igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「噛みあわない会話と、ある過去について」 辻村深月



噛みあわない会話と、ある過去について 辻村深月

怒りは消えない。それでいい。あのころ言葉にできなかった悔しさを、辻村深月は知っている。共感度100%!切れ味鋭い傑作短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ナベちゃんのヨメ/パッとしない子/ママ・はは/早穂とゆかり


前にネットで
「日本人はすぐに飽きるから怒りは続かない。すぐに醒める」
で、逆に韓国人が物凄く怒りをパワーにする民族らしく、
怒り続けることによって、生きる源になるとかなんとか。

「なるほどねぇー」と思ったのですが。
私はそういう意味ではモロ日本人的です。

続かないのは怒りだけではないのですが(´-ω-`)

ってことで、「あの時の恨み」を晴らすべく、何年も何十年も経ってから登場するっていう話が2つ。
そういう気持ちのない私からするとドン引く人たちですが。
怒りは長続きしません。
その時は確かに腹も立ちますし、鼻息も荒くなります。
でも、それを何年も何十年も片時も忘れずとか・・・
ないなぁー。
まぁそのくらい傷つけたり傷ついたりがなかったのだろうなという自己分析。

で、逆に言うと「ナベちゃんのヨメ」のナベちゃんには少し共感するところもありましたよー。
新郎の友人に女子とか呼んでほしくないですし。
っていうか、最初から呼ぶなよ。
結婚式に異性の友達呼ぶの当たり前なのかなぁー。
田舎ではあまりないけどなぁー。

「このミステリーがすごい!四つの謎」



このミステリーがすごい!四つの謎

寝台特急での密室殺人、ピアニストの死の謎、元特撮ヒーローの受難、猛吹雪からの脱出ー最強の『このミス』大賞作家、書き下ろし4編!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
残されたセンリツ(中山七里)/黒いパンテル(乾緑郎)/ダイヤモンドダスト(安生正)/カシオペアのエンドロール(海堂尊)


どの話もつかみは面白くないんだけど(失礼)、
読んでいくうちに面白くなりました。
特に「ダイヤモンドダスト」
しょっぱなの面白くなさは文句の言いようがないくらいなんだけど、
後半になるにつれて面白くなる。
東京に大寒波が訪れて、交通マヒとかいろいろなるんだけど、
そんなトンでも設定に慣れてきたというか。

「黒いパンテル」も面白かったなぁー。
この2人の作家さんは普段あまり読んだことないから
どういう仕掛けで来るかっていうのが予想外で
楽しめました。

海堂さんは久々に読んだなぁー。
玉村刑事・・・久々だった。
懐かしい・・・

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。



「なぜにこれを・・・?(;''∀'')」


クイーン世代でもないのに・・・と
見る前までは思っていたのですね。

でも、物凄く評判も良くて、「クイーンを知らない若い世代でも楽しめる」という話も聞こえてきて、実際映画館に行ってみると時間帯が合うのがなぜかこれ・・・

ということで観ましたら。
公開1か月経っているのに結構混んでて驚きました。

年齢層は多少アダルトな人が多かったかなー。
でも、確かにクイーンを知らない私でも楽しめます。
普通の映画。
フレディ・マーキュリーくらいは知ってますし、歌っているのも見たことがあります(録画?)
何故かずっとフランス人だと思ってましたが、違うのか。
映画ではパキスタン人と言われてましたが、実際はタンザニア??
どこからパキスタンが出てくるんだろう。
当時の人はよくわからん。

ラストのライブ・エイドでの音楽シーンは本当に最高です!
音楽は人を感動させます・゚・(つД`)・゚・
後の席の人拍手してましたし。

本当に期待度ゼロでしたが予想以上に面白かったです。
満足♪

しかし、作中で流れた曲の中で私、3曲しか知っていませんでした。
エンディングも含めてね。
タイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」知らないんですよねー。
私と一回り違う旦那も全く一緒の3曲。
クイーン世代って何歳くらいなんだろう?

借りた本 12月8日

借りた本1208

久々にかりんトウさんと会いまして、本を貸してもらいました(〃∇〃)
「出版禁止」とかあるんですけどーーー!!!
マジ嬉しいです。
っていうか、なぜ持ってる??
嬉しいです。

後は毎回のことながらいろいろお話させてもらいました。
私の現在の「腐」の部分とか無理やり聞いてもらってます(笑)

これで思い切り冬籠りできそうです(〃∇〃)

「おさがしの本は」 門井慶喜



おさがしの本は 門井慶喜

和久山隆彦の職場は図書館のレファレンス・カウンター。利用者の依頼で本を探し出すのが仕事だ。だが、行政や利用者への不満から、無力感に苛まれる日々を送っていた。ある日、財政難による図書館廃止が噂され、和久山の心に仕事への情熱が再びわき上がってくる…。様々な本を探索するうちに、その豊かな世界に改めて気づいた青年が再生していく連作短編集。

【目次】
図書館ではお静かに/赤い富士山/図書館滅ぶべし/ハヤカワの本/最後の仕事


個人的にレファレンスってカッコいいと思います。
「あーー。あの本なんですけどー」と、キーワードたる単語で「あぁ。それでしたら・・・」ってヤツやってみたーーーい(笑)
私が利用している図書館にあるかどうかは怪しいですが・・・

でも、ストーリー的にはあまりピンとはきませんでしたが・・・
でしたが、あの最後の「太陽の季節」じゃないほうの本。
アレがインパクト強すぎて思わず想像しちゃって読みたくなりました。
変態かも(爆)
凄いよね。
あんなシーンを書く本が「太陽の季節」以外あるのかと。
女性はやりませんが、男性諸君たちにとっては夢のあるシチュエーションなのでしょうか・・・
そこが気になる。

そういえば私が子供のころに読んだ本・・・何っていうんだろうなぁー。
読みたいなぁーと思います。7歳くらいに読んだ本だけど(←昔から活字ばか)
黄色い表紙で、こぐまが冒険する話だったと思うんだけど、結構有色人種とか沢山登場してて・・・
あまり人種にうるさくない時代だったのかな~。

「白夜行」 東野圭吾

白夜行

白夜行 東野圭吾

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

我が家のボロボロの白夜行公開(笑)

これはねー、ダンナが白夜行好きすぎて3回読んだらこうなった(T_T)
私も今回で3回目です。
3回読むとまた違った感じがして面白いです。

前半はとにかく怖いんだよね。
雪穂が。
ただただ雪穂が気持ち悪い。
それに比べると亮司なんてまだ生きてる人間って感じがする。
視点の違いかなぁー。
読んでても亮司には感情があると思うんだよね。
雪穂にはそれがない。

自分の害になりそうな人は、ことごとくつぶす。
体に直接的に傷をつけるのではなく、魂を殺すやり方を選ぶ雪穂。
本当にロクな女ではありません。
「アーモンドの形をした目」がキラリと光ったらもう、その先には恐怖しかないみたいな。

だからこそ、美佳のアレは雪穂が仕組んだことではないんじゃないかなぁ。
と、今回初めて思いました。
過去2回はこれも雪穂がやったんだろうと思ったんだけど、
美佳の事件は「一線を越えている」ことなので、
これは違うんじゃないかなーと。

それにしても気の毒なのは亮司だよなぁー
最初から最後まで気の毒でしかない。
ただの切り絵好きのおとなしい少年だったのに。

当時ドラマ化した時も録画して見ました(〃ω〃)
(某理由で、土曜日の昼からとか放送してたので)
篠原一成役の柏原くんがカッコよかったなぁ。

買った本 12月3日

201812030803534c8.jpg

年の瀬ですねぇー。

免許更新に行きましたら有効期限が

「平成36年1月〇日まで有効」

と、ありまして、来もしないしない平成36年を思う私でありました。

「インド倶楽部の謎」 有栖川有栖

火村・アリスの国名シリーズです(〃ω〃)
いつの間に出てたのか・・・気づかなかった。
結構厚いし、長編だし、どうなることやら楽しみです。

そして家計簿デス。
私はこういうのつけるのが本当ーーーーに苦手で。
今年もオレンジページから出てるこれにしたら、なんとか1年間書き続けることが出来そうなので、今年も科目が少ないこちらを買いました。

そしてもう1つ。手帳です。
実は2年ぶりくらいに買います。
手帳も年間通してつけたことがない(^-^;)
仕事で使わないのですが、ないとないでやっぱり不便で・・・
実際3月を過ぎたころから白くなり始めるっていうのが毎回のパターンです。

そんなロクに手帳もつけられない私が言うのもなんですが、
日曜日が左にないとイヤなんです。
かわいいなと思うと大抵右に日曜日があります。
なので、かわいさのかけらもない県民手帳を買いました。
どうせ家で使うので表紙をカスタマイズしてみます。

11月に読んだ本のまとめ

11月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2778
ナイス数:344

無気力探偵2~赤い紐連続殺人事件~ (マイナビ出版ファン文庫)無気力探偵2~赤い紐連続殺人事件~ (マイナビ出版ファン文庫)感想
ラストの話がイマイチだったかなぁー。犯人の行動がすべて「??」で、いい大人がすることなのかと。まぁ殺人犯って大体変な人多いけど、ものすごく変だった。人物関係がややこしく、前作も読んでるんだけど、いろいろ思い出せなくて困った。
読了日:11月03日 著者:楠谷 佑


フラン学園会計探偵クラブ Report.1 (角川文庫)フラン学園会計探偵クラブ Report.1 (角川文庫)感想
高校生っていう設定ですよね?? なぜ確定申告書があちらこちらにあるんだろう・・・・。設定でつまづいてしまった(笑)萌実さん再登場。相変わらず世の中なめてる感じがいいですね。最後の「死体」の話は身近にもありそうな感じがする・・・っていうか、ヤバい会計事務所が身近にいるんです(^-^;)
読了日:11月06日 著者:山田 真哉


女子大生会計士の事件簿  DX.6 ラストダンスは私に (角川文庫)女子大生会計士の事件簿 DX.6 ラストダンスは私に (角川文庫)感想
短い話が多くて読みやすかったのと、割合に身近に使えるポイントなどがあり、参考になりました(〃ω〃) 税を覚えるっていう意味でですっ(笑) カッキーが実は頼りがいがあるっていうのは少し取ってつけた感じがありますが、このシリーズはこれで終わりなのねー。
読了日:11月08日 著者:山田 真哉


女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント (角川文庫)女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント (角川文庫)感想
この本最後に読んじゃった。「劇」の話は笑えた。何というか、スポンサーありきというかこういう展開ってありそうななさそうな・・・(;・∀・) 萌さんにもこんな時代があったのかと。意外ではありましたが・・・
読了日:11月12日 著者:山田 真哉


ガンルージュ (文春文庫)ガンルージュ (文春文庫)感想
こういう話って展開が読めるんだけど、それを抜きにしても気持ちよく読むことが出来ました。美晴に関しては「そんなわけないだろー」のオンパレードです。どんだけ運があるんだこの人・・・(笑)
読了日:11月14日 著者:月村 了衛


ヒステリック・サバイバー (徳間文庫)ヒステリック・サバイバー (徳間文庫)感想
うーん。ちょっと微妙。ラストは確かに爽やかではあったんだけど、途中「??」となるのは私の読解力のなさなのか・・・。第一・・・普通サムか??なんでサム??名前が「おさむ」なのかと思ったら苗字とか??
読了日:11月19日 著者:深町 秋生


古事記異聞 鬼棲む国、出雲 (講談社ノベルス)古事記異聞 鬼棲む国、出雲 (講談社ノベルス)感想
登場人物が代わっただけで、物語的な仕組みは変わってないご様子w 新シリーズということもありますのでまだどういう設定なのか分かりませんが、御子神さんが祟さん的位置にいるのかなぁー。
読了日:11月21日 著者:高田 崇史


古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)感想
またしても「続く」今回は1つのテーマを丁寧に掘り下げて行くのかな。現実の殺人事件は本当に毎回のことながらなんとかならないかと思うけれど、あの「八」がたくさん登場する和歌の謎が早く知りたい。
読了日:11月27日 著者:高田 崇史


未来未来感想
フロッピーの中身がエピソードⅢってこと?? ってことは、フロッピーにとんでもないもの残したんだなぁーと怖くなります。未来からの手紙・・・そんなものが届いたら本当にドキドキするね。割とアッサリ信じるタイプなので・・・(^^;)
読了日:11月30日 著者:湊 かなえ

読書メーター


たった9冊!?

自分に驚いた11月でした。

まぁ試験あったしー。
あったしー。
あったしー。

ということで、試験も終わりワタワタとする12月です。
1年が過ぎゆくのはどうしてこうも早いのか・・・・

まぁ12月は9冊ってことはないだろー。
と、自分に言いたい。
でも、今「白夜行」読んでるしなぁー。
白夜行700ページ以上あるんですよね。
普通の本の2冊分くらい(笑)
まだ半分もいってないし。

「未来」 湊かなえ



未来 湊かなえ

「こんにちは、章子。わたしは20年後のあなたです」ある日、突然届いた一通の手紙。送り主は未来の自分だという……。『告白』から10年、湊ワールドの集大成!待望の書き下ろし長編ミステリー!!

未来から届く手紙」のシステムを真剣に考えてしまった。
私はきっと詐欺にひっかかるタイプだ。
気を付けないと・・・(汗)

未来の自分から来た手紙に返信するという形の「章子の章」のほかに、
章子の周りを取り巻く人たちのエピソードⅠ、Ⅱ、Ⅲから成り立つ1冊です。

ラストを考えるとエピソードⅢお父さんが遺したフロッピーの中身ってことになるよね。
普通に考えるとなんであんなもの遺すのか全く理解できません。

章子の母親が意外に強い人だったなと。
最後まで読んで思ったのがそれ。
章子というよりも、章子の母が・・・という。
マドレーヌが結構重要なポジションにあったな。

読書メーターでは賛否両論ありましたエピソードⅢですが、
私は結構好きです。

「古事記異聞 オロチの郷 奥出雲」 高田崇史



古事記異聞 オロチの郷 奥出雲 高田崇史

闇に葬られた「敗者の日本史」が蘇る。誰も見たことがない出雲神話の真相!! 歴史ミステリー新シリーズ第二弾。

また「続く」になった。

あの、八ばかり登場する和歌の謎が知りたいー。
こういうの引っ張られるのって・・・

たまらんっ!(*´ω`*)

昔の人は神々に対して絶対いい加減なことはしない。
必ず何か意味があるっていうのは、こういう本を読んでいると
否が応でも分かるっていうか、高田さんの過去の何十冊が
語っている(笑)

今でこそ、日本はこういう感じになったけれど、
昔は某元首相が言った通り、「神々の国」であったろうしねー。
そういうのを念頭に置いて読むとやっぱり面白いんだよね。

なのでブーたれながらも、新作が出たら買うし、読む。
次は京都のようだ。