2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.21 (Mon)

紅葉の季節です(・∀・)

昨日は八幡平に行ってきました(・∀・)

鯨統一郎さんによると、邪馬台国があった場所です。
詳しくは → 「邪馬台国はどこですか?」

「どうせだったら山頂まで行こう」ってことになり、
行ったはいいけど、山頂は緑だった。
紅葉ではなかったーーー。
でも、天気が良かったので人はたくさんいました。

IMG_20191020_145901.jpg

軽装でも行けます。
私らも普段着でしたが、軽装すぎて寒かった(T_T)

本当はもう少し下界(?)の大沼公園に行く予定だったのに
天気がいいと上に行きたくなるダンナの習性であれよあれよと上まで。

久々にこちらまで来たので後生掛温泉に入って帰ろうと思ったのに
日帰り温泉は3時までですってよ。いつの間に。

なので、またちょっと下ったところにある銭川温泉に入りました(〃ω〃)
どうしてもこっちにくると後生掛温泉にばかり行ってたので
初の温泉もいいものです。
空いてたのでのんびり入りました。



IMG_20191020_160129.jpg



実際、写真で撮るより実物の方がいいのはわかってるんだけど、
なぜか残したくなるのが今の世の中的な話なのか。



IMG_20191020_155436.jpg


紅葉と枯れた葉っぱの境目みたいなのがあって面白いです。
本当は紅葉狩りとして登山も考えてたのですが、
最近日曜になると天気悪くて思うようにいかないです。


普段運動しないので八幡平レベルでも心臓バクバクでした(笑)
08:56  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.19 (Sat)

「スワロウテイルの消失点」 川瀬七緒



スワロウテイルの消失点 川瀬七緒

東京・杉並区で男性の腐乱死体が見つかり、法医昆虫学者の赤堀と岩楯刑事が司法解剖に立ち会うことになった。岩楯の相棒となる深水巡査部長、高井戸署署長、鑑識課長らも同席するなかで、大柄で肥満した遺体にメスが入れられていった。と、そのとき、立会人たちが発疹や出血、痒みに襲われ、感染症の疑いでパニックが起きる。岩楯らは隔離されるが、赤堀には心当たりがあった。赤堀は騒ぎの原因を解説し、殺人と推定された被害者の死亡推定月日に迫ろうとする!

法医昆虫学捜査シリーズ。
別名、赤堀シリーズ。

今回も岩楯さんの相棒は変人です。
でも、変人だけど有能ではあったな。
そして、有能な刑事は赤堀のことを認めるんですね。
最初はみんなドン引きするんだけど(笑)

今回は波多野さんの働きがよかったです。
赤堀と同じところに在籍しているのかな。
設定忘れたわー。
でも、今回は広澤さんの代理で赤堀と行動を共にすることを決めた
ようで、決めたからにはしっかりやる。ってことで、
みんなドン引く赤堀の行動にもしっかりとサポートして、
これでこそ相棒かと。

地道な捜査をしていった刑事チームと、燕の習性から燕の巣を
探していった赤堀チーム。
偶然ながら、犯人のテリトリーに最初にたどり着いたのは赤堀チームで。
毎回のことながら赤堀死にかける??と思ったら今回は
赤堀じゃない人が死にかけました。

毎回危険が登場するシリーズです。
でも死んでません。
09:20  |  川瀬七緒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.16 (Wed)

「穴掘り」 本城雅人



穴掘り 本城雅人

死体を埋めれば誰にもバレないー野に放たれた殺人者の罪を明らかにし、寂しき行方不明者の捜査をして30年。愛憎も哀しみも嫌らしさも、この鬼刑事の執念が掘り起こす。社会派ミステリーの旗手が挑む初の本格警察小説。

面白かったよー。
何というか、BOOKデータベースで書いているのと多少イメージは違うんだけど。
孤独な刑事かと思いきや、割合に普通にチームは組むし、普通の警察小説でした。

シリアスな時効警察と思っていただければ(←時効警察好き)

行方不明者の名簿から事件性のあるのを探し捜査する。
で、そこからの解決が早い。
なので、解決ありきっていうか。
ねぇ。そこら辺はご都合主義もありますが、
割合に人間ドラマが多くて、面白かった。

なんでそんな捜査畑にいるかっていうと、とても優秀な刑事ながら
死体見ると吐いちゃうんだって。
なので、死体なき現場じゃないと無理だとか。

相棒の森内の成長もまたよかった。
15:07  |  その他は行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.15 (Tue)

「すみれ屋敷の罪人」 降田天



すみれ屋敷の罪人 降田天

戦前の名家・旧紫峰邸の敷地内から発見された白骨死体。かつての女中や使用人たちが語る、屋敷の主人と三姉妹たちの華やかな生活と、忍び寄る軍靴の響き、突然起きた不穏な事件。二転三転する証言と嘘、やがて戦時下に埋もれた真実が明らかになっていくー。注目の女性コンビ作家が「回想の殺人」を描く、傑作ミステリー。

好き。

昭和初期、富裕層特有の上品さやら、そこから戦争へ向かう無慈悲さ。
なんか、舞台がこの時代ってだけでもいいよねー。
しみじみ思います。


そして、屋敷の敷地内から出た白骨死体に関して、
当時の使用人たちに聞き込みする謎の刑事。
謎の使用人、ヒナ。
使用人も全部刑事に打ち明けているのかいないのか。

最後の真相にしても、例えばな話、今の世の中だと
市川さんの考え方の人って当たり前なんだよね。
でも、当時は違うんだよ。
きっと違うんだよ。
そこが、この時代特有であって、独特の世界観。

そこに行きつくまでのみんなの心理、心情を想像するとたまらなく面白い。
ラスト、岡林が救われるといいなぁ。
08:51  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.14 (Mon)

「ケーキ王子の名推理4」 七月隆文



ケーキ王子の名推理4 七月隆文

花の都パリを訪れた未羽と颯人。めくるめくスイーツを堪能し、セーヌ川をクルージングしながら極上のお料理に酔いしれるはずが、若き天才料理人ルイ・デシャンの登場で颯人のテンションが急降下↓帰国後、文化祭準備にはりきる未羽。なのに颯人の様子がおかしくて…この関係、どうなるの?夢に恋に悩むとき、甘~いケーキは救世主。世界に一つだけの青春スペシャリテ第4弾。

フランスの料理人に鼻で笑われたと感じた颯人が思い切り迷走して
ワケわからんケーキをどドヤ顔で作り、未羽に怒鳴られたという
シーンは面白かった。

こういうのあるよね。間違った方向に突き進むの。
前作のコンクールがテレビで流れ、未羽と颯人の関係が学年中に
噂になり、でも、迷走中の颯人は学校にも来てないし、
未羽一人がてんてこまい。

颯人の迷走もとりあえず終わり、未羽をイメージしたケーキを
作りそこで告白・・・
はいいけれど、自分をイメージしたケーキを作り
その説明付きったらどんな人も照れるな。

で、この話は終わりかなぁー??
どうなんだろう。ここで終わってもいいのではないかと思う
さわやかな終わり方だった。
09:01  |  その他な行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.13 (Sun)

「落日」 湊かなえ



落日 湊かなえ

新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。『笹塚町一家殺害事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。“真実”とは、“救い”とは、そして、“表現する”ということは。絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。

甲斐千尋と長谷部香に全く魅力をかんじず。
しかも、何となく似ているキャラのせいか「あれ?この人誰だっけ?」状態。
「お父さんが生きてるほう」
「お父さんが死んでるほう」
でワケてました。
そのくらい何というか、パッとしない2人です。

実際の「笹塚町一家殺害事件」の真相はものすごくしっくりきました。
そういう経緯があったのかと。
なので、死んだ人の人生は結構興味深いんだよね。

それをパッとしない生きてる2人が追うものだから
なんだかなぁーとなる。
でも、真相は辛い。
千尋にとってはものすごく辛かったんじゃないかな。
でも、知ることができたのは良かったと思う。
09:00  |  湊かなえ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.10 (Thu)

「『はじめまして』を3000回」 喜多喜久



「はじめまして」を3000回 喜多喜久

高校二年の北原恭介は、友達の少ないリケイ男子。そんな恭介が、クラスの人気者・牧野佑那から生まれて初めての「告白」をされた。「昨日の夜、北原君に告白する夢を見たから」「予知が外れると、不幸が襲い掛かるの」冗談みたいなことを言って、ぐいぐい恭介の生活に入り込んでくる奔放な美少女。恭介の頑なな“リケイのメンタル”が次第に揺らぎ始め、ついに想いが“本当の恋”へと変わろうとしていた、そのとき…。恭介は、笑顔を絶やさなかった彼女が、「ある重大な秘密」をずっと抱えていたことを知るー。

雰囲気は「膵臓」に似てる。
妖怪の呪いにかけられてて、予知夢を見る。
予知夢通りに行動しないと、夢に登場した相手が死ぬ。
「さぁ、私と付き合うか死ぬかどっち??」
的な話よねー。
バリバリの理系くんで、そういう非科学的なものは信じないかと思いきや、
やっぱり可愛い女子の言うことなら聞いてしまう悲しい性w

上手くいくかと思いきや、夢の通りに動かないといけない佑那なので、
ずっと恭介とばかりいっしょにいるワケにもいかず、
上手くいかなくなってちぐはぐしたり。

でも、この話冷静に考えると(考えなくても?)アラがあるんだよね。


ということで、久しぶりに以下ネタバレいきます。










恭介が陥没事故で死んじゃう夢を毎晩見ていて、結果的に佑那は
予知夢通りに動かなかったから、逆に死んでしまう。

でも、ある意味予知夢通りに動いたからこそ、毎晩見てた夢は
そこで終わってたんだよね。
予知夢通りに動いていたらその先もずーっとその先も見てたんだし、
結果として予知夢通りの行動だったからこそ、そこで夢が終わって
たんじゃないかと。


08:43  |  喜多喜久  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.09 (Wed)

「ケーキ王子の名推理3」 七月隆文



ケーキ王子の名推理 七月隆文

お待ちかねの修学旅行は青い海きらめく沖縄。ケーキ大好き女子高生・未羽は、ビーチで高校生パティシエ大広漣と知り合い、その積極的なお誘いに押されデートの約束をする。最近なぜか不機嫌な颯人からは、漣も出場するコンクールのアシスタントに「お前しかいない」と頼まれ……何この板挟み状態っ! そして迎える大会の日。ケーキを愛する2人の甘くて熱い青春スペシャリテ第3弾。

展開が安定のマンガ(笑)
タイトルの「名推理」はどこへ?

今回は、コンクールメインかなぁー。
合わせたら握手するように見えるケーキってどんなんだろう?
気になりますが、わたし・・・実はそれほどケーキ好きって
ワケでもなくて。
もちろん美味しいので好きですが、「ケーキ大好き!!」と熱くなる未羽の
気持ちはほぼない(笑)
そして多少胃もたれが・・・(哀)

颯人のツンデレぶりがすごい。
恋愛初心者丸出しで、微笑ましいんだけどね。
未羽は全く気付いてませんけれど。

13:42  |  その他な行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.08 (Tue)

「むらさきのスカートの女」 今村夏子



むらさきのスカートの女 今村夏子

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない“わたし”は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』、『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の新作中篇。

芥川賞~(・∀・)

しかし・・・毎回同じ選考委員だからか、毎回似たようなのが受賞されるなぁー。
どこかネジが緩んでるような人たち。

むらさきのスカートの女に執着する黄色いカーディガンの女。
っていうか、黄色がストーカー。
むらさきに対して並々ならぬ執着を持ち、仕事に住所にと
逆によくむらさき、気づかないよなぁー。

むらさきも案外普通の人で、野心もあるし、ボケーっとした
感じの人ではなかった。
一流ホテルの清掃員らしいけれど、ホテルのアメニティどころか
タオルまで盗んできて??

結局バザーにだしたのはむらさきなのか?黄色なのか??

にしても、やっぱり変だよね。
目が離せないんだけど、変な人たち。
14:55  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.07 (Mon)

映画「ジョーカー」を観ました。



はい。観ました。

これってバットマンの宿敵であるジョーカーがどのようにして生まれたか。
という話らしいんだけど、私、バットマン1回も見たことなくて全く知識
なくて、こんなんで映画見てもわかるのかなぁーという気持ちは
あったんです。

でも大丈夫!!!

逆に「これがバットマンにつながるの?」と思うくらいです。
予備知識なくてもこれはこれで単独の映画です。

しっかし・・・内容がねぇー。
私は今の香港の暴動を思い出しました。

ジョーカーとなるアーサーは精神に病気を持っている人で、
そのせいでいろいろ苦労してきてはいるんだけど、
コメディアンになりたい。
人を笑わせたい。
でも、「人を笑わせたい」のではなく「人に笑われた」
それに傷ついたアーサーはジョーカーになるんだよね。

ネットでネタバレ映画評も見ました。
チャップリンの映画をモチーフにした箇所もあるらしい。
バットマンとジョーカーの関係ってアンパンマンとバイキンマンの
関係に似ているとか!?
それだったら分かるような・・・
08:52  |  映画鑑賞  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT