2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.07.31 (Sun)

「暗幕のゲルニカ」 原田マハ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

暗幕のゲルニカ 原田マハ

反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

元々、美術と造詣が深い作家さんのようです。
知らなかったんだけど、だから美術系の作品が多いらしい。得意分野ってことか。

自分的には今のところパッとした作品に出会ってなかったのですが、
今回直木賞候補になったという本作品を手に取りましたー。



が。



やっぱり評価は変わらずかなー。
現在の瑤子の章とピカソが生きてるドラの章っていうのがあるんだけど、
ドラの章がなんか分かりにくい。
ピカソについてあまり知らないからなのかもー。

まぁそういうレベルなので、ドラの章なんかなくても瑤子の章をもう少し濃くしてくれたらいいのに。
と、思ったわけです。

あとは美術を見る目ゼロってことにも敗因が・・・(笑)
ただ「綺麗」ばかりだからなー。
それ以外の感情を絵では感じたことがない・・・のだ(。・ω・。)
05:00  |  原田マハ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.25 (Tue)

「総理の夫」 原田マハ



総理の夫 原田マハ

待ったなしの日本にさっそうと現れたー史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。(BOOKデータベースより)

第111代の総理大臣になった凛子。
その夫である日和の日記が書かれているわけですが、
日記を書く夫だけあってなかなかナイーブな性格をしています。
最初の頃なんか、なんとも不憫で気の毒になりました(^_^;)

不憫だなーと思いながら読んでましたが、次第に物語にのめり込みまして。
日和の母親もまた最初はイヤだなーと思ってたんだけど実は彼女はいい人です。
昔の女性はカッコいいですね。

そして、総理大臣として今まさにってところでまさかの「アレ」

読んでて本を落としそうになりました(|||_|||)

これはねー、考えられないしありえない。
いくらなんでも不用意すぎる。
こういう事こそ「だから女の総理大臣はダメなんだ」って言われることだよー。
ここまで周到な凛子が何もしないなんて考えられず「はぁ?」と思った。


「いいじゃない。それでも」
みたいな空気が「アホか」とすら思いまして。
ただの女性でではないのだー。
日本の総理大臣なのだー。

そのラストのさえ起きなければいい本&面白い本で終わっただけに残念です。
05:00  |  原田マハ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.19 (Tue)

「ごめん」 原田マハ



ごめん 原田マハ

範子-偶然目にした詩が、自分たちを捨てた父親の記憶を呼び起こした。陽菜子-意識不明の夫の口座に毎月お金を振りこみ続けていた人物と、ついに対面を。咲子-不倫と新たな恋。病気を告知され、自分の願いがはっきりわかる。麻理子-行方不明の親友と暮らしていたNYのアパートを、7年ぶりに訪れて。-その瞬間、4人の女性は何を決意したのか?『カフーを待ちわびて』から2年。日本ラブストーリー大賞作家が、揺れ動く女性たちを描いた感動小説集(BOOKデータベースより)

【目次】
天国の蝿/ごめん/夏を喪くす/最後の晩餐



えーーっと、はじめましての作家さんです。
タイトルの

ごめんっ!!」

というストレートな響きに心奪われ(爆)、
借りたはいいけれど、それほどストレートな内容でもなかったかな。

若くもなく、老けてもいない、まぁいうなればわたしの年齢のような女性が
登場してました。
結構好きなのは「天国の蠅」
何と言いますか・・・ほかの作品に比べてリアルさを感じたというか・・・
ほかの作品が結構綺麗なのよね。
綺麗ってほど綺麗でもないんだけど(どっちだ)
なんかリアルで身近にありそうなのって
詐欺師父の借金問題・・・

・・・??

かな?(´・ω・`)

冷静に思うと違うかもしれないけど(笑)
借金作って消えたり、娘のバイト代を盗ろうとする汚い感覚っていうのが
結構好きでした。

他はね~綺麗すぎるというか、執着心がない人たちばかりな所にやや違和感。
奔放といえば奔放な女性たちにちょっと同調できませんでした。

青柳くんのキャラはいいですね(^^)
大変でしょうがこの先も前向きに生きていただきたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
09:35  |  原田マハ  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |