2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2021.01.15 (Fri)

「比例区は『悪魔』と書くのだ、人間ども」 藤崎翔



比例区は「悪魔」と書くのだ、人間ども 藤崎翔

サタン橋爪率いる「悪魔党」。奇抜なメイクと高飛車な言動で耳目を集めるイロモノ候補かと思いきや、意外と真っ当な政権公約に次第に人気を集め、見事4人が比例区当選を果たす。やがて世界中に「悪魔運動」を起こすほどの影響力を持つようになるのだがー(表題作)。幽霊歴75年、心霊写真に長年写り込んできた柳田勇だが、昨今の画像編集技術の向上で心霊写真の信ぴょう性が薄れてしまい、怖がらなくなった現代人を再び恐怖させる方法を模索している。新たな仲間の幽霊を募り、ユーチューブやニュース映像に映り込もうと画策するがー(「心霊昨今」)。元お笑い芸人の著者ならではの特盛ネタ!次々繰り出すあの手この手の短編&ショートショート全12編。

【目次】
日本今ばなし 金の斧銀の斧/貴様/一気にドーン/マッチングサイト/伝説のピッチャー/シンデレラ・アップデート/心霊昨今/未来の芸能界/比例区は「悪魔」と書くのだ、人間ども/宇宙人用官能小説/三十年後の俺/AI作


表題作はやっぱり面白いよね。
表紙もだけれど、内容からもどうしても「アノ人」たちを思い出してしまって。
パクリ??パクリなのか?と、思ってたらオチがあった。
オチ付きの話かー!!!

オチといえば、「三十年後の俺」もユニークなオチがついてて笑いました。
「伝説のピッチャー」もこういう事ってあるよね。うん。うん。と思いながら
読みましたが、オチはちょっと辛い(;・∀・)
「未来の芸能界」も、未来と言いながらも、モロ今の話でしたよ。
これはシュールすぎるww

短編でしたので気楽に読めました。
しかし・・・悪魔が総理大臣になる話・・・
どうですか??(笑)
06:00  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.08.02 (Sun)

「あなたに会えて困った」 藤崎翔



あなたに会えて困った 藤崎翔

善人と書いてヨシト、なのに空き巣で前科二犯の「俺」。出所早々、懲りもせずに忍び込んだ豪邸の主は、なんと初恋相手の美女マリアだった。後日、偶然を装って再会し、急速に距離を縮めていく二人ーと思いきや、彼女の望みは夫の殺害!?90年代の思い出ネタにニヤニヤ、でもラストは思わず声が出る笑いと涙の衝撃ミステリー!

衝撃っていうか、このどんでん返しはやっぱり無理があるんじゃないかなぁと思いました。

「ん?途中で漢字になったな」とは思ったけど、
そこにふかーーーーーーーーーーい意味がある。
まぁわざわざ描写を変えてくるというのは何かあるのは
長年の本読みの勘で分かるんだけど、
読了後、それに納得するかどうかってことよね(笑)

しないよ(--;)

まぁ当時の世相とか、90年代のあれやこれやも
懐かしくもありましたが、予測できないどんでん返し
っていうのもなぁ。
納得いかなければ、それはどんでん返しではないのだ。

05:00  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.12 (Thu)

「私情対談」 藤崎翔



私情対談 藤崎翔

若手人気女優、井出夏希とベストセラー作家、山中怜子の誌上対談。本音と建て前が交錯する中、夏希も怜子も内心で、過去の恐るべき罪を語り出し……。 衝撃につぐ衝撃で息もできない! 奇才が描く問題ミステリ!

対談しながら心の中では毒づいているという。
今まで何冊か藤崎さんの本を読んだけど、これはちょっと詰め込みすぎ。
もう少しいろいろと緩くても。
そう思いました。

いろいろな対談形式でいろいろな人が登場するんだけど、
どこかどこかでつながっているせいで、
多少混乱するっていうか。
で、対談しているうちに、性格まで変わってくるのか?
本性出るっていうか。
怖い人いろいろいました(全部女性)

ただ、やっぱり最初と最後に登場した井出夏希と山中怜子が一番強烈ではあった。

この2人は普通に人を殺しているし。
そういう意味では強烈だよね。

14:47  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.13 (Tue)

「お隣さんが殺し屋さん」 藤崎翔



お隣さんが殺し屋さん 藤崎翔

専門学校入学のために田舎から上京した美菜は、隣人に挨拶することに。お隣さんの雄也はどこか陰のある長身の青年で、美菜は好意を抱く。一方、雄也は美菜にある物を見られ動揺する。それは一発の銃弾だった。雄也はそれを使った「仕事」を思い出す。ある弁護士を闇に葬った、恐るべき出来事を。さらに雄也の今度の仕事場は、美菜が通う専門学校で…。純朴女子学生と危険な殺し屋が交錯する、衝撃的ラストのユーモアミステリ!

帯に「302ページから起こることは決して誰にも言わないでください!」
とありまして。
いつもそういうのに気付かないで読破するので最初から302ページに付箋貼っておいて
「ここだぞ!」と分かるようにしておきました(笑)

結果としては確かにその通りで、302頁から物語が変わります。

なるほどねー。
うまいなぁー。

確かに「変だな」と思った箇所が1か所あったんだけど
(たった1か所ですが)

なんで「パパ」に「部屋散らかしちゃった~」というのだろう。
そこだけが不思議ではありましたが、そんな言葉にはもちろん意味があるのです。
気楽に気軽に読めました。
殺し屋の話でしたが(笑)

05:00  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.30 (Thu)

「神様の裏の顔」 藤崎翔



神様の裏の顔 藤崎翔

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した。…のだが、参列者たちが「神様」を偲ぶ中、とんでもない疑惑が。実は坪井は、凶悪な犯罪者だったのではないか…。坪井の美しい娘、後輩教師、教え子のアラフォー男性と今時ギャル、ご近所の主婦とお笑い芸人。二転三転する彼らの推理は!?どんでん返しの結末に話題騒然!!第34回横溝正史ミステリ大賞“大賞”受賞の衝撃ミステリ!

「面白半分」さんのブログで取り上げられてて興味を持ちまして読了~(〃ω〃)

正直ラストは私の予想の斜め上をいった感じで呆然というかビックリというか。
途中の「そこ」で止めておくとまた違った感じがでたのかもしれないけれど。
でも、途中まで強烈だったもんねー。
「怖いよ。坪井先生・・・」と思いながら読みましたので。

オチが分かったと同時に読んでいる最中のなんか・・・違和感があったのですね。
そこは納得しました。
そういうことだったのかー。

そうすると犯人が一番憎かったのはあの人かな。
08:21  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.02 (Sat)

「こんにちは刑事ちゃん」 藤崎翔



こんにちは刑事ちゃん 藤崎翔

ベテラン刑事・羽田隆信は後輩の鈴木慎平と殺人事件の捜査中、犯人に撃たれ殉職したーはずだった。目がさめると、なんと鈴木家の赤ちゃんに生まれ変わっていた!?最高にカワイイ赤ちゃんの身体と、切れ味鋭いおっさんの推理力で、彼は周囲で巻き起こる難事件に挑む!笑って泣ける衝撃のユーモア・ミステリー、誕生!

コナンくん以上かも(笑)
コナンくんは「見た目は子供、中身は高校生」だけど、
こちらは「見た目は赤子、中身はベテラン刑事のおっさん」なので破壊力はかなりありました。

しかし、赤子のサイクルどおりしか行動できないので、歯がないと喋れないし、寝返りうったりハイハイしたり、いろいろ赤ちゃんの行動をしながら中身はおっさんのまま過ごしていきます(爆)
どんな展開だ。

しかも、途中で後輩刑事の鈴木にバレます( ̄∇ ̄*)
それまで鈴木は母乳推進派でありましたが、
自分の妻のおっぱいを飲んでいるのは実は自分の先輩刑事である羽田だと知ってから
母乳阻止に向かうというww
奥さんじゃないけど「何いってるの??」状態です。

で、うまくいけば続編が「こんにちは警察犬(ワン)ちゃん」だそうで。
この本が売れて、さらに作者の意欲があると続編ができるらしい。

犬はさすがにワンワンしか言わないだろうなー。
05:00  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |