2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.29 (Sun)

借りた本 10月28日

借りた本。

10月28日。
お互いに本の貸し借りでかりんトウさんと会いのランチです。はい(´∀`)
今回は18冊です。
でも、道尾さんの「向日葵~」と万城目さんの「鹿男~」は既読でした。
他は未読。
毎回思いますが、本当に趣味が違うのか本がだぶらない(笑)
これはお互いの特技か何かではないかと思ってます。

今日は義弟(と言っても私より11歳年上)の7回忌法要。
義弟が亡くなった時もこのブログやってたなぁーと思うと
このブログも結構な読書の積み重ねであるなと思います。
へんに感慨深くなりました(笑)
09:47  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.06 (Tue)

「使えるじゃがいもレシピ」



【目次】
サラダ/おつまみ/フライパンで作る/オーブンで作る/揚げて作る/煮て作る/汁物・スープ・蒸し物/ニョッキ・麺・水餃子・米料理/デザート


小説がまだ途中なので、ちょっと違う本を・・・

あと1~2か月でじゃがいもを収穫します・・・
が。
去年のじゃがいもがまだ大量に残ってて(TдT)

そんな時に見つけたこの本。
「お!これでじゃがいもを消費するぞー!!」

と、借りてきたはいいんだけど、

じゃがいもを消費するためにいったいどのくらいの調味料を買ったらいいのか!?


田舎の台所には見当たらないような(ついでに店にもあるのか?)的な調味料がふんだんに使われておりまして泣きたい(笑)
このレシピは東京や横浜に店を構えているプロの料理人のレシピなのです。

素人には敷居が・・・。

例えば「ヤンニン」「フレッシュペッパー」「ピンクペッパー」
あと「グレープシード油」

なじみのない調味料が登場します。
この「グレープシード油」は頻繁に登場するんだけど、オリーブオイルだとダメなのかなー。
ピンクペッパーもピンクにしないと何がダメなんだろう??
近くのスーパーにないしなぁー。

でも、その中から意地でも作れそうなものを探してますので、
なんとかじゃがいもを消費すべく悪戦苦闘します(^^;)
05:44  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.29 (Mon)

借りた本 5月27日

2017


今回も楽しくランチとケーキと食べました(〃ω〃)

今回借りたのは14冊。
かりんトウさんおすすめは左上の2冊。烏シリーズです。
ファンタジーなのですが、ミステリー要素もあるので私も好きなシリーズです。

あと、いろいろ話もしました。
恩田陸さんの作風の謎とか(笑)

他にも本のことから私生活までなんでもお話できたのですが・・・
沢山話をしてカロリー消費できたかと思っていたら・・・
体重が増えてた(T_T)

まぁ食べた量を考えると仕方ない。

減らさないといけない体重がどんどん増えていくわー(;´Д`)
08:14  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

「今日も嫌がらせ弁当」 ttkk



今日も嫌がらせ弁当

いま話題の「仕返し弁当」を高校3年間作り続け、食べ続けたシングルマザーと反抗期女子高生親子の泣き笑いお弁当エッセイ。

【目次】
2012年「嫌がらせ弁当1年目」始まり(気を付けろ赤ずきん!/オヤジの恋 ほか)/2013年「嫌がらせ弁当2年目」反抗真っ只中(これが普通の女子高生/安眠妨害 ほか)/2014年「嫌がらせ弁当3年目」高校生活、残り1年(カワイイけど実は猛獣/5000円札の人 ほか)/2015年「嫌がらせ弁当4年目」そして卒業へ(まだまだ続く/最後の小言 ほか)


珍しくブログ本を読みました。

私も毎日自分と旦那の弁当を作ってるんだけど~
この方すごいよね。
この文字技を結構使う人のようで、
文字は海苔、下にはプロセスチーズを使ってます。

不器用なくせにせっかちの私には到底無理~(;´Д`)
「作り方」
というのを読んだ時点で「朝っぱらからこういう事をする気が知れない」と思いました。
ごめんちゃい。

でも、「嫌がらせ弁当」とのことでしたが、確かに私が旦那に
この手の弁当を作ると完璧な嫌がらせになると思う。
そういう意味では確かに嫌がらせだよなーと思いました(笑)

海苔で「勉強しろ」「早く起きろ」とか書いてるし。
田中邦衛の顔とかマツコ、江頭2:50とか海苔で作ってるのっ!!!
これは・・・食欲が湧かない可能性が・・・(笑)
すごく時間かかるだろうなーと思いましたが、
ウィンナーの顔がかわいかったなー。
これくらいだったらせっかちの私にもできそうだ。
05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.14 (Sat)

借りた本 1月14日



今日の話ー。

さきほどかりんトウさんとお会いしましてまた本を借りてきました(〃∇〃)

ちゃんと写ってますね。
21冊です。
私は今回あまり買ってなかったので9冊しか貸してないんだけど、
それでも毎回本がかぶらないというのは奇跡に近いのではないかとw

かりんトウさんが最近ブログからインスタグラムに移ったので読書状況を
知らなかったので、もしかしたらかぶるかな?と思ってました。
かぶらない。

凄い!

ってことでありがたくお借りします(〃∇〃)
13:50  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.14 (Wed)

「文庫X」 著名、書名を隠して販売。

県内誌のコラムより。

盛岡駅ビルの書店が、ある文庫本を書名も著者名も見えないよう紙で覆い隠して並べたところ、8月だけで720冊が売れた。通常の月間ベストワンの5倍だという

▼「文庫X」と銘打った大胆な売り方は、書名だけでは手に取ってもらえないのでは、と考えた上での工夫だった。覆った紙には「心が動かされない人はいない、と固く信じています」などと書店員が熱い思いをびっしりと書き込んでいる

▼同じ売り方は全国に広まっている。その一つ、横手市の金喜(かねき)書店は「あなたはタイトルも中身も見ずに本を買う勇気がありますか」の貼り紙で挑発する。「外れ」だとしても810円だし…。包みを開けるドキドキ感は、まるで福袋だ

▼よく似た「覆面文庫本」の試みをブック・コーディネーターの内沼晋太郎さんが「本の逆襲」(朝日出版社)で紹介していた。中身が見えないよう本を紙で包み、その本から一節を引用して包み紙に書く。客は一節のみで買うか買わないか決める

▼ネット通販のレビュー(批評)を参考に本を買えば大きな外れはない。だが「本と人との偶然の出会い」(内沼さん)の可能性や喜びは、文庫Xや覆面文庫本の方が大きいのではないだろうか

▼ところで文庫Xの中身はどの書店も同じ。独自の覆面本を売り出してみてはいかがでしょうか、と金喜書店社長の和泉正之さん(55)に水を向けると「書店主の目利きが問われますね」。こちらとしては真剣勝負に臨む覚悟はできている。



コラムを読んでドキドキした。
こりゃ無理ーーー!!!(笑)

ただ、この「文庫X」というのは日本の12都道府県で実施されているものの、全て同じ本みたいです。
で、小説ではない。

しかしこの先「小説」でもこの試みがあるのではないかという。
無理っ!!!(笑)

でも、隠されていると読みたくなるという心理ですかねー。
「本屋離れ」と言われているところもありますからねー(特に町の本屋)
こういう試みで本屋さんが注目されるのはいいかもしれない。

でも、こういうので買うのはかなり勇気がいる~。
裏表紙で買う事はよくありましたけどね。


11:34  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.24 (Sun)

借りた本 7月23日

土曜日、かりんトウさんと本の貸し借りをしましたー。

7月23日

ありがとうございます。
ゆっくり読ませていただきます(〃∇〃)

今回は時代小説が13冊!!!
かりんトウさん曰く「ファンタジー」とのことですが、
時代モノのファンタジー・・・想像がつかん(笑)

ランチをしながらのんびりしたのですが、
なぜか話は「ジャンプの黄金期」についてでした。
まぁ私らの子供のころのジャンプはすごかったからねーーー。

そんな話(笑)

こうしてのんびり過ごしました。



05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.20 (Mon)

入院中に読む本

入院中に読む本を選ぶ(。・ω・。)

とりあえずは未読本。

本3


そして、手術前には群ようこさんの「アメリカ居すわり一人旅」
これはバイブルです(笑)
これを読んでリラックスするのだー。

本2


あとは、念のため(?)京極さんの既読本ですが百鬼夜行シリーズで好きな内容なので手元に残している本。

本4


ってことで完璧(・∀・)


病院内にはローソンがあり、本も売ってますができればお世話になりたくないよー。

ってことでですね、ワタクシigaigaちょっと入院&手術になります。
ツイッターで垂れ流しているのですでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
ある日突然おしっこが出なくなりました。
原因は子宮筋腫が大きいうえに、数が多すぎて膀胱を圧迫してしまったらしいのです。
子宮筋腫によって膀胱がふさがれてしまったので、おしっこが出ない。
どうすれば出るか⇒子宮筋腫を取る⇒多すぎるので逆に手術が大変⇒

大元の子宮を取ろう~(・∀・)

となったワケです。
おしっこが出ないからまさかの子宮全摘出に流石の私も驚きました。

そんな訳で10日ほどの入院生活に突入します。
その間ブログはお休みします。
ipadは持っていくつもりなので、もしかしたら読書メーターとツイッターでは動きがあるかもしれません。

でも、このくらいの本を持っていくので本ばかり読んでるかも(笑)

ちょっくら頑張ってきます(。・ω・。)v
08:50  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.14 (Thu)

本屋大賞2016 決定しましたの巻

4月12日。
2016年の本屋大賞が決定しました。

本屋大賞2016


へぇ~


というのが正直な感想。

今回、ノミネート以降も偶然ですがノミネート作品を読む機会がありまして。
結構サクサクと読みましたが、図書館にあるのにあえて手を出さなかった
大賞作と3位の作品( ̄▽ ̄;)

宮下さんの本は2.5冊読んだことがあります(つむじダブルが0.5ということでw)
その2.5冊を読んで思ったのが、

山がない。波もない。なにもない。心に残らない。

そんな感想でした。
そのせいか、最近では宮下さんの本を敬遠する傾向にあったので
正直そんなにおもしろかったのかと驚いた次第です。

3位の「世界の果てのこどもたち」はテーマが重く、
読む前から敬遠してしまいました(^-^;)


「火花」は10位ってそりゃそうだろー。
っていうかノミネートすらすんな!
もっと面白い本を世に送ってくれ。

で、今回思ったのは「もう本屋大賞を追いかけなくてもいっか」ってこと。
あまりにも私と感性が違いすぎる。
今まで確かに今まで読むことのないステキな本とも巡り会いましたが、
もう十分。あとは自分で読みたい本を読むようにしよう(。・ω・。)
と決めました。
05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.22 (Fri)

「本屋大賞ノミネート2016」と、勝手な予想をしてみたー(ちょいと辛口)

2015本屋大賞ノミネート作品

「朝が来る」 辻村深月



「王とサーカス」 米澤穂信



「君の膵臓を食べたい」 住野よる



「教団X」 中村文則



「世界の果てのこどもたち」 中脇初枝



「戦場のコックたち」 深緑野分



「永い言い訳」 西川美和



「羊と鋼の森」 宮下奈都



「火花」 又吉直樹



「流」 東山彰良



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

なんで芥川賞本と直木賞本がノミネートされてるのか!?

と、怒りのコメントからスタート。

10冊中5冊読んでますが~~~。
「生還者」「傘をもたない蟻たちは」「贖い」がないんですねー。
この3つだって面白いしお勧めしたいですよ。書店員じゃないけど。

「火花」なんて今更書店員がどうのこうの言わなくったって読んでる人は読んでるんだし。
火花勧めるくらいだったらもっと他の本を探してくれ。

宮下さんの本って今まで2冊読んだことがあるけど、
正直山もなければ谷もない。そういうイメージです。
今度の本は違うとよろしいのですが。

海堂尊さん曰く「神セブン」である辻村深月さんがやっぱりノミネート。
同じ神セブンである森見登美彦さんは出版してないから今回はなしだね。
伊坂さんは2冊??でもノミネートしてない。

書店員さんは女性が多いのか女性が好みそうな本が選ばれてますことに不服。
確かに読んだ後に心に沁みわたるような本もいいと思います。


たまにはね。


なんだろう。なんだろう。この目新しくない感じ。

ってことで、去年に引き続き勝手に予想しちゃいました。

本命 「君の膵臓を食べたい」 住野よる

対抗 「王とサーカス」 米澤穂信

大穴 「火花」 又吉直樹


この大穴というのは本当に選ばれたら腰を抜かすという意味でw

今年は読んだ本の中から選びました。
個人的には若くて病気で余命宣告されて・・・の話ってあんまり好きじゃないんだよね。
ただ、今の時点で映像化するんじゃないかと言われているくらいの作品なので
かなりいい線はいくのではないかなと思います。

敷いて言えばこの方が目新しいくらいかも。

「王とサーカス」はこのミスですでに何冠かとってるしー。
かなりの固定ファンがいる作家さんなので私も新作出たら読むし。
最近の米澤さんの本はしっとり後味悪くてかなり好きです。

残りの5冊。
機会があったら読みたいとは思いますが、読まず嫌いなだけです(笑)
派手なの好きなんですよね。
本も映画も。

05:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT