2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.19 (Mon)

「ビギナーズ・ドラッグ」 喜多喜久



ビギナーズ・ドラッグ 喜多喜久

世界を変えるのはいつだって、ひたむきな努力と果てしない情熱だ!中堅製薬会社で事務職を務める水田恵輔は、祖父が入居する老人ホームで出会った女性・滝宮千夏に一目惚れする。しかし、彼女は治療困難な難病に侵されていた。彼女のために何かできないのか。悩んだ恵輔は、自ら治療薬を創ればいいと思い立つ。同期の研究員・綾川理沙を巻き込み準備を始める恵輔だったが、素人の思いつきに対する周囲の風当たりは強く…。次々と立ちはだかる困難、進行する病魔、恵輔の恋と情熱の結末はー。

こんな嘘くさい話でも、作家が喜多喜久さん@大手製薬会社研究員 であれば
「こういう事もあるのかな」
なんて思ってしまいます。

恵補が所属する製薬会社にまつわる話云々が事実に近いのかな。
お金の話だったり、ある程度いったところでの研究打ち切りだったり。

まぁ・・・恵補のほうは・・・うまく行き過ぎ感が・・・目も当てられない(/ω\)

理系がとても苦手な私は、結局のところ春日さんが頑張っているシーンは
読むには読んだけど理解には程遠いところにあります(笑)
1つ1つなんだよねー。
細胞ねー。

そういう難しいシーンもありましたが、基本的には気楽に読める小説でした。
理沙さんの強さがとても好きです。
05:00  |  喜多喜久  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.17 (Sat)

「角の生えた帽子」 宇佐美まこと



角の生えた帽子 宇佐美まこと

毎夜、同じような悪夢を見る。それはさまざまな女をいたぶり殺すことで性的興奮を覚えるという夢だ。その夢はまるで自分がやったかのような錯覚に陥るほど、リアルなのだ。ある日、自分が見た夢と同じ殺人事件の犯人がつかまったニュースが流れた。そこには自分と同じ顔の、違う名前の男が映っていたー。行き止まりの人間たちを描いた全九篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
悪魔の帽子/城山界隈奇譚/夏休みのケイカク/花うつけ/みどりの吐息/犬嫌い/あなたの望み通りのものを/左利きの鬼/湿原の女神


初めましての作家さんです。
でも、家に買った本が積んでます@愚者の毒

こういう作風なのかな。
どこか怪しくて多少レトロで不思議な感覚。

個人的には「悪魔の帽子」「犬嫌い」が好み。
イヤな感じがしながらも、分かりやすい話が好きです。

静かな場所でじっくり読むのがいいです。
少しざわついているとあまり頭に入らない(笑)
っていうか、ざわついてた場所@会社で読んだ時の話が
あまり好みじゃなかったのかも。

基本的に登場人物は暗い人が多いです。
最後の「湿原の女神」の話だけは割と前向きの人だったけど、
それ以外はどよーんとした人が多かった。

こうなると愚者の毒も楽しみ。
05:00  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.16 (Fri)

「キラレ×キラレ」 森博嗣



キラレ×キラレ 森博嗣

満員電車の中、三十代の女性がナイフのようなもので切りつけられる事件が立て続けに起こった。探偵・鷹知祐一朗から捜査協力の依頼を受けた小川と真鍋は、一見無関係と思われた被害者たち全員に共通する、ある事実を突き止める。その矢先に新たな事件が起こり、意外な展開を見せるが…。Xシリーズ第二弾。

最近の森作品の中ではミステリーになってて面白かったです。
誰と誰が繋がっててどうのこうのっていう流れの本ばかり読んでたので
「そういえばミステリー!」
と、気づくきっかけになりました(笑)

犯人も動機も何となく理解できまして。
これって最近の森ミステリィでは珍しいです。はい。
森ミステリィってなんだか分からないのが多かったので。

そういう意味では新鮮で面白かった。

ただ、萌絵さんに対して「女の子」はないだろー。
この時代の萌絵さん設定によると28歳らしいですよ。

真鍋くん@大学生の小川さんに対する態度。
まぁ・・・天然なのかそうなのか。
そうなんだろうけれど、悪意ないんだけど酷いよね(笑)
悪意ないから善意として受け取ればいいのか??
どうなんだろう。でも、プロテクター。絶対使うな。
と思ってたらやっぱり使った(笑)
05:00  |  森博嗣  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.15 (Thu)

「パーマネント神喜劇」 万城目学



パーマネント神喜劇 万城目学

「今からあんたの願いをひとつだけ叶えてあげる」。デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗るアヤしげな男たち。肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う…?笑って笑って最後にほろり。わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。

【目次】
はじめの一歩/当たり屋/トシ&シュン/パーマネント神喜劇


最初の2話が好きだなぁー。
表題作は少し重くて。
震災を書いているんだけど、3学期で「震災から半年」と書いているのでまぁ架空の場所ではありますよねー。
万城目さんも関西の人ですから、阪神大震災を経験しているかもしれないし。
うーん。

最初の2話のコミカルな感じから話の雰囲気が違い・・・
しかも「パーマネント」って「永遠なる」っていう意味なの??
わたし、普通に髪の毛の方のパーマ化と・・・

表紙の人がめっちゃ水野晴郎さんに似てますが・・・
神様らしい・・・

それにしても最初の1話・・・まぁ神様が何かしたとはいえ、
それがキッカケで人生いろいろいい方向に動くのであればそれは本当に羨ましいなー。

05:00  |  万城目学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.14 (Wed)

「消人屋敷の殺人」 深木章子



消人屋敷の殺人 深木章子

覆面作家の館で失踪した女性編集者。再び起こる不可能な人間消失。犯人は「人を消す屋敷」? その昔、包囲された館から一族が忽然と姿を消したーー。奇怪な伝承に彩られた岬の突端の武家屋敷、人呼んで「消人屋敷」。ここに隠遁する覆面作家を訪ねた女性編集者が失踪し、三ヵ月後、謎の招待状によって五人の関係者が集められた。嵐が巨大な密室を生み出し、新たに不可能な人間消失が! 読者を挑発する本格ミステリ長篇。

展開が全く読めなくて「どうなるんだろう??」とドキドキしながら読みました。
面白かったです。
トリックが分かり、仕掛けが分かると「あぁーそういうことかー」と思うんだけど
それでも、そこに行きつくまでが面白かったなぁー。、

最後の最後が「は?」と言いたくなるような終わり方で、
そこは読書メーターの皆さんも同様の意見のようです。

でも、そういう仕掛けにするんだったら別に行方不明になったのが兄ではなくて
姉の方が物語的にさらっといったのではないだろうか。

なんて思ったりして。
「その部分」も取ってつけた感じがしたんだよねー。

そういえば、青字の部分「出版社より」なんだけど、「BOOKデータベースより」じゃないんだけど、そこそこのネタバレをしている気がしますが・・・いいのか?
05:00  |  深木章子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.13 (Tue)

「お隣さんが殺し屋さん」 藤崎翔



お隣さんが殺し屋さん 藤崎翔

専門学校入学のために田舎から上京した美菜は、隣人に挨拶することに。お隣さんの雄也はどこか陰のある長身の青年で、美菜は好意を抱く。一方、雄也は美菜にある物を見られ動揺する。それは一発の銃弾だった。雄也はそれを使った「仕事」を思い出す。ある弁護士を闇に葬った、恐るべき出来事を。さらに雄也の今度の仕事場は、美菜が通う専門学校で…。純朴女子学生と危険な殺し屋が交錯する、衝撃的ラストのユーモアミステリ!

帯に「302ページから起こることは決して誰にも言わないでください!」
とありまして。
いつもそういうのに気付かないで読破するので最初から302ページに付箋貼っておいて
「ここだぞ!」と分かるようにしておきました(笑)

結果としては確かにその通りで、302頁から物語が変わります。

なるほどねー。
うまいなぁー。

確かに「変だな」と思った箇所が1か所あったんだけど
(たった1か所ですが)

なんで「パパ」に「部屋散らかしちゃった~」というのだろう。
そこだけが不思議ではありましたが、そんな言葉にはもちろん意味があるのです。
気楽に気軽に読めました。
殺し屋の話でしたが(笑)

05:00  |  藤崎翔  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.12 (Mon)

「イナイ×イナイ」 森博嗣



イナイ×イナイ 森博嗣

黒髪の佳人、佐竹千鶴は椙田探偵事務所を訪れて、こう切り出した。「私の兄を捜していただきたいのです」。双子の妹、千春とともに都心の広大な旧家に暮らすが、兄の鎮夫は母屋の地下牢に幽閉されているのだという。椙田の助手、小川と真鍋が調査に向かうが、謎は深まるばかりー。Xシリーズ、文庫化始動。

ゆるいシリーズです。
×シリーズに関してはノベルスで全部読んでいるんだけど、
その時は「四季」「Gシリーズ」を読んでなかったので椙田=保呂草っていうのが
わからなかったんだよねー。

なのでこうして読んでみるとロクに事務所にいない椙田。
保呂草さんだから仕方ないよねー的なあきらめ(笑)
私がよく読む探偵小説とは違い、なんとなくのんびりゆったり。
もしかして元々の探偵業務というのはそういうものなのかもしれません。

最後に萌絵さんが登場してましたが、W大に勤めているようなので
それによって時系列云々もわかります。
しかし、椙田さん・・・萌絵さんに脅えすぎではないだろうか!?
09:32  |  森博嗣  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.09 (Fri)

「探偵の流儀」 福田栄一



探偵の流儀 福田栄一

探偵事務所を営む嶋岡が調査中、階段から転落し、意識不明となる。残された所員の間宮と松代は仲が悪く、もうひとりの飯田は頼りにならない。嶋岡探偵事務所は設立以来の危機を迎えた。そこへ嶋岡の姪・美菜子が、叔父の世話をするため東京からやってくる。嶋岡の転落はただの事故なのか、それとも…。真相を追う間宮たち。地方の権力者、ライバル企業、さまざまな思惑が絡み合い、一本の糸が縒られていく。そこから引きずり出された真実は、意外なものであったー。青春ミステリーの旗手が挑む、絶対絶命探偵日常小説!

「絶対絶命探偵日常小説」!?↑

なんだろう???
最初は個人行動が多く、一匹狼系の探偵事務所だったんだけど、
所長が意識不明となり、姪の美菜子が登場してきたあたりから面白くなりました。

アルバイトで半人前の飯田が意外ときちんとしているのもよかったのかも。
っていうか、間宮と松代が自分が思っているほど大したことなかったんだろうな。

まぁ・・・「井の中の蛙」的な感じなんだろう。
反目しあっているが案外似た者同士。

ただ、こんなに上手いこといかないだろう。
とは思うんだけど、なんとなく応援する気持ちもあってか
面白く読みました。

ただ・・・実際問題、元の事件がなんでどうなって所長が意識不明になったのか
そこら辺はわたし・・・理解し切れてません(^^;)
13:17  |  その他は行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.08 (Thu)

「鬼を纏う魔女」 吉田恭教



鬼を纏う魔女 吉田恭教

渋谷区宮益坂で発生した通り魔事件に巻き込まれた被害者は四人、うち三人は死亡し、ただ一人生き残ったのは、乳房に般若の刺青を刻んだ若く美しい女性だった。しかし、意識不明となって生死の境を彷徨う彼女は身元に繋がるような物を所持しておらず、警視庁捜査一課の東條有紀は、被害者の刺青から身元の特定を試みる。そして彫師の情報を得て被害者の戸籍に辿り着いたものの、そこには不可思議な記載があった。

吉田作品、3作目ですがこの本が一番面白かったかなぁー。
シリーズものではあるんだけど、誰がメインのシリーズかよくわからず、
結局よく分からないまま読みましたが、話としては面白かったです。

今回は宗教モノ。
この間もそういえば違う作家さんで宗教モノ読んだなぁー。
独特の世界だよね。
宗教。
しかも、これはもろにカルトでそれはそれは恐ろしい宗教です。

ぐえぇーーーーーーーーー。

って思うけれど、基本的にグロおっけーなので読んでてもあまり気にしなかった。
ただ・・・食事しながらはNGかも。

女性刑事である東條有紀ですが、心は男とあります。
でも、読んでる限りでは女性っぽいんだよねー。
口調も行動も。
あまり有紀から男性の雰囲気がありません。
ただ交際している人が女性ってことくらい???

山梨県警に関してはなーんか怪しいオーラ出しまくりの人が
やっぱり、結果的に実行者になってしまいました。
でも・・・まぁ・・・それはそれでいいみたい(^^;)
11:34  |  吉田恭教  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.07 (Wed)

「フェルメールの街」 櫻部由美子



フェルメールの街 櫻部由美子

光の魔術師ヨハネス・フェルメールと、微生物学の父アントニー・レーウェンフック。ふたりの天才を結ぶ、大切な約束ー。時を超える友情、運命の恋、謎の少女。角川春樹小説賞受賞後第一作、渾身のアートミステリー!

アートミステリーというのでミステリーと思って読んだのですが
残念ながら私の好みではありませんでした。

ミステリーよりは限りなく青春小説っぽいよなぁー。
なんっていうかなぁー。

で、ラストにとってつけたように「史実だ!」みたいに書かれてもなぁー。
まぁ・・・私好みっていうのが、どっちかというと爽やかじゃない
どころか、物騒なものが多いし(笑)

絵の秘密とかそういう事だと思ったんだけどなぁ(笑)
フェルメールの生き方っていうかなぁ。

他にも何というか。

あーーグダグダな感想しか思いつかない(笑)

っていうか、第一美術あんまり分からない(^^;)
05:00  |  その他さ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT