一の慰めはベッドで謎を解くことである。一方、マイにひそかに想いを寄せている幼馴染みの同級生、山名井ゲンキはマイのために、学校で起こった不思議な事件を、今日もベッドサイドに送り届ける。6つの謎と2人の恋の行く末は?

【目次】(「BOOK」データベースより)
夏風邪と“消えた万引き”の謎/熱中症と“持ち去られた短冊”の謎/IBSと“着替えられた浴衣”の謎/偏頭痛と“妨害された応援合戦”の謎/インフルエンザと“借りさせられた図書”の謎/健康体と“作られた音痴”の謎


イマイチ・・・かなぁー。
病弱探偵」の「病弱」の部分が弱くて。
まぁ確かに弱いんだけど、連作短編ながら症状がその都度違ってて。
「片頭痛」とか「インフルエンザ」とか「熱中症」
まぁ確かにそれもまた病気ではあるけれど・・・
ちょっとそこのぼころが微妙感あふれてました。

謎も、わかりやすいのと分かりづらいのがあって、
例えば、運動会の人文字なんていうのは私からすると謎。
どういう感じなんだろう。
昔のPL学園のアレみたいなのかな。

など、考えていたら肝心の謎ってなんだっけ?
そう思うのもありました。
まぁ気軽に読める1冊でしたが、
もう少し難しくてもよかったです(←私の好みです)