igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「君と過ごした嘘つきの秋」 水生大海



君と過ごした嘘つきの秋 水生大海

風見高校に教育実習生がやって来た。友樹たち1年5組の教生・久遠寺絢子は女子大生作家であるとわかり、たちまち注目の的に。映画研究部はその小説の映画化を企画し、美少女の毬の出演も決まる。撮影が順調に進むなか、花壇に「骨」がばらまかれたことから、過去の落下事故が浮上する。恋愛、友情…十代の危うさが巻き起こす事件の真相とは?風高5人組が挑む学園ミステリー!

「消えない夏に僕らはいる」の続編でしたー。
どこかで聞いた登場人物だと思ってましたが、話自体は独立してたので気にせず読めました。

骨格標本落下の謎の解明は面白かった。
さすが、島田荘司賞の作家だけあって、トリックが本格!!

面白い。
こういうのを読んでると本格って面白いと思う。
思い込みなのよ。思い込み。

メインとなる登場人物がちょっと多いのが気になるけれど、
前回メインだった響が今回はあまり登場してませんでした。
まぁそういう風に回していくなら今後もたくさんお話ができるかも。

メインの登場人物が多いうえに、今回の登場人物も結構いて
人間関係がやや面倒に思った(笑)

「消えない夏に僕らはいる」 水生大海



消えない夏に僕らはいる 水生大海

5年前、響の暮らす田舎町に、都会の小学生たちが校外学習で訪れた。同学年の5年生と言葉を交わすうち、彼らを廃校に案内する。きもだめしをすることになった響たちは、ある事件に遭遇し、一人の女子が大怪我を負ってしまう。責任を感じ、忌まわしい記憶を封印した響だが高校生活に希望を抱くなか、あの日の彼らと同じクラスで再会するー少年少女の鮮烈な季節を描く、青春冒険譚。(BOOKデータベースより)

なぜか一気読み。
めちゃめちゃ集中して読みました。
特にミステリーとか、特に青春冒険とかでもないんだけど、読んでて面白かったなー。
読み終わって何かが残るとかではなかったけどね。

田舎で差別や偏見が支配し、苗字を変えて生活するしかなかった響。
高校に入ると誰も自分を知る人がいないと思って入学したら
その教室には一番会いたくなかった5年前の事件の当事者たちがいた。

小学校5年生の時の事件はこれは大きいだろうなー。
それを高校1年になっても引きずるかというと、

引きずるよな。

でも、面白かった。
クラス委員の女子がうざいことこの上ありませんでしたが(笑)
こういう人いたらイヤだなーと。
でも、面倒な事は全部やってくれそうだけどいちいち煩いからイヤだ。やっぱり(笑)

「かいぶつのまち」 水生大海



かいぶつのまち 水生大海

演劇全国大会の前日、出演予定の部員たちが何故か次々と体調を崩す。さらに、上演予定の作品「かいぶつのまち」と同調するかのように、主役の女生徒に凶器のナイフが届けられ、せっかくの晴れ舞台はだいなしに!後輩たちの芝居を観に来た劇団「羅針盤」の元メンバーは、この騒動の背後に潜む「かいぶつ」の姿を探し始めるー。人間の「悪意」と「壁」を描く傑作青春推理。(BOOKデータベースより)

「羅針盤」シリーズの第二弾ですが・・・

前作の内容をすっかり忘れているという毎回の嘆き( ̄▽ ̄;)

忘れるのよねー。
過去は振り返らないというか、読む量が多すぎて感動は一夜限りとか
そういう読書体制でございます(。・ω・。)

なので、気づけば続編が出てたよーというのは嬉しいが困る(笑)

でも、前作を知らなくても楽しめる内容です。
ただ、読んでいくと「そういえば前作どういう内容だったっけ?」と思っちゃう。

今度は高校の演劇部に瑠美の脚本が使われるということで
舞台を観に行くのですが、そこでいろいろと悪意の散りばめられた問題が起こるのです。
先生や部員が原因不明の腹痛を起こしたり、主演役の自殺未遂とか。

そのすったもんだに巻き込まれ、そして解決するというパターン。

高見澤という何というか読んでいると小憎たらしい若者がいるのですが、
ちょっとミスったりすると「クッ」と笑ってしまう自分がいました(笑)

全体的に割合と王道なミステリーだったと思う。
多分、前作の時も書いた。
まぁ島田荘司プレゼンツの福ミス受賞者だからねー。

「少女たちの羅針盤」 水生大海



少女たちの羅針盤 水生大海

「お前こそが殺人者だ、証拠が残っていたんだ」短編ホラー映画の主演女優としてロケ現場にやってきた舞利亜。彼女に渡された台本には脅迫状が挟みこまれていた。四年前路上パフォーマンスで伝説的な人気を得た女子高校生四人の劇団「羅針盤」は、メンバーの突然の死によって活動を停止した。その死に舞利亜はどう関わっていたのか?隠された真相を暴いたのはー。(BOOKデータベースより)

こういう本は好きです(・∀・)

少ない登場人物。
4年前の殺人??
4年後に解き明かされる真実。

うーーーーん。好きだ~。
この作品は「島田荘司選第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作」というあまりお馴染みのない賞を受賞したのですが、島田荘司さんが選ぶだけあって、本格推理要素もふんだんにテイストしててそれはもうとてもとても好みなのです。

なんかこう・・・女のドロドロとした嫉妬みたいな感情といいますか。
表面ではニコニコしながらも内心では・・・となるワケで。

羅針盤の1人がメンバーの1人を殺害した

という設定で物語が進みますので、読みながらずっと

誰が誰を殺したんだろう??

と、ワクワク(?)しながら読み進めるワケです。
犯人が分かり、いろいろと解明されたとき妙な達成感がありました。

ワカマツカオリさんの表紙も相変わらずよく、
4人の羅針盤の登場人物。
それなりに特徴が描かれてます。

正面から時計回りで、
南・西・北・東 の彼女たちになりまする。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります