igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「天然石ねこまち堂は坂の上」 水沢あきと



天然石ねこまち堂は坂の上 水沢あきと

スポーツ推薦で高校進学を決めた少女・鈴。彼女は地元を離れ、大好きだった祖父が興した“天然石アクセサリー”のお店へ居候することに。しかし!若くして店を継いだ彼女の叔父・瑠璃は最悪な青年だった。彼は“超”がつくほどのへんくつ屋。生真面目で一直線な鈴は、彼と口論の日々、日々、日々…。だが、瑠璃は石を通して不思議な力で客を癒す力を持っていた。そして同じ血を継ぐ鈴にもその力があるようで…?坂の上にある“天然石の店”を舞台に贈る、“石”と人との優しい絆の物語。

石を触るとその人の思いとか、記憶がよみがえる・・・っていう設定でいいのかな?
こういう設定なのかな?
と、思ったところで終わった。
ファンタジー的な要素がありました。

もう少し丁寧に・・・して・・・欲しかったかもー。
2話目だっけ?
同級生が登場した話は好きだったけどね。

石=高価 という、イメージがある私としては、簡単にあげる叔父にも、そこに簡単に出入りする猫にも違和感ありまくりなんだけど・・・
宝石じゃないのか!?と、思うわけです。

まぁこの設定であれば続くかもしれませんねー。
1冊だけだと妙に雑っていうか。
もう少し丁寧な、私が納得する何かが欲しかったです。

「可視える」 吉田恭教



可視える 吉田恭教 ※文庫になるとタイトルが「凶眼の魔女」だそうで。

「幽霊画の作者を探して欲しい」画商の依頼を受け、島根県の山奥に佇む龍源神社に赴いた探偵の槇野康平は、その幽霊画のあまりの悍ましさに絶句する。そして一年が過ぎ、警視庁捜査一課の東條有紀は、搜査員の誰もが目を背ける残虐な連続猟奇殺人事件を追っていた。不祥事から警察を追われて探偵となった男と、自身の出生を呪う鉄仮面と渾名される女刑事が難事件を追う!

これがどうやらシリーズ1作目らしい。
有紀と槇野が初めて出会ったので。

面白く読みましたけど、結構グロくて。
3人目の死体なんてねー、書いていいかしら??
私、普段こういうのばかり読んでいるわけじゃないんですが・・・

グロ苦手の人のために反転↓

釘をたくさん打ち付けた木材を膣からぶち込み、腸はおろか十二指腸まで達していたという死体。

↑反転おしまい。
読んでてお腹が痛くなりました(T_T)
いえ・・・錯覚ですが。

しかし、基本的にグロ平気なのでサクサクと読みましたが、こんだけの作業を犯人1人で出来るものなのかと、そこだけは不思議で仕方ない。
一体どんだけ・・・
もう少し、死体が少なかった方が物語としてはしまりがあってよかったのではないかと思いました。
殺されすぎ、グロ死体多すぎ。
下平気の毒すぎ。

でも、その後もシリーズ続いて、有紀と槇野の信頼関係もだんだんと強くなっていくんだよねー。
それはそれで面白いです。

「悪徳の輪舞曲」 中山七里



悪徳の輪舞曲 中山七里

14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?

プロローグが強く残っていたので、やっぱりなぁーとは思いました。
それにしても、やっぱり裁判モノは好きだわ。
面白いもんね。
ようするに、最後に勝てばいいんだから、どこに仕掛けるかっていうのが上手いほうが勝つ。

そういう意味では読み応えありました。
個人的にはあまり御子柴にはモロくなって欲しくないんですけどね。

「冷血人間ですが?」

って感じでこれからも行ってほしかったんだけどなぁー。
感情とかね。
この人には要りません。
欲しいのは裁判に勝つ力なんだー。

と、力説したくなりました。

郁美、梓親子だけではなく、ネットが普及されている今、犯罪者の家族ってどこに行ってもバレるんだろうね。
多少気の毒になります。
元々ある「村意識」っていうのは、実は田舎に行けば行くほどあるから、大変だったかも。

ただねー、成沢(夫)の死の真相というか、死の意味を知ったときはさすがに驚いた。

「一つ屋根の下の探偵たち」 森川智喜



一つ屋根の下の探偵たち 森川智喜

怠けものの探偵と働きものの探偵、二人の探偵とハウスシェアを始めたライター浅間修は同居人同士を対決させて捜査についてルポルタージュを書くことに。二人が捜査するのは、奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていた“アリとキリギリス”事件!果たして勝つのはどちらか!?

初めましての作家さんかな??
正直・・・・

よーやっと読んだ。
時間かかったー。

人物に面白味がないんだもん。
っていうより、何より3人で住むことに!?

いろいろと不可思議な展開ですが、
一番不可思議だったのは、殺害方法・・・

いや・・・それもあるかもしれないけれど(笑)
犯人すげー。
根気有ります。

その根気を別のことに生かしたらいいんじゃないかと
思うんですけどね。
そのくらい根気を感じました。

「極悪専用」 大沢在昌



極悪専用 大沢在昌

清掃、点検、管理、補修に、爆弾処理!?このマンションなら、何でもアリ。規約さえ守れば、ヤクザでも刑事でも戦車でも、不測の訪問者は、すべてシャットアウト。だが、そこは悪人たちのオリンピック会場だった。俺はそんな最凶最悪マンションの管理人助手。ゴリラに似た管理人白旗との一年間の不思議な共同生活が始まった。危険すぎる、ご近所系ノワールコメディ。

【目次】
極悪専用/六〇三号室/日曜日は戦争/つかのまの…/闇の術師/最凶のお嬢様/黒変/二〇一号室/元日の来訪者/緊急避難通路


目次とかあるから短編かと思いきや、まさかの長編だった。
表紙もタイトルも「おっ!?」と思うけれど、中身は意外に軽い。
軽いというか、ライトというか・・・

読書メーターで平山夢明さんの「ダイナー」に似てる。と、ありましたが
「あー!!わかるわかる!!(・∀・)」
的な。ダイナーまた読みたいなぁー(家にある)

殺し屋とかだったら、逆に分かりやすいんだけど、
なぜか極悪専用のマンションなのに、老婆が住んでて、
愛想よくて、いつも拓馬@主人公に飴とかお菓子とかくれて。
拓馬は甘いもの好きじゃないから、お礼言っておいてあとで
「美味しかったですよ」なんて言うんだけど、実はそれが・・・
な感じで、「こういう婆が一番怖い」としみじみ思いました。

ラストまで飽きずに読みました。
っていうか、ハラハラ度は強くなり「大丈夫なのだろうか?」と
拓馬よりも白旗さんの身を案じた私です。

「新・二都物語」 芦辺拓



新・二都物語 芦辺拓

時は明治三十六年(一九〇三年)。ここに始まるのは、極東の島国で生まれた男たちの物語である。東北の寒村生まれの柾木謙吉は、生家が零落し、逃げるように故郷を離れ、出版王の書生になった。銀行頭取の息子で大阪のど真ん中で何不自由なく育った水町祥太郎は、高等遊民をしていた。生まれも境遇もまったく異なる二人であったが、関東大震災直後の東京で邂逅し、意気投合する。そして不思議な縁で、接点を持つことになるのだが…。ユーモアとペーソスあふれる長編小説。

芦辺さんの本、久々~(〃ω〃)
ミステリーでも怪奇でもなく、エンタメでございました。
時代的には関東大震災から阪神大震災までって感じになりますが、この間、72年なんだね。
下手すれば両方体験している人もいたかもしれないんだ。

やむに已まれぬ事情から「笠尾喜之」として生きなくてはいけなくなった、「征木謙吉」。
もう一人の主役が「水町祥太郎」
こっちは元々が金持ちなんだよね。
で、映画の道に入ることになって・・・

祥太郎はとても自由で羨ましい。
戦争時代を突っ走っている時代なのに、そういうのもあまりなく。
謙吉は官僚となっているので、満州に行ったりはするんだけど。

しかし、謙吉時代に祥太郎に会っている笠尾@本当は謙吉。は、
自分の正体がバレるのを恐れるため、祥太郎に会いたくなく。
まぁ1度会っただけでも、顔を覚える人っているんだなーと
5回くらい会わないと全く覚えられない私としては、不思議な話ではありますが。

どこか因縁を感じながらも大正から昭和までの時代を過ごしていった2人の男。

しかししかし!!!
最後の電車でのアレはねぇーーーー。
何というか、男のロマンか男の勝手か知りませんが、
妻子がいる祥太郎はダメだろ。
自由にもほどがあるとブンスカしてしまいました。

「いつかの人質」 芦沢央



いつかの人質 芦沢央

12年前、誘拐された少女。そして発生した二度目の誘拐事件。目の見えぬ少女はなぜ、再び狙われたのかー。過去と現在を繋ぐのは、誘拐犯の娘。『罪の余白』の新鋭が放つ、戦慄の心理サスペンス!

展開が意外で驚いたっていうか・・・
あれだね。
犯人は自分の大切な人以外は本当にどうでもいいんだねー。
たとえ暴力をふるっても。

盲目の愛子にそこまでしなくちゃいけないかなぁと思ってね。
そういうところは、私が悪に徹しきれないところなのでしょうが。
(まぁ、悪になる必要もないので)

なので、犯人の行動に「うぇーー!?」と思ってしまった。

ちょっと違う推理をしていたんですけどね。
そこは見事に外れました。

しかししかし・・・・読み終わっても愛子が可哀想でしかない印章です。
本人はとても前向きで聡明なんだけどね。

「骨を弔う」 宇佐美まこと



骨を弔う 宇佐美まこと

骨格標本が発掘されたことを報じる地元紙の小さな記事を見つけた家具職人・豊は、数十年前の小学生時代、仲間数人で山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。
しかし、それは記事の発掘場所とは明らかに異なっていた。同時に、ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱いた豊は、今は都内で広告代理店に勤務する哲平に会いに行く。
最初は訝しがっていた哲平も、ふと、記憶の底に淀んでいたあることを口にする。
リーダー的存在だった骨格標本埋葬の発案者・真実子の消息はわからないまま、謎は思いも寄らぬ方向に傾斜していく。


この本で登場してるんです。
実名で。
「宇佐まこと」が。
小説家で。

しかも、キーパーソンで!!!!

それがなければ100%満足できる話でした。

小学校5年生の時に、イヤな先生に一泡吹かせるために同級生と共に土に埋めた骨格標本。
それが違うところから出てきた。
っていうか、骨格標本ってそうそう土に埋まってるものじゃないでしょ?

ということで、メンバーの1人だった豊が当時の仲間の元を訪ねて、その真相にたどり着くんだけど、物凄く面白かったです。
29年も経ってると、みんな満足できる人生を過ごしているわけでもなく、みなさんくたびれた中年になってましたが・・・・(1人をのぞく)

だからこそ、何というか、ラストは店を開くってところで締めておけばよかったと思うんだけどなぁー。
返す返すも宇佐美まこと・・・
なんでこうしちゃったんだ。という気持ちがぬぐえません。

1月に読んだ本のまとめ

1月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:5825
ナイス数:594

探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ (角川文庫)探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ (角川文庫)感想
結果的に探偵作家が解決したということなのかな??なんか、面白いんだか面白くないんだかよく分かりませんでしたが、この時代背景は好きです。しかし、書生かぁ弟子かぁ。年頃の娘がいる家にあっさりとあげるのって当時はアリなのか??ちょっと変なところが気になりました。
読了日:01月02日 著者:田代 裕彦


信長の原理信長の原理感想
面白く読みました。本当に2-6-2のこと考えてたのかな?歴史詳しくないので分からないのですが。でも面白い。ラストの本能寺の変へと向かう流れ。信長が急ぎすぎたのかな。光秀は最初の「2」にいる人だったのに。何とも残念。
読了日:01月04日 著者:垣根 涼介


模倣の殺意 (創元推理文庫)模倣の殺意 (創元推理文庫)感想
これってアリなのかー!?滅多になくない??なんと言うか・・・悔しいというか。しかし・・・色々なトリックが全く当たってなく、そして私が付箋貼った箇所が全くトンチンカンな箇所だった〜!!
読了日:01月06日 著者:中町 信


本と鍵の季節 (単行本)本と鍵の季節 (単行本)感想
こういうの相変わらずうまいなぁー。米澤さんの描く高校生はなんというか、綺麗で透明感があります。歳をとっても同じ作風ってすごい。ワトソン役かと思っていた次郎が案外キレ者で鋭かった。シリーズになるかどうかは詩門次第ってことか。
読了日:01月08日 著者:米澤 穂信


心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)感想
続編モノらしいけどあまり気にならず。ただ・・・・ものすごく女好きなのですねー。女好きなのに、なんで道子にだけあーなんだろう。妙に溝渕に譲ろうとするというか。で、ラスト。急転直下すぎて気持ちが追いつかないっ!なんでこうなった??妙にバタバタしてたー。
読了日:01月09日 著者:森 晶麿


「おくのほそ道」殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)「おくのほそ道」殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)感想
このシリーズ好きー(´∀`) 最後ザックザックと終わらせてしまった感じがして物足りなさもありました。ラストもう少し丁寧にしてほしかったー。しかし・・・あるんですかね(*´ω`*) 夢は大きく・・・
読了日:01月10日 著者:風野 真知雄


坂本龍馬殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)坂本龍馬殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)感想
珍説・・・とは言い切れないよねー。読み終わって中岡慎太郎をwikiにて調べる。いつも穏やかなカップルなのに、月村さんの舞妓遊び疑惑(疑惑ではない)に「なぬっ!?」となる夕湖ちゃんがとてもかわいいよー(ノД`)・゜・。このシリーズ好きー。次も読みたい(出てない)
読了日:01月10日 著者:風野 真知雄


インド倶楽部の謎 (講談社ノベルス)インド倶楽部の謎 (講談社ノベルス)感想
昔からのファンからすると「設定」が覆されることに少しむかついたというか・・・過去の火アリシリーズのタイトルとか~。っていうか、火アリのアリスが書いているのは学生アリスじゃないの?!とか。永遠の34歳も苦しくなってきてるのでは・・・と思ったり。文中に「前前前世」が出てきて変に時代を感じ、そして帯にあったようなサプライズは私には見つけられず・・・うーん。長いだけ長かったような。
読了日:01月15日 著者:有栖川 有栖


月影骨董鑑定帖 (富士見L文庫)月影骨董鑑定帖 (富士見L文庫)感想
私の年齢にとって蒼一郎みたいな存在はうっとおしい(笑) 正論が全てではないし。国嵩の食欲には笑った。このポジションはおいしいかもしれない。そして井蛙堂とどんな因縁か・・・と思ったら結構キツい因縁だったね。若い晴には立ち直れないレベルだったかも。ほかにもいろいろ気の毒な晴だった。願わくば蒼一郎がもう少し人の心に寄り添える人になってほしい。
読了日:01月16日 著者:谷崎 泉


涙香迷宮 (講談社文庫)涙香迷宮 (講談社文庫)感想
いろは歌すごいねー。こんなに作れるものなんだーと感心しちゃいました。暗号を解く場に一緒にいるような臨場感もあり楽しめました。今までの囲碁とか将棋とかトランプよりは格段に分かりやすく、なぜかスマホ時代になってたのには笑ったけど智久が普通に成長してたのでよかった。
読了日:01月17日 著者:竹本 健治


バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)感想
短編集。個人的にはビルの話が一番面白かったなぁー。母親といえ敵・・・怖ーい。最後のシン博士の話は私からすると「コントか?」と思うんだけど、シン博士と平賀にとっては真剣で・・・・大変な宗教だなぁーと思うばかりです。
読了日:01月20日 著者:藤木 稟


怪盗探偵山猫 月下の三猿 (角川文庫)怪盗探偵山猫 月下の三猿 (角川文庫)感想
どこかで読んだような・・・と思ったら単行本の文庫化だった(*‘ω‘ *) でもこの話面白かったから満足~。相変わらず勝村がよい(〃ω〃) そして細井がよい。細井ののびきった腹の肉にある入れ墨・・・(笑) あぁ・・・もう違う生き物になっているんだろうな。
読了日:01月21日 著者:神永 学


双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)感想
建物がこんなにトリッキーなのに殺害の動機が物凄くひと昔前的な発想で・・・建物の奇抜さと合わない・・・(´-ω-`) レギュラーとなりつつ人が決まってきたのかな。次で今回の登場人物がまた出てくるのか??宮司とかねー。物腰の柔らかいキャリアでしたね。
読了日:01月22日 著者:周木 律


信長・曹操殺人事件 (実業之日本社文庫)信長・曹操殺人事件 (実業之日本社文庫)感想
相変わらずゆるくてお気に入り。あっという間に読めますが真偽のほどは謎。信長・・・三国志参考にしたのかな??似ているんですね。どうかな??気になりますが・・・
読了日:01月24日 著者:風野 真知雄


五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)感想
これは、某「館シリーズ」で似たようなのあったなぁー。数増やしただろうけれど、でもどうしても前に似たようなのがあると比べられちゃうよねー。毎回「堂」は奇抜なのに殺害の動機が妙に二時間ドラマっぽいのはなんでだろう?
読了日:01月27日 著者:周木 律


からくりがたりからくりがたり感想
こういう救いようのない話を読みたかったので満足してます(笑)期待を裏切らないなぁー。男子がしょぼくて女子が奔放というイメージのまま終わったー。
読了日:01月29日 著者:西澤 保彦


そこにいるのにそこにいるのに感想
怖さレベルでいくとそう怖いワケではないんだけど、微妙に毎回登場する「クママリ」というキャラがなんだろう?と思ったらやっぱり仕掛けてたー。短い話で攻めてくるのが好みです(*´ω`)
読了日:01月30日 著者:似鳥 鶏

読書メーター


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

17冊(・∀・)
先月より少し増えた。

わたし、1月12~14日までインフルで死んでたんですよ(笑)
しかも、医者に行くのが早すぎてインフルの兆候がでなかったので
普通の薬をもらった全く効かず→結果インフルだろう(想像)

勿体なかったー。この3日間。
沢山本を読めたのにー。

久しぶりに図書館にも行きましたし(*´ω`)
やっぱり本を読むのは楽しいと思うのでありました。

「そこにいるのに」 似鳥鶏



そこにいるのに 似鳥鶏

本格ミステリ界の旗手が挑む初のホラー短編集!怖すぎて面白すぎる、13の怪異の物語!

【目次】
六年前の日記/写真/おまえを見ている/陸橋のあたりから/二股の道にいる/痛い/なぜかそれはいけない/帰り道の子供/随伴者/昨日の雪/なかったはずの位置に/ルール(Googleストリートビューについて)/視えないのにそこにいる


割と好き。
怖さレベルでいくと、★★☆☆☆ くらいなんだけど、
短い話で攻めるのは上手いと思いました。

ホラーもねぇー、なんだかんだ言いながらよく読んでいるので怖いのに慣れてきたっていうか。
でも、ピシっとオチを作ってくるのは読みやすいと思う。

個人的に好きなのは、多少ベタではあるけど、「六年前の日記」です。
あと、タイトルどれか忘れたけど、自分をエゴサーチする話。
なんかこればかりは現代的で、今まで読んだどのホラーにもなくて(エゴサーチなんて最近のワードだしね)、不気味でした。
ホラーとはいえないほっこりする話もあり、それはそれでよかった。

ホラーだから割とざっくりザクザク殺されるんだよね。
「わーーー。あっさり来るな」
と、思いましたがそれでも結構面白く読みました。