igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「バチカン奇蹟調査官 天使と堕天使の交差点」 藤木稟



バチカン奇蹟調査官 藤木稟

さる宝石商が、呪いの宝石に悩んでいるという。処刑された悲劇の女性、ベアトリーチェ・チェンチが所有していたという曰く付きの宝石で、幽霊の目撃者や死者まで出ているらしい。平賀とロベルトは呪いを解くことができるのか。(「ベアトリーチェの踊り場」)ジュリアが上司、ルッジェリのために催した豪奢な宴には、恐るべき秘密が隠されていた。(「素敵な上司のお祝いに」)ほか、ビル捜査官やシン博士も登場!必読の短編集、第4弾!

【目次】(「BOOK」データベースより)
ベアトリーチェの踊り場/素敵な上司のお祝いに/マスカレード/シン博士とカルマの物語


気楽に読める短編集です。
人気メンバーが続々と登場します。

私は個人的に3番目の話。
平賀もロベルトも登場しないビルの話が好きです。
アメリカ人のビル・・・実は両親も敵で、そこを欺きながら
敵だと気づいたけど気づかないふりをして生きているわけですが
(自分の身を守るためです)
パートナーの女性とビルの母親との水面下の戦いは
読んでてとても面白かった。

インド人のシン博士の宗教が真面目過ぎてクラクラしました。
っていうか・・・どうするんだろう。
大変で、そこら辺の虫を踏みつぶしながら生きている私なんて
とてもとても無理ーと
思うしかなかった。

短編も面白いですが、やっぱり本編の方が好きです。

「バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 藤木稟

フランスの小村の教会から、バチカンに奇跡申請が寄せられる。山の洞穴の聖母像を礼拝している最中、舌のない鐘が鳴り全盲の少女の目が見えるようになったというのだ。奇跡調査官の平賀とロベルトは早速現地へと赴く。この一帯はかつて「ジェヴォーダンの獣」と呼ばれる怪物が出没したとの伝説が残る地。さらに少女は3年前、森で大ガラスの魔物に出会ったことで視力を奪われたというがー!?天才神父コンビの事件簿、第14弾!

今回はきちんと平賀とロベルトが活躍してました。
やっぱりバチカンものはこうじゃないとねー。
登場人物も余計なの(?)は登場せず、しっかりメインの2人とシン博士が
奇跡について調べる。
あぁー王道だ。

平賀とシン博士のやり取りはコントにしか思えず、
このやり取りを真剣にやっているこの2人に親近感を覚えます(笑)

そして、行き詰ったときには料理を作るロベルト。
相変わらず上手で美味しそうです。
ダイエット中のわが身には辛い(笑)

そして今回もまた奇跡ではなく、一体いつになったら「奇跡」が起きるのか。
今回のこれでも、解明しちゃうって・・・本当は奇跡とか望んでないんじゃない??
ってくらい徹底した捜査です。

「バチカン奇蹟調査官 二十七頭の象」 藤木稟



バチカン奇蹟調査官 藤木稟

バチカン美術館にある絵画の前にマリア様が現われて預言をするらしい。平賀とロベルトは、近頃囁かれている噂について調べるよう命じられる。一方ローマ郊外の町では、十字路に描かれた奇妙な紋章の上で連続して変死体が見つかる怪事件が起きていた。カラビニエリのアメデオと心理捜査員のフィオナが事件に挑むが…。交錯する2つの謎はやがて世界を混乱に陥れてゆく。ローレン失踪の真相が明らかに!?新展開の第13弾!

今回・・・あの神父2人はなんだったんだろう・・・(;´∀`)

今回もフィオナが登場しておりまして・・・
表紙の女性がフィオナだそうです。
前作にも登場してましたが、あまり記憶にないんだよね。
でも2作連続で登場したところを見るとおそらくレギュラーにしたいんだろう。

神父2人との絡みもありましたし、
今後ローレン絡みで何かあるだろう。

・・・ってくらいしか言えないよねー。

それ以外の意味を見出せない1冊でした。
次こそは面白い話をお願いします。
神父2人メインのを。
是非。

「バチカン奇蹟調査官 ゾンビ殺人事件」 藤木稟



バチカン奇蹟調査官 藤木稟

イタリアの森で、男女がゾンビに襲われるという衝撃的な事件が発生した。カラビニエリのアメデオ大尉は、天才少年にして凶悪犯罪者でもあるローレンを頼ることに。ローレンに心酔する心理捜査官のフィオナと共に捜査を開始するが、さらに大量のゾンビが発見され!?(表題作)FBI捜査官のビルが奇妙な誘拐事件に巻き込まれる「チャイナタウン・ラプソディ」、平賀とロベルトの休日の一幕を描く「絵画の描き方」など全4編!

【目次】
チャイナタウン・ラプソディ/マギー・ウオーカーは眠らない/絵画の描き方/ゾンビ殺人事件(独房の探偵2)


短編でスピンオフ的な本だったので気軽に読みました。

一番面白かったのが「マギー・ウォーカーは眠らない」ですが・・・
マギー・ウォーカーって誰だっけ?(・ω・)ゞ
自分のブログを確認しても出てこないんだよねー。
結構特徴的な雰囲気の人なのに・・・誰だっけ?
しかし、またこういう子供が登場したか。
ミレニアム4に出てきた子供&映画のマーキュリー・ライジングのサイモン。
きっとこういう子はものすごく頭がいいんだろう。

久々にビルが出てきて嬉しかったが、こういうことだったのか。
私が読む小説では主要メンバーがよくよく窓際に追いやられる(笑)

でもまた復活してほしいものです。

アニメ化になるようで、帯に「アニメ化!」ということで平賀とロベルトの絵が
載ってましたが・・・平賀・・・デコがひどい・・・(T_T)

「バチカン奇蹟調査官 楽園の十字架」 藤木稟



バチカン奇蹟調査官 楽園の十字架 藤木稟

多忙を極める平賀とロベルトは、ハイチでの公務後に1週間の休暇を取るようサウロから厳命される。急な休暇の過ごし方に悩む2人だったが、現地で出会った豪華客船のオーナー・ルッジェリに誘われ、カリブ海クルーズに出ることに。だがその船上で、海が割れて巨大な十字架が出現するのを目撃する。2人は奇跡調査を開始するが、船内ではヴードゥの儀式を模した殺人まで発生し…!?天才神父コンビの事件簿、緊迫の第12弾。

休暇中なんだろうけど、事件は彼らに近づきます。
今回もいろいろとありましたー。

一番ウケたのが平賀とシン博士のやりとりだ。
「シン博士は優しい人です」と言って、殺人事件の遺体写真を送り付ける(←送り付けるとしか言いようがないw)
案の定その後返事がないww

楽しかった・・・(笑)
最後になっていろいろと実は・・・みたいなのがあって、
やっぱりあの人は悪役だったのか。
曲者臭ぷんぷんとしたものねーー。

で、着ぐるみ姿の平賀と踊ったのがあの人とは・・・
油断しているとどんどんと前に登場した人物が出てくるので油断のならないシリーズ。

そろそろ物語の核心に迫ってほしいけどねー。
ジュリアとかローレンとかポツリポツリではなく、どーーーんと出してくれ。

「バチカン奇跡調査官 ソロモンの末裔」 藤木稟

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

バチカン奇蹟調査官 ソロモンの末裔 藤木稟

平賀とロベルトのもとにエチオピアから奇跡調査の依頼が入る。はるか昔、ソロモン王とシェバの女王の子が持ち帰ったという『契約の箱』。その上空に、巨大な炎の剣と天使の姿が浮かび上がったというのだ。早速現地に向かうが、箱は聖職者の兄と弟に持ち出され行方不明になっていた。さらに兄弟を追う平賀らの行く手には、想像を絶する過酷な状況が待ち受けていてー。2人に生命の危機が迫る、天才神父コンビの事件簿、第11弾!

今回の奇蹟調査官の2人はインディージョーンズみたいだった。
ほかの読メさんも書いているのであながち間違った感想ではないと思う(笑)

読みながらインディージョーンズのテーマが流れるのだよ。脳内を。
明らかに青白そうな2人の奇蹟調査官なのに砂漠の真ん中に置いて行かれて
大丈夫だったのだろうか?
いや・・・大丈夫だったんだけど、ふつうはダメだろー(笑)
平賀が頑張ってました。

普段の奇蹟調査官風味ではなくて、そのせいか謎がなんだったのかわからないで
終わった(笑)

久々にFBIのあのおっちゃんも登場したし、そうかと思ったら
前によく登場してましたJさんとか現在行方不明中のLさんとか登場してた
ので物語的に佳境にきたのかなー。

この先も楽しみです。

「バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴」 藤木稟

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

バチカン奇跡調査官 藤木稟

悪魔祓いの補佐としてドイツに赴いたロベルトは、“悪魔憑き”とされる少女の凄絶な変貌ぶりを目にして戦慄する。一方、ニュルンベルク駅では連日決まった時刻に人が死ぬ連続不審死事件が発生。その後、街のいたるところで“悪魔”の目撃情報が報告され、住民の不安が募っていく。調査に合流した平賀は驚愕の方法で“悪魔”の正体を突きとめるがー!一連の事件から導かれた恐ろしい事実とは!?天才神父コンビの事件簿、第10弾。

エクソシストを科学的に解明しちゃいましたよ。の巻。

凄いです。
いろいろ。
強引すぎるところもあるんだけど、こういうものの考え方もあるということで。

そのうち平賀はきっと言い出す。

「不思議なことなど何もないのですよ。関口君。ロベルト」

このシリーズも第10弾。
早いです。
でも、以前でた登場人物のその後が気になります。
アメリカ人の刑事とか。
あの人どうなったんだろう?
と、新作を読むたびに思うのですがなかなか登場しません(笑)

しかしなんで平賀はガーデンキッチンなんぞ作ろうと思ったのか。
こっちの方が謎。
そしてあんなにたちの悪い悪魔がなんでロベルトとか平賀には大丈夫だったのか。
まぁ・・・科学的に解明している限り悪魔として認識してなかったのかなーーーー??

「バチカン奇跡調査官 独房の探偵」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 藤木稟

悪魔のごとき頭脳を危険視され、わずか13歳にして特殊房に収監されている少年、ローレン・ディルーカ。ある日、彼のもとを国家治安警察の人間が訪れる。血も流れず、凶器もない密室殺人事件の謎を解くよう依頼されたローレンは、気まぐれに獄中から助言を授けるが…(表題作)。平賀とロベルトがあやしげなレシピの再現に奮闘する「魔女のスープ」、平賀の弟・良太の意外な人物との縁を描く「シンフォニア」など、計4編を収録。(BOOKデータベースより)

【目次】
シンフォニア天使の囁き/ペテロの椅子、天国の鍵/魔女のスープ/独房の探偵


平賀の弟登場。
一瞬、今回の表紙は弟??その割には目つきが悪いなと思っていたらどうやらローレン。

もう、物凄く天使だ。
平賀も純粋だけど、弟はそれを上回るー。
早死にしないでくれ。と切に願いたくなります。

個人的に好きなのは「魔女のスープ」
魔女のスープを再現しようとするロベルト・・・( ̄▽ ̄;)
読んでて怖くなりましたが、読了感はかなりよい。
(このシリーズでは珍しい)

そして最後の話はローレンの話。
いつの話??平賀と出会う前なのかな。
刑務所に好きこのんで入っているようです。
なぜならば安全だから。
出たくなったらいつでも出れるしー。と、ローレンはそんな人です。
で安楽椅子探偵のごとく刑務所から人をアゴで使い(笑)
事件を解決するに至るのだ。
でも、「魔女のスープ」ほど好みの話ではなかったのです。

「バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 藤木稟

熊本・天草において、真夏日に大雪が観測され、天空に忽然と巨大な十字架が浮かび上がった。時期を同じくして近隣の海で遭難した海洋冒険家は、こう語ったというー「美しい黒髪の天使に救われた」。平賀とロベルトは奇跡調査を開始するが、隠れキリシタンの信仰が色濃く残る天草の地には、さらに謎めいた怪異と暗号が伝えられていた。「さんしゃる二、こんたろす五」の文が示す天草四郎伝説の真実とは!?大人気シリーズ第9弾。(BOOKデータベースより)

今回は舞台が日本ということでとても楽しめました。
天草四郎&隠れキリシタンがテーマ。
高田作品(カンナ)で勉強(?)してたので、「天草四郎って高田さんの解釈では○○なんだよなー」と思いながらも読み進めました。

いろいろな読書の積み重ねって大切。
こうして、違う本を読んでも以前読んだ本を思い出し、
少しずつ賢くなっていく自分を感じる今日この頃ではあります(笑)


面白かったです。
「奇跡調査」に関してはまぁいつも通りのラストまで来て「あれ?」ですけどね。
なんというか、奇跡調査って終わりアッサリすぎて・・・
ただ、やっぱり日本が舞台だといろいろと理解しやすいところもあって面白かったー。
物語的には動いているんだか動いていないんだかよく分からないけどw

民俗学的な部分も沢山出てましたのでかなり好みの1冊でした。


「バチカン奇蹟調査官 月を呑む氷狼」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 月を呑む氷狼 藤木稟

春祭で賑わうノルウェーの田舎町で、獣の唸り声が聞こえたかと思うと、忽然として満月が赤く呑まれ、暗闇の広場に轟音が響き渡った。人々が「ラグナロク」という言葉を囁くなか、すぐ側の屋敷では凍死体が発見される。温かな外気温にもかかわらず、わずか数十分で氷漬けにされた書斎は、北欧神話に伝わる氷狼の仕業なのか。平賀とロベルトは調査を進めるが、事件の裏にはあの男がー!?天才神父コンビの事件簿、第8弾。(BOOKデータベースより)

相変わらず急にエピローグになります。
なんとなく、今回はチグハグというか、わたしの飲み込みが悪いのかもしれませんが
あまりすんなり頭に入ってこなかったなー。
まぁ私の脳内の問題でしょう。

今回の表紙はローレンだそうです。

相変わらずローレンに敵対心丸出しのシン博士ですが、
もう少しシン博士をうまく引き出してあげればいいのにとか、
ロベルトが危なそうな雰囲気になっても、じつは平気とか。
うーーん。なんというか気を持たせるんだったらしっかりととか
いろいろと思ってしまいます。

最初のビル捜査官の暗号というか行動。
なんちゃって彼女のくだりはとても面白かった。
とりあえず太ももを撃ち抜かれた雰囲気だそうで。
なるほどねー。
最初の掴みはとても面白かったんだけど。