2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2015.04.30 (Thu)

「遊戯」 藤原伊織



遊戯 藤原伊織

「現実とネットの関係は、銃を撃つのに似ている」。ネットの対戦ゲームで知り合った本間とみのり。初対面のその日、本間が打ち明けたのは、子どもの頃の忌まわしい記憶と父の遺した拳銃のことだった。二人を監視する自転車に乗った男。そして銃に残された種類の違う弾丸。急逝した著者が考えていた真相は。(BOOKデータベースより)

何回目かの再読でこのブログでは2回目の登場。
薄い本なので割合に早く読めます。

まぁ未完なのは仕方ないのですが、連作短編というスタイルで進んでますので一話完結風なところは助かります。
超いいところで終わったんですよねー。


未完で残念なんだけど、一時の問題も思わず棚上げしたくなるくらいいい感じの終わり方だったので満足。
だから何回も読んじゃうのかも。
これがものすごく気分悪いところで終わったら読み返したくないしね。

それにしても気になる。
どういう結末を用意していたのか。
どんな風に決めたかったのか。

伏線らしきものは結構転がってます。
それをどう回収する予定だったのかな。
解説は黒川博行さんです。
「疫病神」シリーズの作家さん。
で、この間「文春文庫」からテロリストのパラソルが発売されたのです。
テロパラは講談社から発売されてたのですが、藤原作品は講談社のほかに文春文庫からもいい作品が出版されてます。
で、その文春文庫のテロパラの解説が逢坂剛さんと黒川博行さん。
2人の対談形式なんですが、いったいどんだけ仲よかったんだw

そこまで仲良かったんだったら「遊戯の続き書いてくれ」と思ったくらい。
ちなみに逢坂さんも違う本で解説書いてました。

藤原作品を読んでるといろいろなところで「インテリだなー」と思っちゃいます。
物騒なところとインテリなところのミスマッチがかなり好き。
06:00  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.18 (Tue)

「蚊トンボ白鬚の冒険」 藤原伊織



蚊トンボ白鬚の冒険 藤原伊織

羽音と不思議な声がすべての始まりだった…。陸上競技への夢を断念し、水道職人となった若者・達夫の頭の中に、ある日奇妙な生物が侵入してくる。その名も蚊トンボ・シラヒゲ。超人的能力を得た達夫は、アパートの隣人・黒木を理不尽な暴力から救う。しかし、それは恐るべき闇社会との対決を意味していた。(BOOKデータベースより)

図書館から借りた本も読みつくし、積読本もなく、自分の本棚を見て手に取った1冊(というか上下巻だから2冊)
元々「読書専用ブログ」を立ち上げたのは「お気に入り本の再読」が目的だったんです。
しかし、大量にある未読本の誘惑には勝てず、ようやく再読ができました。

藤原作品にしては珍しく、第一回目の再読です(^^)

大雑把な内容と、ラストは分かっていたのですが、途中の展開はすっかり抜けていたのでガッツリ一気読みしました。

でも、蚊トンボが人間さまの頭の中に入ってしまうってユニークすぎる展開が驚きで。
解説見たら「ハードボイルド・ファンタジー」だそうで(爆)
どういうジャンルだ( ̄ω ̄*)

上下巻モノですが、実はたった3日の出来事。
濃いな。有意義だな。すごい展開だな。
藤原さんの作品に登場するやくざってどうしてみんなどの人もインテリというか頭がいいというか、旧石器時代のやくざさんじゃないんでしょうね(^^)
やくざさんなのに、「いい人だ・・・」とつくづく思います。
テロパラの浅井さんにしてもね~。

達夫くんにしてみたら完璧巻き込まれ型の展開。
ラストもね~。なんか・・・(´・ω・`)しょぼーんとしてしまいます。
こうして読んでみるとなぜか黒木に腹が立つ(笑)
あーー腹が立つったら立つ!(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
08:19  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.24 (Tue)

「ひまわりの祝祭」 藤原伊織



ひまわりの祝祭 藤原伊織

自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが…。名作『テロリストのパラソル』をしのぐ、ハードボイルド・ミステリーの傑作長編。(BOOKデータベースより)

面白かったーーーー!!!(・∀・)

そんなこの本は実は再々読(笑)
だって・・・
だって・・・

大好きなんだもーん。

ってことで、ここから褒めちぎります。
準備はよろしいか( ̄ω ̄*)

今回は藤原作品には珍しく、主人公がアル中ではないのです。
飲むものと言ったら「温めた牛乳」それが一番。

「自殺した妻は妊娠していた」というのもまた切なく哀しい。
それがまた秋山を痛々しくさせているんだよね。
痛々しいを通り越してイタイ。
それがまたいいのであります。

もうね~、なんでこの穏やかなる夫婦を引き裂いたんだ。
そんな風に周りにもイライラするのもありますし。
しかし、「テロパラ」と「ひまわり」は本当に大好き過ぎて何回読んでもいいです!

子供のまま大人になってしまった秋山。
温めた牛乳と、あまーーーいお菓子が好き。
でも、それでも甘ったるい人物にならないのは、
実は銃の名手であり、賭け事にめっぽう強いから。

んーーーー。
とにかく面白かった。

最高~(´∀`)
また数年したら読もう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
14:09  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.17 (Fri)

「テロリストのパラソル」 藤原伊織



テロリストのパラソル 藤原伊織

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し二十年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは…。史上初の第41回江戸川乱歩賞・第114回直木賞受賞作(BOOKデータベースより)

まず、最初に一言。



「私はこの小説が大好きだぁあぁぁあーーーーーーーー!!!(絶叫)」



・・・ゼーゼー


いわゆる「テロパラ」です(´∀`)
藤原さんの代表作と言ってもいいと思います。

実は今回で4回目。
そのくらい好きな話です(´∀`)


多分、2年おきくらいに読んでいるのかもしれません。
そこそこ細かい部分を忘れているのがいいのかも(^^;)

島村さんの本名とか、浅井と望月の関係とかまた新たに読んで「おぉ!!」と思ったから単純な性格のあたしって結構お得( ̄ω ̄*)

そんなこんなのテロパラですが、やっぱり島村と浅井の関係っていうのが特殊。
4回戦ボーイ時代の島村を知っているというのだから世間は狭い。
浅井もボクシングをやっていたって・・・うそーーー!!!(笑)

何かにつけて島村を助ける浅井。
本職は「奇妙なやくざ」では??
と、やくざさんらしからぬ対応や対処の方法。
そういえば、奇妙なやくざの浅井はやくざの前の仕事はケーサツだった。
確かにマル暴関係で働くとコインの裏表じゃないけれど、危険だね。

そしてこの本で欠かせないのが島村(っていうか菊池なんだけど)と優子の関係。
みんなに、優子の娘の塔子にまで「のんき」だとか「ノーテンキ」だとか言われまくってましたが、そばで見つめていた優子の気持ちに本当に気づかなかったのだろうか?
桑野なんかはすぐに気づいたというのに。
そんなとっても女泣かせの島村さんでしたがハードボイルド好きにはたまらない1冊です。

4回も読んだ割には上手くまとめられませんがとにかく面白いの一言に尽きます(^^)ノ

ランキング参加中です。応援クリックぽちっとお願いします(〃∇〃)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ




きゃぁーーーー!!!Σ(゜Д゜ノ)ノ
ブログ村「読書日記」で1位になりました(驚)
多分、一瞬の儚い時間でしょうがめっちゃ嬉しいです!!
いつもありがとうございますm(__)m
08:11  |  藤原伊織  |  トラックバック(1)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.03 (Sat)

「名残り火 てのひらの闇2」 藤原伊織



名残り火 てのひらの闇2 藤原伊織

飲料メーカーの宣伝部課長だった堀江の元同僚で親友の柿島が、夜の街中で集団暴行を受け死んだ。柿島の死に納得がいかない堀江は詳細を調べるうち、事件そのものに疑問を覚える。これは単なる“オヤジ狩り”ではなく、背景には柿島が最後に在籍した流通業界が絡んでいるのではないか─。著者最後の長篇。(BOOKデータベースより)

もちろん(?)再読です。
でも最初にハードカバーを図書館で借りて読んで、その後文庫化を待ちわびて待ちわびてそして
手に取ったはいいけど、今度は勿体無くて読めないというパターン(笑)

てのひらの闇の堀江さんが主役。
基本的に藤原作品での主役は脛に傷持つハードボイルドっていうのが主体だけど、その中でも堀江さんは軍を抜いて出生がハード(^^;)
ヤクザの組長の息子で、挙句に自分の目の前で父親が死ぬんだけど、一応それを隠してサラリーマンをやっているという・・・

不思議な生い立ち(?)

今回も隠した人格で生き抜こうとするんだけど、気に入らないことや我慢できないことが起きるとふと「素の人格」がムクっと起き上がる。
その素の人格は本当に人を殺すことに対して何のためらいもないから始末に終えない。

しかし・・・
その堀江さんがワタクシは大好きなのです(´∀`)

ってことで大原真理が出てくると「チッ!( ̄ー ̄#)」と思ってしまう。

まぁでも大原もそれほど子供ではないのでヨシとする。
今回はやっぱり三上社長です。
ナイスキャラです!!!

堀江さんと同じくらいカッコイイ海坊主。イエイ!!(´ー`)ノ
最後、三上社長に関しては嬉しいサプライズもありました。

帯に「最後の長編小説」と、ありました。
すでに亡くなって3年が経ってます。
寂しいのですが、「最後の長編小説」と出ているということは「短編小説」はまだ世に出る可能性があるのでしょうか?
本当に大好きな作家さんで、「名残り火」を読んだ後、しばらく読んでない「テロパラ」「ひまわり」「蚊とんぼ」が読みたくなりました(^^)

解説にもありました。
-読者が作品を読むかぎり、作者はいつまでも生きているのである-

この藤原伊織ワールドに心酔しつつ過去の作品も再読していこうと思います(^^)


ランキング参加してます。
応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ


21:20  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

「シリウスの道」 藤原伊織



シリウスの道 藤原伊織

大手広告代理店・東邦広告に勤める辰村祐介には、明子、勝哉という2人の幼馴染がいた。この3人の間には、決して人には言えない、ある秘密があった。その過去が25年の月日を経た今、何者かによって察知された…。緊迫した18億円の広告コンペの内幕を主軸に展開するビジネス・ハードボイルドの決定版ここに登場。(BOOKデータベースより)

いいんだよな~(´ー`*)藤原伊織

大好きな作家であります。

この本は最初図書館で借りて、文庫化したのを買ってそして久々に読んでみた。
背表紙に「ビジネス・ハードボイルド」とあった。
そんなジャンルがあったのかと・・・(笑)
こんなジャンル、藤原作品以外にお目にかかったことないんですが・・・。

読んでみてどうも明子が鼻につく(--;)
「・・・私、祐ちゃんと駆け落ちしたいの」
カァーーーー!!!ムカツク!!!(笑)

藤原さん得意の広告業界での話。
素人にも分かるように(?)と、平野の質問でが出てくるが平野の質問があれども素人には分からないことは分からない。
いいんだ。分からなくても(´ー`*)

幼馴染の男2人に女1人となるとイメージ的になぜか「永遠の仔」を思い出しちゃいます。

流石に長編は読み応えありました(^^)
辰村さんの仕事に対する姿勢・意気込みってステキ~!
そんな辰村さんを上司に持った戸塚ってなんって幸せなんだろうと思ったが戸塚も頑張ったな~。
偉いぞ戸塚!!

そしてこの「シリウスの道」では「テロリストのパラソル」に出ていた島村さんのお店が登場!!
オーナーこそ違えども、あの懐かしのホットドッグが出てくる。
毎回食べたくなるんだよな~。おいしそ~(´ー`*)
結構味の描写が細かいのでその気になれば出来るのでありましょうが作りません!!
想像の中で味わう(バカ)

でも、普通の会社員があの店には行かないような気がするのでそれを考えるとやっぱり辰村さんもハードボイルドな人生を歩んでいるんだなと(^^)





ランキング参加してます
応援クリックお願いします


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
08:30  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.04 (Thu)

「雪が降る」 藤原伊織



雪が降る 藤原伊織

母を殺したのは、志村さん、あなたですね。少年から届いた短いメールが男の封印された記憶をよみがえらせた。苦い青春の日々と灰色の現在が交錯するとき放たれた一瞬の光芒をとらえた表題作をはじめ、取りかえようのない過去を抱えて生きるほかない人生の真実をあざやかに浮かびあがらせた、珠玉の六篇(BOOKデータベースより)

【目次】台風/雪が降る/銀の塩/トマト/紅の樹/ダリアの夏

どれもこれもカッコイイ!!!
やっぱり藤原伊織さん大好き~!最高~!!
っていうか、最読本なんだけれど5~6年前に読んだのでしょうが・・・
ここまで綺麗サッパリ忘れてると感動もひとしおっていうか2度美味しいっていうか・・・(汗)

短編集の中から何点か・・・

雪が降る
表題作にもなってます。
藤原さんの本は大体2度くらいは読み返しているのですが、「てのひらの闇」を再読した時に「あれ?」と違和感が残った。
「この本じゃなかったのか・・・」と。
その違和感がこれだった。
どうやら「てのひらの闇」と「雪が降る」をごっちゃにしてしまってました(^^;)
確かに藤原さんの作品は設定が多少似ているのでたまに間違えます。
仕事は出来るけれど上昇志向のない主人公、主人公と同僚で仕事が良くできるけれど温和な同期の上司。
そしてサバサバ系の部下の女性云々・・・
流石に大手企業に勤めていたからでしょうか?
この手の業界に関しての描写がすごくリアル!!

「銀の塩」
あーーん!!!(TдT)
島村さんがいた~!!
「テロパラ」も2回読んでますが3回目突入したくなった・・・。
この話の中身の印象としては薄いんだけれど、とにかく島村さんが登場しただけでかなり美味しい話であります。

「紅の樹」
この作品が「てのひらの闇」の元になった話のようです(あくまでも解説での話ですが)
あたしとしては「雪が降る」と「紅の樹」の合作が「てのひらの闇」でいいと思うのですが(´∀`)
名前も「堀江」さんだし(^^)
藤原さんの描く人物像ってかなり好きです。
元ヤクザなのに今では塗装工でちゃんと仕事も真面目にやっているとか、それでケンカはバカ強いとか、カッコイイ要素が沢山!
まぁあくまでも本の中で読んでいるのがいいんですけれど。
身近にいられても困るし(^^;)

「ダリアの夏」
ダリアの夏は藤原さんに似合わないと言ってはかなり失礼なのですが(汗)やや珍しいスポーツもの。
しかも野球!!
しかし必ず暗い影があったりするのは藤原流でしょうか?(^^)
ちょっと異色な感じですがこの短編集のラストを飾るにはとてもステキな作品でした。


ランキング参加してます。
応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
09:31  |  藤原伊織  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.07 (Sat)

「手のひらの闇」 藤原伊織




飲料会社宣伝部課長・掘江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診されるが、それがCG合成であることを見抜き指摘する。
その夜、会長は自殺した!! 
堀江は20年前に石崎から受けたある恩に報いるため、その死の謎を解明すべく動き出すが・・・



という内容。
この堀江課長はめちゃめちゃカッコよい。
ダサくてカッコよい。

藤原伊織さんの書く主人公は大体こんな感じの人が多い。
堀江課長は、表の顔は飲料会社の課長ながら、リストラ名簿に載り、もう少しで退職の予定。
そんな人であるのだけど、そんな小さな事はあまり気にしてない。
こんな堀江課長はやくざの組長の息子で心と左手の傷を持っている。
うーーーーん。かっこよい

今は組長だった父親も死んでかたぎの人になったのだけどケンカも強く
どことなくかたぎには見えない
藤原伊織さんの本にいつも出てくるマドンナ役(?)
女性ですが、こちらも大体パターンになっていて、世話焼きで(言い方が古いが)おきゃんな女性が多い。
今回は部下の大原真理。


読んでいて非日常がいいんです。
読書に非日常を求める私としてはとてつもなく好きであります

初期作品にはハードボイルド的なものが多かったのですが、
いろいろな作品を読んでいるとハードボイルドさを保ちながら違うジャンルのものもあって・・・大好きな作家でした。




09:52  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

「ダックスフントのワープ」 藤原伊織



大学の心理学科に通う「僕」は、ひょんなことから自閉的な少女・下路マリの家庭教師を引き受けることになる。「僕」は彼女の心の病を治すため、異空間にワープしたダックスフントの物語を話し始める。彼女は徐々にそのストーリーに興味を持ち、日々の対話を経て症状は快方に向かっていったが…。表題作ほか三篇。


初期の作品です。
テロリストのパラソルよりも前の作品だとか。
最近まで「ダナエ」とか「遊戯」を読んでいたので作風の違いにやや戸惑いを感じたりして。

レビュー見てもそれほど高くないんだよね。
まぁ気持ちはわからないでもないですが(^^;)
しかし、ここから「テロリストのパラソル」へ進んだあたりが逆に凄いぞ!

短編が4作品なんだけど、どの作品も妙に攻撃的なんだよね。
登場人物がトゲトゲしいというか攻撃的。
登場人物というか、登場している女性が攻撃的でした。
ここら辺は藤原さんの作品にやや共通しているところではありますが。

でも、最後の「ユーレイ」はなんとなく好きな作品でした。

「ユーレイ」ばかり繰り返し読んで満足した1冊です。




09:50  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.05 (Thu)

「ダナエ」 藤原伊織



世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか─。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。
(BOOKデータベースより)



藤原さんの作品と言ったら、イメージするのは
ハードボイルド・アル中・押しの強い女・ヤクザ・CM・広告・・・などが浮かびますが、この「ダナエ」に関してはどれも当てはまらない作品。


このダナエと一緒に掲載されていた「まぼろしの虹」「水母」は広告、CMの話が掲載されてました~。


やっぱり元・電通マンだった藤原さんの目線で描かれるCM・広告業界は凄くリアリティがあります。

文庫化される前にこの本も1度図書館で借りて読んだのだけど、その時は「まぼろしの虹」が好きだったんだけど、今回また読んでみると「水母」が良かったです。

同棲していた女性と別れる事になってしまった麻生。その女性の危機を救う形になるのだけれど、その方法が余りにも自己犠牲と言うかなんというか・・・

そういう不器用な形の愛でしか示せない麻生。

「不器用だな・・・」と、思って本を閉じました

13:31  |  藤原伊織  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT