2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.17 (Sat)

「角の生えた帽子」 宇佐美まこと



角の生えた帽子 宇佐美まこと

毎夜、同じような悪夢を見る。それはさまざまな女をいたぶり殺すことで性的興奮を覚えるという夢だ。その夢はまるで自分がやったかのような錯覚に陥るほど、リアルなのだ。ある日、自分が見た夢と同じ殺人事件の犯人がつかまったニュースが流れた。そこには自分と同じ顔の、違う名前の男が映っていたー。行き止まりの人間たちを描いた全九篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
悪魔の帽子/城山界隈奇譚/夏休みのケイカク/花うつけ/みどりの吐息/犬嫌い/あなたの望み通りのものを/左利きの鬼/湿原の女神


初めましての作家さんです。
でも、家に買った本が積んでます@愚者の毒

こういう作風なのかな。
どこか怪しくて多少レトロで不思議な感覚。

個人的には「悪魔の帽子」「犬嫌い」が好み。
イヤな感じがしながらも、分かりやすい話が好きです。

静かな場所でじっくり読むのがいいです。
少しざわついているとあまり頭に入らない(笑)
っていうか、ざわついてた場所@会社で読んだ時の話が
あまり好みじゃなかったのかも。

基本的に登場人物は暗い人が多いです。
最後の「湿原の女神」の話だけは割と前向きの人だったけど、
それ以外はどよーんとした人が多かった。

こうなると愚者の毒も楽しみ。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.03 (Sat)

「聖女の毒杯」 井上真偽



聖女の毒杯 井上真偽

聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。数多の推理と論理的否定の果て、突然、真犯人の名乗りが!?青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?

シリーズものだったー。

しかも・・・キャラ濃~い(笑)

読んでて「また変なの出てきたなぁー」と。
青い髪の毛の探偵とか、少年探偵とか、中国人の怪しげな女。
この3人がメインらしいのだけど、キャラが濃いうえに、
ロジックという言い方でいいのかなぁー。
推理を組み立てて壊す。
なんか延々とやってました(笑)

途中で登場人物の1人が、「実は自分が殺った」と独白(心の中でね)するわけで、
「どうやってこの人が殺したんだろう」と思いながら読んでいったのですが、
なんか二転三転して終わるころには何が何だか(笑)
まぁどんでん返し系のお話なのですが・・・

最終的にあの犯人はどうやって殺したのか。
その前の犯人候補(?)のやり方はすごく丁寧にやってましたけど、
実際の犯人にそれ出来る??

うーーん。多少納得いかないんだけど、でも中国人女性のキャラが面白いので
シリーズの最初の本を見つけたら読んでみたいです。

05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.29 (Mon)

「星の子」 今村夏子



星の子 今村夏子

主人公・林ちひろは中学3年生。
出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、
両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、
その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。
第39回 野間文芸新人賞受賞作。


元々は娘の体を治すために、「水」を購入することから始まる。
みるみるうちに娘の体(湿疹)が治り、
「これは素晴らしい」と宗教にはまっちゃう。

これは普通にただの親心だよね。
そう思うと「宗教」というのも考え方かなぁー。
ただ、このご両親は信じすぎたっていうか、
近所から不審人物と思われるくらいのめり込む。
でも、そんな両親が大好きなちひろなんだよね。

そういうちひろにそこそこクールな感じで付き合う同級生たちは
いいと思う。
「あそこんちの娘は変な宗教に入ってて・・・」っていうのは
やっぱり親のようです。

別に人を勧誘しないで自分たちだけで信仰する分には
いいんじゃないかと思いましたね。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.25 (Thu)

「浄天眼謎とき異聞録」 一色美雨季



浄天眼謎とき異聞録 一色美雨季

時は明治。人気芝居小屋「大北座」の跡取り息子・由之助は、物に宿った記憶や人の心を読む力ー“浄天眼”を持つ劇作家・魚目亭燕石の世話役になる。その能力ゆえに引きこもり、女中・千代と共に静かに暮らしているという燕石だが、時に巷で起きる呪いや殺人事件に巻き込まれていることを知った由之助は…。読めば絶対ファンになる、レトロな時代感に彩られた推理、「第2回お仕事小説コン」グランプリ受賞作!

意外にと言っては失礼ですが、面白く読みました。
大体ワカマツカオリさんがカバー絵の小説って表紙負けしちゃうのが多いんだけど
そういう雰囲気で読んだら面白かったよー。

まぁ要するに燕石さんは超能力者なワケです。
明治の時代に「超能力者」なんて言葉もないだろうから「浄天眼」と言われているようで。
その力を使ってあれやこれや解決するのですが、
そこには、身近な人物の血縁の話とか、出生の話とか、血なまぐさい話とか
いろいろとあったようです。
世間狭いな。と思いましたがそれでも面白かった。

個人的には下巻のオスの三毛猫を欲しがるイヤな奴を懲らしめる話が
好きでした。仕掛けに容赦ないです(笑)
当時からオスの三毛猫は珍しいという認識があったのかなー。
「ふぐりのついた三毛猫」って・・・(笑)
そうかー。明治の猫に去勢なんてないね。

05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.27 (Wed)

「光と闇の旅人」 あさのあつこ

      

光と闇の旅人 あさのあつこ

結祈は、ちょっと引っ込み思案の中学一年生。東湖市屈指の旧家である魔布の家に、陽気な性格で校内の注目を集める双子の弟・香楽と、母、曾祖母らと暮らしている。ある夜、禍々しいオーロラを目にしたことをきっかけに、邪悪な「闇の蔵人」たちとの闘いに巻き込まれ…。「少年少女のきらめき」「SF的な奥行き」「時代小説的な広がり」といったあさの作品の魅力が詰まった新シリーズ、第一弾。

3冊一気に読んじゃって。
3冊それぞれの感想を書くのが難しいっていうか。
1冊が薄い本でもあるし、ここは多少勿体ないけど(笑)、1回にまとめます。

気楽に読めるファンタジーってとこかなー。
中学生が悪と戦うんだけど、その時点で
「こりゃ対象年齢低いわー」
と、若干の後ろめたさを覚えつつ読む。

とても素直な女の子です。
双子の弟、香楽もいい味だしててなんか可愛いなぁ。
中学生羨ましいなぁと思うのですが、
話の内容的にはわりあいとあっさり戦ってあっさり終わった。

ただ、悪が結構気持ち悪くて、それはそれで面白かった。
蜘蛛御前とかねー。
なんかそこをもっと・・・と思ったりねー。

あと、母親の存在。
なんだか全く使えない母親だったってことなのかな。
おひさではなくて、結祈のお母さん。
普通の人か。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.24 (Fri)

「坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」」 青山誠



坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」」 青山誠

神戸の裕福な家庭に生まれ育った坂野惇子。しかし、戦争が彼女から幸せな暮らしを奪った。それでも彼女は希望を捨てず、新しい時代を築く子どもたちを豊かに育む。上質な子ども服をつくる夢に向かって邁進するのだったー。神戸発祥の子ども服ブランド「ファミリア」創業者の凛とした生涯に迫る。

「べっぴんさん」のモデルになった人の話。
なんか、この書き手の人の文法が気に入らないんだけど(笑)

例えば、「きっと2人でこうしていたに違いない」とか「もしかしてこうだったんだろうか?」
とかやたらとそういう文章が多くて、イライラする(笑)
自分の憶測で物を書くな。


ただね。「ファミリア」創業者って言われてもファミリア知らないなぁーとずっと
思ってたんです。
いくら自分に子供がいなくても、店はわかるよね。と思ってネットで調べたら
あらら。
秋田県にファミリアはなかった(爆)
ついでに青森と岩手&福島もなかったよー(´∀`)
なんで山形にあるんだ!?

とりあえず謎は一つとけたので満足しました。

で、実際この本を読んでみると朝ドラよりも全く波乱もなにもなく、
よくこの題材で半年にもわたる朝ドラ作れたなぁーと思いました。
坂野さんの持った運というのも確かにあるかもしれないけれど、
戦争も体験し、夫も戦地へ行ったのに毒々しさがないんです。

周りの人にも恵まれているし、何っていうか・・・雲の上の人
みたいな実話でした。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.09 (Thu)

「黒猫の晩餐会」 嬉野君



黒猫の晩餐会 嬉野君

地味リケジョの律を夕食に迎えたのは、和服イケメンの竜弥とほんわか老女の文絵。謎めいた話を聞き出す竜弥と、五十年前から時が止まっている文絵が交わす会話はまるで夫婦!?見つめるだけで料理をおいしくする不思議な黒猫・フミエも怪しい。おいしさと切なさに溢れるほっこり系ミステリ。

【目次】
黒猫の魔法料理/黒猫邸のクリスマス/黒猫と花見/黒猫、海を渡る


微妙ー。
タイトルとワカマツカオリさんの表紙絵は素敵です。
黒猫邸の晩餐会」ってタイトルものすごくよいわー。

でもでもね、タイトルと表紙に中身がついてこないパターンだ(>_<)
設定がとんでもすぎて。

文絵ばーちゃんがボケてしまって、自分の孫を夫と勘違いし、
自分も21歳設定として過ごすようになる。
住んでるところもチャンネルを回すテレビとか扇風機とか
昭和なものが置いてあるのはいい。

しかし、一歩外を出るとそこは平成なのに。
鏡に写った自分を見ても何とも思わないのか?
家に鏡はないのか。町で「おばあちゃん」と声かけられないのか。

などなど設定があまりにも適当で気になってしまいました。
あと、いい人ばかり登場するのがまたねぇーー。
適当に悪い人も出てくればいいのに。と思ったりしました。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.05 (Sun)

「屍人荘の殺人」 今村昌弘



屍人荘の殺人 今村昌弘

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明けー。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

鮎川哲也賞~(´∀`)

作者プロフィール。→フリーター。

あぁ・・・なんか現代的な・・・そうか・・・よかったね。
そう言いたくなります(笑)

話としては奇をてらったワケでもなく、普通に王道でした。
普通に王道って変な言い方だけど、最近トリックが強烈なのが多く思うんだけど
この本に関しては普通。
この普通の設定の中で犯人がいるってことがすごいかもしれない。

ただ・・・この建物の周りにはゾンビが沢山いるんだけど。
なぜゾンビなんてものが登場したかというと、
そういう設定なのです。

次々に殺されていく登場人物。
飽きずに一気読みしました。

ちょっと残念なのは明智さんなんだけどねー。
いかにも探偵役がぴったりだったんだけど。

あと菅野さんのその後が気になる。
だって・・・救助が来たのが4時間後でしょー。
4時間ったら・・・読んだ人はわかるかもしれないけれど
4時間というのは発症するギリギリタイムなのに。
まぁラストを読んだら大丈夫そうだったからいいんだけど。
10:47  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.06 (Fri)

「小松とうさちゃん」 絲山秋子



小松とうさちゃん 絲山秋子

52歳の非常勤講師小松の恋と、そんな彼を見守るネトゲに夢中の年下敏腕サラリーマン宇佐美の憂鬱。絲山秋子が贈る、小さな奇蹟の物語。

【目次】
小松とうさちゃん/ネクトンについて考えても意味がない/飛車と騾馬


初めましての作家さんなんだけど「この手の作風は・・・」と思って最後まで読んだら
やっぱりだーの芥川賞作家でした。

なんっていうか・・・芥川賞の匂いがプンプンしてた(笑)
読んでて超どうでもいい話なんだもんねー。
52歳の純愛とか・・・私があまり興味のないラインだったのだーーー。

でも、この本を手にしたのはずばりタイトル。
タイトルが面白い。
うさちゃんっていうのはなんかウサギとかそういうあだ名や源氏名の女の子でも
出てくるのかと思ったら宇佐美っていうこれまたおっさんだった(笑)

要するにおっさんとおっさんの話なのだーーーー。

失敗したーーーーー!!!(笑)

でも、その次の「ネクトンについて考えても意味がない」は好きかも。
クラゲと人間(これまた62歳のおばちゃん)の会話なんだけど
なんとなく読んでて破滅的な雰囲気が好きでした。
おっさんの話の後だったので清涼剤とさせていただきました。

15:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.13 (Sun)

「ライプツィヒの犬」 乾緑郎



ライプツィヒの犬 乾緑郎

気鋭の劇作家内藤岳は、知己を得た世界的劇作家ヘルムート・ギジに師事するため、ドイツに渡った。ギジは冷戦時代、旧東ドイツで体制を批判するシェイクスピアの翻案作品で名を馳せていた。その彼が、三十年ぶりに『ロミオとジュリエット』の翻案『R/J』を執筆中というニュースは世界を驚かせ、原作と翻案が同時上演されることに。だが、新作の完成を待つ中で進む原作舞台の稽古中、女優が重傷を負う事故が発生。直後、ギジが新作原稿とともに姿を消した。岳はルームメイトで演劇研究家の桐山準と協力、ギジの足跡を辿り、やがて彼の経歴から消された闇を知ることに…。

最近この手の本を読んでないのでとても面白く読みました。
読みながら、宮本輝さんの「オレンジの壺」を思い出したよー。
たぶん、全然違うと思うんだけど。ただなんとなくです。

この手の本が大好きなのでむさぼるように読みましたが、
最後になって混乱した。
身内?
結局は身内??

主人公の岳は最初はもう少し骨のある人かと思っていたんだけど、
全く違うし。
現代的といわれるとそのとおりなのかな。
すごく「自分」がないんだよね。
本文では「自分しか愛せない人」と書いてましたが、
そういう感じなのかな。ちょっと違う感じがしたけれど。

読んでる間はすごく入り込んで読んだけど、
こうして感想を書くとき・・ちょっと言葉に困るのはなんでだろう。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT