2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2021.04.14 (Wed)

「あと十五秒で死ぬ」 榊林銘



あと十五秒で死ぬ 榊林銘

死神から与えられた余命十五秒をどう使えば、「私」は自分を撃った犯人を告発し、かつ反撃できるのか?被害者と犯人の一風変わった攻防を描く、第十二回ミステリーズ!新人賞佳作「十五秒」。犯人当てドラマの最終回、エンディング間際で登場人物が前触れもなく急死した。もう展開はわかりきっているとテレビの前を離れていた十五秒の間に、一体何が起こったのか?過去のエピソードを手がかりに当ててみろと、姉から挑まれた弟の推理を描く「このあと衝撃の結末が」。“十五秒後に死ぬ”というトリッキーな状況設定で起きる四つの事件の真相を、あなたは見破れるか?期待の新鋭が贈る、デビュー作品集。

【目次】
十五秒/このあと衝撃の結末が/不眠症/首が取れても死なない僕らの首無殺人事件


どの話も「十五秒後」がポイント。
で、最初の話は普通に面白かったんだけれど、十五秒じゃないような・・・

そして、最後の話がもんのすごくシュール。
その村に生まれた人は、首が取れても十五秒までだったら死なない。
でも、十五秒、首と体が離れてたら死ぬ。
他の人の体でもいいけれど、1歳差だけのカラダしか受け付けない。

で、1つの体と2つの首でやりとりするんだけれど、
想像するとかなりシューーーーーール(笑)
ちょっと笑った。

解決編よりも何よりも、その首が・・
ついでにもう1人現れて、3つの首と2つのカラダ(笑)
事件について話をしてると15秒ってあっという間じゃない??
話こんでてそのうち一人死ぬんじゃないか??
って思ってしまいました。
06:49  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.03.04 (Thu)

「元彼の遺言状」 新川帆立



元彼の遺言状 新川帆立

「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。学生時代に彼と三ケ月だけ交際していた弁護士の剣持麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家主催の「犯人選考会」に参加することとなった。数百億円ともいわれる遺産の分け前を獲得すべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走するがー。

このミス~(・∀・)

主人公のキャラクターが強烈でした。
お金大好き麗子さん。
自分の彼氏が用意した指輪のダイヤモンドの大きさが小さいと
怒鳴りつけるような人です(笑)

わたしはそういう・・装飾品に対してあまり興味が・・他の人に比べると
少ないと思うので・・・。
ほしいものは自分で買いたいタイプです。

しかし、麗子はダイヤモンドの大きさ=自分の価値と思ってるくらいなので
烈火のごとくでした。

そこから3か月付き合った元カレが死んでどうのこうの~って話になり
前後して、会社のボーナスが少ないとまたまた烈火のごとく怒り(笑)
しばらく休職扱いになります。

刑事に「弁護士っていうのは金のためならなんでもやるのか!」と
言われた麗子は
「当たり前でしょ!」と言い返す(笑)

この返しが今回の小説で一番面白かった。

遺言も正直「え??」と思う内容だったし、設定が苦しいなぁと
思うんだけれど、麗子のキャラに引っ張られて最後までいったかなーと。
なもので、最後に少しいい人にならなくても高飛車キャラで突き進んで
ほしかったです。
16:00  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021.02.19 (Fri)

「インビジブル」 坂上泉



インビジブル 坂上泉

昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組みはめに。帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたと苛立ちを募らせるがー。はぐれ者バディVS猟奇殺人犯、戦後大阪の「闇」を圧倒的リアリティで描き切る傑作長篇。

面白かったです(〃ω〃)
直木賞ノミネート作品だけあって、読みごたえあります。

っていうか、こういう警察バディもの好きなだけなのかも。
守屋にしろ、新城にしろ、父親が問題ある人で
それによって、後ろ暗い気持ちになってしまっている状態で。

殺されてしまった人たちの背景とかが多少ぼんやりかなと
思うんだけれど、第一誰が殺されたのかイマイチ・・・??
ついでに言うと犯人も・・・?

ではあるけれど、新城と守屋のコンビがいいんだよね。
大阪を舞台にしながらも、東京からきた守屋。
関西弁(っていうか、大阪弁??)が飛び交う中での
東京言葉・・・あぁ・・・すかしてると思われても仕方ないのかも。

なんて・・大阪からかなり離れたところに住んでるわたしですら
そう思ってしまった。
新城だけじゃなく、守屋も成長したであろう1冊だったと思う。
15:04  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.02.02 (Tue)

「ファーストラヴ」 島本理生



ファーストラヴ 島本理生

父親殺害の容疑で逮捕された女子大生・環菜。アナウンサー志望という経歴も相まって、事件は大きな話題となるが、動機は不明であった。臨床心理士の由紀は、ノンフィクション執筆のため環菜や、その周囲の人々へ取材をする。そのうちに明らかになってきた少女の過去とは。そして裁判は意外な結末を迎える。第159回直木賞受賞作。

直木賞~&祝・映画化。
好きな俳優が映画に出るとその原作を買うという習性が未だにある私の妹。
今の推しは中村倫也のようです。
ということで、妹から借りた本です。
ありがたや。

実際の物語は、BOOKデータベースで表せないほど深く重く。
北川景子演じる由紀にも子供の頃からの心の傷があったりしまして。
そのせいで大学を1年休学したり、親と疎遠になったり。
中村倫也演じる迦葉(かしょう)も、母親との関係が悪く。
我聞を兄と慕うも、実は従兄弟。

なんとなく作者のイメージから「病んでる恋愛小説」というイメージが
強いんだけれど、この本はミステリー色もあって好みでした。
環菜の父親殺しの真相、そこにいきつくまでの虐待。
歪んだ夫婦愛。そして由紀と迦葉の関係(大学の同期)

そんな中、由紀の夫である我聞さんの存在というのは
本当に由紀に必要だったと思う。
迦葉ではダメだねー。
我聞さんくらいの包容力がないと。
06:00  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.12.14 (Mon)

「未知海域」 宗田 理

未知海域

未知海域 宗田理

西アフリカで拿捕され帰国した友永を待っていたのは、親友の兵藤がニュージーランドで遭難したという知らせだった。友永は兵藤がニシンの新しい漁場を見つけたのではないかと推測するが、死んだはずの兵藤の姿をシンガポールで見たという情報が流れてくる。兵藤の行方を追ってシンガポールへ飛ぶ友永。しかし彼の周りには諜報機関や秘密結社など、正体不明の怪しい組織や人物がうごめき始め……。息詰まるサスペンスに満ちた著者のデビュー作!

面白かったです。
何というか、時代はものすごく昔なんだけど。
なんといっても、国名が「ソビエト」(T_T)

それでも人間やることといったら一緒で、邪魔な人間を消したい。
逃げる→追う→騙す→守る。
ときどき友情と愛情。
麗玉とのチームワークがよくて。
しかし、彼女の秘密がイマイチわかってなくて。
もう少し詳しく知りたいところでした。

それでも、途中からの展開が面白かった。
最初は多少謎な感じもありましたので、
説明がややこしいというのと、誰が味方で
誰が敵なのか分からなかったっていうか。

ラストはちょっと悲しくなりましたが楽しめた1冊です。
昔の話だけどね。
08:43  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.29 (Sat)

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」 志駕晃



スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 志駕晃

神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一はあるPCから、死体で見つかった女の情報を探っていた。そのPCは、「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のものだった。秘密を探るうち、犯人は桐野にある取引を持ちかけー。その頃、巨額の仮想通貨流出事件が発生。セキュリティ会社で働く美乃里のもとに、ハッカーらしき男からコンタクトがあり…。情報化社会の恐怖を描くサイバー・サスペンス!

ちょうど、今映画でやっている話です。

中身としては前作の方が好み。
スマホを落としてしまったゆえに、その人の彼女に被害が出てくる。
そんな身近な事件に「フェイスブックなんてするもんじゃない」と
固く心に誓ったのは何年前だったか。
(フェイスブックはやったことないけど)

今回は、その時の犯人が事件の解決に協力するという展開です。
目には目を クラッカーにはクラッカーを。

そういうのもあって、多少「対岸の火事」的に読みました。
これは・・・自分としてはあまりリアルじゃないなぁ。
フリーWi-Fiは怖いというのはわかったけれど、
家と会社にWi-Fiがあるので出かけた先でスマホ使ったり
してないしなぁ。

しかし、この話はどうやら続くらしく、3作目には今回の伏線らしき
箇所もあるとか。
そういわれると読みたくなるんだよね。
08:30  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.18 (Wed)

「ノワールをまとう女」 神護かずみ



ノワールをまとう女 神護かずみ

大手医薬品メーカーに仕掛けられたデモを鎮めるべく市民団体に潜入した西澤奈美。そこでリーダーから同志として紹介されたのは、恋人の雪江だった。新ヒロイン誕生!江戸川乱歩賞受賞作。

なんかね、乱歩賞らしい乱歩賞作品だった。
こういうの選ばれるよね。
まぁ好きですが(〃ω〃)

読んでると「私ってこういうの好きだよなぁ」とつくづく思う。

まぁ読み終わってもそれほど心に残らないっていうか余韻を残さなすぎるのは
どうかと思うんだけど。
謎が解けて、主犯と対決できたのもほとんど雪江のおかげでは??
と、思わないでもないけれど、このさき、奈美が活躍する場所があるので
あればまた読みたいと思う。
でも、ないかなー。
展開的になぁー。

多少のご都合主義もあったし、雪江と偶然に会って驚いたシーンとか、
女性同士のカップルの場合とか、仕事の話しないかな~?
「いま、この仕事してるんだ」とかものすごく普段言ってそうな
気もするんだけどな。
そこが変だなと思ったところ。
08:57  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.28 (Thu)

「今夜、君に殺されたとしても」 瀬川コウ



今夜、君に殺されたとしても 瀬川コウ

ついに四人目が殺された。連続殺人の現場には謎の紐と鏡。逃亡中の容疑者は、女子高生・乙黒アザミ。僕の双子の妹だ。僕は匿っているアザミがなにより大切で、怖い。常識では測れない彼女を理解するため、僕は他の異常犯罪を調べ始める。だが、保健室の変人犯罪学者もお手上げの、安全な吸血事件の真相は予想もしないものでー。「ねぇ本当に殺したの」僕はまだ訊けずにいる。

ひねりすぎ。

この本の前に読んだのが東野圭吾なので、
どうしても下手さが目立つっていうか。

分かりづらいし、理解もしにくい。

これが作家のレベルの差か。

調べたところ作者さんは27歳ということなのでまだ若いですね。
この先成長すればいいなと思います。

血のシーンはクラクラ来ました。
わたし、どうも血を吸うとかそういう描写を読むのが苦手で、
ふーーーーっと気が遠くなる(笑)

結局最後まで理解も共感もできなかった。
15:55  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.27 (Tue)

「月人壮士」 澤田瞳子



月人壮士 澤田瞳子

東大寺大仏の開眼供養から四年、仏教政策を推進した帝の宝算は尽きる。道祖王を皇太子にとの遺詔が残されるも、その言に疑いを持つ者がいた。前左大臣・橘諸兄の命を受けた中臣継麻呂と道鏡は、密かに亡き先帝の真意を探ることにー。聖武天皇の真実を探る物語。

螺旋プロジェクト3冊目~。

しかし・・・とても難しかった。
普段読まないような時代だ・・・
この時代久しぶり。
宇宙皇子以来!?(←30年前?)

いや・・・そういうワケではないけど(笑)
やっぱり奈良時代はキツいー。
聖武天皇が死んで、遺詔があるとかないとか。
一般人が使う言葉ったら「遺言」とか「遺書」とか。
その類とは思うけれど、それを2人の男があちこちに
聞きに行く話なんだよね。

ただ・・・誰が誰だかわからない(T_T)
私にわかるのは藤原不比等くらいで・・・
当時読んでた宇宙皇子に挿絵があったから、その記憶はある。

で、螺旋プロジェクトのテーマ。
山族と海族。
これを「皇族」と「藤原家」にしたのがものすごく上手いなと思いました。
これは対立だよなぁ。

皇族であるはずなのに、藤原家の血が混ざってることに嫌悪した聖武天皇。
うわーー。これはあるのかな。
皇族ったら神だよね。でも、藤原氏ったら「たかが・・・」とか言われそうな
レベルだったんだよね?(あくまでも当時)

高田崇史さんの本でもあったけれど、「従五位」以下は人じゃなかったっていうし。

当時の身分、血、出生って本当にものすごく細かく意味のあったもの
なんだろうなーと思いました。
13:17  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.13 (Sat)

「宝島」 真藤順丈



宝島 真藤順丈

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになりー同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

直木賞~(//∇//)


面白かったって言っていいのか悪いのか。

これね、100%フィクションであれば面白いのよね。
でも、どうしても沖縄の歴史があるので手放しで「面白ーい!」と喜べないジレンマがあります。

戦争に負け沖縄がアメリカ領になり、そこから日本に返還される20年の話です。
沖縄モノ読むときによくあることなんだけど、
言葉がわからない( ノД`)
「たっくるせ」とか「くるりんさん」とか何だったんだろう。

沖縄で今でも起きている事件がこの時代は日常にあり、
沖縄返還とはいうものの、沖縄からすると日本の端っこに付け足すくらいの印象しかないらしく、アメリカも敵なら日本人(ヤマトンチュ)も敵である。っていう考え方なんだよね。

そういうのが背景にあるから、グスクやレイの行動が面白いんだけど、素直に感情移入しづらいところがありました。
ラストにオンチャンの消息が分かるんだけど、なんで最後の最後までそういう行動をとったのか。
この3人の誰かにでも連絡つけなかったのかなと、不思議に思った。
05:01  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT