2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2021.04.10 (Sat)

「JR上野駅公園口」 柳美里



JR上野駅公園口 柳美里

一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれたー東京オリンピックの前年、男は出稼ぎのために上野駅に降り立った。そして男は彷徨い続ける、生者と死者が共存するこの国を。高度経済成長期の中、その象徴ともいえる「上野」を舞台に、福島県相馬郡(現・南相馬市)出身の一人の男の生涯を通じて描かれる死者への祈り、そして日本の光と闇…。「帰る場所を失くしてしまったすべての人たち」へ柳美里が贈る傑作小説。

ダンナがどこかで聞いてきたのか、「読みたい」と言ってきました。
たまたま見つけ、旦那が読んだ後に読みましたが。

ものすごい孤独と絶望を感じました。
つらーーい。

東北の男の人は東京に出稼ぎに行くなんていうのは実はよく聞く話でして。
わたしの父や旦那のお父さんは違うけれど、周りにも出稼ぎに行ってる
ということはよくありました。
東北は特に冬、仕事ないからね。

で、働いて働いて、でも、息子が急死、その後、長年連れ添った妻も急死。
心配した孫娘が、泊まり込み食事の世話等をするも、それを申し訳なく思い、
置手紙を書いて東京に行く。
しかし、年齢もありホームレスに。
やりきれないよなぁー。

辛かった。
ラストの解釈がわたしと旦那とでは違ってて。
ダンナは飛び込んだ。
わたしは飛び込むのを躊躇した。

ですが、読書メーターを読む限りでは「飛び込んだ」派が多かったな。
飛び込んでほしくないという私の願望かな?
13:37  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.10.05 (Mon)

「出張料亭おりおり堂 ほこほこ芋煮と秋空のすれ違い」 安田依央



出張料亭おりおり堂 ほこほこ芋煮と秋空のすれ違い 安田依央

ついに山田澄香は、仁にプロポーズされたーーはずなのだが、ふたりの関係はその後も深海生物の進化ほど変化がなかった。一方、店には澄香を追い出すため暗躍する孝、記憶喪失の虎太郎、更には仁を狙う(?)謎の美女・エリカが現れ、澄香は置き去りに。ずっと仁を信じ待っていた澄香は、ここである決断をするが……

なんか、ここにきてミステリーみたいになってきたなぁ。
なんでだ??(笑)
まぁちょっと面白くはなりましたが。
しかし、物語的に全く進まないというのはいかがなものか。

謎とか、ミステリー部分のみがあって、山田と仁の関係が全く進まない。
挙句に、仁が「もう少し待ってくれ」って。

それはそうと、タクシー運転手の定年退職でおりおり堂の出張依頼をお願い
したところ、登場した芋煮。
いいなぁー。羨ましいっ!!!
芋煮って少し食べるだけでいいんだよね。
すぐお腹に溜まるので。
だから、作ってもらったのを食べたい~。
家で小さい鍋で作っても多分・・・イマイチなんじゃないかな。
子供のころ、苦手だった「ねばるもの」が大人になり、どんどん
大好物に変わっていく味覚の不思議。
07:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.10.03 (Sat)

「出張料亭おりおり堂 月下美人とホイコーロー」 安田依央



出張料亭おりおり堂 安田依央

「おりおり堂」に仁が戻り、山田澄香はまさかの「喪女」卒業かーーと思われたが、今度はおじゃま虫が現れた。仁の弟で橘グループ総帥候補・孝だ。会社へ戻るよう仁を説得するため「料理を教えてほしい」と店に乗り込んできたのだ。しかしこの男、全く料理をしたことがなくて……。

仁の弟である、孝の視点での1冊。
なんか、変にミステリアスになってきたなぁ。

山田がかなり変な女になってしまって、残念感甚だしいけれど。

母親の仕事が忙しくて、半分グレかかってた磯野くん。
コンビニで万引きしそうになったところを、山田に止められ、
あれやこれやで、仁が料理を作ることに。
「何が食べたいか?」との問いに、

「チンしてできるご飯ではなくて、炊きたてのご飯が食べたい」

って泣けない!?
一番食べたいのそれかー。
と、思うとこの子の渇望感っていうのかな。
そういうのがものすごく伝わったっていうか。
やっぱりご飯よね。と、うんうん。と頷いてしまった。
ご飯は毎日食べても美味しいもんねー。
07:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.07.03 (Fri)

「皆殺しの家」 山田彩人



皆殺しの家 山田彩人

警視庁の刑事である小倉亜季。亡くなった兄が自宅に匿っていたのは親友でもあり三人を殺害し指名手配中の久能だった。兄の遺志を受け継ぎ久能を地下牢に匿ったが、亜季によって外界との接点を遮断され暇をもてあました久能は亜季の知る不可解な事件の謎を要求してきた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
乱歩城/妖精の足跡/空からの転落/防波館事件/魔術的な芸術/皆殺しの家


もう少しオドロオドロしい話かと思ったらそうでもなくて。
安楽椅子探偵モノと言った方がいいかなぁ。

なんで久能が亜季の家の地下牢にいるかというと、
家族3人を殺した指名手配犯として追われているので。
でもって、亜季の職業は刑事で。
いくら亡き兄がしたこととはいえ、指名手配犯を刑事がかくまうって・・・
と、内緒でやってきたら、暇を持て余した双子の姉妹が登場して
かき回す。
困った人です。

で、最後には自分の事件(家族3人を殺したと言われている事件)の
謎に迫るワケなんだけど、まぁ・・・ここまで引っ張ったんだから
もう少し「おぉっ!」と言うのが欲しかったというのが正直なところ。

ただ、それが真相だったら久能の妹さんが気の毒。
なんっていうか、頭の固いおっさんの偏見のせいで・・・。
ねぇ。
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.06.22 (Mon)

「ココ・シャネルという生き方」 山口路子



ココ・シャネルという生き方 山口路子

孤児院で育ち、自力で富と名声を手にした世界的ファッションデザイナー、ココ・シャネル。「働く女の先駆者」シャネルのゴージャスな恋愛、仕事への情熱を、「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」とともにコンパクトかつ濃密に描き出す。シャネルからのメッセージがつまった、熱くてスパイシーな一冊。

当時の女性ったらコルセットでウエストぐるぐるに縛って、
ひらひらのドレスを着るっていうのが当たり前だったんだけど、
その「当たり前」を壊したシャネルってすごいなー。

物凄くキツいみたい。性格。
そして仕事人間。
ただ、ものすごく先を見るセンスがあって。

「シャネルの5番」なるネーミングの由来とか書いてて、
そういうセンスもあるんだろうね。
シャネルはひたすら無駄なものを除く。シンプル、機能性、というのが
基本らしいんだけど、なんでだろう・・・
バブルなイメージがまとわりつく。
本来はそうなんだろうね。
センスのある人が着るべき服なんだろうなぁー。

あまり恵まれた出生ではなかったので、秘密にしたかったり
途中で嘘言ったりしてたみたいだけど、
かなり気が強いみたいなので、わたしはあまり近づきたくはない(笑)
08:37  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.11 (Sat)

「出張料亭おりおり堂 コトコトおでんといばら姫」 安田依央



出張料亭おりおり堂 コトコトおでんといばら姫 安田依央

天才イケメン料理人・橘仁が訪問先で料理を提供する「出張料亭」。その助手として恋心を抑えつつ働いてきた山田澄香は、仁の背負う重い過去を知り、衝撃を受ける。そして突然起きた悲劇によって、店は休業の危機にーー。試練のとき、仁と澄香が選んだ道とは? 感動のおいしいシリーズ第三弾!

2巻の続きって感じ。
結構、不穏な感じの2巻でなんとなく「これで終わったの??」と思っていたので
3巻になって掘り下げてたので少し安心した。

これで終わりはないよなーと思ってたので。

くるみ・大河の姉弟の件とか。
小山さんよぉー。
何かにすがりたくなったり逃げたくなったりする気持ちもわからなくもないけれど、
相手が最悪だった件(T_T)

そしてバンシー鈴子の存在は強烈であり至極まっとうなおばさんでした。
確かに、小山の元妻の母親であれば、作る料理って当たり前だけれど、
同じ味になるしね。
そうよ。占いもいいけれど(強烈だけど)、味覚も大切。

そして沙織。
これはダンナにイラっときた。
そこを、あのハロウィンおばさんに付け入られ、
おかげでおりおり堂休業の羽目になったんだけれど。

そして激やせ澄香に優しい仁・・・
優しいなぁー。
優しいのにまた京都行くんだもんなぁー。
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.07 (Tue)

「出張料亭おりおり堂 ほろにが鮎と恋の刺客」 安田依央



出張料亭おりおり堂 ほろにが鮎と恋の刺客 安田依央

見た目も腕も抜群の料理人・橘仁から、訪問先で料理を提供する「出張料亭」の助手に誘われた山田澄香。仕事も結婚もこれで安泰と働き始めたが、仁との距離は縮まらぬまま。そこへある日、可憐な娘が現れ仁の胸に飛びこんだーー!? ライバルの出現、そして澄香の知らない仁の過去。早くも波乱のおいしいラブコメ第二弾!

京都の人ってこんなに性格が・・・ゆがんでおりますのん?

と、聞きたくなるくらい、もしくは全京都女子を敵に回しているのではないの?
というくらい、京都の人って毒がありますねー(笑)

そんな感じで仁さんの過去がわかります。
酸味がわからなくなり、料理人としては致命的な状態だったので
京都から逃げてきたと、書いてもいいよなぁー。

なんか、今回変な人ばかり登場して、読んでて疲れた。
ハロウィンの料理を呪いの料理にして、相手に呪いをかけて
自分は楽しむとか。

まぁおりおり堂で断ってましたが、依頼を受けるのかと思ってましたので
「断ることもあるんだな」と思いました。

山田の成長はまだ先かもねー。
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.16 (Sat)

「出張料亭おりおり堂 ふっくらアラ煮と婚活ゾンビ」 安田依央



出張料亭おりおり堂 安田依央

三二歳独身、派遣社員。婚活も人生も迷走中の山田澄香は、骨董店「おりおり堂」のカフェスペースで口にした料理の味と、料理人・橘仁の男ぶりに心を奪われる。折しも仁が助手を募集中と知り、訪問先で料理を提供する「出張料亭」を手伝うことに。恋愛が苦手な女と硬派すぎるイケメン料理人の二人三脚やいかに?『出張料理おりおり堂』改題。

【目次】(「BOOK」データベースより)
卯月 セレブママ会の鯛供養/皐月 オネエの城の初鰹/水無月 モンスターブライドのちらし寿司/文月 米寿祝いの牡丹鱧


テレビでやってた出張家政婦みたいな感じかなぁーと。
それをイメージしました。
そして、タイトルからは「WON'T BE LONG」を思い出しました。
わたしと同年代の方はそうじゃないかなー?? バブルガム・ブラザーズね。

ニューハーフの軍団が怖いっていうか、集団になるとみんなそうか(笑)
強烈すぎて驚くんだけど、言っていることは結構正しいのがこの人たちであると思います。
澄香も何か昔辛いことがあったらしいけれど、仁も料理人のくせに
何かとんでもなく辛い出来事があったようで。
その過去云々がこの先登場するんだろうけれど、
個人的にはニューハーフのおねえさんたちがレギュラーで登場して
くれればと思います。

鱧(ハモ)食べたことないなぁー。
美味しいのかなぁー。
想像もつかないっていうか、ウナギしか浮かばない(笑)
05:00  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.28 (Sat)

「夜の塩」 山口恵衣子



夜の塩 山口恵衣子

国立大学を卒業し、名門私立女子校で英語教師として働いていた十希子は、突然、母の死を知らされる。商社の男と心中したというのだ。男は資金課長で、鉄鋼会社との架空取引に関与したとして、検察に召喚される寸前だった。昭和30年、神武景気が始まり、社会が沸くなか、前年の造船疑獄など、汚職事件が頻発していた。母は事件に巻き込まれたのか?死の謎を解くため、十希子は母の勤めていた高級料亭に飛び込み、仲居として働き始める。真相を探る過程で見つけたのは…。愛と復讐のせめぎあい!事件の真相が明らかになるとき、愛は続くのか。衝撃のラスト!愛はサスペンス!書下し。

この話も昔だなぁ。
2019年発行ですが、物語的には昭和30年くらいかな。

母親が無理心中なんてするわけがないと、英語教師を辞めて
母親が務めていた料亭で仲居として働くことになった十希子。
そこで母の死の真相を探ろうというわけですよ。

二時間ドラマみたい。

しかし、素人の十希子なのになぜこんなにもうまくいく??
週刊誌記者の津島のスパイ的なこともしたり、
糸魚川の愛人になったり、普通ではやらないような
ことをやったり。

そうしているうちに母親の死の真相がわかるわけですが・・・
ラスト、自殺する人がいるんだけど、その人の自殺方法が
読んでてものすごく怖かった。
こういうの血の気引くんだよね。
力抜けるっていうか、怖いです。
そのくらい死ぬという気持ちがあるからできるんでしょうが。

しかし・・・BOOKデータベースの「愛はサスペンス」
意味が・・・
意味が・・・っていうか、この本で「愛」持ってる人いた??
特に十希子。あなただ。
17:22  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.04 (Mon)

「怪盗インビジブル」 行成薫



怪盗インビジブル 行成薫

とある地方の公立中学校、通称「北中」では、生徒たちの持ち物の紛失が相次ぎ、現場には決まってネコが描かれた黄色い付箋が残されていた。「あいつに盗まれたんじゃないの?」まことしやかに噂される犯人の名前。それは、古くから伝わる学校の七不思議のひとつー人が“一番大事にしているもの”を盗んでいくという怪盗インビジブルだった。一方その裏側で、標的にされた生徒たちや教師には、それぞれ思いがけない変化が訪れてー。黄色い付箋にご用心!新感覚“青春×クライム”ミステリー!

ちょっと期待外れ。
前に読んだこの人の作品が結構予想外の面白さだったので期待してしまったのねー。
ちょっと残念でありました。

とりあえず読んだ後に何も残らなかった。

怪盗というと痛快というイメージがありますが
これはそういう話ではないんだよね。

中学生でスマホ持つ持たないは現実にある話で・・・
こういうの読むと、私、昭和の人間でよかったと
しみじみ思います(^^;)

ただ、持った方が優位な気持ちになるのではなく、
持たないほうが卑屈になる。
こういうのはめっちゃわかるっ!

あと、それこそ「万引き家族」の話もありましたが、
現実はそんなもんだ。
気の毒だが、「盗んだ」という事実って結構他の人にも
記憶に残るんだよね。

そのスーパーの店長がかなりイヤな奴と思っても
やっぱり盗むってダメってことです。

07:38  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT